【IMF予測一覧】主要国の実質成長率と名目GDPはどうなる(2017~2020) 

2019年5月10日

広告

IMF(国際通貨基金)は2018年1月11日に世界経済見通しを発表。

17年10月10日時点よりも上方修正されました。

その後、4月に見通しの上方修正が重ねられ、7月の改定を経た現在、世界の経済成長率の見通しは以下の数値となっています。

2018 2019
2017/10 3.6 3.7
2018/1 3.7 3.9
2018/4 3.9 3.9
2018/7 3.9 3.9
2018/10 3.7 3.7

世界経済は2016年以降、景気が改善していると見て、2020年までやや高めの数字が並んでいるのです。

本記事では、IMFが予測する各国の実質GDPの成長率と、今後の名目GDPの数値を整理してみます。

※本記事は18年1月に公開後、4月と7月のIMFの見通しを踏まえて加筆修正されています(比較対象の材料として世界銀行の予測も付記)。

広告

IMFの経済成長予測の概略(主要国・地域)

IMFは数多くの国の経済成長率を予測していますが、まず、そのうちの主要国・地域を厳選し、17年10月から18年7月までのIMF予測の数値変動を追ってみます。

ざっと見ると、18年4月まで実質GDP成長率予測は上方修正が続いてきましたが、18年に入り、米中貿易紛争や米国とEUとの関税を巡るバトルが勃発。リスク高しと見たのか、18年7月以降は成長率予測が微妙に下げられています。

国・地域 予測 18/10 18/7 18/4 18/1 17/10
先進国
2018 2.4 2.4 2.5 2.3 2
2019 2.1 2.2 2.2 2.2 1.8
アメリカ
2018 2.9 2.9 2.9 2.7 2.3
2019 2.5 2.7 2.9 2.5 2.3
ユーロ圏
2018 2 2.2 2.4 2.2 1.9
2019 1.9 1.9 2 2 1.7
ドイツ
2018 1.9 2.2 2.5 2.3 1.8
2019 1.9 2.1 2 2 1.5
フランス
2018 1.6 1.8 2.1 1.9 1.8
2019 1.6 1.7 2 1.9 1.9
イタリア
2018 1 1.2 1.5 1.4 1.1
2019 1.2 1 1.1 1.1 0.9
スペイン
2018 2.2 2.8 2.8 2.4 2.5
2019 2.7 2.2 2.8 2.1 2
日本
2018 0.9 1 1.2 1.2 0.7
2019 1.1 0.9 0.9 0.9 0.8
イギリス
2018 1.5 1.4 1.6 1.5 1.5
2019 1.4 1.5 1.5 1.5 1.6
カナダ
2018 2 2.1 2.1 2.3 2.1
2019 2.1 2 2 2 2.3
新興国+途上国
2018 4.7 5.1 5.1 5 5
2019 4.7 5.1 5.1 5 5
ロシア
2018 1.8 1.7 1.7 1.7 1.6
2019 1.7 1.5 1.5 1.5 1.5
中国
2018 6/2 6.6 6.6 6.6 6.5
2019 6.6 6.4 6.4 6.4 6.3
インド
2018 7.4 7.3 7.4 7.4 7.4
2019 7.3 7.5 7.8 7.8 7.8
ブラジル
2018 2.4 1.8 2.3 1.9 1.5
2019 1.4 2.5 2.5 2.1 2
メキシコ
2018 2.5 2.3 2.3 2.3 1.9
2019 2.2 2.7 3 3 2.3
サウジアラビア
2018 2.4 1.9 1.7 1.6 1.1
2019 2.2 1.9 1.9 2.2 1.6
ナイジェリア
2018 2.3 2.1 2.1 2.1 1.9
2019 1.9 2.3 1.9 1.9 1.7
南アフリカ
2018 1.4 1.5 1.5 0.9 1.1
2019 0.8 1.7 1.7 0.9 1.6

