経済成長

geralt / Pixabay

米国ETF

米国ETFについて『世界のエリート投資家は何を見て動くのか』(アンソニー・ロビンズ著、鈴木雅子訳、三笠書房)を参考にしながら、インデックスファンドのメリットについて書いてみます。

これは12名の著名投資家へのインタビューをまとめた本です。

ウォーレン・バフェット、カール・アイカーン(1.7兆円のファンドを運用する「モノ言う株主」)、ジョン・C・ボーグル(バンガード・グループ元社長)など、そうそうたる顔ぶれのコメントが並んでいます。

印象に残った箇所を中心に紹介し、お勧めのインデックスファンドを整理してみます。

インデックスファンドがおすすめな理由

スポンサーリンク

投資では「防御は攻撃の10倍重要」

この本の前半では、28年間、顧客のために儲け続けた投資家のチャールズ・シュワブ氏が「私にとって、防御は、攻撃の十倍重要だ」と述べたことを紹介しています。なぜかと言えば、50%損をしたら100%儲けなければ取り返せないからです。

これは誰でも身に覚えのある話です。

筆者も元手20万円でFXを初め、17万5千円まで減った時に、取り返すのは無理と見てFXをやめた記憶があります。

(その後、FXから米国株に切り替えたら、半年後には、90万円分買った5銘柄の試算総額は100万円以上に伸びていました)

瞬発力の低い筆者はFXに向かず、12.5%減でも取り返すのは困難でした。

50%の損なんてもってのほかなので、非常時の対策のない投資は望ましくありません。

インデックス・ファンド推奨論

一応、本書全般に関わるワードなので、説明を入れておきます。

アクティブファンドは、お金を預かった運用者が独自のポートフォリオをつくって市場の平均値以上の利益を出すことを目指すファンドです。

一方、インデックスファンドは、S&P500等の「指数」に合わせて運用し、平均値に近い水準で利益増を目指します

(例:バンガードS&P500【VOO】の上位三業種は情報技術22.3%、金融14.5%、ヘルスケア14.5%。業種をまたいで分散投資する)

本書は、どちらかというと、インデックスファンドを推奨しています。

例えば、資産10億$⇒239億$を実現したデイビッド・スウェンセン氏(エール大学財団最高財務責任者)は、こんなことを言っていました。

「アクティブ運用ファンドの実績は、市場平均を大きく下回ります。運用資産1億ドル以上のファンドの中で、1984年から1998年の15年間に『バンガード500インデックス・ファンド』より高い利回りを実現したのは、わずか約4%に過ぎません」(傍線筆者)

「言い換えれば、96%アクティブ運用ファンドが市場平均を下回るわけです」

これは、米国ETFお勧め本などにも載っている統計ですが、スウェンセン氏は、実際はもっとアクティブファンドの成果は低いとも述べていました。

「その統計は、氷山の一角にすぎなくて、現実は、もっとひどい」

「過去10年間に、何百ものファンドが業績不振で破綻しました」

(そして)「業績のいいファンドが常に悪いファンドを吸収するのです」

前掲のデータには経営が続かなくなった「悪いファンド」は含まれていません。

スウェンセン氏はアクティブファンドは大した成果もないのにお金を取りすぎだと見ています。

「金融機関の『利益追求』と真に顧客本位の販売、運用、管理をするという『受託者責任』の間には、本質的な矛盾が存在しており、『企業が利益を上げると、個人が受け取る利回りは下がる』のです」

スウェンセン氏は分散投資の原則から一つの特定資産に30%以上は使うべきではないと述べています。

具体的には「低コストで市場全体を所有」できるインデックスファンドを中心に、株式7割、債券3割のポートフォリオを薦めています。

  • S&P500連動のインデックスファンド(VOO等):30%程度
  • 新興国マーケットの外国株:10%
  • 先進国外国株:15%
  • 不動産投資信託:15%。
  • 通常の米国債15%
  • 物価連動型の米国債:15%

米国にも不況はあるが「米国経済の回復力を過小評価しないこと」が大事だと述べ、米国中心に資産を配分しています。

アクティブファンドはどう評価すべきなのか

一応、この本では、アクティブファンドを擁護する著名人の発言を紹介しています。

メアリー・キャラハン・アードス氏(JPモルガン社長)は、前掲の主張に対して、JPモルガン社が「優秀なマネージャーを集め、長期間にわたり、大きな業績をあげてきたからこそ、運用資産が2兆5000億円まで成長した」と反論していました。

