トランプ政権と米国株投資

アメリカ市場の銘柄(ETF含む)を買う人向けに政治・経済の情報を提供するブログです。

証券取引所

PIX1861 / Pixabay

全投稿記事 米国株 金融・保険

【ICE】インターコンチネンタル・エクスチェンジの株価と決算、配当

更新日:

インターコンチネンタル・エクスチェンジ(IntercontinentalExchange Inc.)は先物取引やデリバティブ金融商品を扱うネットの電子取引市場を運営しています。

グローバル・コモディティと金融商品市場だけでなく、電力エネルギー市場とソフトコモディティ取引所も経営(リアルタイム株価指数、過去の株価、閲覧専用・モバイル情報配信サービスなども提供)。

その分野は、原油・石油製品、天然ガス、電力、CO2排出権、ココア、コーヒー、綿、砂糖といった農産物に関わる先物取引などが含まれます。

主な指標を概観

まず、主要指標のデータを見てみます(出所はグーグルファイナンスなど)

19/1/2株価74.5
19/2/15株価75.5
株価上昇率1.40%
52週高値82.7
52週安値67.7
EPS3.44
PER21.93
配当(利回り)0.96 (1.27%)
時価総額(億$)429
株式数(億)5.7

株価推移(チャートと伸び率)

次に、株価の推移を見てみます(青線が株価推移。赤線が200日間の移動平均線)。


その株価の推移を1年ごとに見てみましょう

★1:各年の株価伸び率(※19年終値は2/15)
ICE

初値

最安

最高

終値

上昇率

2019

74.5

72.2

77.5

75.5

1%

2018

70.8

67

81.7

75.3

6%

2017

56.9

56.2

72.1

70.6

24%

2016

50.5

46

59.7

56.4

12%

2015

44.1

41

52.8

51.3

16%

2014

44.8

36.7

45.6

43.9

-2%

2013

25.1

25

45.2

45

79%

2012

24.5

22.4

28.5

24.8

1%

2011

24

20.8

26.9

24.1

0%

2010

22.6

18.8

25.4

23.8

5%

2009

16.4

10.2

24

22.5

37%

2008

38.8

10.1

38.8

16.5

-58%

★2:各年初から2019/2/15までの伸び率
19年~

18年~

17年~

16年~

15年~

14年~

1%

7%

33%

50%

71%

69%

13年~

12年~

11年~

10年~

09年~

08年~

201%

208%

215%

234%

360%

95%

配当利回りと配当性向

次に、年ごとの配当金と配当性向の推移をモーニングスター(MS)社のデータで見てみます。

★配当性向=1株当たり配当÷EPS×100〔純利益から配当金を支払っている割合〕

★MS社は非GAAPのEPSで配当性向を試算。GAAP基準のEPS試算〔=単純計算〕の箇所は筆者挿入。

年/月

EPS

配当

配当性向

(GAAP)

単純計算

MS試算

2013/12

0.64

0.13

20.3

?

2014/12

1.71

0.52

30.4

79.2

2015/12

2.28

0.58

25.4

26.3

2016/12

2.37

0.68

28.7

27

2017/12

4.23

0.8

18.9

28

四半期ごとの配当も見てみます

権利落ち日

1株配当

配当利回り

当日株価

2018/09/13

0.24

1.2%

77.4

2018/06/14

0.24

1.2%

74.52

2018/03/15

0.24

1.1%

74.26

2017/12/14

0.2

1.1%

70.32

2017/09/15

0.2

1.2%

65.38

2017/06/16

0.2

1.1%

64.57

2017/03/16

0.2

1.2%

61.55

2016/12/15

0.17

1.2%

58.33

2016/09/16

0.17

1.2%

56.3

2016/06/16

0.17

1.2%

51.31

2016/03/16

0.17

1.3%

46.63

2015/12/16

0.15

1.2%

49.54

2015/09/16

0.15

1.2%

46.69

四半期決算(予想と実値)

さらに、決算を見ていきます。まずはロイターが調べた四半期決算のEPSと売上の予想を整理してみます(2018/11/18、売上単位は100万ドル)。

予想値

売上予想

平均

上限

下限

期間

2019

5303

5403

5142

通年

3-19

1327

1348

1274

4半期

12-18

1325

1360

1283

4半期

売上

予想

結果

9-18

予想

結果

0.68

6-18

1241

1246

5

0.41

3-18

1220

1225

5

0.37

12-17

1142

1144

2

0.19

9-17

1141

1143

2

0.18

EPS予想

平均

上限

下限

期間

2019

13.67

14.2

13.1

13.75

12-19

3.9

4.03

3.77

3.99

6-19

0.97

1

0.92

0.99

3-19

0.96

1.01

0.91

0.95

EPS

予想

結果

9-18

0.8

0.85

0.05

6.25

6-18

0.89

0.9

0.01

0.86

3-18

0.88

0.9

0.02

2.47

12-17

0.72

0.73

0.01

1.43

9-17

0.7

0.73

0.03

3.86

※決算予想では米国会計基準(GAAP)とは異なる「非GAAP基準」の数値が多用されています。これは各社が経営実態を踏まえて調整した数値です(売上とEPSの数値が後述のGAAP基準での数値と異なる場合は、非GAAP基準の数値)。