この数字を踏まえた上で、過去のIMF予測の中身を見てみます。

2018年4月/10月:IMF実質GDP成長率予測

その後、IMFは2018年に2017年の各国が公表した経済成長率と、独自の試算をもとに、今後、2020年までのGDPの伸びの予測値を修正しました。

米国経済の見通しに関して、2017年10月と2018年4月のデータを比較すると、18年と19年の伸びの予測が大幅修正されています。

米国成長率予測 2017 2018 2019 2020
2017/10時点 2.3 2.9 2.7 1.9
2018/4時点 2.2 2.3 1.9 1.9
2018/10時点 2.2 2.9 2.5 1.8

これを踏まえて、2018年10月時点のデータと予測を一覧してみます。

主要国の実質GDP成長率予測(2017~2021)※18年10月

17 18 19 20 21
アメリカ 2.2 2.9 2.5 1.8 1.7
中国 6.9 6.6 6.2 6.2 6
日本 1.7 1.1 0.9 0.3 0.7
ドイツ 2.5 1.9 1.9 1.6 1.5
イギリス 1.7 1.4 1.5 1.5 1.6
インド 6.7 7.3 7.4 7.7 7.7
フランス 2.3 1.6 1.6 1.6 1.6
ブラジル 1 1.4 2.4 2.3 2.2
イタリア 1.5 1.2 1 0.9 0.8
カナダ 3 2.1 2 1.8 1.8
ロシア 1.5 1.7 1.8 1.8 1.6
韓国 3.1 2.8 2.6 2.8 2.8
豪州 2.2 3.2 2.8 2.7 2.6
スペイン 3 2.7 2.2 1.9 1.7
メキシコ 2 2.2 2.5 2.7 2.9
インドネシア 5.1 5.1 5.1 5.2 5.3
トルコ 7.4 3.5 0.4 2.6 2.1
オランダ 2.9 2.8 2.6 2.3 2.1
サウジアラビア -0.9 2.2 2.4 1.9 2.1
スイス 1.7 3 1.8 1.7 1.7
アルゼンチン 2.9 -2.6 -1.6 2.2 2.5
台湾 2.9 2.7 2.4 2.3 1.9
スウェーデン 2.1 2.4 2.2 2 2
ポーランド 4.7 4.4 3.5 3 2.8
ベルギー 1.7 1.5 1.5 1.5 1.5
タイ 3.9 4.6 3.9 3.7 3.5
イラン 3.7 -1.5 -3.6 1.1 1.6
オーストリア 3 2.8 2.2 1.6 1.5
ノルウェー 1.9 2.1 2.1 1.9 1.9
アラブ首長国連邦 0.8 2.9 3.7 3.6 3.2
ナイジェリア 0.8 1.9 2.3 2.5 2.6
イスラエル 3.3 3.6 3.5 3.3 3
南アフリカ 1.3 0.8 1.4 1.7 1.8
香港 3.8 3.8 2.9 3 3
アイルランド 7.2 4.7 4 3.5 3
デンマーク 2.3 2 1.9 1.8 1.8
シンガポール 3.6 2.9 2.5 2.7 2.7
コロンビア 1.8 2.8 3.6 3.7 3.7
フィリピン 6.7 6.5 6.6 6.6 6.8
マレーシア 5.9 4.7 4.6 4.8 4.8
チリ 1.5 4 3.4 3.2 3
バングラデシュ 7.4 7.3 7.1 7 7
フィンランド 2.8 2.6 1.8 1.6 1.2
エジプト 4.2 5.3 5.5 5.9 6
ベトナム 6.8 6.6 6.5 6.5 6.5
ポルトガル 2.7 2.3 1.8 1.5 1.4
チェコ 4.3 3.1 3 2.5 2.5
ペルー 2.5 4.1 4.1 4.1 4.1
ベネズエラ -14 -18 -5 -2 -1.5
ニュージーランド 3 3.1 3 3.1 3.1
ギリシャ 1.4 2 2.4 2.2 1.6
イラク -2.1 1.5 6.5 3.2 2.7
アルジェリア 1.4 2.5 2.7 1.8 1.1
カタール 1.6 2.7 2.8 2.6 2.7
カザフスタン 4 3.7 3.1 3.2 3.3
ハンガリー 4 4 3.3 2.6 2.4
アンゴラ -2.5 -0.1 3.1 3.2 3.2