こうした例を紹介しながらも、「人口の98%は、主にインデックスファンドに投資すべきだ」というチャールズ・シュワブ氏の発言を紹介しています。

平均値よりも高い運用益を挙げられる人の比率は少ないわけです。

面白いことに、バフェット氏も、自分の死後の遺産運用に関しては、バンガード社のS&P500のインデックスファンド(VOO)を推奨していました。

ウォーレンは、自分の死後に妻、そして夫婦名義の信託口座に残す財産の資産配分率を教えてくれた。「10%を短期米国債、90%を低コストのS&P500インデックスファンド(バンガードをお勧めする)に投資する」

結局、天才は2%以下であり、一代しか続かないことが多いわけです。

逆に言えば、人口比で2%以下の優秀なマネージャーだけを集めてアクティブファンドをつくれば、投資は成り立つのかもしれません。

※バフェット氏は2017年のバークシャーハサウェイの株主に向けて送った手紙で以下の投資実験の結果を明かした。

  • S&P 500を上回ると予想した5つのアクティブファンドを選んだ。
  • そのファンドは優れた頭脳と自信を持ったエリートたちが10年間、運用を行った。
  • この5つの投資先とS&P500のインデックスファンドのリターンを比較。
  • その結果、どのアクティブファンド(下記図表A~E)もS&P500のインデックス投資に勝てなかった。
  • 2008年~2017年の各年平均と最終リターンは以下の結果である。
平均 最終
A 2% 21.7%
B 3.6% 42.3%
C 6.5% 87.7%
D 0.3% 2.8%
E 2.4% 27%
S&P500 8.5% 125.8%

※この詳細に関する関連記事:「バフェットの手紙(2017年度)和訳」

ジョン・C・ボーグルのアドバイス

筆者がこの本で、一番、感銘を受けたのは、1976年にインデックス・ファンドを創始したジョン・C・ボーグル(バンガード元社長)のインタビューです。

ジャック・ボーグル氏は若かりし日に、株の先輩にこんなことを教えられたようです。

「株式市場について知るべき知識を全部教えてやる。誰も何も知らないことだ」

ボーグル氏はフィラデルフィアのウェリントン・マネジメント社で経営者になりましたが、他社の合併・買収の判断を誤り、積極的に個別ファンドの運用に関与することを禁じられます。

アクティブファンドの運用サイドに回れなくなった時に思いついたのが、インデックスファンドだったわけです。

今、大をなしているバンガード社のS&P500等のインデックスファンドも、ボーグル氏の人生最大の失敗がなければ、生まれることはありませんでした。

ボーグル氏は言います。

(若いころは)「『常に成功する投資マネジャー』がいると思ったが、そんなものは存在しない」
「投資の95%は運で、残りの5%が技術だ。98%が運で、2%が技術かもしれない」

そして、投資コストを理解すべきだと力説し、ファンドの実質的な利回りを比較します。

「アクティブ運用ファンドでは平均的な利回りを得るのに、約2%の料金がかかる」のに対して、インデックスファンドの料金は0.05%程度なので、投資家に入る利益は1.95%もの差が出ます。

さらには、アクティブファンドは配当金の半分以上、時には全部を取ってしまうので、インデックスファンドほどは儲からないと指摘しています。

ボーグル氏は、一部の天才的な投資家だけでなく、普通の投資家が儲けられる仕組みを考えたわけです。

この種の議論を見ていくと、個別株のような面白味はないものの、インデックスファンドというのも、かなり有望な選択肢であることがわかります。

そこで、本記事では、初めて米国株に投資する人でもよくわかる、王道のETFを紹介してみます。

(※ETF:日本なら日経平均株価、米国ならS&P500等の「指数」に連動する投資を行い、市場平均の伸び率と同程度の成果を目指す上場投資信託。数十~数百の銘柄に分散投資を行うので、アップルやアマゾン等の個別銘柄に投資する際よりもリスクを減らすことが可能になる)

