トランプ政権と米国株投資

アメリカ市場の銘柄(ETF含む)を買う人向けに政治・経済の情報を提供するブログです。

Ylvers / Pixabay

全投稿記事 公益事業 米国株

【PCG】PG&E破産法申請 株価と決算、配当はどうなる

更新日:

PG&E(PG&E Corporation)は米国の電力事業持株会社です。

主要子会社パシフィック・ガス・アンド・エレクトリックはカリフォルニア州北部と中部を中心に電力と天然ガス供給事業を展開(カリフォルニア州に発電所を所有)。

発電や電力調達、送電だけでなく、天然ガスの調達、輸送、貯蔵を手がけています。

不幸にもPCGはカリフォルニア州で起きた山火事のために300億ドル(約3.2兆円)規模の債務負担が発生し、連邦破産法11条に基づく会社更生手続きの適用を申請しました。

ゲイシャ・ウィリアムズ氏はCEOから退任。州史上最悪の被害をもたらした火災において、PG&Eの設備から出火した可能性について調査が行われているのです。

株価は崩落し、同社に投資した方は甚大な被害を蒙っています。

主な指標を概観

まず、主要指標のデータを見てみます(出所はグーグルファイナンスなど)

19/1/2株価23.6
19/2/15株価15.5
株価上昇率-34.30%
52週高値49.4
52週安値5.1
EPS3.5
PER4.43
配当(利回り)-
時価総額(億$)80
株式数(億)5.2

株価推移(チャートと伸び率)

次に、株価の推移を見てみます(青線が株価推移。赤線が200日間の移動平均線)。


その株価の推移を1年ごとに見てみましょう

★1:各年の株価伸び率(※19年終値は2/15)
PCG

初値

最安

最高

終値

上昇率

2019

23.6

6.4

24.4

15.5

-34%

2018

44.3

17.7

49

23.8

-46%

2017

60.8

44.5

71.6

44.8

-26%

2016

52.9

51.3

65.4

60.8

15%

2015

53.5

47.6

60.2

53.2

-1%

2014

40.4

39.6

55

53.2

32%

2013

40.6

40.1

48.4

40.3

-1%

2012

41.4

39.7

46.5

40.2

-3%

2011

48

36.9

47.6

41.2

-14%

2010

45

40

48.6

47.8

6%

2009

38.5

34.8

45.6

44.7

16%

2008

42.9

29.7

45

38.7

-10%

★2:各年初から2019/2/15までの伸び率
19年~

18年~

17年~

16年~

15年~

14年~

-34%

-65%

-75%

-71%

-71%

-62%

13年~

12年~

11年~

10年~

09年~

08年~

-62%

-63%

-68%

-66%

-60%

-64%

配当利回りと配当性向

次に、配当金と配当性向の推移をモーニングスター(MS)社のデータで見てみます。

★配当性向=1株当たり配当÷EPS×100〔純利益から配当金を支払っている割合〕

★MS社は非GAAPのEPSで配当性向を試算。GAAP基準のEPS試算〔=単純計算〕の箇所は筆者挿入。

年/月

EPS

配当

配当性向

(GAAP)

単純計算

MS試算

2008/12

3.63

1.56

43

48.4

2009/12

3.2

1.68

52.5

52.5

2010/12

2.82

1.82

64.5

64.5

2011/12

2.1

1.82

86.7

71.9

2012/12

1.92

1.82

94.8

94.8

2013/12

1.83

1.82

99.5

113

2014/12

3.06

1.82

59.5

61.3

2015/12

1.79

1.82

101.7

101.1

2016/12

2.78

1.93

69.4

113.8

2017/12

3.21

1.55

48.3

46.7

四半期ごとの配当も見てみます

権利落ち日

1株配当

配当利回り

当日株価

2017/09/29

0.53

3.0%

68.09

2017/06/30

0.53

3.0%

66.37

2017/03/31

0.49

3.0%

66.36

2016/12/30

0.49

3.2%

60.77

2016/09/30

0.49

3.1%

61.17

2016/06/30

0.49

2.9%

63.92

2016/03/31

0.455

3.0%

59.72

2015/12/31

0.455

3.4%

53.19

2015/09/30

0.455

3.4%

52.8

2015/06/30

0.455

3.7%

49.1

2015/03/31

0.455

3.4%

53.07

2014/12/31

0.455

3.4%

53.24

四半期決算(予想と実値)