クウェート -3.3 2.3 4.1 4.1 4
ウクライナ 2.5 3.5 2.7 3 3.2
モロッコ 4.1 3.2 3.2 3.8 4.3
エクアドル 2.4 1.1 0.7 1.3 1.7
プエルトリコ -2.4 -2.3 -1.1 -0.7 -0.8
スロバキア 3.4 3.9 4.1 3.8 3.7
スリランカ 3.3 3.7 4.3 4.7 4.8
エチオピア 10.9 7.5 8.5 8.5 8
ケニア 4.9 6 6.1 6.2 6.5
ドミニカ 4.6 6.4 5 5.2 5
グアテマラ 2.8 2.8 3.4 3.8 3.7
オマーン -0.9 1.9 5 2.7 3.1
ミャンマー 6.8 6.4 6.8 7 7
ルクセンブルク 2.3 4 3.5 3.3 3.2
パナマ 5.4 4.6 6.8 6 5.5
ウルグアイ 2.7 2 3.2 3.4 3.2
コスタリカ 3.3 3.3 3.3 3.4 3.4
ブルガリア 3.6 3.6 3.1 2.8 2.8
クロアチア 2.8 2.8 2.6 2.4 2.3
ベラルーシ 2.4 4 3.1 2.5 2
レバノン 1.5 1 1.4 2 2.4
タンザニア 6 5.8 6.6 6.6 6.4
マカオ 9.1 6.3 6.3 5.8 5
スロベニア 5 4.5 3.4 2.8 2.6
ウズベキスタン 5.3 5 5 5.5 6
リトアニア 3.9 3.5 2.9 2.7 2.4
ガーナ 8.4 6.3 7.6 5.5 5.1
スーダン 1.4 -2.3 -1.9 -1.3 -0.8
コンゴ 3.4 3.8 4.1 4.3 4.4
セルビア 1.9 4 3.5 4 4
アゼルバイジャン 0.1 1.3 3.6 3.4 2.5
コートジボワール 7.8 7.4 7 6.9 6.8
ヨルダン 2 2.3 2.5 2.7 2.9
チュニジア 2 2.4 2.9 3.4 3.6
パラグアイ 4.8 4.4 4.2 3.9 3.9
トルクメニスタン 6.5 6.2 5.6 5.1 5.8
ボリビア 4.2 4.3 4.2 3.9 3.8
バーレーン 3.8 3.2 2.6 2.5 2.5
カメルーン 3.5 3.8 4.4 4.7 5
イエメン -5.9 -2.6 14.7 13 8.3
リビア 64 10.9 10.8 1.4 1.4
ラトビア 4.5 3.7 3.3 3.1 3
ウガンダ 4.8 5.9 6.1 6.2 6.1
エストニア 4.9 3.7 3.2 3 3
ザンビア 3.4 3.8 4.5 4.5 4.5
エルサルバドル 2.3 2.5 2.3 2.3 2.2
アイスランド 4 3.7 2.9 2.8 2.6
トリニダードトバゴ -2.6 1 0.9 1.6 2.1
カンボジア 6.9 7 6.8 6.5 6.3
キプロス 3.9 4 4.2 3.3 2.8
セネガル 7.2 7 6.7 6.8 7
アフガニスタン 2.7 2.3 3 3.5 4
ボスニアヘルツェゴビナ 3 3.2 3.5 3.7 3.9
ジンバブエ 3.7 3.6 4.2 4.7 4.8
ボツワナ 2.4 4.6 3.6 4 4.1
マリ 5.4 5.1 4.8 4.8 4.8
ジョージア 5 5.5 4.8 5 5.2
ガボン 0.5 2 3.4 4.2 4.5
ジャマイカ 0.7 1.2 1.5 1.7 2
ニカラグア 4.9 -4 -1 2.5 3.6
モーリシャス 3.8 3.9 4 4 4
ナミビア -0.8 1.1 3.1 3.7 3.4
アルバニア 3.8 4 3.7 3.9 3.9
モザンビーク 3.7 3.5 4 4 4
マルタ 6.7 5.7 4.6 4 3.5
ブルキナファソ 6.4 5.9 6 6 6
ガイアナ -3.2 -7.7 -2.6 -2.3 -1.4
バハマ 1.4 2.3 2.1 1.6 1.5
ブルネイ 1.3 2.3 5.1 4.3 7.5
アルメニア 7.5 6 4.8 4.5 4.5
マダガスカル 4.2 5 5.4 5.3 5.2
マケドニア 0 1.6 2.6 2.8 3
モンゴル 5.1 6.2 6.3 4.9 5
ハイチ 1.2 2 2.5 3 3

