peteranta / Pixabay

全投稿記事 海外情勢 米国政治

米朝首脳会談中止を伝えたトランプ書簡の全訳

更新日:

トランプ氏は金正恩との会談を中止する方針を明らかにしました。

ホワイトハウスは5月24日にトランプ米大統領が金正恩朝鮮労働党委員長に送る書簡を公表し、6月12日の米朝首脳会談をやめる意向を明かしています。

北朝鮮は24日に豊渓里(プンゲリ)の核実験場の坑道三カ所を爆破しましたが、ポンペオ米国務長官は北朝鮮の非核化についての協議では北朝鮮側から質問に対する返答がなかったとしています。

当然、北朝鮮の反発が予想されますが、「その程度では不十分だ」というのが米側の判断なのでしょう。

二回も訪朝したポンペオ氏は議会で(首脳会談が)「成功すると考えてはいない」とまで述べているので、米側の不信は深まっています。

(※この核実験場に関してはすでに昨年の核実験で半ば壊れているという見方もあります。2017年の核実験では、実験に伴う地震と、実験場の崩落が原因とみられる地震の二つが観測されていたからです。トランプ政権は「すでに壊れた実験場を廃棄したところで無意味だ」と見ているのかもしれません)

ただ、この書簡には別の機会での首脳会談の開催を期待する言葉や再考を促す言葉も併記されていたので、その後、北朝鮮側が軟化しました。

トランプ氏も26日の会見で記者団に首脳会談の再調整が「とても順調に進んでいる」「(6月12日会談の)予定は変えていない」とも述べていたので、一応、会談は開催される雲行きになっています。

(※筆者は、首脳会談が中止になれば今後も北朝鮮への「最大限の圧力」が続くので、会談中止は日本にとって悪い話ではないと感じています。対話モードとなり、文在寅大統領と金正恩委員長が南北会談をすることを決めたあたりで、日本の存在感が消滅していたからです)

この記事では、トランプ氏の書簡全文の翻訳を掲載し、この意思決定について考えてみましょう。

トランプ大統領から金正恩委員長宛の書簡全文の翻訳

スポンサーリンク

トランプ氏の書簡の原文はCNN記事から引用しています。

ーーーーー

金正恩朝鮮労働党委員長へ

His Excellency Kim Jong Un Chairman of the State Affairs Commission of the Democratic People's Republic of Korea

親愛なる委員長

Dear Mr. Chairman:

双方が長らく求めた首脳会談(シンガポールで6月12日に開催予定だった)のための最近の折衝と協議に対するあなたの時間、忍耐、努力に心から感謝する。

We greatly appreciate your time, patience, and effort with respect to our recent negotiations and discussions relative to a summit long sought by both parties, which was scheduled to take place on June 12 in Singapore.

会談は北朝鮮からの要請だと伝えられていたが、それは我々には全く関係がない。

We were informed that the meeting was requested by North Korea, but that to us is totally irrelevant.

私はあなたとの会談に参加するのを非常に楽しみにしていた。

I was very much looking forward to being there with you.

残念なことではあるが、最近のあなたがたが声明で表明した激しい怒りと露わな敵意を考慮すると、現時点では、長らく計画されてきた会談を実施することは不適切だと感じている。

Sadly, based on the tremendous anger and open hostility displayed in your most recent statement, I feel it is inappropriate, at this time, to have this long-planned meeting.

そのため、双方にとって、世界にとっても損害となるが、この書簡を通じてシンガポールでの首脳会談は実施しないことを表明する。

Therefore, please let this letter serve to represent that the Singapore summit, for the good of both parties, but to the detriment of the world, will not take place.

あなたは(北朝鮮の)核戦力について言及したが、米国の核兵力はあまりにも大規模であり、強力だ。そのため、私はその力が決して使われずに済むようにと神に祈っている。

You talk about nuclear capabilities, but ours are so massive and powerful that I pray to God they will never have to be used.

私はあなたとの間で素晴らしい対話が築かれつつあると感じていた。そして、結局、重要なのは、その対話だけだ。

I felt a wonderful dialogue was building up between you and me, and ultimately, it is only that dialogue that matters.

いつの日か、私はあなたと会えることを非常に楽しみにしている。一方、(米国人の)人質解放に感謝したい。彼らは今、自宅で家族とともにある。

Some day, I look very much forward to meeting you. In the meantime, I want to thank you for the release of the hostages who are now home with their families.

これは素晴らしい意思表示だった。非常に感謝している。

That was a beautiful gesture and was very much appreciated.