さらに、決算を見ていきます。まずはロイターが調べた四半期決算のEPSと売上の予想を整理してみます(2018/11/18、売上単位は100万ドル)。

予想値

売上予想

平均

上限

下限

期間

2019

17856

18487

17113

通年

2018

17269

17969

16210

通年

3-19

4328

4373

4282

4半期

12-18

4341

5298

3539

4半期

売上

予想

結果

9-18

4729

4381

348

7.36

6-18

4324

4234

90

2.07

3-18

4255

4056

199

4.67

12-17

4759

4100

659

13.84

9-17

4818

4517

301

6.25

EPS予想

平均

上限

下限

期間

2019

4.04

4.18

3.9

通年

2018

3.82

4.01

3.73

通年

3-19

0.92

1

0.69

4半期

12-18

0.62

0.79

0.54

4半期

EPS

予想

結果

9-18

1.13

1.13

0

0.32

6-18

0.94

1.16

0.22

23.73

3-18

1.04

0.91

0.13

12.48

12-17

0.68

0.63

0.05

7.57

9-17

0.91

1.12

0.21

22.77

※決算予想では米国会計基準(GAAP)とは異なる「非GAAP基準」の数値が多用されています。これは各社が経営実態を踏まえて調整した数値です(売上とEPSの数値が後述のGAAP基準での数値と異なる場合は、非GAAP基準の数値)。

四半期決算(GAAP基準)

GAAP基準での四半期会計の実績は以下の通りでした(以下、次節の通年決算も含めて、売上、利益、資産、負債、資本、キャッシュフローなどの単位は百万ドル。EPS=希薄化後EPS)。

PCG

売上高

営業利益

純利益

EPS

09-2017

4517

886

553

1.07

12-2017

4100

468

118

0.22

03-2018

4056

599

445

0.86

06-2018

4234

-1465

-980

-1.91

09-2018

4381

696

567

1.09

通年決算(GAAP基準)

最後に、通年決算の数字を見てみます。

損益計算(売上、純利益等)

PCG

売上高

営業CF

同マージン

利益

2008/12

14628

2763

18.9%

1338

2009/12

13399

3039

22.7%

1220

2010/12

13841

3206

23.2%

1099

2011/12

14956

3739

25.0%

844

2012/12

15040

4882

32.5%

816

2013/12

15598

3427

22.0%

814

2014/12

17090

3690

21.6%

1436

2015/12

16833

3780

22.5%

874

2016/12

17666

4409

25.0%

1393

2017/12

17135

5977

34.9%

1646

※同マージン=営業キャッシュフローマージン。15%以上あれば優良な数値。通常、売上高>営業CF>純利益となる。営業CF<純利益となる企業は粉飾決算の可能性あり。

EPSや営業利益率など

営業利益率

EPS

DSO

2008/12

15.5

3.63

84.3

2009/12

17.2

3.2

95.6

2010/12

16.7

2.82

57.1

2011/12

13

2.1

23.6

2012/12

11.3

1.92

23.4

2013/12

11.3

1.83

23.7

2014/12

14.3

3.06

21.9

2015/12

9

1.79

22.4

2016/12

12.3

2.78

24.4

2017/12

17.3

3.21

26.6

※DSO(デイズ・セールス・アウトスタンディング):売掛金回収に必要な日数。売掛金÷1日平均売上高で計算。期末に無理して売込みをかけてEPSをよい数値にした企業の場合は、売掛金が増え、DSOの数値が大きくなる。上記DSOの出所はモーニングスター社。

バランスシート

PCG

総資産

総負債

株主資本

自己資本率

2008/12

40860

31231

9629

24%

2009/12

42945

32360

10585

25%

2010/12

46025

34491

11534

25%

2011/12

49750

37397

12353

25%

2012/12

52449

39123

13326

25%

2013/12

55605

41011

14594

26%

2014/12

60127

44127

16000

27%

2015/12

63234

46406

16828

27%

2016/12

68598

50406

18192

27%

2017/12

68012

48540

19472

29%

ROAとROEなど

★ROA=当期純利益÷総資産 ※総資産を用いて企業があげた利益の割合

★ROE=当期純利益÷自己資本 ※投下資本に対して企業があげた利益の割合

★流動比率=流動資産÷流動負債 ※短期的な支払い能力を見る指標〔下表では資本が負債の何倍かを表記〕)

ROA

ROE

流動比率

単位

倍率

2008/12

3.5

14.9

0.8

2009/12

2.9

12.4

0.8

2010/12

2.5

10.2

0.8

2011/12

1.8

7.2

0.8

2012/12

1.6

6.5

0.8

2013/12

1.5

5.9

0.8

2014/12

2.5

9.5

1.1

2015/12

1.4

5.4

0.9

2016/12

2.1

8.1

0.8

2017/12

2.4

8.9

0.9

キャッシュフロー

PCG

営業CF

投資CF

財務CF

2008/12

2763

-3652

763

2009/12

3039

-3336

605

2010/12

3206

-3857

415

2011/12

3739

-3986

469

2012/12

4882

-4526

-468

2013/12

3427

-5107

1575

2014/12

3690

-4714

879

2015/12

3780

-5211

1403

2016/12

4409

-5526

1171

2017/12

5977

-5650

-55

【スポンサードリンク】

 

-全投稿記事, 公益事業, 米国株

Copyright© トランプ政権と米国株投資 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.