さらに、名目GDPのデータも見てみます。

主要国の名目GDP予測の一覧(2017~2021)※18年10月

(※以下、単位は1億ドル。17年は実績値)

2017 2018 2019 2020 2021
アメリカ 194854 205130 214824 222893 230960
中国 120146 134573 141722 154620 167681
日本 48732 50706 52206 53717 55221
ドイツ 37006 40291 41171 43317 45236
イギリス 26284 28089 28099 29129 30124
インド 26023 26900 29577 32589 35866
フランス 25877 27947 28447 29794 31001
ブラジル 20551 19094 19297 20276 21295
イタリア 19387 20869 21128 21917 22559
カナダ 16530 17337 18204 19370 20534
ロシア 15775 15765 16492 16838 17199
韓国 15405 16556 16997 17818 18648
オーストラリア 13795 14278 14644 15414 16151
スペイン 13140 14370 14741 15506 16167
メキシコ 11510 11993 12424 13068 13763
インドネシア 10154 10053 10668 11751 12590
トルコ 8515 7135 6312 7441 8505
オランダ 8322 9099 9332 9806 10212
サウジアラビア 6867 7699 7956 8153 8352
スイス 6790 7091 7311 7666 7983
アルゼンチン 6376 4754 4080 4450 4769
台湾 5726 6027 6267 6613 6942
スウェーデン 5356 5547 5632 5867 6100
ポーランド 5248 5495 5813 6281 6771
ベルギー 4937 5361 5452 5699 5910
タイ 4554 4901 5243 5552 5861
イラン 4307 4301 3336 3410 3530
オーストリア 4174 4594 4697 4945 5151
ノルウェー 3988 4414 4485 4625 4748
アラブ首長国連邦 3826 4326 4556 4751 4935
ナイジェリア 3764 3975 4470 5046 5723
イスラエル 3507 3656 3761 3980 4194
南アフリカ 3493 3767 3855 4030 4197
香港 3414 3603 3809 4040 4270
アイルランド 3315 3664 3798 4035 4243
デンマーク 3256 3547 3622 3802 3978
シンガポール 3239 3466 3596 3772 3956
コロンビア 3145 3369 3552 3673 3825
フィリピン 3136 3317 3543 3854 4226
マレーシア 3124 3473 3726 4015 4313
チリ 2770 2999 3056 3229 3405
バングラデシュ 2615 2863 3135 3426 3740
フィンランド 2528 2766 2820 2955 3070
エジプト 2365 2495 2982 3394 3592
ベトナム 2204 2414 2662 2922 3188
ポルトガル 2180 2380 2428 2541 2636
チェコ 2158 2445 2645 2858 3062
ペルー 2142 2289 2392 2530 2670
ルーマニア 2119 2394 2488 2698 2899
ベネズエラ 2101 963 870 814 779
ニュージーランド 2014 2060 2122 2274 2423
ギリシャ 2007 2181 2240 2353 2446
イラク 1924 2309 2501 2604 2718
アルジェリア 1676 1883 2002 2078 2123
カタール 1669 1883 2043 2112 2175
カザフスタン 1594 1842 1957 2091 2239
ハンガリー 1392 1564 1645 1753 1851
アンゴラ 1265 1145 1102 1146 1182
クウェート 1207 1445 1524 1581 1651
ウクライナ 1121 1264 1329 1418 1518
モロッコ 1093 1182 1225 1304 1390
エクアドル 1043 1073 1084 1102 1127
プエルトリコ 1042 1046 1046 1051 1054
スロバキア 960 1069 1123 1204 1281
スリランカ 873 925 980 1050 1125
