コンテナ

全投稿記事 米国政治 米国経済 米通商貿易

米国が鉄鋼とアルミニウムに輸入関税をかけた理由

更新日:

3月8日にトランプ大統領は鉄鋼に25%、アルミに10%の輸入関税をかけることを決断しました。

その後、4月30日には、鉄鋼・アルミ関税の賦課に関して同盟国や友邦国への適用免除が5月末まで延長されています。

免除されたのは、カナダ、メキシコ、EU、韓国、アルゼンチン、オーストラリア、ブラジルです(韓国は鉄鋼のみ除外。アルミには関税が賦課される)。

前掲の国々は免除延長を期待しましたが、米政府は5月31日にカナダ、メキシコ、欧州連合(EU)に対して鉄鋼・アルミ輸入への関税を導入することを公表

その期待は見事に裏切られ、6月22日にトランプ大統領は、欧州の自動車メーカーは「ここ(=米国)で生産しろ!」とツイート。

EUの自動車に関税をかける意向を示しました。

(※本稿は3月の投稿記事を加筆修正したものです)

現在、トランプ大統領の強硬路線が弱まる気配はありません。

ロス商務長官は、今後も当事国と協議する意向を示していますが、メキシコ、カナダ、EUは保護主義を批判し、報復関税の導入を発表。

(カナダは7月1日から米国製品に130億ドル規模の関税を導入し、WTOにも異議申立てを計画。メキシコは鉄鋼、豚肉、果実、チーズ等に新関税を導入)

2017年のカナダ、メキシコ、EUの対米鉄鋼・アルミ輸出は230億ドルなので、同製品の米国の総輸入高(480億ドル)の半分近くの規模です。

この関税賦課は、対中制裁と並んで、今後の世界経済を揺さぶっていくことは確実です。

関税合戦によるコスト増が米国と世界の企業の経営を圧迫することになるでしょう。

そこで、本記事では、ホワイトハウスに掲示されている輸入関税に関する文書の主要部分を翻訳してみます。

鉄鋼製品に25%、アルミに10%の関税をかけるという政策は、どんな考え方から出てきたのか。

ホワイトハウスHPの「PROCLAMATIONS」(2018/3/8)もとに、その正体に迫ってみます。

(英文出所)

米国への鉄鋼輸入調整に関する大統領宣言

スポンサーリンク

  • 2018年1月11日、商務長官は1962年通商拡大法232条に基づき、鉄鋼製品の輸入が米国の安全保障に与える影響についての調査報告を私に送ってきた。
  • 商務長官は、米国の安全保障を損なう恐れがある状況下で、相当の量の鉄鋼製品が米国に輸入されていることを発見し、私に知らせてきた。
  • 商務長官は、今の鉄鋼製品の輸入量と世界的に過剰な鉄鋼製品の生産能力が我が国の経済を弱体化させていると指摘した。その結果、国内の鉄鋼生産施設がさらに閉鎖され、国家の非常事態から守るために必要な生産力を下回る恐れがある」と述べている。
  • 米国が非常事態に必要な防衛上の需要を満たせず、死活的に重要な産業を維持できない危険性があるため、国民経済と安全保障との密接な関係を考慮に入れ、鉄鋼輸入の現状とその数量には国防上の懸念があると結論した。その根拠は1962年通商拡大法232条で定義されている。

ーーー

  • On January 11, 2018, the Secretary of Commerce (Secretary) transmitted to me a report on his investigation into the effect of imports of steel mill articles (steel articles) on the national security of the United States under section 232 of the Trade Expansion Act of 1962, as amended (19 U.S.C. 1862).
  • The Secretary found and advised me of his opinion that steel articles are being imported into the United States in such quantities and under such circumstances as to threaten to impair the national security of the United States.
  • The Secretary found that the present quantities of steel articles imports and the circumstances of global excess capacity for producing steel are “weakening our internal economy,” resulting in the persistent threat of further closures of domestic steel production facilities and the “shrinking [of our] ability to meet national security production requirements in a national emergency.”
  • Because of these risks and the risk that the United States may be unable to “meet [steel] demands for national defense and critical industries in a national emergency,” and taking into account the close relation of the economic welfare of the Nation to our national security, see 19 U.S.C. 1862(d), the Secretary concluded that the present quantities and circumstances of steel articles imports threaten to impair the national security as defined in section 232 of the Trade Expansion Act of 1962, as amended.

