【IPGP】IPGフォトニクスの株価と決算

2019年10月14日

広告

IPGフォトニクス(IPG Photonics Corporation)は材料加工、通信、医療などで用いられる高出力レーザーおよび増幅器を提供しています

ファイバーレーザー、ファイバーアンプ、ダイオードレーザー、レーザーシステム、光学機器などを開発・製造。

その製品をOEM(Original Equipment Manufacturer)、システムインテグレーター、エンドユーザーに販売しています。

米国、ドイツ、ロシアに製造拠点を構え、売上の4割を中国で計上しています。

主な指標を概観

まず、主要指標のデータを見てみます(指標と株価はgooglefinance関数から取得。配当利回り〔税込〕のみブルームバーグ)

1/2株価 110.6
10/11株価 136
株価上昇率 23.0%
52週高値 182.2
52週安値 104.6
EPS 7.62
PER 17.86
配当利回り
時価総額(億$) 72
株式数(億) 0.5

株価推移(チャートと伸び率)

次に、株価の推移を見てみます(青線が株価推移。赤線が200日間の移動平均線)。

株価の推移を1年ごとに見てみましょう

★1:各年の株価伸び率(※19年終値は10/11)
IPGP 初値 終値 上昇率
2019 110.6 136 23%
2018 214.1 113.3 -47%
2017 99.7 214.1 115%
2016 87.7 98.7 13%
2015 75 89.2 19%
2014 76.9 74.9 -3%
2013 68.8 77.6 13%
2012 35 66.7 91%
2011 31.8 33.9 6%
2010 16.9 31.6 87%
2009 13.3 16.7 26%
2008 20.1 13.2 -35%
★2:各年初から19/10/11までの伸び率
19年~ 18年~ 17年~ 16年~
23% -36% 36% 55%
15年~ 14年~ 13年~ 12年~
81% 77% 98% 289%
11年~ 10年~ 09年~ 08年~
327% 706% 922% 576%

広告

四半期決算(2019予想など)

さらに、ロイターが調べた四半期決算のEPSと売上の予想を整理してみます。

(※下記図表では、Y=年度決算、Q=四半期決算、日/月=データの日時、その右欄にあるのは1カ月前、2か月前の予想値を記載)。

EPS:予想と結果

予想 10/7 1月前 2月前 3月前
Y:2020 6.02 5.99 6.04 7
Y:2019 4.81 4.81 4.9 5.7
Q:19/12 1.14 1.14 1.14 1.6
Q:19/9 1.22 1.22 1.25 1.6
EPS 予想 結果
19/6 1.38 1.34 -0.04 -2.9
19/3 1.1 1.1 0 0
18/12 1.41 1.4 -0.01 -0.7
18/9 1.85 1.84 -0.01 -0.5
18/6 2.26 2.21 -0.05 -2.2
18/3 1.79 1.93 0.14 7.8
         

売上高:予想と結果

予想 10/7 1月前 2月前 3月前
Y:2020 1480 1548 1564 1572
Y:2019 1350 1403 1417 1425
Q:19/12 328 361 368 374
Q:19/9 339 365 370 374
予想 結果
19/6 357 364 7 2
19/3 307 315 8 2.7
18/12 315 330 15 4.9
18/9 355 356 1 0.2
18/6 419 414 -5 -1.2
18/3 346 360 14 3.9
         

決算予想と結果では米国会計基準(GAAP)とは違う「非GAAP基準」の数値(各社が経営実態を踏まえて調整した数値)が多用されています。そのため、本節の売上とEPSは次節のGAAP基準の値と同じになるとは限りません。

通年決算(GAAP基準)

最後に、通年決算の数字を見てみます(以下、売上、利益、資産、負債、資本、キャッシュフローなどの単位は百万ドル。EPS=希薄化後EPS)。

損益計算(売上、純利益等

IPGP 売上高 営業CF 同マージン 純利益
08/12 229 35 15% 37
09/12 186 54 29% 5
10/12 299 63 21% 54
11/12 474 87 18% 118
12/12 563 175 31% 145
13/12 648 119 18% 156
14/12 770 180 23% 200
15/12 901 263 29% 242
16/12 1006 298 30% 261
17/12 1409 405 29% 348
18/12 1460 393 27% 404

*同マージン=営業キャッシュフローマージン。15%もあれば優良。通常、売上高>営業CF>純利益となる。営業CF<純利益となる企業は粉飾決算の可能性あり。

EPSや営業利益率など

IPGP SG(%) EPS DSO
08/12 21% 0.79 60.4
09/12 -19% 0.12 70.9
10/12 61% 1.13 52.3
11/12 59% 2.41 50.5
12/12 19% 2.81 55.9
13/12 15% 2.97 56.5
14/12 19% 3.79 58.5
15/12 17% 4.53 59.5
16/12 12% 4.85 55.6
17/12 40% 6.36 50.9
18/12 4% 7.38 61.6
       

※SG(セールスグロース):売上高成長率(前年度比)

※DSO(デイズ・セールス・アウトスタンディング):売掛金回収に必要な日数。売掛金÷1日平均売上高で計算。期末に無理して売込みをかけてEPSをよい数値にした企業の場合は、売掛金が増え、DSOの数値が大きくなる。上記DSOの出所はモーニングスター社。

バランスシート

IPGP 総資産 総負債 株主資本 自己資本率
08/12 313 70 243 78%
09/12 313 56 257 82%
10/12 442 125 317 72%
11/12 608 165 444 73%
12/12 895 153 743 83%
13/12 1061 133 928 87%
14/12 1211 164 1047 86%
15/12 1453 193 1261 87%
16/12 1790 232 1558 87%
17/12 2367 345 2022 85%
18/12 2574 368 2206 86%
         

ROAとROEなど

IPGP ROA ROE 流動比率
08/12 12% 15% 369%
09/12 2% 2% 489%
10/12 12% 17% 363%
11/12 19% 27% 462%
12/12 16% 20% 532%
13/12 15% 17% 786%
14/12 17% 19% 733%
15/12 17% 19% 777%
16/12 15% 17% 823%
17/12 15% 17% 881%
18/12 16% 18% 734%
       

★ROA=当期純利益÷総資産 ※総資産を用いて企業があげた利益の割合

★ROE=当期純利益÷自己資本 ※投下資本に対して企業があげた利益の割合

★流動比率=流動資産÷流動負債 ※短期的な支払い能力を見る指標

キャッシュフロー

IPGP 営業CF 投資CF 財務CF
08/12 35 -32 10
09/12 54 -11 -12
10/12 63 -33 38
11/12 87 -79 32
12/12 175 -55 82
13/12 119 -76 14
14/12 180 -90 12
15/12 263 -182 -2
16/12 298 -274 27
17/12 405 -171 -3
18/12 393 -563 -167