エチオピア 809 838 882 971 1063
ケニア 792 896 983 1070 1163
ドミニカ 761 811 858 909 962
グアテマラ 756 791 828 881 935
オマーン 708 817 865 884 911
ミャンマー 673 715 740 821 905
ルクセンブルク 625 690 715 763 808
パナマ 618 660 722 783 844
ウルグアイ 592 609 629 666 705
コスタリカ 583 608 639 676 716
ブルガリア 569 637 662 706 747
クロアチア 548 600 616 649 679
ベラルーシ 544 569 600 622 643
レバノン 542 567 597 624 655
タンザニア 518 556 603 655 710
マカオ 504 540 578 617 655
スロベニア 489 550 569 605 637
ウズベキスタン 488 433 513 553 587
リトアニア 473 525 545 581 613
ガーナ 470 518 572 614 652
スーダン 458 332 344 351 352
コンゴ 414 427 461 487 502
セルビア 414 477 501 544 587
アゼルバイジャン 407 456 481 498 512
コートジボワール 405 459 494 544 596
ヨルダン 401 419 440 463 488
チュニジア 400 417 423 442 467
パラグアイ 389 419 446 476 508
トルクメニスタン 379 428 470 513 564
ボリビア 378 418 450 486 524
バーレーン 353 393 416 430 446
カメルーン 350 384 401 431 461
イエメン 313 285 343 401 423
リビア 306 432 513 555 609
ラトビア 303 343 358 383 406
ウガンダ 266 279 299 330 353
エストニア 260 295 312 335 357
ザンビア 257 258 261 274 291
ネパール 249 288 303 327 353
エルサルバドル 248 259 269 282 294
アイスランド 245 267 283 303 321
ホンジュラス 230 238 245 251 259
トリニダードトバゴ 228 233 242 253 267
カンボジア 221 241 264 287 312
キプロス 217 240 250 269 286
セネガル 211 242 260 287 315
アフガニスタン 202 204 211 223 238
パプアニューギニア 198 208 215 222 233
ボスニアヘルツェゴビナ 182 200 207 222 236
ジンバブエ 176 194 216 241 266
ボツワナ 174 191 198 211 224
ラオス 170 182 200 219 239
マリ 154 174 185 200 216
ジョージア 152 167 178 193 209
ガボン 149 172 178 188 198
ジャマイカ 148 154 157 164 172
ニカラグア 138 134 136 143 151
モーリシャス 133 140 149 161 173
ナミビア 132 141 148 158 168
アルバニア 131 151 156 168 181
モザンビーク 126 146 156 166 176
マルタ 126 143 151 162 173
ブルキナファソ 126 143 154 168 183
ギニア 125 132 130 129 130
バハマ 122 129 137 141 145
ブルネイ 121 147 152 153 161
アルメニア 115 125 133 141 149
マダガスカル 115 125 136 146 156
マケドニア 114 124 128 136 144
モンゴル 111 127 141 154 169

追記:世界銀行 実質GDP成長率予測(2018年1月)

さらに、IMFだけでなく世界銀行の見通しも整理してみます。

世界銀行は2018年1月9日に世界経済見通しを発表しました。

2017年6月には、世界の経済成長率の見通しを2017年は2.7%、2018年と19年、20年は2.9%と予測しましたが、18年1月には数値が上方修正されています。

現在、17年は3%、18年は3.1%、19年は3%、20年は2.9%になると見積もられています。

世界銀行は17年の好景気を盛り込み、予測値を高めたわけです。

この予測はIMFよりも低めですが、世界銀行には2010年基準の「購買力平価」(PPP:purchasing-power-parity)での見通しもあります。こちらの数字はIMFと同じぐらいです(下図参照)。

