トランプ政権と米国株投資

アメリカ市場の銘柄(ETF含む)を買う人向けに政治・経済の情報を提供するブログです。

geralt / Pixabay

全投稿記事 米国株 電気通信 高配当銘柄

【CTL】センチュリーリンクの株価と決算、配当

更新日:

センチュリーリンク(CenturyLink Inc.)は独立系の地域通信会社です。

音声、市内・長距離電話、ネットワーク接続、特別アクセスを含んだ専用回線、公共アクセスやブロードバンド、データ、クラウドホスティングを含んだマネージドホスティング、コロケーション、無線、動画サービスなどを提供しています。

17年5月にはデータセンターを売却し、同業者のレベルスリー社を買収し、海外部門を拡大しました。

主な指標を概観

スポンサーリンク

まず、主要指標のデータを見てみます(出所はグーグルファイナンスなど)。

19/1/2株価15
19/2/1株価15.3
株価上昇率1.5%
52週高値24.2
52週安値14
EPS0.46
PER33.18
配当(利回り)2.16 (14.10%)
時価総額(億$)165
株式数(億)10.8

米企業の中でも際立った配当利回りですが、EPSに比べると大きすぎる数字なので、減配リスクに警戒が必要です。

株価推移(チャートと伸び率)

次に、株価の推移を見てみます。

青線が株価推移。赤線が200日間の移動平均線です。

その株価の推移を1年ごとに見てみましょう。

1:各年の株価伸び率(※18年終値は12/31
CTL

初値

最安

最高

終値

上昇率

2018

16.9

14.5

24

15.2

-10%

2017

24.4

13.6

27.3

16.7

-32%

2016

24.9

22.2

32.8

23.8

-4%

2015

39.8

24.4

40.5

25.2

-37%

2014

31.7

28.1

41.8

39.6

25%

2013

39.9

30.3

41.8

31.9

-20%

2012

37.7

36.6

43

39.1

4%

2011

46.4

31.8

46.7

37.2

-20%

2010

36.5

32.9

46.8

46.2

26%

2009

27.3

23.6

36.8

36.2

33%

2008

41.6

21.8

41.6

27.3

-34%

2:各年初から2018/12/31までの伸び率
18年~

17年~

16年~

15年~

14年~

13年~

-10%

-38%

-39%

-62%

-52%

-62%

12年~

11年~

10年~

09年~

08年~

-

-60%

-67%

-58%

-45%

-64%

-

配当利回りと配当性向

株価の次に、配当金と配当性向の推移をモーニングスター(MS)社のデータで見てみます。

★配当性向=1株当たり配当÷EPS×100〔純利益から配当金を支払っている割合〕

★MS社は非GAAPのEPSで配当性向を試算。GAAP基準のEPS試算〔=単純計算〕の箇所は筆者挿入。

年/月

EPS

配当

配当性向

(GAAP)

単純計算

MS試算

2008/12

3.52

1.53

43.5

43.1

2009/12

3.23

2.8

86.7

109.8

2010/12

3.13

2.9

92.7

92.7

2011/12

1.07

2.9

271.0

175.7

2012/12

1.25

2.9

232.0

232

2013/12

-0.4

2.16

-

-

2014/12

1.36

2.16

158.8

153.1

2015/12

1.58

2.16

136.7

166.2

2016/12

1.16

2.16

186.2

127.8

2017/12

2.21

2.16

97.7

372.4

さらに、四半期ごとの配当も見てみます。

権利落ち日

1株配当

配当利回り

当日株価

2018/11/26

0.54

11.7%

18.4

2018/08/31

0.54

10.1%

21.4

2018/06/04

0.54

12.2%

17.64

2018/03/05

0.54

12.1%

17.84

2017/11/27

0.54

15.9%

13.62

2017/09/05

0.54

11.1%

19.52

2017/06/05

0.54

8.4%

25.85

2017/03/03

0.54

9.2%

23.48

2016/11/28

0.54

8.8%

24.64

2016/09/02

0.54

7.7%

27.94

2016/05/31

0.54

8.0%

27.12

2016/03/04

0.54

6.8%

31.59

四半期決算(予想と実値)

