【MRNA/BNTX】モデルナとバイオンテックを比較する

ヘルスケア,銘柄比較,高成長銘柄,バイオ製薬&ゲノム,ワクチン

ワクチン製造で一躍有名になったMRNA(モデルナ)とBNTX(バイオンテック)を比較してみます。

どちらもメッセンジャーRNA(mRNA)を用いた新型肺炎対策のワクチン製造に成功した新興バイオ企業です(BNTXはPFE〔ファイザー〕と連携)。

mRNAはタンパク質を合成するための情報を持つRNA〔リボ核酸〕分子で、遺伝子内の情報をタンパク質を発現させる細胞装置に運ぶわけですが、これを編集してMRNAとBNTXはワクチンをつくったわけです。

むろん、他の商品もありますが、現時点ではワクチンが両企業に与えるインパクトが大きいので、今後のワクチン製造の行方がどうなるかが注目されています。

MRNAは自社で一貫してワクチンを製造していますが、BNTXは小企業なので、大規模製造のためにPFEと連携しました。

BNTXは2020年時点でPFEと取り分50%ずつで1年の契約をしたので、この契約が終わった時、次はどんな形態をとるのかが気になります。

バイデン政権はワクチンの特許放棄を支持しましたが、MRNAやBNTXの利益が全て損なわれるような全ての知的財産権を破棄するとは限らないので、両社の存続と調和できる形で何らかの妥協がなされると考えたほうが自然です。

そうした前提を踏まえて、この2社の株価と決算、業績などを比較してみます(グラフをクリックすると、リンクでMRNAやBNTXのページに飛びます)。

過去~現在株価

※左目盛り:株価推移はMRNA/BNTX、IBB(iシェアーズNASDAQバイオテクロノジーETF)を比較(最大20分ディレイ)。

※右目盛り:10年国債利回り

※主要指標の単位 時価総額:億ドル、株式数:億、1日の平均取引量:100万ドル


四半期決算(2021予想など)

さらに、四半期決算のEPSと売上の予想を整理してみます。
(※下記図表では、Y=年度決算、Q=四半期決算、日/月=データの日時、その右欄にあるのは1カ月前、2か月前の予想値を記載。予想値の主な出所は英語版のヤフーファイナンス。)。

EPS:予想と結果

予想 MRNA BNTX
8/13 1月前 8/13 1月前
Y:2023 8.66 8.66 19.78 18.15
Y:2022 27.78 27.93 34.47 33.7
Q:22/12 7.33 7.14 7.78 6.53
Q:22/9 7.14 7.21 5.55 5.19

graph

graph

売上高:予想と結果

予想 MRNA BNTX
8/13 1月前 8/13 1月前
Y:2023 10710 10380 10810 10000
Y:2022 21870 22000 17030 16630
Q:22/12 6750 3870
Q:22/9 4630 6020 2580 2950

graph

graph

2020年Q3までは決算無視(承認された医薬品ができていないため)でいい企業でしたが、2020年Q4以降、ワクチン販売額が決算に反映されてきました。


通年決算(GAAP基準)

大規模投資をし、「政府お買い上げ」でワクチンを製造していたので、普通ではない形の財務諸表になっています。

MRNAは「売上以上の営業CF、純損失を計上…」。BNTXは「売上爆騰、営業CFは微量マイナス、純利益は微量プラス…」。

この無茶苦茶な数字は米政権のオペレーションワークスピード(爆速ワクチン計画)の結果です。

有事のワクチン対応が終わり、通常軌道に戻らない限り、この両社の財務諸表は投資判断に使いにくいのではないかと思います。

損益計算(売上、純利益等)

graph

*同マージン=営業キャッシュフローマージン。

バランスシート

graph

キャッシュフロー

graph