【ABBV】アッヴィの株価と決算、配当

2019年10月14日

広告

アッヴィ(AbbVie Inc.)は研究開発を核にしたバイオ医薬品メーカーです。

【ABBV】は米製薬大手のアボット・ラボラトリーズ から研究開発中心の製薬事業を分社化し、設立されました。

どんな治療薬を開発しているのかというと、その範囲は、関節リウマチ、クローン病、C型肝炎、HIV(ヒト免疫不全ウイルス)、子宮内膜症、甲状腺疾患、パーキンソン病、慢性腎臓病、嚢胞性、線維症など、広範にわたります。

【製品の例】

★ヒュミラ:抗リウマチ治療薬(アダリムマブとも呼ばれる)

★ヴィキラ:C型肝炎治療薬

★イブルチニブ:血液がん治療薬。 商品名インブルビカ。

15年にファーマサイクリックス(バイオ医薬品企業)を210億ドルで買収。

世界70カ国以上にビジネス拠点を持ち、現在、170カ国以上でアッヴィの医薬品が利用されています。

地域別売上高は米国が65.7%、日本が4.9%、ドイツが3.9%、英国が2.6%、フランスが2.4%、カナダが2.2%、イタリアが2%(2018年末時点)。

興味深いことに、その主要顧客には米国防総省も入っています。軍御用達の医薬品メーカーでもあるわけです。

この銘柄の最近の指標と株価チャートを見ていきましょう。

広告

主な指標を概観

まず、主要指標のデータを見てみます(指標と株価はgooglefinance関数から取得。配当利回り〔税込〕のみブルームバーグ)

1/2株価 91.2
10/11株価 73.6
株価上昇率 -19.3%
52週高値 95
52週安値 62.7
EPS 3.71
PER 19.8
配当利回り 5.82%
時価総額(億$) 1089
株式数(億) 14.8

株価推移(チャートと伸び率)

次に、株価の推移を見てみます(青線が株価推移。赤線が200日間の移動平均線)。

株価の推移を1年ごとに見てみましょう

★1:各年の株価伸び率(※19年終値は10/11)
ABBV 初値 終値 上昇率
2019 91.2 73.6 -19%
2018 97.1 92.2 -5%
2017 62.9 96.7 54%
2016 58.1 62.6 8%
2015 65.6 59.2 -10%
2014 52.1 65.4 26%
2013 34.9 52.8 51%
★2:各年初から19/10/11までの伸び率
19年~ 18年~ 17年~ 16年~
-19% -24% 17% 27%
15年~ 14年~ 13年~ 12年~
12% 41% 111%

配当利回りと配当性向

さらに、配当利回りを見てみます。

権利落ち日 配当 利回り 株価
2019/10/15 1.07 #N/A #N/A
2019/07/15 1.07 5.93% 70.3
2019/04/15 1.07 5.01% 81
2019/01/15 1.07 4.62% 85.5
2018/10/15 0.96 4.03% 89.2
2018/07/13 0.96 3.38% 96.6
2018/04/13 0.96 3.21% 91.8
2018/01/12 0.71 2.62% 100.3
2017/10/13 0.64 2.82% 90.7
2017/07/14 0.64 3.41% 73.1
2017/04/13 0.64 3.77% 64.1
2017/01/13 0.64 3.79% 62

配当性向の推移もモーニングスター(MS)社のデータで確認してみましょう。

★配当性向=1株当たり配当÷EPS×100〔純利益から配当金を支払っている割合〕

★単純計算=EPS÷1株配当。MS試算=モーニングスター社の試算値

年/月 EPS 配当 配当性向
(GAAP) 単純計算 MS試算
13/12 2.56 1.6 62.5 42
14/12 1.1 1.66 150.9 71.3
15/12 3.13 2.02 64.5 112.9
16/12 3.63 2.28 62.8 60
17/12 3.3 2.56 77.6 60.4
18/12 3.66 3.59 98.1 67.8

四半期決算(2019予想など)