さらに、決算を見ていきます。ロイターによれば四半期決算のEPSと売上の予想は以下の通りです(2018/12/21、売上単位は100万ドル)。

ロイター予想値

売上予想

平均

上限

下限

期間

2019

22940

23689

22560

通年

2018

23458

23557

23410

通年

3-19

5787

5859

5729

4半期

12-18

5791

5851

5745

4半期

売上

予想

結果

9-18

5881

5818

63

1.07

6-18

5921

5902

19

0.32

3-18

5972

5945

27

0.45

12-17

5685

5323

362

6.37

9-17

4060

4034

26

0.63

EPS予想

平均

上限

下限

期間

2019

7.54

7.85

6.85

通年

2018

6.46

6.62

6.32

通年

3-19

1.72

1.86

1.64

4半期

12-18

1.53

1.67

1.38

4半期

EPS

予想

結果

9-18

1.68

1.78

0.10

0.20

6-18

1.53

1.66

0.13

4.54

3-18

1.25

1.50

0.25

35.14

12-17

1.12

1.14

0.02

39.05

9-17

1.23

1.34

0.11

7.04

※決算予想では米国会計基準(GAAP)とは異なる「非GAAP基準」の数値が多用されています。これは各社が経営実態を踏まえて調整した数値です(売上とEPSの数値が後述のGAAP基準での数値と異なる場合は、非GAAP基準の数値)。

四半期決算(GAAP基準)

CTL

売上高

営業利益

純利益

EPS

03-2017

4209

631

163

0.3

06-2017

4090

367

17

0.03

09-2017

4034

487

92

0.17

12-2017

5323

524

1117

1.71

03-2018

5945

750

115

0.11

通年決算(GAAP基準)

最後に、通年決算の数字を見てみます。

損益計算(売上、純利益等)

売上高

営業CF

同マージン

純利益

2008/12

2600

853

32.8%

366

2009/12

4974

1574

31.6%

647

2010/12

7042

2045

29.0%

948

2011/12

15351

4201

27.4%

573

2012/12

18376

6065

33.0%

777

2013/12

18095

5559

30.7%

-239

2014/12

18031

5188

28.8%

772

2015/12

17900

5153

28.8%

878

2016/12

17470

4608

26.4%

626

2017/12

17656

3878

22.0%

1389

※同マージン=営業キャッシュフローマージン。15~35%程度あれば優良な数値。通常、売上高>営業CF>純利益となる。営業CF<純利益となる企業は粉飾決算の可能性あり。

なお、2017年8月の売上構成では、コンサルが51%、アウトソーシングが約44%、払い戻しが5%程度になっています。

EPSや営業利益率など

営業利益率

EPS

DSO

2008/12

27.8

3.52

26.46

2009/12

24.8

3.23

30.8

2010/12

29.3

3.13

36.24

2011/12

13.2

1.07

31.68

2012/12

14.8

1.25

37.08

2013/12

14.1

-0.4

36.75

2014/12

13.4

1.36

37.28

2015/12

14.6

1.58

36.81

2016/12

13.3

1.16

38.34

2017/12

11.4

2.21

42.66

※DSO(デイズ・セールス・アウトスタンディング):売掛金回収に必要な日数。売掛金÷1日平均売上高で計算。期末に無理して売込みをかけてEPSをよい数値にした企業の場合は、売掛金が増え、DSOの数値が大きくなる。

バランスシート

総資産

総負債

株主資本

自己資本率

2008/12

8254

5086

3168

38.4%

2009/12

22563

13096

9467

42.0%

2010/12

22038

12391

9647

43.8%

2011/12

56044

35217

20827

37.2%

2012/12

53940

34651

19289

35.8%

2013/12

51787

34596

17191

33.2%

2014/12

49103

34080

15023

30.6%

2015/12

47604

33544

14060

29.5%

2016/12

47017

33618

13399

28.5%

2017/12

75611

52120

23491

31.1%

さらに、重要指標を見てみます。

ROAとROEなど

★ROE=当期純利益÷自己資本 ※投下資本に対して企業が上げた利益を見る

★ROA=当期純利益÷総資産 ※総資産を用いて企業が上げた利益を見る

★流動比率=流動資産÷流動負債 ※短期的な支払い能力を見る(下表では資本が負債の何倍かを表記)

ROA

ROE

流動比率

単位

倍率

2008/12

4.5

11.1

1.21

2009/12

4.2

10.3

0.66

2010/12

4.3

9.9

1.13

2011/12

1.5

3.8

0.88

2012/12

1.4

3.9

0.79

2013/12

-0.5

-1.3

0.89

2014/12

1.5

4.8

0.91

2015/12

1.8

6.0

0.58

2016/12

1.3

4.6

0.96

2017/12

2.3

7.5

0.86

 

キャッシュフロー

営業CF

投資CF

財務CF

フリーCF

2008/12

853

-389

-255

418

2009/12

1574

-679

-976

819

2010/12

2045

-859

-1175

1181

2011/12

4201

-3647

-577

1790

2012/12

6065

-2690

-3295

3337

2013/12

5559

-3148

-2454

2591

2014/12

5188

-3077

-2151

2204

2015/12

5153

-2853

-2301

2312

2016/12

4608

-2994

-1518

1657

2017/12

3878

-8871

5358

2301

 

【スポンサードリンク】

-全投稿記事, 米国株, 電気通信, 高配当銘柄

Copyright© トランプ政権と米国株投資 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.