【GOOGL/BIDU】グーグルとバイドゥを比較する

世界のネット検索で最大のシェアを占めるGOOGLと、中国の検索を制したBIDUの株価と決算、業績などを比較してみます

事業を概観すると、GOOGLの売上の8割はWEB上のネット広告です。この分野は、従来、テキスト検索が中心でしたが、近年では動画部門が充実し、YouTubeが新たな成長部門となってきています。

GOOGLは当初、ものづくりをしない会社でしたが、企業の実力の拡大に伴い、検索の基盤となるハードウェアの分野にも影響力を拡大する施策を打ち続けてきました。

まず、スマホのOSであるアンドロイドを世界に広め、その後、携帯端末(ピクセル)の開発・販売を行いました。

さらには、AIを用いたスマートスピーカーを開発し、「音声検索」の領域でAMZNのアレクサ等とシェアを競っています。

こうしたWEB検索と端末機器についての戦略が波状攻撃のように出てくるのがGOOGLの特徴です。

一方、BIDUの事業でもWEBでのネット広告だけでなく、動画部門(iQiyi)が存在感を増しています。20年12月時点の売上高では、Baidu Coreが73%、iQiyiが27%となりました。

両社ともに未来投資に熱心で、自動運転に力を入れている点はよく似ています。

ただ、GOOGLが世界のスマホのOSの8割を占めるアンドロイドを保有しているのに対して、BIDUには、これに相当するソフトウェアがありません。

その意味では、検索の主流であるスマホのOSを制しているGOOGLのほうが有利な立場にあります。

これに対して、BIDUは自動運転に注力し、「規制が緩い」中国の強みを活かして、国策事業を請け負い、この分野でライバルよりも先に進むことを目指しています(実際、米国でも事故のたびに自動運転の実験が止まるので、中国の実現化の速度は速い)。

果たして、企業としてはなかなかGOOGLを越えられないBIDUが自動運転の分野で新天地を切り開けるのかどうか。そのあたりが気になるところです。

そこで、この記事では、この検索大手二社の実力を図るべく、その要所を投資家目線で比較してみましょう(グラフをクリックすると、リンクでGOOGやBIDUのページに飛びます)。

主要指標で比較

GOOG BIDU
1/4株価 1757.5 219.5
6/15株価 2520.7 186.3
株価上昇率 43.42% -15.13%
52週高値 2537.2 354.8
52週安値 1347 113.1
β値 1.01 1.02
EPS 79.07 21.71
PER 31.88 8.58
配当利回り
時価総額(億$) 16525 659
株式数(億) 3.2 2.8

2021年で見ると、GOOGLの株価の伸びは好調ですが、BIDUは冴えない展開です。

当初、BIDUは順調に見えたのですが、アルケゴス問題の結果、どんでん返しとなってしまいました。

あと、もう一つの問題点としては、BIDUはGOOGLと比べた時に、時価総額に比した株式数が多すぎることが挙げられます。

BIDUの時価総額はGOOGLの20分の1なのに、株式数はGOOGLと大差ありません。これだと一株当たりの利益が薄まるので、BIDUの事業に伸びしろがあっても、GOOGLほど投資家が儲けやすい銘柄にはなりにくいのではないかと思います。

株価推移(チャートと伸び率)

次に、株価の推移を見てみます(赤点線が200日間の移動平均線)。

graph

graph

株価の伸び率を1年ごとに見てみましょう。

株価伸び率

★1:各年の株価伸び率(※21年終値は6/15株価)
GOOG BIDU
2021 43% -15%
2020 31% 67%
2019 32% -19%
2018 -1% -33%
2017 34% 41%
2016 4% -9%
2015 44% -18%
2014 -6% 28%
2013 55% 72%
2012 8% -17%
2011 8% 19%
2010 -5% 132%
2009 101% 211%
2008 -55% -67%

2019年、18年、15年、12年はGOOGLが伸び率で大幅に勝り、08年の下落率もやや低くなっています。ただ、09年~11年、13年と14年、17年、20年はBIDUのほうが伸び率が上でした。