さらに、ロイターが調べた四半期決算のEPSと売上の予想を整理してみます。

(※下記図表では、Y=年度決算、Q=四半期決算、日/月=データの日時、その右欄にあるのは1カ月前、2か月前の予想値を記載)。

EPS:予想と結果

予想 10/7 1月前 2月前
Y:2020 9.54 9.38 9.46
Y:2019 8.9 8.85 8.89
Q:19/12 2.19 2.19 2.19
Q:19/9 2.29 2.29 2.29
EPS 予想 結果 %
19/6 2.21 2.26 0.05 2.3
19/3 2.05 2.14 0.09 4.4
18/12 1.94 1.9 -0.04 -2.1
18/9 2.02 2.14 0.12 5.9
18/6 1.97 2 0.03 1.5
18/3 1.79 1.87 0.08 4.3

売上高:予想と結果

予想 10/7 1月前 2月前
Y:2020 35070 34795 34608
Y:2019 33140 33138 33036
Q:19/12 8690 8681 8670
Q:19/9 8370 8366 8345
予想 結果 %
19/6 8097 8255 158 2
19/3 7747 7828 81 1
18/12 8376 8305 -71 -0.8
18/9 8227 8236 9 0.1
18/6 8211 8258 47 0.6
18/3 7588 7934 346 4.6

決算予想と結果では米国会計基準(GAAP)とは違う「非GAAP基準」の数値(各社が経営実態を踏まえて調整した数値)が多用されています。そのため、本節の売上とEPSは次節のGAAP基準の値と同じになるとは限りません。

通年決算(GAAP基準)

最後に、通年決算の数字を見てみます(以下、売上、利益、資産、負債、資本、キャッシュフローなどの単位は百万ドル。EPS=希薄化後EPS)。

損益計算(売上、純利益等)

ABBV 売上高 営業CF OCFマージン 純利益
12/12 18380 6345 35% 5275
13/12 18790 6267 33% 4128
14/12 19960 3549 18% 1774
15/12 22859 7535 33% 5144
16/12 25638 7041 27% 5953
17/12 28216 9960 35% 5309
18/12 32753 13427 41% 5687
19/12

*同マージン=営業キャッシュフローマージン。15%もあれば優良。通常、売上高>営業CF>純利益となる。営業CF<純利益となる企業は粉飾決算の可能性あり。

EPSや売上高成長率など

ABBV SG(%) EPS DSO
12/12 5% 3.35 73.7
13/12 2% 2.56 72.4
14/12 6% 1.1 69.4
15/12 15% 3.13 67.6
16/12 12% 3.63 67.5
17/12 10% 3.3 63.7
18/12 16% 3.66 58.4
19/12

※SG(セールスグロース):売上高成長率(前年度比)

※DSO(デイズ・セールス・アウトスタンディング):売掛金回収に必要な日数。売掛金÷1日平均売上高で計算。期末に無理して売込みをかけてEPSをよい数値にした企業の場合は、売掛金が増え、DSOの数値が大きくなる。上記DSOの出所はモーニングスター社。

バランスシート

ABBV 総資産 総負債 株主資本 自己資本率
12/12 27008 23645 3363 12%
13/12 29198 24706 4492 15%
14/12 27513 25771 1742 6%
15/12 53050 49105 3945 7%
16/12 66099 61463 4636 7%
17/12 70786 65689 5097 7%
18/12 59352 67798 -8446 -14%
19/12

ROAとROEなど

ABBV ROA ROE 流動比率
12/12 20% 157% 227%
13/12 14% 92% 259%
14/12 6% 102% 141%
15/12 10% 130% 150%
16/12 9% 128% 165%
17/12 8% 104% 128%
18/12 10% -67% 98%
19/12

★ROA=当期純利益÷総資産 ※総資産を用いて企業があげた利益の割合

★ROE=当期純利益÷自己資本 ※投下資本に対して企業があげた利益の割合

★流動比率=流動資産÷流動負債 ※短期的な支払い能力を見る指標

キャッシュフロー

ABBV 営業CF 投資CF 財務CF
12/12 6345 -2418 1931
13/12 6267 879 -3442
14/12 3549 -926 -3293
15/12 7535 -12936 5752
16/12 7041 -6074 -3928
17/12 9960 -274 -5512
18/12 13427 -1006 -14396
19/12