人工知能

geralt / Pixabay

全投稿記事 米国経済

トランプ政権のAI戦略 ~米国の優位確立を目指す~

更新日:

雇用の拡大を目指すトランプ政権の政策と、人間の仕事を不要にするAIは、相性が悪そうです。

また、「GMやフォードの車が売れない」などと日本の自動車市場に文句をつけるトランプ大統領はオールドタイプの製造業振興を目指しているようにも見えます。

しかしながら、ホワイトハウスHPには「米国産業の人工知能サミットを開催」(2018年5月10日)と題した記事が公開されていました。

AIブームのご時世には抗しえず、トランプ政権も、AIにどう対応するかという方針を出しているのです。

そこで、今回は、記事の英和対訳を通して「トランプ政権がAIについてどう考えているのか」ということを整理してみます。

ホワイトハウスが米国産業の人工知能サミットを開催

※出所は”White House Hosts Summit on Artificial Intelligence for American Industry”(May 10, 2018)

※科学技術政策局(Office of Science and Technology Policy)の方針が整理されている。

 ーーー

人工知能(AI)は米国民に大きな利益をもたらす潜在的な可能性を秘めており、すでに国家安全保障の強化と経済成長に大きく貢献している。

Artificial intelligence (AI) has tremendous potential to benefit the American people, and has already demonstrated immense value in enhancing our national security and growing our economy.

 AIは米国民の生活や米国のビジネスを迅速に革新している。

AI is quickly transforming American life and American business.

 AIは病気の診断と治療、食物の育成、新製品の製造と納品、財務管理、家庭への電源供給、交通事情などを改善する。

 It improves how we diagnose and treat illnesses, grow our food, manufacture and deliver new products, manage our finances, power our homes, and traverse our roads.

 今日、ホワイトハウスは「米国産業のための人工知能」サミットを開催した。人工知能の時代に米国民のための約束を実現し、米国の指導力を維持するために必要な政策およびAIのルールについて話し合う機会を提供したのだ。

 Today, the White House hosted the “Artificial Intelligence for American Industry” summit, an opportunity to discuss the promise of AI and the policies we will need to realize that promise for the American people and maintain U.S. leadership in the age of artificial intelligence.

 「人工知能は、米国の労働者に力を与え、米国の産業を成長させ、米国民の生活を改善するツールとして、非常に大きな可能性を秘めている」とマイケル・クラスシオス技術政策担当副社長は語った。

Artificial intelligence holds tremendous potential as a tool to empower the American worker, drive growth in American industry, and improve the lives of the American people,” said Deputy Assistant to the President for Technology Policy Michael Kratsios.

「科学的発見に対する我々の自由市場的なアプローチは、政府、産業界、学界の強みを結びつけ、その独特の立場は、偉大な国家を改善するためにこの技術を活用させる」

“Our free market approach to scientific discovery harnesses the combined strengths of government, industry, and academia, and uniquely positions us to leverage this technology for the betterment of our great Nation.”

 このサミットには、100人以上の政府高官、トップの学術機関の技術専門家、産業研究機関の研究所長、AI技術を用いて顧客、労働者、株主に利益をもたらす米国のビジネスリーダーが集まった。

 The summit brought together more than 100 senior government officials, technical experts from top academic institutions, heads of industrial research labs, and American business leaders who are adopting AI technologies to benefit their customers, workers, and shareholders.

 サミットの参加者は、AIの研究開発(RD)、人材育成、AIの革新に向けた規制の壁、AIの分野別アプリケーションなど、分野を横断した課題に焦点を当て、2組の分科会に参加する機会を得た。

 Summit attendees had the opportunity to participate in two sets of breakout sessions, focused on cross-cutting issues such as AI research & development (R&D), workforce development, regulatory barriers to AI innovation, and sector-specific applications of AI.

 AIサミットには、食糧と農業、エネルギーと製造、金融サービス、医療、輸送と物流に関わる業界が参加している。

Industry sectors represented at the summit included food and agriculture, energy and manufacturing, financial services, healthcare, and transportation and logistics.

分科会の間、連邦当局者は、これらのセクターで生じたAIの最新の技術革新と革新的なアプリケーションについて直接聞いてみた。

During the breakouts, Federal participants heard firsthand about the latest technological breakthroughs and innovative applications of AI across these sectors.

