echosystem / Pixabay

全投稿記事 米国経済 米通商貿易

米国の輸出・輸入を国別に一覧(中国やEU、日韓、メキシコ等)

更新日:

7月6日に米中が関税をかけあい、制裁の応酬が激化すれば貿易戦争が勃発します。

また、鉄鋼とアルミニウムへの輸入関税に対しては、EUや中国、カナダ、メキシコ、インドなどが報復関税を導入することを表明しており、貿易摩擦が上記の親米国にまで波及していくことが懸念されています。

現在、検討されている自動車への関税賦課が決まれば、日本も大きな打撃を受けるので、わが国も真剣な対処を迫られています。

そこで、本記事では、米国の関税に対する各国の対抗措置と、米国との輸出・輸入の現状を整理してみます。

米国の貿易統計はなかなか読みにくいので、図表を用いて「見える化」をはかりたいと考えています。

主要国の対抗関税を一覧(鉄鋼・アルミ関税への報復措置等)

スポンサーリンク

まず、EUや中国、カナダ、メキシコ、インド等の報復措置の概要を見てみます。

発動日規模主な品目
中国4/2500億$豚肉、ワイン、ナッツ、海産物、自動車、化学製品等
EU6/2232億$バター、酒類、鉄鋼、農産品等
メキシコ6/530億$鉄鋼、豚肉、果物、チーズ等
カナダ7/1126億$鉄鋼、アルミ、シロップ、ピザ等
インド8/42.4億$鉄鋼、化学製品、リンゴ、くるみ等

※米露首脳会談を控えたロシアは意外と慎重だったが、6月下旬に鉄鋼・アルミ関税の損害を年5億3760万ドルと見積もり、米国からの道路建設機械などに同規模の関税をかける意向を示した。

※その後、トランプ政権は日本や欧州に対して自動車関税をかける方針を明かしました(未実施)。

前掲五カ国の対抗関税に関して、重要なポイントを整理してみます。

  • 中国:知的財産権への制裁に対する追加関税を発動。7月6日に340億ドル。その後に残りの160億ドルを課税し、米国が2000億ドル規模の追加制裁をしてくれば、同額の関税で対抗する。
  • EU:米国の代表的な二輪車ブランド「ハーレー・ダビッドソン」等を狙い撃ち。ハーレーは米国での製品製造を断念。
  • メキシコ:鉄鋼輸出の7割が米国向けなのでダメージが大きい。新大統領ロペスオブラドール氏は対抗する意向。
  • カナダ:輸出のうち76%、輸入のうち52%が対米国。アルミ生産で世界3位。トルドー首相の地盤であるケベック州はアルミ生産が盛ん。そのため、最も制裁規模が大きくなった。
  • インド:鉄鋼輸出の2割が米国向け。モディの産業振興策「メーク・イン・インディア」と米国の関税は真っ向からぶつかる

鉄鋼・アルミは米国輸入の2%ですが、自動車関連は米国輸入の15%を占めるため、後者への関税賦課が本格化すれば、各国との貿易戦争はさらに過熱していくでしょう。

自動車関税(部品を含む)は最大25%になると見られています。

こうしてみると、安全保障において米国への依存度が高い日本や韓国は米国への対抗関税をかけられない構図が鮮明になってきています。

そこで、前掲の情報を踏まえ、米国から見た時の各国との貿易赤字の規模を「見える化」してみましょう。

※米国商務省の貿易統計から取得した数値情報をもとにグラフと図表を作成しました。

対中貿易:2015~2017年

以下、貿易統計の出所は”U.S. International Trade in Goods and Services (FT900)”。

BOP Basisの「Exhibit 20」「Exhibit 20a」「Exhibit 20b」のデータを使用しています。 

スポンサーリンク

2017年の貿易赤字は3300億ドル超

やはり、貿易赤字の規模の大きさが目立つのは中国です。

貿易赤字の詳細:2015~2017年

対中貿易201520162017
モノ:輸出116505115942130376
モノ:輸入484071463212506289
モノ:貿易赤字-367567-347270-375913
サービス:輸出490215493957628
サービス:輸入149871603217419
サービス:貿易黒字340333890740209
モノとサービス:輸出165525170881188004
モノとサービス:輸入499059479244523708
モノとサービス:貿易赤字-333533-308363-335704

7月6日には340億ドル規模の制裁が発動されます。

第一段階では、中国への輸出が6割を占める米国大豆を狙い撃ちし、牛や豚、鶏などの肉類や、マグロ、エビ、カニ、フカヒレ、ホタテ等の水産物、ジャガイモや玉ねぎ等の野菜類、果実類、ウィスキーやタバコ、綿花や自動車などに関税がかけられます。

第二段階(残り160億ドル)では、化学工業品、原油、天然ガス、石炭などのエネルギー産業を狙い撃ち。医療設備にも関税がかけられる見通しです。

対EU貿易:2015~2017年

2017年の貿易赤字は1000億ドル超

貿易赤字の詳細:2015~2017年

対EU貿易201520162017
モノ:輸出273695270955284809
モノ:輸入431046419103437406
モノ:貿易赤字-157350-148148-152597
サービス:輸出229102235242243405
サービス:輸入174245179163191968
サービス:貿易黒字548575607951438
モノとサービス:輸出502797506197528215
モノとサービス:輸入605291598265629374
モノとサービス:貿易赤字-102494-92068-101159

