ロシアETF(ERUSとRSX)の株価と配当

2019年5月9日

広告

ロシア市場の主要企業に投資するERUSとRSXのパフォーマンスを調べてみます。

その上で、ロシアのGDPや失業率などの主要統計を一覧し、その投資環境を把握してみます。

広告

【ERUS】IシェアーズMSCIロシアETFとは

  • MSCIロシア25/50インデックスに連動する米国籍ETF
  • 9割以上の比率でロシア銘柄に投資
  • 以下、株価推移(赤線は200日移動平均線)

 

★1:各年の株価伸び率(※19年終値は5/6)
ERUS 初値 最安 最高 終値 上昇率
2019 30.6 31.4 36.5 35.6 16%
2018 34.1 30.6 39.2 30.8 -10%
2017 34.6 27.3 35.1 33.5 -3%
2016 22.1 18.7 34.8 33.5 52%
2015 23.1 22 32 22.3 -4%
2014 43.3 21.4 42.3 22.9 -47%
2013 48 38 49.1 43.8 -9%
2012 43.3 37.9 53.4 47.3 9%
2011 53.8 36.4 63.9 41.8 -22%

【RSX】ヴァンエック・ベクトル・ロシアETFとは

  • MVISロシアTRインデックスに連動する米国籍ETF。
  • こちらも9割以上の比率でロシア銘柄に投資。
  • 以下、株価推移(赤線は200日移動平均線)。

 

★1:各年の株価伸び率(※19年終値は5/6)
RSX 初値 最安 最高 終値 上昇率
2019 18.6 19 21.9 21.4 15%
2018 21.6 18.4 24.3 18.8 -13%
2017 21.8 18.2 22.6 21.2 -3%
2016 14.4 12.2 21.8 21.2 47%
2015 14.8 14.2 20.8 14.7 -1%
2014 28.7 13.9 27.9 14.6 -49%
2013 30.3 24.1 31 28.9 -5%
2012 27.6 23.2 33.7 29.9 8%
2011 38.3 24.6 43.1 26.7 -30%
2010 32 27 38 37.9 19%
2009 13.3 10.5 32.3 31.2 134%
2008 52.3 10.6 58.7 13.1 -75%

【ERUS】と【RSX】を比較する

さらに、各年初から直近までの株価伸び率と主な指標などを比べてみます。

各年初から直近までの株価伸び率

ERUS RSX
19~ 16% 15%
18~ 5% -1%
17~ 3% -2%
16~ 61% 49%
15~ 54% 44%
14~ -18% -25%
13~ -26% -29%
12~ -18% -22%
11~ -34% -44%
10~ -33%
09~ 60%
08~ -59%

主要指標(配当利回り等)

次に、グーグルファイナンスとウォールストリートジャーナルから主要指標を見てみます。

ERUS RSX
1/2株価 30.6 18.6
5/6株価 35.6 21.4
株価上昇率 16.3% 15.2%
52週高値 36.7 22.3
52週安値 30 18.2
配当利回り 4.17% 4.52%
経費率 0.59% 0.66%
総資産額 0.6B 1.4B
株式数(億) 0.2 0.8

ERUSの利回り

通年の分配金(1株当たり)の累計は以下の通りです。

利回り 分配金 平均株価
2018 4.21% 1.44 34.2
2017 3.89% 1.25 32.1
2016 3.15% 0.85 27.0
2015 3.31% 0.87 26.3
2014 3.78% 1.36 36.0
2013 2.72% 1.18 43.3
2012 2.35% 1.06 45.1
2011 1.32% 0.69 52.2

RSXの利回り

利回り 分配金 平均株価
2018 4.55% 0.97 21.3
2017 4.35% 0.91 20.9
2016 1.96% 0.34 17.3
2015 3.04% 0.52 17.1
2014 2.81% 0.66 23.5
2013 2.66% 0.74 27.8
2012 2.56% 0.73 28.5
2011 1.64% 0.58 35.3
2010 0.55% 0.18 32.6
2009 0.37% 0.08 21.8

ポートフォリオの比較

次に、このETFの構成比率を「組入れ企業の規模」「セクター別の投資割合」で見てみます(※出典:規模別、セクター別比率はfidelity.com。投資先主要10社の比率はWSJ。データは〔2019/5/6〕)。

規模別の比率

ERUS RSX
大企業 71.9% 59.5%
中企業 26.2% 34.8%
小企業 1.9% 5.6%

セクター別の投資割合(%)