スポンサーリンク

バンガード・トータルストックマーケットETFとは

まず、代表的な米国ETFとして、VTIを紹介してみます。

『米国会社四季報 2017秋冬号』(東洋経済新報社)によれば、VTIの概要は以下の通りです。

  • 米国上場で投資できる銘柄のほぼ100%を対照にした指数に連動。
  • 組入銘柄は3613だが、上位10社で16%を占める。
  • 業種比率は金融が20%、ITが18%。
  • 経費率は0.04%。1単位あたりの分配金は0.539~0.727ドル(16年9月~17年6月)

【3か月チャート】

【3年チャート】

【長期チャート】

ロイター社のサイトで見ると、サブプライムショック以降は右肩上がりの値動きを続けています。

【VTI】は米国市場のほとんどの上場企業に分散投資をかけるETFですが、上位10銘柄が16%を占めています。

3600以上の上場市場の銘柄に分散投資をかけ、リスク対策を図るので、VTIを買うのは米国市場全体に投資するようなものです。

S&P500指数連動ETFとは

次に代表的なのは、S&P500指数に連動した米国ETFです。

この指数はスタンダード&プアーズ社が米国市場から選んだ500の銘柄に連動した指数のことです。

この指数は、500銘柄の【算出時の時価総額÷基準時の時価総額×10】で計算されます。

米国市場の代表的な指数ですが、これに合わせて分散投資を行う米国ETFは、以下の7つが代表的です。

【米国市場上場:ドルで購入】

  • 【IVV】iシェアーズ コア S&P 500(IVV):ブラックロック社が運用
  • 【SPY】SPDR S&P500 ETF:スパイダー社が運用
  • 【VOO】バンガード S&P500ETF:バンガード社が運用

こちら2種は成長率の高い株を重視。

  • 【SPYG】SPDR® Portfolio S&P 500® Growth ETF:スパイダー社が運用。成長株重視
  • 【VOOG】バンガード S&P500グロースETF:バンガード社が運用。成長株重視

以下の2種は必需品を含んだ消費財等、急落しにくい株を重視

  • 【SPYV】SPDR® Portfolio S&P 500® Value ETF:スパイダー社が運用。バリュー株重視
  • 【VOOV】バンガード S&P500バリューETF:バンガード社が運用。バリュー株重視

※以下、ロイター社HPにてグラフを作成。

【上記ETFの5年チャート】

IVVとSPYとVOO、SPYGとVOOG、SPYVとVOOVがほぼ同じ値動きを見せています。

全7種をいきなり比べるとわかりにくいので、バンガード社の四種類の代表的なETFを比べてみます。

VTIとVOO、VOOG、VOOVを見れば主なETFのタイプがだいたいわかるからです。

ーーー

そのほか、日本市場にて円で購入できる米国市場向けETFがありますが、ドルで買うETFよりも経費率が高くなります。

※日本市場でも以下の二種のETFは円で購入可能

  • 1547「上場インデックスファンド米国株式(S&P500)」
  • 1557「SPDR® S&P 500® ETF 」

1547は日興、1557は米国のスパイダー社が東証に上場させた米国ETF。

経費率で見ると、1547は純資産総額に対し年率 0.1728%(税抜 0.16%)程度、1557は0.0945%になっています。

バンガード社の【VTI】【VOO】【VOOG】【VOOV】を徹底比較

まず、VTIおよびS&P500指数に連動したバンガードのETFを比較してみます。

株価の推移

【3年チャート】

VTIとVOOの値動きはあまり大差がありません。

上に伸びているのがVOOG。下側で渋い上がり方をしているのがVOOVです。

ETFの指標を見てみます。

トータルリターン等

(以下、%は省略。利回り=税込み配当利回り、TR=トータルリターン。データはブルームバーグHP〔2018/4/4閲覧〕)

  VTI VOO VOOG VOOV
直近配当額 0.566 1.084 0.356 0.574
配当利回り率 1.69 1.81 1.04 2.2
経費率 0.04 0.04 0.15 0.15
3か月TR -3.64 -3.87 -1.53 -6.24
1年TR 11.3 11.39 16.6 5.24
3年TR 9.36 9.91 11.6 7.43
5年TR 12.55 12.73 14.65 10.25