四半期決算(GAAP基準)

GAAP基準での四半期会計の実績は以下の通りでした。

ICE

売上高

営業利益

純利益

EPS

09-2017

1146

596

371

0.63

12-2017

1137

592

1221

2.05

03-2018

1225

650

464

0.79

06-2018

1246

655

455

0.78

09-2018

1200

602

458

0.79

(以下、次節の通年決算も含めて、売上、利益、資産、負債、資本、キャッシュフローなどの単位は百万ドル。EPS=希薄化後EPS)

通年決算(GAAP基準)

最後に、通年決算の数字を見てみます。

損益計算(売上、純利益等)

売上高

営業CF

同マージン

純利益

2008/12813375

46.1%

301
2009/12995487

48.9%

316
2010/121,150534

46.4%

398
2011/121,327713

53.7%

510
2012/121,363733

53.8%

552
2013/121,598714

44.7%

254
2014/123,0921,463

47.3%

981
2015/123,3381,311

39.3%

1,274
2016/124,4992,149

47.8%

1,422
2017/124,6292,085

45.0%

2,514

※同マージン=営業キャッシュフローマージン。15%以上あれば優良な数値。通常、売上高>営業CF>純利益となる。営業CF<純利益となる企業は粉飾決算の可能性あり。

EPSや営業利益率など

 

営業利益率

EPS

DSO

2008/12

60.7

0.83

29.74

2009/12

51.5

0.85

34.91

2010/12

56.7

1.07

35.47

2011/12

60.9

1.38

34.48

2012/12

62.1

1.5

35.29

2013/12

53.2

0.64

61.94

2014/12

37.4

1.71

41.2

2015/12

39.3

2.28

45.64

2016/12

37.7

2.37

45.24

2017/12

41.4

4.23

52.55

※DSO(デイズ・セールス・アウトスタンディング):売掛金回収に必要な日数。売掛金÷1日平均売上高で計算。期末に無理して売込みをかけてEPSをよい数値にした企業の場合は、売掛金が増え、DSOの数値が大きくなる。上記DSOの出所はモーニングスター社。

バランスシート

総資産

総負債

株主資本

自己資本率

2008/12

14960

12947

2012

15.5%

2009/12

21885

19451

2434

12.5%

2010/12

26642

23825

2817

11.8%

2011/12

36148

32986

3162

9.6%

2012/12

37215

33538

3677

11.0%

2013/12

64422

52041

12381

23.8%

2014/12

68254

55862

12392

22.2%

2015/12

77987

63147

14840

23.5%

2016/12

82003

66249

15754

23.8%

2017/12

78264

61312

16952

27.6%

 

ROAとROEなど

★ROA=当期純利益÷総資産 ※総資産を用いて企業があげた利益の割合

★ROE=当期純利益÷自己資本 ※投下資本に対して企業があげた利益の割合

★流動比率=流動資産÷流動負債 ※短期的な支払い能力を見る指標〔下表では資本が負債の何倍かを表記〕)

 

ROA

ROE

流動比率

単位

倍率

2008/12

3.4

17.3

1.02

2009/12

1.7

14.3

1.03

2010/12

1.6

15.4

1.02

2011/12

1.6

17.3

1.03

2012/12

1.5

16.3

1.05

2013/12

0.5

3.1

1

2014/12

1.5

7.9

0.99

2015/12

1.7

9.4

0.97

2016/12

1.8

9.3

0.97

2017/12

3.1

15.4

0.99

キャッシュフロー

営業CF

投資CF

財務CF

フリーCF

2008/12

375

-70

-141

326

2009/12

487

-142

-75

442

2010/12

534

-633

170

486

2011/12

713

-615

105

626

2012/12

733

-118

172

665

2013/12

714

-2521

1119

535

2014/12

1463

36

-1673

1213

2015/12

1311

-3004

1976

1034

2016/12

2149

-860

-1462

1784

2017/12

2085

92

-1971

1728

【スポンサードリンク】

-全投稿記事, 米国株, 金融・保険

Copyright© トランプ政権と米国株投資 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.