ーーー

  • この結論に達するまでに、商務長官は、歴代政権の鉄鋼製品の輸入と余剰生産力に関する措置を考慮に入れた。それは、レーガン、ジョージ・H・W・ブッシュ、クリントン、ジョージ・W・ブッシュの政権における措置を含む。
  • 商務長官は、2001年に商務省が鉄鉱石と半完成品の輸入に範囲を狭めて調査した結果も考慮に入れている。その発見と勧告は、2001年以来の鉄鋼業界の劇的な変化によって時代遅れになった。 世界では生産力が過剰であり、米国の輸入が拡大している。重要な産業で鉄鋼需要が増えているが、塩基性精錬炉が減り、遊休施設が増えているのだ。国家の緊急事態に必要となる設備が閉鎖されていることの潜在的なインパクトも考慮すべきである。

ーーー

  • In reaching this conclusion, the Secretary considered the previous U.S. Government measures and actions on steel articles imports and excess capacity, including actions taken under Presidents Reagan, George H.W. Bush, Clinton, and George W. Bush.
  • The Secretary also considered the Department of Commerce’s narrower investigation of iron ore and semi-finished steel imports in 2001, and found the recommendations in that report to be outdated given the dramatic changes in the steel industry since 2001, including the increased level of global excess capacity, the increased level of imports, the reduction in basic oxygen furnace facilities, the number of idled facilities despite increased demand for steel in critical industries, and the potential impact of further plant closures on capacity needed in a national emergency.

ーーー

  • この結論に照らして、商務長官は、そうした輸入が国の安全保障を損わないように鉄鋼製品の輸入を調整する措置を勧告した。
  • その勧告には、長官が評価したレベルにまで輸入を削減すべく、各国からの鉄鋼製品の輸入について24%の関税を課す措置が含まれている。それは、国内の鉄鋼メーカーが既存の国内生産能力の約80%を使用できる水準だ。そうすることで長期的に経済活動を持続し、生産量を増やせるようになる。
  • また、商務長官は、影響を受ける国内当事者からの特定の要求に応じて、私が彼に権限を与えることを勧めた。それは、比較可能な製品において、米国の生産能力が不足している場合には、国家防衛上の配慮のために輸入規制の賦課の有無を決める権限だ。

ーーー

  • In light of this conclusion, the Secretary recommended actions to adjust the imports of steel articles so that such imports will not threaten to impair the national security.
  • Among those recommendations was a global tariff of 24 percent on imports of steel articles in order to reduce imports to a level that the Secretary assessed would enable domestic steel producers to use approximately 80 percent of existing domestic production capacity and thereby achieve long-term economic viability through increased production.
  • The Secretary has also recommended that I authorize him, in response to specific requests from affected domestic parties, to exclude from any adopted import restrictions those steel articles for which the Secretary determines there is a lack of sufficient U.S. production capacity of comparable products, or to exclude steel articles from such restrictions for specific national security-based considerations.

ーーー

  • 私は彼の勧告を検討した。大量の鉄鋼製品が米国に輸入される貿易の現状は米国の安全保障を脅しているという商務長官の見解に同意する。
  • 1962年通商拡大法232条は、米国の安全保障を脅かす状況が生じ、そうした輸入量となった場合には、大統領に輸入製品とその派生物の量を調整する権限を認めている。
  • 改正された1974年通商法第604条は、大統領に米国関税率表(HTSUS)を具体化するために、輸入に影響を及ぼす措置、削除、変更、継続、または任意の割合の関税賦課、その他の輸入制限の禁止を行う権限を認めている。