 ホワイトハウスの上級スタッフに加えて、連邦政府の参加者には、国立科学財団の高官、国家情報局長官、農業、商業、防衛、エネルギー、保健医療サービス、労働、交通、および財務省の高官が参加している。

In addition to White House senior staff, Federal participants included senior officials from the National Science Foundation, the Office of the Director of National Intelligence, and the Departments of Agriculture, Commerce, Defense, Energy, Health & Human Services, Labor, Transportation, and Treasury.

 連邦政府の上級職員が広範に参加していることは、このトピックの重要性を示している。国家により良く奉仕し、米国民の生活を改善するために、機関の垣根を超えてAI技術を活用するトランプ政権の方針が示されているのだ。 

The breadth of representation from senior officials across the Federal Government speaks to the critical nature of this topic and highlights the commitment of the Trump Administration to leverage AI technologies across agency missions to better serve the Nation and improve the lives of the American people.

 分科会の議論における取り組みは以下の通りである。 

Key takeaways from breakout discussions included:

 国家のAI研究開発エコシステムを支援する。

Supporting the national AI R&D ecosystem.

米国はユニークなRDエコシステムに恵まれており、そこで生まれる独創的な創意工夫には際限がない。

 America is blessed with a unique R&D ecosystem that taps into the limitless bounds of American ingenuity.

AIサミットの参加者は、科学的な発見を活用するための自由市場におけるアプローチについて議論した。それは、政府、産業界、学術界の強みを結集し、AIの研究開発を加速する強力な官民パートナーシップを形成するためのものだ。

Attendees discussed our free market approach to scientific discovery that harnesses the combined strengths of government, industry, and academia and examined new ways to form stronger public-private partnerships to accelerate AI R&D.

 AIの利点を最大限に活用するために米国の労働力をより高度なものにする。

Developing the American workforce to take full advantage of the benefits of AI.

AIや関連技術は、新しいタイプの雇用を創出し、産業の違いを超えた新たな技術スキルを求めている。

AI and related technologies are creating new types of jobs and demand for new technical skills across industries.

同時に、既存の職業の多くは大きく変わるか、時代遅れになるかのどちらかになる。

At the same time, many existing occupations will significantly change or become obsolete.

AIサミットの参加者は、未来の米国の雇用を準備するための努力について話し合った。小児期以降のSTEM教育に新たに焦点を当て、技術の見習い、再雇用、生涯学習プログラムに向けて、米国の技術と業界のニーズをよりよく対応させるために。

Attendees discussed efforts to prepare America for the jobs of the future, from a renewed focus on STEM education throughout childhood and beyond, to technical apprenticeships, reskilling, and lifelong learning programs to better match America’s skills with the needs of industry.

米国におけるAIイノベーションの障壁を取り除く。

Removing barriers to AI innovation in the United States.

過度に煩わしい規制はイノベーションを止めるだけでなく、それらを海外に移転してしまう。

Overly burdensome regulations do not stop innovation—they just move it overseas.

この会合の参加者は、AIと新興技術における米国のリーダーシップを維持し、同盟国間のAI研究開発の協力を促すことの重要性に言及した。

Participants in this session addressed the importance of maintaining American leadership in AI and emerging technologies, and promoting AI R&D collaboration among America’s allies.

参加者は、人々がAI技術の仕組みや日常生活における利便性を理解できるようにするために、AIの認識を促進する必要性をも提起した。

 Participants also raised the need to promote awareness of AI so that the public can better understand how these technologies work and how they can benefit our daily lives.

インパクトの高いAIのセクタ固有のアプリケーションを活用する。

Enabling high-impact, sector-specific applications of AI.

最後に、業界ごとの分科会に組織された参加者は、業界のリーダーがAI技術を用いて米国の労働力を強化し、ビジネスを成長させ、顧客に役立てる斬新な方法を共有した。

 Finally, attendees organized into industry-specific sessions to share the novel ways industry leaders are using AI technologies to empower the American workforce, grow their businesses, and better serve their customers.

 ホワイトハウスはAIを研究開発の優先事項と位置づけているため、米国の技術上のリーダーシップと人々のための進歩を支える政策を知らせるため、業界や民間セクターの代表や学界等との継続的な関係を期待している。

 As the White House continues to designate AI as an Administration R&D priority, we look forward to continued engagement with our agency partners, the private sector, and academia to inform our policies in supporting continued American technological leadership and progress for the American people.

