米下院

deoniszaharov / Pixabay

トランプ政権 全記事一覧 政治日程 米国経済(内政)

2018年 米国中間選挙の日程と見所とは

更新日:

2018年には米国で中間選挙が行われます。

2018年11月6日の米国議会選では435の下院全議席と上院33議席(総議席は100)が改選され、トランプ政権の政策の是非が国民に審判されます。

米国では大統領に4年の任期がありますが、下院議員の任期は2年、上院議員の任期は6年です。そして、上院議員は2年ごとに3分の1が改選されるので、大統領選のちょうど中間に位置する頃合いに選挙が行われます。

これが中間選挙と呼ばれ、事実上の大統領への信任投票の役割を果たしています。

今まで、大統領と議会の多数党が同じ共和党だったので、政策実現の可能性が高いと見られ、株価を上げる要因となっていたのですが、中間選挙で共和党が負ければ、話が変わってしまいます。

米国では中間選挙で大統領府と議会を主導する政党が逆になることが多いので、18年の選挙は米内外の投資家に注目されるでしょう。

共和党が勝つのか、民主党政権が勝つのかで、トランプ政権の残り2年の運命が大きく変わるからです。

今年の中間選挙の投票日は11月6日ですが、そこに至るまでに各州で数多くの予備選が行われるので、選挙の行く末を巡って株価も上下するかもしれません。

今回は、最近の米国選挙報道と来年の各州の予備選日程を整理してみます。

【スポンサーリンク】


そもそも下院と上院の違いとは

一応、下院と上院の違いを確認しておきます

(ご存知の方は本節を読み飛ばしてください)

下院は、日本の衆議院に似ており、各州で人口比ごとに割られた議席が定められています(10年ごとの国勢調査の結果で議席数が変わる)。下院の被選挙権は25歳以上なのも日本と似ていますが、アメリカの場合は「米国籍取得から7年以上」という条件がつきます。

一方、上院は州の代表であり、50州から2名ずつ住民の直接選挙で選ばれます。

上院の被選挙権は30歳以上なのも日本の参院と似ています(米国籍取得から9年以上が条件)。

米国では両院の権限はほぼ対等ですが、下院には予算先議権と大統領の弾劾訴追権などがあり、上院には条約締結権、閣僚の承認、大統領の弾劾裁判権等があります。

そして、2018年11月の総選挙では過半数に達しなくとも最多得票を獲得した候補者が当選するのです。

中間予備選の注目点:共和党主流派VS「反体制派」

最近、2018年の中間選挙の行方を占う選挙の結果が判明しました。

セッションズ司法長官の上院議員辞任に伴う補欠選挙が行われ、共和党のムーア候補が民主党のジョーンズ候補に敗れたのです。

アラバマ州は生え抜きの保守派議員だったセッションズ氏が当選した保守の強い地盤なので、ここで民主党が勝ったことが注目されました。

この投票に先立つ9月26日の共和党予備選にて、党幹部が推したストレンジ元アラバマ州司法長官が党内の「反体制派」に位置するムーア元同州最高裁判事に敗れたことも注視されています。

メディアの報道では「主流派」対「反体制派」という構図で描かれがちですが、反体制派とされる動きに、主流派に飽き足らぬ共和党保守派が加勢していることがあるので、実際はもっと複雑です。

共和党内の保守派は、米国建国以来の小さな政府、財産権擁護(低税率)、国防強化、キリスト教的な美徳等の価値観を堅持することを目指しており、議会の数の取引の中で、民主党が掲げる大きな政府や徴税強化に妥協する主流派には否定的です。

共和党内では路線が必ずしも一枚岩になっていないので、今後、各州の予備選で内部抗争が進めば、本選で民主党に塩を送ることになりかねない、という警戒感が広まっています。

全米で見ると、アリゾナやネバダなど、リベラルに近い穏健派の有権者が多い州も目立つからです。

中間選挙のフィクサー? スティーブン・バノン氏

さて、そこで注目されるのが、右派サイト「ブライトバート・ニュース」を率いるスティーブン・バノン元大統領首席補佐官です。

トランプ氏を当選させたバノン氏は、共和党内の反体制派を支援しているからです。

時事通信(11/21)によれば、バノン氏はトランプ政権の主要政策に反対して実現を阻んだ上院共和党のマコネル院内総務を目の敵にしており、「われわれは戦争に突入する。これは枕投げではない。本当の意味での戦いだ」と述べています。