ーーー

  • I concur in the Secretary’s finding that steel articles are being imported into the United States in such quantities and under such circumstances as to threaten to impair the national security of the United States, and I have considered his recommendations.
  • Section 232 of the Trade Expansion Act of 1962, as amended, authorizes the President to adjust the imports of an article and its derivatives that are being imported into the United States in such quantities or under such circumstances as to threaten to impair the national security.
  • Section 604 of the Trade Act of 1974, as amended (19 U.S.C. 2483), authorizes the President to embody in the Harmonized Tariff Schedule of the United States (HTSUS) the substance of acts affecting import treatment, and actions thereunder, including the removal, modification, continuance, or imposition of any rate of duty or other import restriction.

ーーー.

  • これらの権限を用いる際に、私はカナダとメキシコを除く全ての国から輸入された鉄鋼製品に25%の関税を課し、輸入量を調整することにした。
  • 私の判断では、商務長官の報告書、2017年の輸入量と生産量、世界的な超過生産能力の削減措置の失敗、年初から続く高水準の輸入などの要因から見て、この関税は適切であり、必要なものだ。ただ、カナダとメキシコに関しては特別な事情がある。
  • この措置により、国内の鉄鋼業界は遊休施設を再稼働し、閉鎖した工場を機能させ、新しい鉄鋼労働者を雇用して必要なスキルを維持し、生産能力を維持もしくは増強する。その結果、鋼材に関する外国メーカーへの依存を減らし、重要な産業や国防に必要な全ての鉄鋼の供給を続けることが可能になる。現状では、鉄鋼製品の輸入が国家安全保障に及ぼす脅威に対処するために、この関税は必要であり、適切なのだ。

ーーー

  • In the exercise of these authorities, I have decided to adjust the imports of steel articles by imposing a 25 percent ad valorem tariff on steel articles, as defined below, imported from all countries except Canada and Mexico.
  • In my judgment, this tariff is necessary and appropriate in light of the many factors I have considered, including the Secretary’s report, updated import and production numbers for 2017, the failure of countries to agree on measures to reduce global excess capacity, the continued high level of imports since the beginning of the year, and special circumstances that exist with respect to Canada and Mexico.
  • This relief will help our domestic steel industry to revive idled facilities, open closed mills, preserve necessary skills by hiring new steel workers, and maintain or increase production, which will reduce our Nation’s need to rely on foreign producers for steel and ensure that domestic producers can continue to supply all the steel necessary for critical industries and national defense. Under current circumstances, this tariff is necessary and appropriate to address the threat that imports of steel articles pose to the national security.

ーーー

  • この関税を採択する際に、私は、鉄鋼製品を輸出し、米国の安全保障を脅かし、国内経済を弱める国々の幾つかと米国が重要な安全保障上の関係を築いていることを認める。
    私は、世界の過剰な生産能力への懸念を国民と共有している。その状況は、国家の安全保障を脅かしている。
  • 私たちは、安全保障関係を持つ国と米国との間で、その国からの輸入が米国の安全保障を脅かしているという問題に対処する方法を話し合うことを歓迎する。
  • そうした国と米国の安全保障への脅威に対処するための代替案を妥結し、その国からの輸入が我が国の安全保障を損なう恐れがなくなったと判断した場合、私は、その国から輸入する鉄鋼製品に対する措置を是正する。必要に応じて、国家安全保障上の利益のために他国に適用される関税に対しての調整を行う。
  • 米国とその国が、我が国の安全保障への脅威に対処するための代替案をまとめ、その国からの輸入が安全保障を損なう恐れがなくなったと判断した場合、私は鉄鋼製品をその国から輸入する。必要ならば、国家安全保障上の利益に合わせて、他の国に適用される関税を調整する。

ーーー

  • In adopting this tariff, I recognize that our Nation has important security relationships with some countries whose exports of steel articles to the United States weaken our internal economy and thereby threaten to impair the national security.
  • I also recognize our shared concern about global excess capacity, a circumstance that is contributing to the threatened impairment of the national security.
  • Any country with which we have a security relationship is welcome to discuss with the United States alternative ways to address the threatened impairment of the national security caused by imports from that country.
  • Should the United States and any such country arrive at a satisfactory alternative means to address the threat to the national security such that I determine that imports from that country no longer threaten to impair the national security, I may remove or modify the restriction on steel articles imports from that country and, if necessary, make any corresponding adjustments to the tariff as it applies to other countries as our national security interests require.