2008年~20年で年次の伸び率を比べると、GOOGLとBIDUは引き分けに見えますが、BIDUのほうが騰落の振幅が大きくなっています。

21年にはアルケゴスショックが起き、一転して株価が急落したので、やはり、実力でみるとBIDUはGOOGLほどの安定感はないのでしょう。


各年初からの伸び率比較

各年初から直近までの伸び率を比較しました

★2:各年初から21/6/15までの伸び率
GOOG BIDU
2021 43% -15%
2020 88% 44%
2019 148% 19%
2018 140% -21%
2017 224% 12%
2016 239% 3%
2015 378% -19%
2014 352% 5%
2013 597% 80%
2012 673% 55%
2011 744% 90%
2010 704% 348%
2009 1537% 1311%
2008 636% 55%

サブプライムショック後の09年初から比較すると、GOOGLとBIDUの伸び率は同じぐらいです。しかし、BIDUの08年の株価下落はGOOGLよりも激しく、その後の毎年の騰落を見ても、BIDUのほうが振幅が激しくなっています。

こうした振幅の激しいBIDUを09年からずっとホールドできるような人は稀なので、前掲の仮定は現実的ではないと思います。

BIDUの株価推移には、企業の実力とは別に、中国市場特有のリスク(米中対立や政府当局の影響力の大きさ等)が織り込まれているようにも見えます。

トランプ政権の後半、政権が中国銘柄を敵視していた頃、BIDUの経営幹部は「わが社の実力は公平に評価されていない」と文句を言っていました。それを違った言葉でいえば、BIDUの株価には中国リスクが織り込まれているということです。


四半期決算(2021予想など)

さらに、四半期決算のEPSと売上の予想を整理してみます。
(※下記図表では、Y=年度決算、Q=四半期決算、日/月=データの日時、その右欄にあるのは1カ月前、2か月前の予想値を記載。データの主な出所は英語版のヤフーファイナンス。ただ、2019年6月までのデータ出所はロイター)。

EPS:予想と結果

予想 GOOG BIDU
6/6 1月前 6/6 1月前
Y:2022 94.97 94.75 11.65 12.47
Y:2021 87.35 87.55 9.53 10.23
Q:21/9 20.05 20.07 2.4 2.79
Q:21/6 19.19 19.2 2.17 2.35

graph

graph

どちらもEPSを取りこぼすことがあまりない企業です。

過去のEPSの推移を見ていると、広告モデルの収益率の高さを思い知らされます。21年3月のGOOGLのEPSの伸び率は途方もない規模です。

売上高:予想と結果

予想 GOOG BIDU
6/6 1月前 6/6 1月前
Y:2022 276380 276420 23160 22530
Y:2021 236630 236690 20080 19760
Q:21/9 58680 58710 5200
Q:21/6 56050 56080 4830 4700

graph

graph

近年、個人の検索履歴を用いた検索連動広告を批判する声も出てきましたが、そんなことはどこ吹く風といった調子で売り上げを伸ばしています。

2020年以降の逆襲ぶりを見ると、広告モデルはそんな簡単に衰退しないのではないか、という印象を受けます。

一部の「意識高い系」の知識人が訳知り顔でGOOGLを批判しても、一般人のほとんどはGOOGLで情報を取得しているのですから、これは当然の結果です。


通年決算(GAAP基準)

最後に、通年決算の数字を比較してみます(以下、売上、利益、資産、負債、資本、キャッシュフローなどの単位は百万ドル。EPS=希薄化後EPS)。

GOOGLとBIDUのPLとBSの概要はよく似ています。

ただ、CFには違いがあります。GOOGLのほうが毎年、潤沢な営業CFを積み上げ、毎年、同程度の投資CFを確実に未来事業に投下しています。

あとは投資先の中身次第でしょうが、CFの数字の推移を見ると、GOOGLのほうに好感が持てます。

損益計算(売上、純利益等)

graph

graph

*同マージン=営業キャッシュフローマージン。15%もあれば優良。通常、売上高>営業CF>純利益となる。営業CF<純利益となる企業は粉飾決算の可能性あり。

バランスシート

graph

graph

キャッシュフロー

graph

graph

AI,通信,銘柄比較,高成長銘柄