指標の順番は以下の通り。

  • 直近配当額:VOO >VTI≒VOOV >VOOG
  • 配当利回り:VOOV >VOO >VTI>VOOG
  • 経費率:VTI=VOO < VOOG=VOOV
  • トータルリターン:VOOG > VOO ≒ VTI >VOOG

結局、全てにおいて優れたETFがあるわけはなく、どこを重視するかで選択基準が変わります。

分散投資の規模の大きさを取るならVTI、ディフェンシブ銘柄の多さを重視するならVOOG。

成長性を取るならVOOG、全体的なバランスの良さを取ればVOOがお勧めになりそうです。

スポンサーリンク

ブラックロック社やスパイダー社のS&P500連動ETFも含めて比較

主要な指標をさらに幅を広げてみてみます。

(以下、%は省略。利回り=税込み配当利回り、TR=トータルリターン。データはブルームバーグHP〔2018/4/4閲覧〕)

  直近配当額 配当利回り率 経費率
IVV 1.228 1.87 0.04
SPY 1.097 1.68 0.09
VOO 1.084 1.81 0.04
SPYG 0.1 1.21 0.04
VOOG 0.356 1.04 0.15
SPYV 0.174 2.39 0.04
VOOV 0.574 2.2 0.15

 

  3カ月TR 1年TR 3年TR 5年TR
IVV -3.85 11.35 9.9 12.72
SPY -3.82 11.3 9.83 12.65
VOO -3.87 11.39 9.91 12.73
SPYG -1.46 16.72 11.63 14.6
VOOG -1.53 16.6 11.6 14.65
SPYV -6.26 5.15 7.44 10.22
VOOV -6.24 5.24 7.43 10.25

TRは大差ないので、経費率で見れば、標準型はIVVとVOO、成長株重視型はSPYG、バリュー株重視型はSPYVが良さそうです。

ただ、直近の配当で見ると、SPYやVOOG、VOOVのほうが同類種よりも多くなっています。

結局、全部において勝るETFはないわけです。

セクター別投資比率

次にセクター別投資比率を見てみます。

以下の情報は英語版ヤフーファイナンスから取得(2018/3/12)

消費財・サービスは「消費財」、資本財・サービスは「資本財」、生活必需品は「必需品」と略。

  VTI VOO IVV SPY
素材 3.3 2.76 2.71 2.71
消費財 11.93 11.5 11.7 11.7
金融 16.81 16.99 17.21 17.23
不動産 3.44 2.18 2.11 2.1
必需品 7.29 8.03 7.73 7.73
ヘルスケア 13.67 14.13 13.99 13.99
公益事業 2.72 2.69 2.68 2.67
電気通信 3.11 3.46 3.27 3.27
エネルギー 5.64 5.97 5.51 5.5
資本財 11.37 10.7 10.67 10.67
情報技術 20.73 21.57 22.43 22.43

 

  VOOG SPYG VOOV SPYV
素材 1.48 1.44 4.15 4.13
消費財 14.91 15.02 7.83 7.97
金融 9.46 9.63 25.13 25.7
不動産 1.93 1.86 2.45 2.4
必需品 5.27 5.01 11 10.77
ヘルスケア 17.1 16.78 10.93 10.88
公益事業 0.67 0.66 4.88 4.95
電気通信 2.05 1.87 4.99 4.84
エネルギー 0.29 0.27 12.11 11.38
資本財 11.45 11.33 9.9 9.92
情報技術 35.38 36.14 6.65 7.07
  • (G)では情報技術の割合が多い。ヘルスケアと消費財、資本財が多め
  • (V)では金融とエネルギーの割合が多い。必需品とヘルスケア、エネルギー、資本財が多め

標準型、成長株重視、バリュー株重視の3タイプの中で特に重要なポイントになるのは、情報技術セクターと金融セクターの扱いです。

その次の項目として、ヘルスケア、消費財、資本財、必需品等の扱いの差が出てきます。

※米国株の各セクターとは

以下、「セクター:主要ETFのティッカー」で表記。リンクをクリックで関連ページへ。()はIシェアーズの世界分散投資ETFだが、米国株比率が多いので掲載。

情報技術:VGT/XLK(IXN)

テクノロジーソフトウェアやサービス、テクノロジーハードウェアや機器、半導体と半導体製造機器という分野の企業からなる

金融:VFH/XLF(IXG)