ーーー

  • カナダとメキシコは特別な事例である。
  • 国家安全保障上の懸念に対処する上で相互に支援するという我々の共通の約束、世界の超過生産能力に対処するための共通の取組み、それぞれの産業基盤の物理的近接性、我々の間の堅固な経済統合、米国で生産された鉄鋼製品のカナダとメキシコへの輸出、米国の経済厚生と国家安全保障との密接な関係を考慮すると、私は、少なくとも現在は、カナダとメキシコとの継続的な議論を継続し、同国からの鉄鋼輸入関税を免除すべきだと判断した(この場合、それが鉄鋼製輸入がもたらす安全保障への脅威に対処するための必要かつ適切な手段とされた)。私は、カナダとメキシコからの鉄鋼製品の輸入によってもたらされる国家安全保障への脅威に対処するための必要かつ適切な手段は、これら諸国との継続的な議論を継続し、これらの国からの鉄鋼輸入を免除することであると判断した。
  • 私は、この二国が、米国へのカナダとメキシコを通した鉄鋼物品の積み替えを防止するための措置を講じることを期待している。

ーーー

  • I conclude that Canada and Mexico present a special case.
  • Given our shared commitment to supporting each other in addressing national security concerns, our shared commitment to addressing global excess capacity for producing steel, the physical proximity of our respective industrial bases, the robust economic integration between our countries, the export of steel articles produced in the United States to Canada and Mexico, and the close relation of the economic welfare of the United States to our national security, see 19 U.S.C. 1862(d), I have determined that the necessary and appropriate means to address the threat to the national security posed by imports of steel articles from Canada and Mexico is to continue ongoing discussions with these countries and to exempt steel articles imports from these countries from the tariff, at least at this time.
  • I expect that Canada and Mexico will take action to prevent transshipment of steel articles through Canada and Mexico to the United States.

ーーー

  • その間、この宣言で課せられた関税は、国内鉄鋼業の経済的持続性を確保するための重要な第一歩である。
  • カナダとメキシコとの継続的な交渉で満足のいく成果と、この関税がなければ業界の衰退が続き、米国は国の安全保障上の需要を満たすために外国の鉄鋼メーカーに依存するリスクにさらされる。現状は、基本的に、米国人の安全保障のためにふさわしくない。
  • 私は、この宣言で課せられた関税は、1962年の貿易拡大法の232条で定義されているように、輸入が国の安全保障を脅かさないよう、鉄鋼製品の輸入を調整するために必要かつ適切な措置だと判断する。

ーーー

  • In the meantime, the tariff imposed by this proclamation is an important first step in ensuring the economic viability of our domestic steel industry.
  • Without this tariff and satisfactory outcomes in ongoing negotiations with Canada and Mexico, the industry will continue to decline, leaving the United States at risk of becoming reliant on foreign producers of steel to meet our national security needs — a situation that is fundamentally inconsistent with the safety and security of the American people.
  • It is my judgment that the tariff imposed by this proclamation is necessary and appropriate to adjust imports of steel articles so that such imports will not threaten to impair the national security as defined in section 232 of the Trade Expansion Act of 1962, as amended.