ERUS RSX
エネルギー 49.4% 40.4%
素材 20.6% 22.1%
金融 18.9% 12.8%
必需品 6.4% 12.2%
通信 3.0% 8.9%
公益事業 1.9% 2.3%

投資先主要10社の比率(%)

構成銘柄の上位10位は以下の通り。

【ERUS】

Lukoil PJSC 20.79%
Gazprom PAO ORD 10.95%
Sberbank Rossia 9.94%
Sberbank Rossia ADR 5.04%
Norilsk Nickel Mining & Metallurgical 4.60%
Novatek GDR 4.52%
Tatneft PJSC 4.44%
Magnit GDR 3.48%
Alrosa Co. Ltd. 3.01%
Mobile TeleSystems PJSC ADR 2.92%

【RSX】

Sberbank Rossia ADR 8.41%
Lukoil PJSC ADR 8.37%
Gazprom PJSC ADR 6.89%
Tatneft PJSC GDR 6.49%
Novatek GDR 5.93%
Norilsk Nickel Mining & Metallurgical 5.27%
Rosneft GDR 5.20%
Transneft Pfd. 4.51%
Magnit GDR 4.32%
Yandex N.V. Cl A 4.30%

ロシアのGDPや失業率など(主要指標)

さらに、投資環境を把握するために、世界銀行のデータバンクからロシアの主要統計を閲覧してみます。

実質GDPと失業率

実質GDPは2010年米ドル基準 。失業率はILO方式。

実質成長率 総額(億$) 一人当たり($) 失業率
2005 6.4 12813 8928 7.2
2006 8.2 13858 9687 7.2
2007 8.5 15041 10532 6.1
2008 5.2 15830 11090 6.3
2009 -7.8 14592 10220 8.4
2010 4.5 15249 10675 7.4
2011 5.3 16055 11230 6.5
2012 3.7 16642 11621 5.4
2013 1.8 16939 11804 5.5
2014 0.7 17064 11681 5.2
2015 -2.8 16582 11326 5.6
2016 -0.2 16544 11280 5.5
2017 1.5 16800 11441 5.2

名目GDPと名目GNI

名目GDP 名目GNI
総額(億$) 一人当たり($) 総額(億$) 一人当たり($)
2005 7640 5323 6385 4450
2006 9899 6920 8301 5800
2007 12997 9101 10800 7560
2008 16608 11635 13686 9590
2009 12226 8563 13185 9230
2010 15249 10675 14251 9980
2011 20517 14351 15937 11150
2012 22103 15435 19362 13520
2013 22971 16007 21816 15200
2014 20637 14126 21420 14660
2015 13684 9347 17216 11760
2016 12847 8759 14263 9720
2017 15775 10743 13556 9232

GDPの構成比率(単位別:%)

GDPの構成比率:消費+総資本形成+輸出ー輸入。その%の内訳。

消費 総資本形成 輸出 輸入
2005 66.8 20.1 35.2 21.5
2006 66.2 21.2 33.7 21
2007 66.1 24.2 30.2 21.5
2008 66.7 25.5 31.3 22.1
2009 75.4 18.9 27.9 20.5
2010 70.2 22.6 29.2 21.1
2011 67.5 24.4 28 19.9
2012 68.8 24.5 26.9 20.2
2013 71.5 23.1 25.8 20.4
2014 71.4 22.2 27.1 20.6
2015 70.1 21.9 28.6 20.6
2016 70.9 22.8 25.7 20.5
2017 70.4 23.9 26 20.7

人口伸び率など

総人口(万人) 人口増加率 出生率 平均寿命
2005 14352 -0.38 1.29 65.5
2006 14305 -0.33 1.31 66.7
2007 14281 -0.17 1.42 67.6
2008 14274 -0.04 1.5 67.9
2009 14279 0.03 1.54 68.7
2010 14285 0.04 1.57 68.8
2011 14296 0.08 1.58 69.7
2012 14320 0.17 1.69 70.1
2013 14351 0.21 1.71 70.6
2014 14382 0.22 1.75 70.7
2015 14410 0.19 1.75 71.2
2016 14434 0.17 1.75 71.6
2017 14450 0.11

主な指標で見ると、ここ数年は資源価格の下落によりGDPは低迷。

日本と同じく人口は伸び悩んでいます。

経済的にはやっとよくなりつつある段階です。

【スポンサードリンク】