銀行、抵当や不動産金融、消費者金融、専門金融、投資銀行や証券会社、資産運用会社や資産管理銀行、企業貸付、保険、金融投資等に関わる銘柄で構成

ヘルスケア:VHT/XLV/BBH/PPH(IBB)

ヘルスケア機器・用品に関する製造業やヘルスケア関連サービス企業、医薬品とバイオテク製品等に関わる銘柄で構成

一般消費財・サービス:VCR/XLY

消費者向け小売業、自動車、アパレル、レジャー用品、ホテル、レストラン等の製造業とサービス業銘柄からなる(景気循環に対し最も敏感)

一般資本財・サービス:VIS/XLI

航空宇宙・防衛、複合企業、産業機械、鉄道、航空貨物や物流サービス、建設機械と関連製品、電子部品や設備、航空輸送、建設関連製品等の製造業・サービス銘柄からなる

生活必需品:VDC/XLP(KXI)

飲食品やタバコの製造・流通業、非耐久家庭用品やパーソナル用品の製造業銘柄からなる(景気循環に敏感でない業種)

不動産:IYR/XLRE

店舗用、住宅用、オフィス、ヘルスケア、工業、ホテル・宿泊施設、抵当不動産投資信託等を扱う銘柄からなる

エネルギー:VDE/XLE/OIH(IXC)

石油・ガスに関する探査と開発、装置とサービス、精製と販売、貯蔵と輸送等を扱う銘柄からなる

公益事業:VPU/XLU(JXI)

電力、インフラ、ガス、水道、再生エネルギー等に関わる銘柄からなる

素材:VAW/XLB(MXI)

化学、建設資材、ガラス、紙、林産品、包装製品、金属、鉱業、製鉄業等のコモディティ関連の製造業銘柄からなる

電気通信:VOX/IXP

固定回線や携帯無線、ワイヤレス、広帯域通信、光ファイバーやケーブルネットワークを通じた通信サービスに関わる銘柄からなる

構成銘柄のティッカーシンボル

最後に銘柄構成を見てみましょう。

こちらもブルームバーグ(2018/4/4)のデータです。

【ティッカー一覧】

  • AAPL:アップル
  • MSFT:マイクロソフト
  • AMZN:アマゾン
  • FB:フェイスブック
  • JNJ:ジョンソン&ジョンソン
  • BRKB:バークシャーハサウェイ
  • JPM :JPモルガン
  • XOM :エクソンモービル
  • GOOG :アルファベットクラスC
  • GOOGL :アルファベット
  • HD:ホームデポ
  • V:ビザ
  • UNH:ユナイテッドヘルスグループ
  • WFC:ウェルズファーゴ
  • CVX:シェブロン
  • T:AT&T
  • C:シティグループ
  • VZ:ベライゾン
  • DWDP:DowDuPont

IVV、VTI、VOO、SPYの銘柄構成(ベストテン)

  VTI VOO IVV SPY
AAPL 2.95 3.93 3.78 3.83
MSFT 2.59 3.11 3.12 3.09
AMZN 2.22 2.6 2.58 2.5
FB 1.52 1.83 1.7 1.69
JNJ 1.25 1.5 1.53 1.51
JPM 1.44 1.72 1.67 1.68
BRK 1.4 1.64 1.7 1.7
XOM 1.15 1.38 1.4 1.4
GOOGL 1.18 1.42 1.39 1.37
GOOG 1.18 1.43 1.37 1.39

SPYGとVOOG、SPYVとVOOVの銘柄構成(ベストテン)

  VOOG SPYG VOOV SPYV
AAPL 7.45 7.29    
MSFT 5.89 5.87    
AMZN 4.93 4.75    
FB 3.46 3.21    
JNJ 1.55  1.47
JPM     3.66 3.55
BRK     3.64 3.59
BAC     1.48 1.4
XOM     2.93 2.97
GOOGL 2.67 2.6    
GOOG 2.73 2.64    
UNH 1.78 1.81    
HD 1.73 1.74    
V 1.82 1.84    
BA 1.65     
WFC     2.36 2.16
CVX     1.94 2.06
T     2.03 2.06
C     1.82 1.67
VZ     1.78 1.86
DWDP     1.5

関連コンテンツ

更新日:

Copyright© トランプ政権と米国株投資 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.