Capri23auto / Pixabay

債券ETF(総合)

この記事では、米国の債券ETFを比較してみます。

AGGとBND、MBBの情報を整理してみましょう。

(※短期・中期・長期の米国債を扱う債券ETFに関しては「期間別比較」の記事を参照)

債券ETFを比較:AGG/BND/MBB

スポンサーリンク

この3つのETFは、多様な債券をとりまとめたETFですが、銘柄の構成比率に違いがあります。

まずはその概要を見たいのですが、あらかじめ以下の債券の略語の解説を付記しておきます、

  • ABS(Asset Backed Security):資産担保証券。各種の資産の信用力やキャッシュフローを裏付けに発行される有価証券の総称
  • MBS(Mortgage-backed securities):住宅ローンを担保として発行される有価証券の総称
  • CMBS(Commercial Mortgage Backed Securities):商業用不動産ローンを担保として発行される有価証券の総称
  • モーゲージ証券:住宅ローン(=モーゲージ)を担保に発行された債券

【AGG】iシェアーズコア米国総合債券市場ETF

  • 米国の投資適格債券市場の全体に連動するように、国債、政府関連債、社債、MBS、ABS、CMBSなどに分散投資する米国籍ETF。
  • 国債とモーゲージ証券が多い。米国への投資比率は9割程度。
  • バークレイズ米国総合債券指数に連動する。
  • 実効デュレーションは5.9年。毎月、分配金あり。

株価の伸び率を各年で比較してみます。

★1:各年の株価伸び率(※18年終値は11/30)
AGG初値最安最高終値上昇率
2018109.3104.0109.2104.9-4%
2017107.7107.1110.6109.32%
2016108.1107.2113.3108.10%
2015110.2107.7112.4108.0-2%
2014106.5106.4110.8110.13%
2013110.8104.9111.6106.4-4%
2012110.2108.9112.7111.11%
2011105.4103.9110.8110.35%
2010103.3103.2108.9105.82%
2009103.899.8105.8103.2-1%
2008101.488.4104.2104.23%

【BND】バンガード・米国トータル債券市場ETF

  • 米国の投資適格債券に分散投資する米国籍ETF。
  • バークレイズ・キャピタル総合債券指数に連動.
  • その比率は、国債と政府機関債が4割程度。社債やMBSが25%前後、モーゲージ債が2割程度。
  • 実効デュレーションは6.1年。毎月、分配金あり。

株価の伸び率を各年で比較してみます。

★1:各年の株価伸び率(※18年終値は11/30)
BND初値最安最高終値上昇率
201881.577.581.478.1-4%
201780.680.082.781.61%
201680.880.184.980.80%
201582.480.684.480.8-2%
201480.180.083.182.43%
201383.879.284.280.1-4%
201283.482.685.484.01%
201180.079.084.383.54%
201078.678.583.080.32%
200978.475.980.378.60%
200878.370.079.079.01%

【MBB】iシェアーズ米国MBS ETF

  • 米政府機関が発行・保証するモーゲージ・パススルー証券(投資適格)などに分散投資
  • バークレイズ米国MBS指数に連動する
  • 実効デュレーションは4.9年。毎月、分配金あり。

株価の伸び率を各年で比較してみます。

★1:各年の株価伸び率(※18年終値は11/30)
MBB初値最安最高終値上昇率
2018106.5101.8106.6103.2-3%
2017106.0105.1107.7106.61%
2016107.9105.6110.2106.3-1%
2015109.3107.6110.5107.7-1%
2014104.8104.6109.9109.34%
2013108.1102.8108.3104.6-3%
2012107.8107.5109.4108.00%
2011105.4103.7108.9108.13%
2010106.0104.6110.1105.60%
2009104.9103.7108.4106.01%
2008101.799.1105.2104.93%

債券ETFを徹底分析

前記の3つのETFの伸び率を比較してみます。

各年初から2018/11/30までの株価伸び率は以下の通りでした。

株価伸び率を比較

AGGBNDMBB
18~-4%-4%-3%
17~-3%-3%-3%
16~-3%-3%-4%
15~-5%-5%-6%
14~-2%-2%-2%
13~-5%-7%-5%
12~-5%-6%-4%
11~0%-2%-2%
10~2%-1%-3%
09~1%0%-2%
08~3%0%1%

債券ETFは株からなるETFとは違い、値動きが抑えられています。

株価の推移を踏まえた上で、ETFの指標を見てみましょう。

直近配当(利回り)、経費率、資産総額等

(以下、直近配当額の単位はドル、資産額の単位は億ドル。あとは%。利回り=配当利回り[税込み]。データはブルームバーグHP〔2018/11/30閲覧〕)

配当利回り経費率資産額
AGG25.63%2.94%0.05%538
BND25.43%2.97%0.09%116
MBB25.43%2.97%0.09%116

さらに、モーニングスターHPから取得した情報(2018/7/30)で、年間配当や構成銘柄の比率なども見てみましょう。

分配金(2014~2017)

年間で累計した上記ETFの分配金(ドル)の推移を見てみます。

AGGBNDMBB
年初来1.43891.06691.4839
20172.53732.03812.3726
20162.58581.99512.507
20152.48652.00082.3087
20142.54612.07311.881

AGGが高めに推移しています。

投資先となる債権の比率

次に金融商品別の投資比率を見てみます。

AGGBNDMBB
国債など44.0246.45-
(米国債)(39.89)(41.92)-
(その他国債等)(3.14)(4.52)-
社債25.1126.78-
MBSなど25.0424.2591.06
現金類5.021.82%8.94

AGGとBNDの資産構成はわりと似ています。

構成銘柄の比率(債権格付け別)

構成銘柄の比率を格付け別に見てみます。

AGGBNDMBB
AAA72.7970.08100
AA2.743.520
A11.1811.920
BBB13.2914.480
BB000
B000

MBBは格付けAAA以外には投資していません。

AGGもBNDもAAAが7割なので、安全パイ狙いになっています。

構成銘柄の比率(債権の年数別)

構成銘柄の比率を債権の年数別に見てみます。

AGGBNDMBB
1~320.2522.860.01
3~517.0716.320.07
5~78.5110.810.15
7~1010.3710.691.8
10~154.463.5110.35
15~202.623.963.05
20~3033.9129.4683.97
30~1.352.360.59

【スポンサードリンク】

関連コンテンツ

更新日:

Copyright© トランプ政権と米国株投資 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.