ーーー

  • したがって、米国合衆国の大統領であるドナルド・J・トランプは、米憲法と法律によって私に与えられた権限により、以下のように宣言する。
  • (略)
  • 鉄鋼製品の輸入の関税率を高めるために、米国関税率表第99章第III章は、この宣言の附属書に記載された通りに修正される。
  • この宣言書または本宣言の第3条に従って公表された通知書に別段の定めがある場合を除き、附属書に明示されている全鉄鋼輸入品の関税は、輸入品または撤去品について25%とする。
  • (略)

ーーー

  • Now, Therefore, I, Donald J. Trump, President of the United States of America, by the authority vested in me by the Constitution and the laws of the United States of America, including section 301 of title 3, United States Code, section 604 of the Trade Act of 1974, as amended, and section 232 of the Trade Expansion Act of 1962, as amended, do hereby proclaim as follows:
  • (略)
  • In order to establish increases in the duty rate on imports of steel articles, subchapter III of chapter 99 of the HTSUS is modified as provided in the Annex to this proclamation.
  • Except as otherwise provided in this proclamation, or in notices published pursuant to clause 3 of this proclamation, all steel articles imports specified in the Annex shall be subject to an additional 25 percent ad valorem rate of duty with respect to goods entered, or withdrawn from warehouse for consumption, on or after 12:01 a.m. eastern daylight time on March 23, 2018.
  • (略)

ーーー

スポンサーリンク

米国へのアルミニウム輸入調整に関する大統領宣言

  • 2018年1月19日、商務長官は1962年通商拡大法232条に基づく米国の安全保障へのアルミニウム輸入の影響に関する調査報告を私に送った。
  • 商務長官は、米国の安全保障を損なう恐れがある状況下で、相当の量のアルミ製品が米国に輸入されていることを発見し、私に知らせてきた。
  • 商務長官は、現在のアルミ輸入量と世界的なアルミの余剰生産能力が米国経済を弱体化させていること、米国がアルミの一次生産者にほぼ完全に依存しており、主要な軍事・民生システムに不可欠な高純度アルミの外国生産者に完全に依存するリスクを抱えていることを発見した。
  • 米国が非常事態に必要な防衛上の需要を満たせず、死活的に重要な産業を維持できない危険性があるため、国民経済と安全保障との密接な関係を考慮に入れ、鉄鋼輸入の現状とその数量には国防上の懸念があると結論した。それは1962年通商拡大法232条で定義されている。

ーーーー

  • On January 19, 2018, the Secretary of Commerce (Secretary) transmitted to me a report on his investigation into the effect of imports of aluminum on the national security of the United States under section 232 of the Trade Expansion Act of 1962, as amended (19 U.S.C. 1862).
  • The Secretary found and advised me of his opinion that aluminum is being imported into the United States in such quantities and under such circumstances as to threaten to impair the national security of the United States.
  • The Secretary found that the present quantities of aluminum imports and the circumstances of global excess capacity for producing aluminum are “weakening our internal economy,” leaving the United States “almost totally reliant on foreign producers of primary aluminum” and “at risk of becoming completely reliant on foreign producers of high-purity aluminum that is essential for key military and commercial systems.”
  • Because of these risks, and the risk that the domestic aluminum industry would become “unable to satisfy existing national security needs or respond to a national security emergency that requires a large increase in domestic production,” and taking into account the close relation of the economic welfare of the Nation to our national security, see 19 U.S.C. 1862(d), the Secretary concluded that the present quantities and circumstances of aluminum imports threaten to impair the national security as defined in section 232 of the Trade Expansion Act of 1962, as amended.

ーーーー

  • これらのリスクのために、国内アルミ産業には、既存の安全保障の需要を満たせず、国家の非常時に必要な生産拡大を賄えない危険性がある。
  • 国民経済と安全保障との密接な関係を考慮すると、商務長官は、今のアルミ輸入量と貿易環境が、改正された1962年通商拡大法232条で定義された、安全保障上の懸念に該当すると結論づけた。
  • この結論を踏まえて、商務長官は、アルミ輸入が国の安全保障を損なわないように調整する措置を勧告した。
  • 商務長官が評価したレベルまで輸入を減らすために、アルミ輸入について7.7%の関税を課し、国内のアルミ生産者が既存の国内生産能力の約80%を使用することで、(国内の業者が)長期的に経済活動を続けられるようにすべきだとした。
  • また、商務長官は、影響を受ける国内当事者からの特定の要求に応じて、国家の安全を脅かさないように、アルミ輸入を調整することを提言した。私は、彼に、比較可能な製品において、米国の生産能力が不足している場合には、国家安全保障上の配慮のために輸入規制の賦課の有無を決める権限を認めた。

