投資

Anestiev / Pixabay

全投稿記事 米国株 金融・保険

【BLK】ブラックロックの株価と決算、配当

更新日:

ブラックロック(BlackRock Inc)は当ブログでもたびたびETFを紹介している世界最大規模の独立系資産運用会社です。

世界30ヵ国以上に拠点を持ち、グローバルな資産連用を行っています。

運用資産規模は5.1兆ドル(16年末)から6.28兆ドル(17年末)にまで拡大しました。

リスク・マネジメントやアドバイザリー・サービス等にも手を広げています。

その顧客は富裕層や機関投資家、年金基金、政府系ファンドなど、巨額のお金を持っている個人や組織が目立ちます。

ETF (上場投資信託)に関しては「iShares (iシェアーズ)」ブランドで知られており、日本市場にも次々と商品を上場させています。

この銘柄の株価チャートと最近の指標を見ていきましょう。

【BLK】ブラックロックの株価推移

スポンサーリンク

BLKの株価推移をロイターのサイトで見てみます。

【3年チャート】

ETFを扱うだけはあって、18年2月以降に株安のダメージが直撃。BLKの株価の戻り具合は半分以下になっています。

ただ、2015年~2017年を見ると、17年に大きく株価を伸ばしました。

年初の伸びはやや高すぎるので、2月に調整が入ったとも言えます。

【長期チャート】

長期で見ると、サブプライムショック時、2011年秋口、2012年あたりは下がっていますが、全体的には右肩上がりです。

【BLK】ブラックロックの指標

次に、ブルームバーグのサイトでこの銘柄の指標を見てみます(2018/6/17閲覧)。

  • 株価52周レンジ : 408.62~594.52
  • 1年トータルリターン : 27.43%
  • 年初来リターン : 2.1%
  • 株価収益率(PER) : 22.21
  • 1年1株当り利益 (EPS): 23.61
  • 時価総額 (億ドル) : 845
  • 発行済株式数 (万株) : 16017
  • 株価売上高倍率(PSR) : 6.4
  • 直近配当利回り(税込) : 2.2%

1年トータルリターンが27%なので、高水準です。

ブラックロックのETFを買うよりも、ブラックロック株を買ったほうが儲かるケースもあるということは、覚えておいておきたいものです。

ただ、本年は株価の調整局面が来ているので、楽観はできません。

【BLK】ブラックロックの決算と配当

次に、決算の数字を見てみます。

まず、四半期ベースの業績は以下のように推移しています。

(売上高と純利益の単位は百万ドル。EPS=希薄化後EPS。情報源は亜州IR株式会社の『2018新年号米国株四季報』とブラックロック決算

【四半期決算:2016~2017】

売上高 純利益 EPS 1株配当
2016/12 2890 851 5.13 2.29
2017/3 2824 862 5.23 2.5
2017/6 2965 857 5.22 2.5
2017/9 3233 947 5.78 2.5
2017/12 3469 2304 14.07 2.5

純利益が倍増しています。

年次で見ても、17年は飛びぬけたパフォーマンスになっています。

【通年決算:2014~2017】

売上高 純利益 EPS 1株配当
2014/12 11081 3294 19.25 7.72
2015/12 11401 3345 19.79 8.72
2016/12 11155 3172 19.04 9.16
2017/12 12491 4970 30.23 10

最後に、自己資本とキャッシュフローを見てみます。

【財務情報:2015~2017年】

15/12 16/12 17/12
総資産 225261 220177 220217
自己資本比率 12.65 13.22 14.45
営業CF 3004 2154 3828
投資CF -465 -188 -587
財務CF -2064 -1685 -2630
フリーCF 2783 2035 3673

株高の恩恵を受けたブラックロックですが、18年以降も同じ調子が続くのかどうか。

そこが注目点になっています。

【スポンサードリンク】

-全投稿記事, 米国株, 金融・保険

Copyright© トランプ政権と米国株投資 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.