  ーーー

トランプ大統領の直接的なメッセージが書かれていないのが気になりますが、この文書からは、数多くの閣僚がAI投資の重要性を認識していることが伺えます。

 トランプ政権も、AIの重要性は認識しているわけです。

 米国民のための人口知能(AI)

ホワイトハウスには、もう一つ、「米国民のための人口知能」(”Artificial Intelligence for the American People”  May 10, 2018, President Donald J. Trump )と題した記事が公開されています。

 こちらも英和対訳してみます。

 この文書は、まず、「我々は新しい技術革新に直面している。それは、生活のあらゆる側面を改善し、米国民の労働者や家族のために膨大な新しい富を作り、科学、医学、コミュニケーションの新たな境界を大胆に開くものだ」という一文から始まります。

 We’re on the verge of new technological revolutions that could improve virtually every aspect of our lives, create vast new wealth for American workers and families, and open up bold, new frontiers in science, medicine, and communication.

 AI)の研究開発(RD)のための資金調達を優先させる:

PRIORITIZING FUNDING FOR ARTIFICIAL INTELLIGENCE (AI) RESEARCH AND DEVELOPMENT (R&D):

ーーー

トランプ政権は、基本的なAI研究とコンピューティング・インフラストラクチャー、機械学習、および自律的なシステムのための資金調達を優先的に行う。

 The Trump Administration has prioritized funding for fundamental AI research and computing infrastructure, machine learning, and autonomous systems.

 連邦政府のAIとその関連技術に関する未分類の研究開発投資は、防衛と情報機関(インテリジェンスコミュニティ)の領域で行われた投資を加えると、2015年以降40%以上成長した。

 The Federal Government’s investment in unclassified R&D for AI and related technologies has grown by over 40% since 2015, in addition to substantial classified investments across the defense and intelligence communities.

省庁の長官への年次ガイダンスでは、OMBOffice of Management and Budget)と大統領府の科学技術政策(OSTP)が、機械学習や自律システムなどの新技術に重点を置くように指導した。

In the annual guidance to heads of executive departments and agencies, Office of Management and Budget (OMB) and the White House Office Science and Technology Policy (OSTP) directed agencies to focus on emerging technologies including machine learning and autonomous systems.

 トランプ大統領の予算要請(FY2019)は、歴史の中で初めて、研究開発の優先事項として、人工知能と自律型システム、無人システムを指定した。

 President Trump’s FY2019 Budget Request was the first in history to designate artificial intelligence and autonomous and unmanned systems as Administration R&D priorities.

 AI革新への障壁を取り除く

REMOVING BARRIERS TO AI INNOVATION:

ーーー

トランプ政権は、AI技術の導入に対する規制上の障壁を取り除き、新しい米国産業の創出を可能にしている。

 The Trump Administration is enabling the creation of new American industries by removing regulatory barriers to the deployment of AI-powered technologies.

 昨年9月、運輸省は、2016年の連邦自動車政策を更新し、自動車の開発者に無規制のガイダンスを提供し、運転手の要らない自動車(※自動運転車)を米国の道路に安全に統合できるようにした。

 Last September, the Department of Transportation released an update to the 2016 Federal Automated Vehicles Policy, providing non-regulatory guidance to automated vehicle developers to enable the safe integration of driverless cars onto American roadways.

 10月に、トランプ大統領は、州と地方自治体が、現在、FAA規制の下で禁止されている革新的な商業と公衆無人運転を行うことを可能にする大統領覚書に署名した。

 In October, President Trump signed a Presidential Memorandum to permit States and localities to conduct innovative commercial and public drone operations currently prohibited under FAA regulations.

 先月、FDAは、糖尿病性網膜症を検出する医療診断のために、初めてAIに基く装置を承認した。これは、現役世帯の米国民が失明する主な原因となる病気への対策だ。 

Last month, the FDA approved the first ever AI-based device for medical diagnostics to detect diabetic retinopathy, the leading cause of blindness among working-age Americans.

 未来の米国労働者の訓練

TRAINING THE FUTURE AMERICAN WORKFORCE:

ーーー

トランプ大統領は、米国労働者に21世紀の経済活動を成功させるスキルを与えるための措置を講じている。 

President Trump has taken Executive action to give the American worker the skills to succeed in the 21st century economy.

 昨年6月、トランプ大統領は、業界で認知された徒弟制度を確立し、閣僚のレベルで徒弟制度の拡大に関するタスクフォースを作成する大統領令に署名した。

Last June, President Trump signed an Executive Order establishing industry-recognized apprenticeships and creating a cabinet-level Task Force on Apprenticeship Expansion.

