「日本政治」 一覧

松本大の日経平均3万円予測 2018年に株価が上がる理由とは

年始めに2017年の株価予測記事が各誌で掲載されている。しかし、それを読む前に2016年の各誌予測がどの程度当たったのかを知りたいものだ。今回は、週刊ポストと週刊現代の二誌をサンプルに、その予測記事の精度を検証してみた。

証券市場

2018年、日経平均株価と為替はどうなる? 専門家の予測実績を検証してみた

1月11日にはトランプ氏の当選後初記者会見があるので、株価と為替が激しく乱高下しそうだ。そこで、2017年の行方を考えるために過去の経済誌に掲載された専門家による株価と為替の予測の実績を検証してみた。的中率は何割なのか?

世界地図

都道府県のGDPを外国と比べてみる 東京VSサウジ、大阪VS南アフリカ、愛知VSイスラエルの結果は? 

都道府県の名目GDPを諸外国と比べてみる。東京VSインドネシア、オランダ、トルコ、サウジでどちらが大きいのか。 大阪VS南アフリカ、シンガポール、イスラエルはどうか。愛知とマレーシア、神奈川県とフィリピンとではどうか。

四季報業界地図2018 13年版以降の注目業界ランキングを比べてみた 

来年の実質経済成長率は1.1%~1.9%程度と予測されている。ここで2018年を占うべく『四季報業界地図』の「注目業界ランキング」の変動(2013~2018)を調べてみる。ランキングの傾向から何を読み取れるのだろうか。 

日本の経済成長率の予測一覧(2018)

2017年度の日本経済の実質成長率は何%になるのか。この問題に関して、民間のエコノミストや日銀、IMF等の予測を比べてみます。2018年度の経済成長率は1.2%から1.9%程度のものが多いようだが・・・。

日本の相続税の税率は世界最高? その仕組みと問題点とは

世界には相続税のない国も少なくない。シンガポール、マレーシア、中国、インド、ニュージーランド、オーストラリア、カナダ、スウェーデンには相続税がない(スイスはわずかな税率)。最近は高くなった相続税のメリット・デメリットとは。

年収別に所得税の負担率を見てみよう

2017年版の「厚生労働白書」によれば現役層より高齢者層が豊かになりつつあるようだ。世帯収入の動向を踏まえ、年収別に見た所得税の負担率の現状をおさえてみる。

world map

法人税の実効税率比較(2017年版)日本VS主要国

法人税の実効税率を2017年時点のデータで比較。主要国、地域別、高税率のトップ20カ国、低税率の20カ国、OECD加盟国で国際比較を試みた。法人税の減税が必要な理由とは

軽減税率のメリット・デメリット 

衆院選では消費税を10%に上げるかどうかが争点になっている。10%増税の折には、飲食物等を中心に「軽減税率」(8%)が導入される。この軽減税率の対象、分類基準、そして問題点とは何か。

「企業の内部留保に課税」の問題点

消費税増税凍結を訴える希望の党は財源確保策に「企業の内部留保300兆円に課税する」案を掲げた。その政策の問題点を挙げてみる。二重課税、課税対象、企業経営の圧迫という三点から考えてみた。

13道州

道州制のメリット・デメリット

2017/10/07   -全記事一覧, 日本政治

衆院選では、自民党、希望の党、維新の会などが「道州制」や「地域主権」などの政策を掲げている。しかし、その道州制のメリット(推進論の根拠)と道州制のデメリットとは、何なのだろう。

原発ゼロでエネルギー政策が成り立たない理由

希望の党の小池代表は「原発ゼロ」と「ゼロ・エミッション」(CO2排出ゼロ)を同時に掲げた。しかし、原発をゼロにしたら、火力依存が深まり、CO2排出ゼロは難しくなる。ここで現実的にエネルギー政策を考えてみよう

日本に移民政策は必要か 人口統計や世論調査を見て考える

日本に移民政策は必要なのか。不要なのか。人口統計を見る限りでは、公式には移民政策を採らない日本も、外国人労働者がいなければ現場が回らない。わが国が「移民」を受け入れている人数はどの程度なのか。

北朝鮮

【北朝鮮ICBM】弾道ミサイルがEEZ内に 日本の対策とは

北朝鮮が弾道ミサイルを28日の午後11時頃に発射。1000kmを飛び、日本のEEZ内に落下。安倍首相は厳重抗議。米国はICBMと断定。北朝鮮のICBM開発は制裁強化だけで止められない。日本は抑止力強化に踏み出すべきだ。

チーズ

【日欧EPA】関税廃止の一覧リスト 大枠合意のメリットとは

日欧EPA(経済連携協定)の大枠合意がまとまった。輸出入される製品の関税はどうなるのか。その廃止or削減と期限のリストを作ってみた。一覧にしないと何のことやら分からないからだ。あなたの欲しい製品の関税はどうなっている?

日本に迫るインフラ危機 老朽化対策は大丈夫?

日本のインフラは大丈夫か。地震が多発する中で、インフラ老朽化の危険性が注目されている。産経新聞の特集や国土交通省の提言、公共事業関連予算等を参照しながら、この危機について考えてみた。

人工知能

AI(人工知能)導入の実例一覧 問題点は何? 世界がどう変わる? 

AI(人工知能)への注目度は上がっているが、導入の実例はわりと断片的な紹介が多い。そこで、実例をまとめて紹介してみる。AIに伴う失業増、軍事利用の危険性等も指摘されるが、その問題点とは何だろうか。また、「AI民主化」を目指すIT大手の思惑とは?

教育無償化のメリット・デメリット

都議選の「教育無償化」案を見ると自民は「私立小・中学校の無償化」。都民ファーストの会、公明、共産、民進は年収760万円以下の私学実質無償化。公明党は910万円未満への拡大を公約。その後、衆院選の争点になった無償化の功罪とは?財源問題とは?

日本の長者番付一覧(1位~50位)資産額、年齢、性別、業種等に要注目

フォーブス(2017年7月号)には、日本の長者番付が載っていた。孫正義氏:2兆2640億円、柳井正氏:1兆8200億円、佐治信忠:1兆4650億円、滝崎武光氏:1兆3880億円。5位の三木谷氏が6770億円。6位~45位は5000億円~1050億円なので、意外と僅差で多数の長者が並んでいる。

『不発弾』(相場英雄著)は東芝危機を予見していた? 投資家必読の小説のあらすじ等を紹介

東芝危機を予見していたともいわれる、相場英雄氏の『不発弾』。そのあらすじや読みどころ等を紹介。相場氏は2005年に『デフォルト-債務不履行』でデビュー。その後、『震える牛』『血の轍』『ガラパゴス』をヒットさせた気鋭の作家だ。

Copyright© トランプ政権と米国株投資 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.