この最も重要な首脳会談についてあなたに考え直すことがあれば、私に電話や手紙を送ることを躊躇しないでほしい。

If you change your mind having to do with this most important summit, please do not hesitate to call me or write.

世界、特に北朝鮮は、永続的な平和と素晴らしい繁栄と富を得る大きな機会を失った。

The world, and North Korea in particular, has lost a great opportunity for lasting peace and great prosperity and wealth.

この失われた好機は歴史において真に悲しむべき瞬間だ。

This missed opportunity is a truly sad moment in history.

敬具

ドナルド・トランプ米大統領

Sincerely yours,

Donald J. Trump President of the United States of America

米朝首脳会談中止を伝えたトランプ氏の談話

ホワイトハウスHPの記事(2018/5/25)を見ると、経済関係の会合の冒頭で、トランプ氏がこの決断の趣旨を説明しています。

その発言も英和対訳で見てみます。

ーーー

最近の北朝鮮の発言に基づいて、私は、6月12日にシンガポールに予定された首脳会議を行わないことを決めた。

I’d like to begin by saying that based on the recent statement of North Korea, I have decided to terminate the planned summit in Singapore on June 12th.

潜在的には、目の前に多くの機会が広がっていたのに、北朝鮮はそこから大きく後退した。実に、それは世界にとっても後退であった。

While many things can happen and a great opportunity lies ahead, potentially, I believe that this is a tremendous setback for North Korea and, indeed, a setback for the world.

私はマティス国防長官と合同参謀総長に話した。

I’ve spoken to General Mattis and the Joint Chiefs of Staff.

そして、我々の軍隊は世界で最も強力であり、最近にも大幅に強化されている。もし必要ならば、(戦う)準備ができているのだ。

And our military — which is by far the most powerful anywhere in the world and has been greatly enhanced recently, as you all know — is ready if necessary.

同様に、私は韓国や日本と話した。

Likewise, I have spoken to South Korea and Japan.

彼らは北朝鮮の愚かで無謀な行為に備えている。彼らは自発的に米軍の業務に関連する費用の大部分を負担している。そのコストは、もし不幸な事態が発生した場合に米軍に強いられる作戦に伴って発生するものだ。

And they are not only ready should foolish or reckless acts be taken by North Korea, but they are willing to shoulder much of the cost of any financial burden, any of the costs associated by the United States in operations, if such an unfortunate situation is forced upon us.

うまくいけば、北朝鮮の将来にとって望ましい出来事が起こる。

Hopefully, positive things will be taking place with respect to the future of North Korea.

しかし、そうではない場合でも、我々には以前よりもよく準備できている。

But if they don’t, we are more ready than we have ever been before.

北朝鮮は非核化の道を踏み、国際社会に参加することで何十年にもわたる貧困と抑圧を終わらせる機会を得る。

North Korea has the opportunity to end decades of poverty and oppression by following the path of denuclearization and joining the community of nations.

金正日(キム・ジョンウン)は最終的に自分にとって最善の行為をなそうとしている。最も重要なのは、それだけでなく、(北朝鮮の)民衆のために正しい行いをなそうとしていることだ。彼らは不必要に大きく苦しんでいる。

And I hope that Kim Jong-un will ultimately do what is right not only for himself, but perhaps, most importantly, what’s right for his people, who are suffering greatly and needlessly.

北朝鮮と韓国に住む全ての朝鮮人は、調和と繁栄、平和の中で共に暮らすに価する。

All of the Korean people, North and South, deserve to be able to live together in harmony, prosperity, and peace.

その明るく美しい未来は、核兵器の脅威が取り除かれた時にのみ開きうる。

That bright and beautiful future can only happen when the threat of nuclear weapons is removed.

それは別の方法では起こらない。

No way it can happen otherwise.

金正日が建設的な対話と行動に従事することを選択した時、私は待っている。

If and when Kim Jong-un chooses to engage in constructive dialogue and actions, I am waiting.

その間、我々の非常に強力な制裁、これまでに課せられた最も強力な制裁、そして最大限の圧力キャンペーンは継続されている。

In the meantime, our very strong sanctions — by far the strongest sanctions ever imposed — and maximum pressure campaign will continue, as it has been continuing.

しかし、何が起こっても何をするにしても、アメリカの安全と安全を妥協することは決してない。

But no matter what happens and what we do, we will never, ever compromise the safety and security of the United States of America.

私はその声明を出したかったのです。

I wanted to make that statement.