 9月に、トランプ大統領は、コンピュータサイエンス教育に重点を置くこと、高等教育において科学、技術、工学、数学(STEM)教育を優先すること、2億ドルの助成金を与えることを決めた大統領覚書に署名した(民間企業からも3億円が供与されている)

 In September, President Trump signed a Presidential Memorandum prioritizing high-quality Science, Technology, Engineering, and Math (STEM) education, with a particular focus on computer science education, and committing $200 million in grant funds that were matched by a private industry commitment of $300 million.

 戦略的な軍事優位を達成する

 ACHIEVING STRATEGIC MILITARY ADVANTAGE:

ーーー

トランプ政権の国家安全保障戦略は人工知能で優位に立つ必要性を認識しており、国防総省はそのために投資している。

The Trump Administration’s National Security Strategy recognizes the need to lead in artificial intelligence, and the Department of Defense is investing accordingly.

 トランプ大統領の国家安全保障戦略は、歴史の中で初めて、米国軍の未来のためにAIの重要性を具体的に指摘した。

 President Trump’s National Security Strategy was the first in history to specifically call out the importance of AI for the future of the American military.

 国家安全保障戦略は、自動化、AI、機械学習の軍事用途に幅広く投資することを約束した。

 The National Defense Strategy committed to investing broadly in military applications of autonomy, AI, and machine learning.

 政府サービスのためのAIの活用

LEVERAGING AI FOR GOVERNMENT SERVICES

ーーー

各省庁幹部は、米国民に公的サービスの提供を改善するためにAIを活用している。 

Executive departments and agencies are applying AI to improve the provision of government services to the American people.

大統領府の政策では、政府サービスの効率を上げ、米国民と最大限に連邦のデータを共有するために、自動化ソフトの使用が求められている。それは、民間(非連邦の)AI研究のアプリケーションを支援するものだ。

The President’s Management Agenda calls for using automation software to improve efficiency of government services and maximizing Federal data sharing with the American public, which will support non-Federal AI research applications.

米共通役務庁は、本年にcloud.govで 企業の法令順守と生産計画の予測を含めた、AIを用いた試験プログラムを実施している。

 The General Services Administration is conducting pilot programs that leverage AI, including a tool to predict regulatory compliance that is scheduled for production in cloud.gov this year.

国際的なAI交渉を主導する

LEADING INTERNATIONAL AI NEGOTIATIONS

ーーー

アメリカ合衆国科学技術政策局(OSTP)の米国代表団は、2017年と2018年には、G7のイノベーションと技術を巡る閣僚会合において規制緩和を主導し、AIの潜在的利益を認め、AIの研究開発を促進するために同盟国と協力している。

White House OSTP led U.S. delegations to the 2017 and 2018 G7 Innovation and Technology Ministerials, and is working with our allies to recognize the potential benefits of AI and promote AI R&D.

2018年3月にOSTPは、経済発展のためのAI革新の重要性を認識した。AI技術への信頼と普及を促進する17年のG7イノベーションを巡る閣僚会合が出したAIに関する文書に従い、2018年の同会合にて、AIに関する声明の中身を交渉した。

 In March, OSTP negotiated the 2018 G7 Innovation Ministers’ Statement on Artificial Intelligence, following an AI outcome document from the 2017 G7 innovation ministerial, which recognizes the importance of AI innovation for economic growth and supports efforts to promote trust in and adoption of AI technologies.

また、トランプ政権は、米国と英国の間で初めての科学技術(ST)についての合意した。米仏間の科学技術協力に関する3月共同声明などを通じて、国際的なAI研究開発協力を推進している。

The Trump Administration is also pursuing international AI R&D collaboration through agreements such as the first-ever Science and Technology (S&T) agreement between the United States and the United Kingdom and the March Joint Statement between the United States and France on S&T cooperation.

 ーーー

AIの経済的活用に関しては、世間で言われているような論点は、だいたい網羅していることが分かります。

政治面で見ると、この文書の中で、特に注目に値するのは、堂々とAI関連技術を軍事活用すると書かれている点です。

プーチン大統領は「AIを制する国が世界を制する」と述べていましたが、軍事の次世代技術においても、ここは熱い注目点になっています。

こうしてみると、トランプ政権は、意外にもきちんとAI時代への対応を考えていることがわかります。

 【スポンサードリンク】

-全投稿記事, 米国経済

Copyright© トランプ政権と米国株投資 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.