「経済統計・予測」 一覧

JOB

米国雇用統計 非農業部門雇用者数と失業率の推移

2018/04/04  

FXのファンダメンタル分析で雇用統計は特に注目される経済指標です。 株式やETFなどを通じて米国市場に投資を行う際にも、その可能性を図る上で、雇用統計の動向は目を離すわけにはいきません。 この記事では ...

フィラデルフィア

2018年の米国経済 指標は好調だが、バブル崩壊の恐怖は根強い

2018/04/04  

米国経済の好景気は2018年まで続くのかどうか。今回は、実質GDP、個人消費支出、コンファレンスボード消費者信頼感指数、ミシガン大消費者信頼感指数、小売売上高、自動車販売高、中古/新築住宅販売件数、ISM製造業景況指数、鉱工業生産指数
、失業率を見てみます。

World, Map

名目GDPの順位 世界ベスト100(2014~2016年の推移)

2018/01/24  

2017年末の『エコノミスト』(2017/12/26:P24)は、様々なシンクタンクの2018年のGDP予測(日本)を一覧表にしていました。 実質GDPに関しては「世界の実質GDPランキング(2014 ...

世界 リスク

2018年 世界10大リスクをユーラシアグループが発表(17年との比較を付記)

2018/01/11  

米国株に投資する際には、世界政治・経済のリスクが気になります。 このたび、米政治学者のイアン・ブレマー氏が社長を務める米国のコンサルティング企業であるユーラシアグループが1月2日に「2018年の10大 ...

world view

世界の実質GDPランキング(2014~2016年の推移)

2018/01/10  

2018年春には大部分の国々が2017年のGDPを発表します。 ただ、現時点では2016年のGDPが最新の数値なので、世界銀行のデータをもとに2014年~16年までの実質GDPのランキングを作成してみ ...

【IMF予測一覧】主要国の実質成長率と名目GDPはどうなる(2017~2020) 

2018/01/04  

IMF(国際通貨基金)は2018年1月11日に世界経済見通しを発表しました。 2017年10月10日には、世界の経済成長率の見通しを2017年は3.6%、2018年は3.7%と予測しましたが、その後、 ...

マネックス 松本大の日経平均3万円予測の根拠とは

2017/12/26  

年始めに2017年の株価予測記事が各誌で掲載されている。しかし、それを読む前に2016年の各誌予測がどの程度当たったのかを知りたいものだ。今回は、週刊ポストと週刊現代の二誌をサンプルに、その予測記事の精度を検証してみた。

証券市場

2018年、日経平均株価と為替はどうなる? 専門家の予測実績を検証してみた

2017/12/25  

1月11日にはトランプ氏の当選後初記者会見があるので、株価と為替が激しく乱高下しそうだ。そこで、2017年の行方を考えるために過去の経済誌に掲載された専門家による株価と為替の予測の実績を検証してみた。的中率は何割なのか?

ウォール街

日本と世界の経済イベント・スケジュール(2018年4月~5月)

2017/12/15  

日本と世界の経済イベント・スケジュールを整理してみた。日本、北米(アメリカとカナダ)、ヨーロッパ、中国、台湾、韓国、東南アジア(asean諸国)、オーストラリア、ロシアをフォロー。

アメリカの経済指標発表スケジュール(2018年4月~12月)

2017/12/08  

12月8日には米国の雇用統計の発表があるので、前日に2018年の米国の経済指標の発表スケジュールをまとめてみる(2017年12月の行事予定含む)。米国株やFX等を行う人のために何か参考になることもあるのだろうか・・・。

世界地図

都道府県のGDPを外国と比べてみる 東京VSサウジ、大阪VS南アフリカ、愛知VSイスラエルの結果は? 

2017/11/30  

都道府県の名目GDPを諸外国と比べてみる。東京VSインドネシア、オランダ、トルコ、サウジでどちらが大きいのか。 大阪VS南アフリカ、シンガポール、イスラエルはどうか。愛知とマレーシア、神奈川県とフィリピンとではどうか。

日本の経済成長率の予測一覧(2018)

2017/11/16  

2017年度の日本経済の実質成長率は何%になるのか。この問題に関して、民間のエコノミストや日銀、IMF等の予測を比べてみます。2018年度の経済成長率は1.2%から1.9%程度のものが多いようだが・・・。

お金の使い道 若者と高齢者の比較 世代別資産分布と消費行動の違い

2017/02/21  

明治安田生命保険が発表した「シニア層と若年層の世代間ギャップに関するアンケート」を見ると消費行動のベスト3は家電、海外旅行、車。「5万円の臨時収入があったら」と聞くと20代が貯金:48.3%。70代は旅行:33.9%。この差を世代別資産の比較で探ってみた。

関連コンテンツ

Copyright© トランプ政権と米国株投資 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.