【MQ】マルケタの株価と決算

決済(ペイメント),金融,フィンテック

マルケタは新たな金融のプラットフォームを構築する米国のフィンテック企業です。
後払い決済(バイナウ・ペイレイター)を手がけるAFRM等の金融システムの構築を助けたり、デビットカードやクレジットカードを発行する銀行や企業向けにAPIを提供したり、カード発行や支払処理業務を助けたりしています。
そのシステムはデジタルバンキング、融資、eコマース、オンデマンドサービスなどに利用されています。

株価推移とチャート、主要指標を一覧

※左目盛り:青線は株価推移赤線は50日移動平均線/右目盛り:緑線は10年国債利回り
※株価と主要指標はグーグルファイナンス関数から取得(単位 時価総額:億ドル、株式数:億、1日の平均取引量:100万ドル)

四半期決算(2021予想など)

さらに、四半期決算のEPSと売上の予想を整理してみます。
(※下記図表では、Y=年度決算、Q=四半期決算、日/月=データの日時、その右欄に1カ月前、2か月前の予想値を記載。予想値の主な出所は英語版のヤフーファイナンス)。

EPS:予想と結果

予想 10/11 1月前 2月前
Y:2022 -0.38
Y:2021 -0.35
Q:21/12 -0.11
Q:21/9 -0.12
EPS 予想 結果 %
21/6 -0.08 -0.29 -0.21 -262.5


売上:予想と結果

予想 10/11 1月前 2月前
Y:2022 649
Y:2021 477
Q:21/12 125
Q:21/9 119
売上 予想 結果
21/6 105 122 17 16.2


ガイダンス

(Y=通年、予=予想。GD=ガイダンス。「21/6」は21/6決算で出したGDを示す)

売上 予想 GD
21/6 110 114~119


通年決算(GAAP基準)

最後に、通年決算の数字を見てみます(以下、売上、利益、資産、負債、資本、キャッシュフローなどの単位は百万ドル。EPS=希薄化後EPS)。

損益計算(売上、純利益等)

MQ 売上高 営業CF 同マージン 純利益
19/12 143 -15 -10% -122
20/12 290 50 17% -48

同マージン=営業キャッシュフローマージン。15%もあれば優良。通常、売上高>営業CF>純利益となる。営業CF<純利益となる企業は粉飾決算の可能性あり。

EPSや営業利益率など

MQ SG(%) EPS DSO
19/12 -1.07 62.4
20/12 103% -0.39 51.9

※SG(セールスグロース):売上高成長率(前年度比)
※DSO(デイズ・セールス・アウトスタンディング):売掛金回収に必要な日数。売掛金÷1日平均売上高で計算。期末に無理して売込みをかけてEPSをよい数値にした企業の場合は、売掛金が増え、DSOの数値が大きくなる。上記DSOの出所はモーニングスター社。

バランスシート

MQ 総資産 総負債 株主資本 自己資本率
19/12 223 86 137 61%
20/12 458 170 288 63%

ROAとROEなど

MQ ROA ROE 流動比率
19/12 -55% -89% 307%
20/12 -10% -17% 305%

★ROA=当期純利益÷総資産 ※総資産を用いて企業があげた利益の割合
★ROE=当期純利益÷自己資本 ※投下資本に対して企業があげた利益の割合
★流動比率=流動資産÷流動負債 ※短期的な支払い能力を見る指標

キャッシュフロー

MQ 営業CF 投資CF 財務CF
19/12 -15 -100 139
20/12 50 -58 167