それについて非常に、非常に強く感じる。

Feel very, very strongly about it.

我々の軍隊は、あなたが知っているように、大幅に強化された。すぐに、これまでにないレベルになる。

Our military, as you know, has been greatly enhanced; will soon be at a level that it’s never been before.

多くの人々の助力を得て、本年は7000億ドル、来年は7160億ドルの軍事予算が承認された。

Our approval of $700 billion this year and $716 billion next year, largely due to the help of a lot of the people with me today and standing right here.

我々はそこに感謝する。

We appreciate it.

しかし、我々はわが軍のためにそうしなければならなかった。

But we had to do that for our military, and we’ve done it.

そして、うまくいけば、北朝鮮に伴う問題は解決されるだろう。

And hopefully everything is going to work out well with North Korea.

今回のサミットの開催時か開催後のどちらかに多くのことが起こる可能性がある。

And a lot of things can happen, including the fact that, perhaps — and would wait — it’s possible that the existing summit could take place or a summit at some later date.

誰も心配する必要はない。

Nobody should be anxious.

我々はそれを正しいものにしなければなりません。

We have to get it right.

ーーー

米朝首脳会談「中止」が表明された背景

この意思決定に先立って、ポンペオ米国務長官が5月23日に下院外交委員会の公聴会で訪朝時のやり取りを説明しています。

そこでは、以下のような事柄が注目されました。

  • 金正恩が世界からの体制保証と米企業進出などを伴う経済支援を求め、将来における平和条約締結に言及したこと
  • 金正恩は経済成長と自国民の幸福のためには戦略的な政策転換が必要だと理解しているとの認識を示した
  • しかし、ポンペオ氏は非核化に向けた北朝鮮の確かな歩みが確認できるまでは譲歩しないと強調
  • 適切なディールがなければ、会談の席からトランプは立ち去ると警告

そのほか、ポンペオ氏は23日に河野太郎外相と会談し、「北朝鮮の具体的行動を引き出す必要がある」とも述べていました。また、中国の王毅外相とも会談し、国連安全保障理事会の北朝鮮制裁決議の履行維持を求める方針を示しています(会談場所は国務省)。

そのほか、ペンス米副大統領が米国のテレビ番組に出演し、軍事的な対応を排除しない姿勢を示し、北朝鮮が核放棄しない場合はリビアのように終わる可能性があると述べたことが、北朝鮮側に注目されました。

北朝鮮の崔善姫(チェソニ)外務次官は5月24日にペンス氏を「政治的に愚かな間抜け」と評し、「我々はリビアの轍を踏まないために高い代価を払った」とする談話を公開しています。

16日には「首脳会談を再考せざるをえない」と金桂冠第1外務次官が発言していたので、このあたりで、トランプ政権は、金政権の言動は看過できないと判断したのでしょう。

先週にジョン・R・ボルトン国家安全保障担当補佐官が北朝鮮の先例としてリビアをあげた時、北朝鮮の当局者が怒りの意を示したとも報じられています。

簡潔に言えば、「トランプ政権は北朝鮮に対して、リビアのカダフィ政権と同程度の核放棄を要求し、北朝鮮はそれを拒もうとして騒いだ結果、会談中止の書簡が出された」というストーリーに見えます。

当時、米国はリビアに完全かつ不可逆の核放棄を要求し、リビアのカダフィ政権はそれに応じた後、2011年に滅ぼされたからです。

・・・

ただ、その後、北朝鮮側が軟化し、金桂寛・第1外務次官が「予想外の書簡であり、極めて遺憾だ」「我々は、いつでも、どんな方法でも、対座して問題解決を行う準備ができている」という談話を出しました。

トランプはこれを評価し、25日の夕方のツイッターでは「北朝鮮ととても生産的な対話を行っている」「シンガポールで6月12日に開催される可能性がある」等と述べ、態度を軟化させています。

ある意味では、化かし合いのようなディールが続いているわけですが、筆者は、北朝鮮との会談中止は悪い話ではないのではないか、と感じています。

北朝鮮の核放棄をめぐる「話し合い」は「6カ国協議」のような不毛な先例に満ちていましたし、会談を経れば「最大限の制裁」が緩和される可能性が高まるからです。

核を放棄する意思があるのかどうか分からない独裁国家と対話するぐらいであれば、従来の「最大限の制裁」を継続したほうがよいのではないでしょうか。

【スポンサードリンク】

-全投稿記事, 海外情勢, 米国政治

Copyright© トランプ政権と米国株投資 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.