「業界・企業分析」 一覧

松本大の日経平均3万円予測 2018年に株価が上がる理由とは

年始めに2017年の株価予測記事が各誌で掲載されている。しかし、それを読む前に2016年の各誌予測がどの程度当たったのかを知りたいものだ。今回は、週刊ポストと週刊現代の二誌をサンプルに、その予測記事の精度を検証してみた。

証券市場

2018年、日経平均株価と為替はどうなる? 専門家の予測実績を検証してみた

1月11日にはトランプ氏の当選後初記者会見があるので、株価と為替が激しく乱高下しそうだ。そこで、2017年の行方を考えるために過去の経済誌に掲載された専門家による株価と為替の予測の実績を検証してみた。的中率は何割なのか?

四季報業界地図2018 13年版以降の注目業界ランキングを比べてみた 

来年の実質経済成長率は1.1%~1.9%程度と予測されている。ここで2018年を占うべく『四季報業界地図』の「注目業界ランキング」の変動(2013~2018)を調べてみる。ランキングの傾向から何を読み取れるのだろうか。 

人工知能

AI(人工知能)導入の実例一覧 問題点は何? 世界がどう変わる? 

AI(人工知能)への注目度は上がっているが、導入の実例はわりと断片的な紹介が多い。そこで、実例をまとめて紹介してみる。AIに伴う失業増、軍事利用の危険性等も指摘されるが、その問題点とは何だろうか。また、「AI民主化」を目指すIT大手の思惑とは?

日本の長者番付一覧(1位~50位)資産額、年齢、性別、業種等に要注目

フォーブス(2017年7月号)には、日本の長者番付が載っていた。孫正義氏:2兆2640億円、柳井正氏:1兆8200億円、佐治信忠:1兆4650億円、滝崎武光氏:1兆3880億円。5位の三木谷氏が6770億円。6位~45位は5000億円~1050億円なので、意外と僅差で多数の長者が並んでいる。

『不発弾』(相場英雄著)は東芝危機を予見していた? 投資家必読の小説のあらすじ等を紹介

東芝危機を予見していたともいわれる、相場英雄氏の『不発弾』。そのあらすじや読みどころ等を紹介。相場氏は2005年に『デフォルト-債務不履行』でデビュー。その後、『震える牛』『血の轍』『ガラパゴス』をヒットさせた気鋭の作家だ。

葛西敬之著『飛躍への挑戦』を読んでみた ~新幹線開通のドラマ、海外展開とリニアの夢~

葛西敬之氏(JR東海代表取締役名誉会長)が『飛躍への挑戦』と題して著書を公刊。副題は「国鉄民営化30年─我が回想と秘録」。2月には米国での新幹線敷設を安倍首相はトランプ大統領に提言したが、それを支える葛西氏は何を主張しているのか?

金貨

世界の大富豪ランキング(2017)をフォーブスが公表 ベストテンのビリオネアは誰?

世界の富豪を一覧できる2017年版のランキングをフォーブス誌が公開。一番のお金持ちは誰か。ベストテンは誰なのか。顔ぶれ一覧にはゲイツ、バフェット、ベゾス、ザッカーバーグ、ラリー・エリソン、コック兄弟、ブルームバーグ等のそそうたる実業家が勢ぞろいだ。

人工知能(AI)VS人間の結果一覧 ポーカー、碁、ゲーム、翻訳、執筆、CM作成、操縦・・・

3月には人工知能(AI)と人間が囲碁等で戦うイベントが多めに開催されている。昨年はグーグルのアルファ碁がプロを破ったことが世の耳目を引いた。どうも最近はポーカーやゲーム等でもAIが優勢らしい。日経の決算単身速報でもAI記者が出現。大量失業時代が近づいているのだろうか。

【ヤマト運輸VS佐川急便】クロネコ宅配便値上げ アマゾン引受VS撤退の経営判断の明暗が分かれた?

ヤマト運輸の宅配便の基本料金が27年ぶりに引き上げられた。佐川急便は2013年にアマゾンとの契約を打ち切り、その負担はヤマト運輸に集中。現場負担が急上昇し、料金を上げざるをえなくなった。ヤマトVS佐川の明暗が分かれたのか?

日本の平均年収は420万円 トップ企業とワースト企業の年収格差はどのぐらい?

確定申告の時期に平均年収について書いてみる。国税庁によれば民間企業の会社員(パート含む)給与(2015年)の平均値は420万円。正社員男性で538万。正社員女性で367万、非正規男性で225万、非正規女性で147万。東洋経済社によれば日本の平均年収トップ企業で2253万円。上場企業でも300社以上が420万円以下。

会計

東芝が米原発事業で数千億円の減損 株価は急落 ウェスチングハウス買収の結末は?

2015年の不正会計問題から立ち直りを計った東芝で米原発事業を巡って数千億円規模の損失が出る可能性があることが27日に明らかになった。株価は急落。前回はウェスティングハウスの収益力の低下。今回はウェスティングハウスが買収した企業の資産価値を見誤った模様。

猫 PD画像

マイナンバー対応スマホ販売の裏事情 ~システム障害続きでカード申請もままならず~

ドコモで「マイナンバーカード対応Androidスマホ」なる謎の商品が販売されている(AQUOS EVER SH-02)。iPhoneも2019年からマイナンバー対応になるらしい。トラブル続きの地方公共団体情報システム機構に業を煮やし、総務省は携帯にマイナンバー対応させようと躍起なのだ。

これからなくなる職業ベスト10とその理由 ~ネット、人口知能、アウトソーシングに勝てますか?~

10年後に自分の仕事は残っているのか。これはどの職種でも気になる切実な問題だ。なくなる仕事のベストテンがフォーブス記事に出ていたので、それを参考に未来社会について考えてみる。ネット、人工知能、アウトソーシングの波にあなたの仕事は耐えられるだろうか。

海賊と呼ばれた男のモデルとなった出光佐三 どんな人生? 何をした人? 

映画「海賊と呼ばれた男」が12月10日に公開されます。『永遠の0』に続き百田尚樹氏の小説を山崎貴監督が映画化。主人公の国岡鐡造役に岡田准一氏、妻のユキ役に綾瀬はるか氏を起用。今回はモデルとなった出光佐三(出光商会創業者)の人生や発言等について考えてみる

DeNAまとめサイト全滅。「MERY」も無断転用で記事を大量削除

大手のDeNAのまとめサイト10個が全滅状態になった。WELQ、iemo、FindTravel、cuta、UpIn、CAFY、JOOY、GOIN、PUUL、MERY。どれもストップ。これは守安功氏をはじめとした経営陣に編集の見識が足りないために生じた事件ではないのか。理系優位の落とし穴を探ってみる

自動運転車 17年に実用化? トヨタ、日産、グーグル、アウディの思惑    

2017年の経済を占う上で自動運転車の実用化を巡る動向を知っておきたいものだ。今、トヨタや日産、ホンダ、GMやフォード、アウディ、BMW、テスラ等のメーカーだけでなく、グーグルやマイクロソフト、インテル等のIT系大手は何を考えているのだろうか、

Copyright© トランプ政権と米国株投資 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.