マティス国防長官 辞任の理由とは(手紙の英和対訳)

2018年12月22日

広告

トランプ政権を支えてきたマティス国防長官が12月20日に辞意を表明しました。

4月のマクマスター補佐官(当時)の辞任、11月のケリー首席補佐官の辞任表明に続き、政権を支える要石がまた一つ消えるわけですが、本記事では、その中身を英文和訳で紹介してみましょう。

広告

辞任の理由は政策路線の相違

辞任のきっかけは、「米国第一」路線のトランプ氏がシリアからの米軍撤退を決めたことに対して、マティス氏は軍事力の空白が地域の不安定化をもたらすという理由で反対したことにあります。

マティス氏はシリアやアフガンから米軍が撤退すれば中国やロシアが同地での影響力を増し、地域が不安定化すると考えていました。

また、イラン合意についても離脱に反対していました。

そのため、大統領と政策が合わず、このたび辞任することになったのです。

これは、本人からの申し出による辞任でした。

その理由を伝える書面の中身がメディアで報じられています。

「あなた(=大統領)は、これらのテーマに関して、(私よりも)もっとあなたの考えに近い人物を国防長官に据える権利があります。そのため、私は辞任すべき時だと考えました」

大統領を表だって批判せず、敬意を払いながらやめるという、立派な軍人のスタンスを示したせいか、大統領も今までの貢献に謝意を表明していました。

マティス氏の後任としては、共和党のトム・コットン上院議員(共和党)などの名前が挙がっているようです(ブルームバーグ)。

しかし、マティス氏の意図はどこにあったのでしょうか。

辞意を伝えるマティスの書面を見てみると・・・

以下、マティス氏の書面を見ていきます。

出所はCNBCの記事(2018/12/20)です(”Read James Mattis’ resignation letter to Trump: ‘We must be resolute and unambiguous’ toward Russia and China”)

ーーーーー

同盟を重視するマティス

親愛なるトランプ大統領

Dear Mr. President:

私は、米国の第26代国防長官として、国防総省の職員たちと共に国民と我々の理想を守る職務を担当してきました。

I have been privileged to serve as our country’s 26th Secretary of Defense which has allowed me to serve alongside our men and women of the Department in defense of our citizens and our ideals.

私は、過去2年間にわたり、国家防衛戦略で定めた重要な目標の幾つかが進展してきたことを誇りに思っています。国防総省の財政基盤をより健全なものとし、軍の即応力と攻撃力を高め、成果をあげるために省の仕事の進め方を改善しました。

I am proud of the progress that has been made over the past two years on some of the key goals articulated in our National Defense Strategy: putting the Department on a more sound budgetary footing, improving readiness and lethality in our forces, and reforming the Department’s business practices for greater performance.

米軍は紛争に勝ち、世界で強い影響力を維持するための能力を提供し続けています。

Our troops continue to provide the capabilities needed to prevail in conflict and sustain strong U.S. global influence.

私が常に抱いている中核的な信念は、国家としての我々の強さは、同盟とパートナーシップという包括的かつ独自な概念と緊密につながっているということです。

One core belief I have always held is that our strength as a nation is inextricably linked to the strength of our unique and comprehensive system of alliances and partnerships.

米国は依然として自由な世界に不可欠の国です。しかし、強い同盟を維持し、同盟国に敬意を表すことなく、米国の利益を守ったり、その役割を効果的に果たしたりすることはできません。

While the US remains the indispensable nation in the free world, we cannot protect our interests or serve that role effectively without maintaining strong alliances and showing respect to those allies.

あなたと同じく、私も、最初から、米国の軍隊は世界の警官ではないと言ってきました。その代わり、同盟国との共同の防衛のために、(同盟国に対する)効果的なリーダーシップを含めた我が国の力を、あらゆる手段を通じて用いなければなりません。

Like you, I have said from the beginning that the armed forces of the United States should not be the policeman of the world. Instead, we must use all tools of American power to provide for the common defense, including providing effective leadership to our alliances.

NATO(北大西洋条約機構)に所属する29の民主主義国は、米国に対する9.11のテロ攻撃の後に、私たちと一緒に戦うことで、彼らの同盟へのコミットメントの強さを実証しました。ISISを打倒するための 74か国の連合軍も、もう一つの同盟の証しです。

NATO’s 29 democracies demonstrated that strength in their commitment to fighting alongside us following the 9-11 attack on America. The Defeat-ISIS coalition of 74 nations is further proof.

同じく、戦略的な利益が我々の利益と衝突することが増えた国々に対しては、我々は明確で断固とした決意を示す必要があります

Similarly, I believe we must be resolute and unambiguous in our approach to those countries whose strategic interests are increasingly in tension with ours.

例えば、中国やロシアが経済・外交・安全保障に関する他国の決断に対して拒否権を得て、自国の利益のために権威主義的な政治モデルになじんだ世界をつくろうとしていることは明らかです。

It is clear that China and Russia, for example, want to shape a world consistent with their authoritarian model – gaining veto authority over other nations’ economic, diplomatic, and security decisions – to promote their own interests at the expense of their neighbors, America and our allies.

だからこそ、我々は共同防衛のために、全ての手段を用いなければならないのです。

That is why we must use all the tools of American power to provide for the common defense.

同盟国に敬意を払い、悪意のある主体と戦略的競争者の双方を注視する私の見解は、これらの問題に関して40年以上、たずさわる中で培われたものです

My views on treating allies with respect and also being clear-eyed about both malign actors and strategic competitors are strongly held and informed by over four decades of immersion in these issues.

我々の安全保障や繁栄、価値観に最も資する国際秩序を推進するためにできる全てのことを行うべきです。我々は同盟という結束によって強くなります。

We must do everything possible to advance an international order that is most conducive to our security, prosperity and values, and we are strengthened in this effort by the solidarity of our alliances.

大統領との見解の相違と辞任までの流れ

あなたは、これらのテーマに関して、(私よりも)もっとあなたの考えに近い人物を国防長官に据える権利があります。そのため、私は辞任すべき時だと考えました。

Because you have the right to have a Secretary of Defense whose views are better aligned with yours on these and other subjects, I believe it is right for me to step down from my position.

私の任期の終了日は、2019年2月28日です。この日にしたのは、後任者が指名され、確認されるまでには十分な時間を確保するためです。また、次の議会の公聴会や2月のNATO国防相会合において、国防総省の利益を適切に説明し、守っていくためでもあります。

The end date for my tenure is February 28, 2019, a date that should allow sufficient time for a successor to be nominated and confirmed as well as to make sure the Department’s interests are properly articulated and protected at upcoming events to include Congressional posture hearings and the NATO Defense Ministerial meeting in February.

さらに来年9月に予定される統合参謀本部議長の交代の前に新国防長官に移行し、省内の安定を確保するためでもあります。

Further, that a full transition to a new Secretary of Defense occurs well in advance of the transition of Chairman of the Joint Chiefs of Staff in September in order to ensure stability within the Department.

私は、215万の軍人や73万2079人の国防総省の文民が職務に集中し、米国民を守るための不眠不休の使命を遂行できるよう、円滑な移行に全力を尽くすことを約束します。

I pledge my full effort to a smooth transition that ensures the needs and interests of the 2.15 million Service Members and 732,079 DoD civilians receive undistracted attention of the Department at all times so that they can fulfill their critical, round-the-clock mission to protect the American people.

私は、この国と軍人たちのために仕えることができたことに心から感謝しています。
I very much appreciate this opportunity to serve the nation and our men and women in uniform.

【スポンサードリンク】