トランプ大統領はEUから米国への自動車関税を20%に引き上げると明言。8月までに調査を終える予定でしたが、米国が自動車の輸入制限を発動すれば、EUは2940億ドル(約32兆円)規模の報復関税をかけると警告していました。

しかし、7月4日には、駐独米大使が独自動車大手(VM、BMW、コンチネンタル等)の社長らと会い、米国とEUとの間の自動車関税をお互いにゼロにすることを提案しています(現在、EUから米国への自動車関税は2.5%、米国からEUに輸出した際の関税は10%)。米大使はこれをゼロにすることを提案。米欧間の規格の違いをなくすことや、米国への投資の拡大なども要望しています。

対独貿易:2015~2017年

2017年の貿易赤字は660億ドル超

貿易赤字の詳細:2015~2017年

対独貿易201520162017
モノ:輸出500694940453893
モノ:輸入125462114580117950
モノ:貿易赤字-75394-65176-64057
サービス:輸出300653187932692
サービス:輸入317003377535364
サービス:貿易赤字-1635-1896-2672
モノとサービス:輸出801338128386585
モノとサービス:輸入157162148355153313
モノとサービス:貿易赤字-77028-67072-66728

米国がEUに対して抱えている2017年の貿易赤字は1100億ドル超なので、そのうち、ドイツ一国が6割程度を占めていることになります。

対メキシコ貿易:2015~2017年

2017年の貿易赤字は680億ドル超

貿易赤字の詳細:2015~2017年

対メキシコ201520162017
モノ:輸出236766230342243827
モノ:輸入303369300274319954
モノ:貿易赤字-66603-69932-76127
サービス:輸出314453165732874
サービス:輸入228752409725492
サービス:貿易黒字857075607382
モノとサービス:輸出268211261999276701
モノとサービス:輸入326244324372345446
モノとサービス:貿易赤字-58033-62372-68745

メキシコ政府は6月5日の官報で関税の対象品目を告示。

豚肉(加工品含む)、チーズ、リンゴ、ジャガイモやブルーベリーの加工品、調製食料品、ウイスキー、鋼板、棒鋼、鋼管、アルミ製品、ファン、モーターボート、金属製家具、照明器具など。

対カナダ貿易:2015~2017年

2017年は28億ドルの貿易黒字

貿易赤字の詳細:2015~2017年

対加貿易201520162017
モノ:輸出281562267235282863
モノ:輸入302806283601305523
モノ:貿易赤字-21245-16366-22660
サービス:輸出546995436058446
サービス:輸入292893058833025
サービス:貿易黒字254102377225420
モノとサービス:輸出336261321595341309
モノとサービス:輸入332096314189338548
モノとサービス:貿易黒字416574062760

カナダは米国から輸入する鉄鋼に25%、アルミに10%の関税をかけます。

そのほか、ウイスキーや食料品(イチゴジャム、トマトケチャップなど)、食洗機やトランプ札等にも10%の関税を上乗せし、国内の鉄鋼・アルミ産業に対して20億カナダドルの支援を行います。

対日貿易:2015~2017年

2017年の貿易赤字は560億ドル超

貿易赤字の詳細:2015~2017年

対日貿易201520162017
モノ:輸出630856379068318
モノ:輸入134365134168138272
モノ:貿易赤字-71280-70378-69954
サービス:輸出453324504446428
サービス:輸入292943106433062
サービス:貿易黒字160381398013366
モノとサービス:輸出108417108834114746
モノとサービス:輸入163659165232171334
モノとサービス:貿易赤字-55242-56398-56588

日本は2017年に500億ドルの自動車および部品を米国へ輸出しているので、25%もの関税をかけられたら、大変なことになります。

対韓貿易:2015~2017年

2017年の貿易赤字は90億ドル超

貿易赤字の詳細:2015~2017年

対韓貿易201520162017
モノ:輸出444834296549259
モノ:輸入724487039871838
モノ:貿易赤字-27965-27433-22579
サービス:輸出208442172424165
サービス:輸入111311090310883
サービス:貿易黒字97131082113282
モノとサービス:輸出653286468973424
モノとサービス:輸入835798130082721
モノとサービス:貿易赤字-18252-16612-9297

韓国は204億ドルの自動車を米国に輸出しているので、今後は、米国の自動車関税がどうなるのかが注目されています。

対印貿易:2015~2017年

2017年の貿易赤字は270億ドル超

貿易赤字の詳細:2015~2017年

対印貿易201520162017
モノ:輸出215152168025724
モノ:輸入449024612048697
モノ:貿易赤字-23387-24440-22973
サービス:輸出185452061623748
サービス:輸入246592581728136
サービス:貿易赤字-6114-5201-4387
モノとサービス:輸出400604229649472
モノとサービス:輸入695607193776833
モノとサービス:貿易赤字-29501-29641-27361

インドの報復関税はアーモンド、くるみ、りんごなどの農産物や、化学製品、金属製品などが対象です。

【スポンサードリンク】

-全投稿記事, 米国経済, 米通商貿易

Copyright© トランプ政権と米国株投資 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.