ーーー

  • In light of this conclusion, the Secretary recommended actions to adjust the imports of aluminum so that such imports will not threaten to impair the national security.
  • Among those recommendations was a global tariff of 7.7 percent on imports of aluminum articles in order to reduce imports to a level that the Secretary assessed would enable domestic aluminum producers to use approximately 80 percent of existing domestic production capacity and thereby achieve long-term economic viability through increased production.
  • The Secretary has also recommended that I authorize him, in response to specific requests from affected domestic parties, to exclude from any adopted import restrictions those aluminum articles for which the Secretary determines there is a lack of sufficient U.S. production capacity of comparable products, or to exclude aluminum articles from such restrictions for specific national security-based considerations.

ーーー

以下、基本的に鉄鋼製品の輸入制限と同じ形式の文言が並ぶので省略

アルミニウム製品への関税は10%とされ、カナダとメキシコは除外

  • これらの権限の行使において、私はカナダとメキシコを除く全ての国から輸入されたアルミニウムに10%の関税を課し、輸入量を調整することにした。私の判断では、商務長官の報告書、2017年の輸入量と生産量、世界の超過生産能力を削減する措置についての失敗、年初から続く高水準の輸入などの要因から見て、この関税は適切であり、必要なものだ。ただ、カナダとメキシコに関しては特別な事情がある。
  • In the exercise of these authorities, I have decided to adjust the imports of aluminum articles by imposing a 10 percent ad valorem tariff on aluminum articles, as defined below, imported from all countries except Canada and Mexico.

ウィルバー・ロス商務長官の見解(参考)

Commerce Secretary Wilbur Ross: “Why We Imposed the Metal Tariffs”において、ロス長官は以下のように述べた。

  • 鉄鋼やアルミの輸入が国内産業を浸食し、国家安全保障を脅かす原因となったため、大統領は対処した。
  • 中国のような国からの不公平な取引慣行は、世界の鉄鋼市場とアルミ市場を歪めている。このダメージを止める時期だ。
  • 1998年以来、無数の製鉄所とアルミ製錬所が閉鎖された。
  • 鉄鋼業界では75000以上の雇用が消えてしまった。
  • 今日、米国には、装甲車両メッキに使用される高度な合金を製造できる製鉄所は1つしかない。
  • 防衛・航空・宇宙の用途に必要な高級アルミを製造する製錬所、電気変圧器のようなインフラに必要な材料を作る製鉄所は一つしかない。
  • これらの関税は、この残念な状況を逆転させることを目指している。
  • これらの関税で鉄鋼とアルミを生産する企業は、工場を再開し、操業を拡大し、新たな労働者を引き付け、重要な鉄鋼・アルミ製造技術を維持できるようになる

ーーー

  • The president acted because steel and aluminum imports have helped erode the domestic industry to the point that it threatens national security. Unfair trading practices from countries like China have distorted the global steel and aluminum markets. It is time to halt the damage.
  • Since 1998, countless steel mills and aluminum smelters have closed.
  • More than 75,000 steel jobs alone have disappeared.
  • Today the U.S. has only one steel mill that can produce the advanced alloys used in armored-vehicle plating; one aluminum smelter that makes the high-grade aluminum needed for defense aerospace applications; and one steel mill that makes the materials needed for infrastructure like electrical transformers.
  • These tariffs aim to reverse this sorry state of affairs. Companies that produce steel and aluminum have said these tariffs will allow them to reopen mills, expand operations, attract new workers, and maintain critical steel- and aluminum-making skills.

ーーー

米国の製造業空洞化の深刻化を憂慮しているわけです。

今後、各国のカウンターパンチと米国との応酬が注目されます。

【スポンサードリンク】

-全投稿記事, 米国政治, 米国経済, 米通商貿易

Copyright© トランプ政権と米国株投資 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.