17 18 19 20
世銀 3 3.1 3 2.9
世銀(PPP) 3.7 3.7 3.7 3.7
IMF 3.7 3.9 3.9 3.7

2018年1月9日の世界銀行の実質経済成長率の予測は以下の通りです(世銀は17年12月17日時点のデータを用いている)

(出所:世界経済見通し 2018年1月〔Global Economic Prospects〕)

世界・地域の実質GDP成長率予測

※EMDEs=Emerging market and developing economies:新興市場と途上国

15 16 17 18 19 20
世界 2.8 2.4 3 3.1 3 2.9
世界(2010PPP基準) 3.3 3.2 3.7 3.7 3.7 3.7
高所得国 2.3 1.7 2.2 2.2 1.9 1.8
先進国経済 2.2 1.6 2.3 2.2 1.9 1.7
開発途上国 3.6 3.8 4.5 4.7 4.8 4.9
低所得国 4.7 4.5 5.1 5.4 5.5 5.7
BRICS 4 4.4 5.2 5.3 5.4 5.4
新興市場・途上国(EMDEs) 3.6 3.7 4.3 4.5 4.7 4.7
コモディティ輸出型EMDEs 0.4 0.8 1.8 2.7 3.1 3.1
その他EMDEs 6.1 5.9 6 5.7 5.7 5.7
その他EMDEs(中国除く) 5.2 4.9 5.1 4.8 5.1 5.1
世界貿易量 2.7 2.3 4.3 4 3.9 3.8
原油価格 -47.3 -15.6 23.8 9.4 1.7 1.7
非エネルギー商品価格指数 -15 -2.6 4.9 0.6 0.8 1.2

【2017年6月予測と比べた時の上方修正値】

17 18 19
世界 0.3 0.2 0.1
世界(2010PPP基準) 0.3 0.1 0
高所得国 0.3 0.3 0.2
先進国経済 0.4 0.4 0.2
開発途上国 0.2 0 -0.1
低所得国 -0.3 -0.4 -0.3
BRICS 0.2 0.1 0
新興市場・途上国(EMDEs) 0.2 0 0
コモディティ輸出型EMDEs 0 0 0.2
その他EMDEs 0.3 0 -0.1
その他EMDEs(中国除く) 0.5 -0.1 0
世界貿易量 0.3 0.2 0.1
原油価格 0 3.7 -3.7
非エネルギー商品価格指数 0.9 -0.1 -0.2

各国・地域の実質GDP成長率予測

15 16 17 18 19 20
米国 2.9 1.5 2.3 2.5 2.2 2
ユーロ圏 2.1 1.8 2.4 2.1 1.7 1.5
日本 1.4 0.9 1.7 1.3 0.8 0.5
東アジア太平洋 6.5 6.3 6.4 6.2 6.1 6
中国 6.9 6.7 6.8 6.4 6.3 6.2
インドネシア 4.9 5 5.1 5.3 5.3 5.3
タイ 2.9 3.2 3.5 3.6 3.5 3.4
欧州・中央アジア 1 1.7 3.8 2.9 3 3
ロシア -2.8 -0.2 1.7 1.7 1.8 1.8
トルコ 6.1 3.2 6.7 3.5 4 4
ポーランド 3.8 2.9 4.5 4 3.5 3.1
南米・カリブ海 -0.6 -1.5 0.9 2 2.6 2.7
ブラジル -3.5 -3.5 1 2 2.3 2.5
メキシコ 3.3 2.9 1.9 2.1 2.6 2.6
アルゼンチン 2.6 -2.2 2.7 3 3 3.2
中東・北アフリカ 2.8 5 1.8 3 3.2 3.2
サウジアラビア 4.1 1.7 0.3 1.2 2.1 2.2
イラン -1.3 13.4 3.6 4 4.3 4.3
エジプト 4.4 4.3 4.2 4.5 5.3 5.8
南アジア 7.1 7.5 6.5 6.9 7.2 7.2
インド 8 7.1 6.7 7.3 7.5 7.5
パキスタン 4.1 4.5 5.3 5.5 5.8 6
バングラデシュ 6.6 7.1 7.2 6.4 6.7 6.7
サハラ以南 3.1 1.3 2.4 3.2 3.5 3.6
南アフリカ 1.3 0.3 0.8 1.1 1.7 1.7
ナイジェリア 2.7 -1.6 1 2.5 2.8 2.8
アンゴラ 3 0 1.2 1.6 1.5 1.5