そして、11月7日投開票のバージニア、ニュージャージー両州の知事選では民主党候補が共和党候補を破っており、現状は共和党が優勢とは言い難くなっています(米中間選挙へ復讐誓うバノン氏=刺客擁立で「共和党内戦」)

しかし、トランプ氏は現在、法案成立のために共和党主流派と連携しているため、皮肉なことに、かつて自分を当選に導いたバノン氏と「ぶつかる」ことになりそうです。

ロイターの報道(2017/9/28)では、アラバマ州の共和党コンサルタント、ジョナサン・グレイ氏の見解が紹介されています(「米共和党の反体制派、アラバマ予備選勝利で勢い付く」)

  • 予備選で保守派との対決を恐れる共和党議員は、ムーア氏の勝利に震え上がった。
  • トランプ氏の推薦が有権者を動かせなかったからではなく、マコネル共和党上院院内総務の指示でストレンジ氏の応援に大枚がはたかれたのに、それが実を結ばなかったからだ。
  • アラバマの人々は、ワシントンからの指図に『あっかんべー』をした。

しかし、結局はわいせつ疑惑が浮上したことで、共和党のロイ・ムーア候補は民主党のジョーンズ候補に敗北しました。

この結果は、共和党が来年の中間選挙で下院もしくは上院で多数派から転落する兆しではないのかと言われています。

 

予備選挙のスケジュール

最後に、”federal voting asistant system”というサイトで2018年の予備選のスケジュールを見てみます。

Upcoming Eventsによれば、その日程は以下の通りです。

  • 3月6日:テキサス州
  • 3月20日:イリノイ州
  • 5月8日:オハイオ州
  • 5月8日:ノースカロライナ州
  • 5月8日:インディアナ州
  • 5月8日:ウェストバージニア州
  • 5月15日:ペンシルベニア州
  • 5月15日:ネブラスカ州
  • 5月15日:アイダホ州
  • 5月15日:オレゴン州
  • 5月22日:ケンタッキー州
  • 5月22日:テキサス州
  • 5月22日:アーカンソー州
  • 5月22日:ジョージア州
  • 6月5日:アラバマ州
  • 6月5日:ミシシッピ州
  • 6月5日:サウスダコタ州
  • 6月5日:アイオワ
  • 6月5日:モンタナ州
  • 6月5日:ニュージャージー州
  • 6月5日:ニューメキシコ州
  • 6月5日:カリフォルニア州
  • 6月12日:バージニア州
  • 6月12日:サウスカロライナ州
  • 6月12日:ノースダコタ州
  • 6月12日:ネバダ州
  • 6月12日:メイン州
  • 6月19日:アーカンソー州
  • 6月19日:コロンビア特別区
  • 6月26日:ユタ州
  • 6月26日:オクラホマ州
  • 6月26日:サウスカロライナ州
  • 6月26日:コロラド州
  • 6月26日:メリーランド州
  • 7月17日:ノースカロライナ
  • 7月17日:アラバマ州
  • 7月24日:ジョージア州
  • 8月2日:テネシー州
  • 8月7日:ミズーリ州
  • 8月7日:ミシガン州
  • 8月7日:ワシントン州
  • 8月7日:カンザス
  • 8月11日:ハワイ
  • 8月14日:バーモント州
  • 8月14日:ウィスコンシン州
  • 8月14日:コネチカット州
  • 8月14日:ミネソタ州
  • 8月21日:ワイオミング州
  • 8月21日:アラスカ州
  • 8月25日:グアム
  • 8月28日:アリゾナ州
  • 8月28日:オクラホマ州
  • 8月28日:フロリダ州
  • 9月6日:デラウェア州
  • 9月11日:ニューハンプシャー州
  • 9月11日:ニューヨーク
  • 9月12日:ロードアイランド
  • 9月18日:マサチューセッツ州
  • 11月6日:総選挙

この予備選で民主党の巻き返しが成功するのかどうか。

また、共和党が、見事、防衛に成功するのかどうかが注目されています。

【スポンサーリンク】


-トランプ政権, 全記事一覧, 政治日程, 米国経済(内政)

Copyright© トランプ政権と米国株投資 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.