【2017年6月予測と比べた時の上方修正値】

17 18 19
米国 0.2 0.3 0.3
ユーロ圏 0.7 0.6 0.2
日本 0.2 0.3 0.2
東アジア太平洋 0.2 0.1 0
中国 0.3 0.1 0
インドネシア -0.1 0 -0.1
タイ 0.3 0.3 0.1
欧州・中央アジア 1.3 0.2 0.2
ロシア 0.4 0.3 0.4
トルコ 3.2 -0.4 -0.1
ポーランド 1.2 0.8 0.3
南米・カリブ海 0.1 -0.1 0.1
ブラジル 0.7 0.2 0.2
メキシコ 0.1 -0.1 0.1
アルゼンチン 0 -0.2 -0.2
中東・北アフリカ -0.3 0.1 0.1
サウジアラビア -0.3 -0.8 0
イラン -0.4 -0.1 0.1
エジプト 0.3 -0.1 0
南アジア -0.3 -0.2 -0.1
インド -0.5 -0.2 -0.2
パキスタン 0.1 0 0
バングラデシュ 0.4 0 0
サハラ以南 -0.2 0 0
南アフリカ 0.2 0 -0.3
ナイジェリア -0.2 0.1 0.3
アンゴラ 0 0.7 0

世界銀行 世界経済見通しのコメント

2018年1月9日の世界銀行の実質経済成長率の予測では、以下のようなコメントもついています。

18年初の経済回復基調は、短期的なものにすぎず、「長期的には、潜在成長力(労働力と資本が100%活用されることを前提とする)が鈍化する恐れがあり、それが、世界全体での生活水準改善や貧困撲滅の進捗を損ないかねない」と述べています。

先進国は2.2%程度になり、新興国と途上国は「一次産品輸出国の景気回復を受け、全体で4.5%まで上昇する」と述べました。

そして、世界銀行関係者が生産性向上の重要性を力説しています。

  • 「世界経済の広範な回復は明るい兆しだが、現状に甘んじてはいられない。今こそ、人的資本と物的資本の双方に投資する好機だ」「こうした投資に注力すれば、国の生産性が高まり、就労率が上昇し、ひいては極度の貧困撲滅と繁栄の共有促進という2大目標達成に近づく」(世界銀行グループ・ジム・ヨン・キム総裁)
  • 「質の高い教育と保健の促進とともにインフラ・サービス改善を図る改革を進めれば、特に新興国と途上国では潜在成長力を大幅に上昇させることが可能だ」(シャンタ・デバラジャン開発経済担当シニア・ディレクター)
  • 「特に、高齢化が潜在成長力を大きく抑制する中、生産性拡大のための改革が急務となっている」(アイハン・コーゼ開発見通し局長)
  • 成長見通しが小幅になるのは、長年にわたる生産性の軟化、投資低迷、世界の労働力の高齢化のため
  • 成長鈍化は広範にわたり、世界のGDPの65%以上を担う国々に影響を及ぼす。
  • 潜在成長力回復に向けて力を尽くさなければ、成長率の減少は次の10年間に及びかねず、そうなると同期間に世界経済の平均成長率を0.25%ポイント、新興国・途上国の平均成長率を0.5%ポイント落ち込ませる恐れがある。

渋いコメントなので、あまり面白い内容ではありません。

ただ、少子高齢化が深刻な日本は、もっと生産性の向上を目指すべきなのでしょう。

【スポンサードリンク】