化学

4832970 / Pixabay

素材ETF

米国市場の素材セクターのETFを比較してみます。

【VAW】と【XLB】を比較し、参考として米国と世界の素材企業に投資する【MXI】も取り上げてみます。

スポンサーリンク

米国素材セクターETFの比較

まず【VAW】と【XLB】を比較してみます。

【VAW】バンガード®・米国素材セクターETF

バンガード社のVAWファクトシートによれば、商品の概要は以下の通り。

  • 素材セクターの株式で構成される「MSCI USインベスタブル・マーケット・素材25/50インデックス」と連動
  • 投資先は米国の素材セクターの大型株(46.2%)、中型株、小型株。
  • 化学、建設資材、ガラス、紙、林産品の製造業、これらに関連する包装製品の製造業、金属、鉱物、鉱業関連企業および製鉄業といった幅広いコモディティ関連の製造業の118銘柄で構成されている。

(※『米国会社四季報』(秋冬版)によれば経費率は0.1%。1単位あたりの分配金は0.503~0.552ドル)

【XLB】素材セレクト・セクター SPDR® ファンド

スパイダー社のXLB紹介ページ運用報告書によれば、商品の概要は以下の通り。

  • S&P500の素材株で構成される「素材セレクト・セクター指数」に連動。
  • 大型株を中心に25銘柄で構成。化学、建設資材、容器・包装、金属・鉱業、紙製品・林産品に関わる企業が多い。
  • 『米国会社四季報』(秋冬版)によれば1単位あたりの分配金は0.164~0.334ドル。経費率は0.14%

VAWは大型株を中心に、中型株や小型株まで網羅していますが、XLBは大型株で構成されています。

今回は、これに加えて、参考のためにiシェアーズのグローバル素材ETFも見てみます。

【MXI】iシェアーズ グローバル素材 ETF(※参考:米国3割配分)

ブラックロック社のMXI紹介ページによれば、商品の概要は以下の通り。

  • 米国が3割、世界各国の素材企業に投資。素材関連の92銘柄で構成。
  • 連動している指数は「S&P Global 1200 Materials Sector Index(TM)」
  • 運用の指標は以下の通り。
  • 経費率:0.48%
  • 分配金利回り:2.82%(17/11/30)
  • 株価収益率(PER): 22.7(17/12/27)
  • 株価純資産倍率(PBR):2.22(17/12/27)
  • 過去12ヶ月分配金利回り:17.7% ( 過去12ヶ月に当該ファンドを保有した場合に得られた年率利回り 17/11/30)

VAWとXLBについても、PER等を書きたいのですが、どちらのファクトシートもデータは9月30日。やや古いので割愛しました。

【VAW】【XLB】【MXI】の株価推移を比較

ロイター社HPで見た値動きの推移は以下の通り。

米国に特化した素材ETFのほうが高値になっており、3年間で見ると、VAWとXLBの差はあまりありません。

【3年チャート】

【5年チャート】

MXIも2016年以降、回復基調に乗ってきています。

【VAW】【XLB】【MXI】のトータルリターンを比較

さらに、それぞれのETFを指標で比較してみましょう。

(以下、%は省略。利回り=直近配当利回り(税込)、TR=トータルリターン。データはブルームバーグHP〔2018/3/16閲覧〕)

VAW XLB MXI
直近配当額 0.366 0.226 0.47
直近配当利回り 1.11 1.9 1.37
経費率 0.1 0.13 0.47
3ヶ月TR -3.03 -2.27 -2.33
1年TR 12.61 13.49 17.05
3年TR 9.13 8.15 8.63
5年TR 10.38 10.38 4.87

米国必需品セクターETFの業種比率

次に、VAWとXLBの投資先となる業種比率を比べてみます。

出所はどちらも前述のファクトシートです。

【VAW】

  • 特殊化学品:21.6(% 以下略)
  • 総合化学:21.3
  • 肥料・農薬:9.6
  • 包装紙:8.7
  • 工業用ガス:8.2
  • 基礎化学品:6.7
  • 鉄鋼:5.8
  • 金属・ガラス容器:4.8
  • 建設資材:4.4
  • 金:2.9

【XLB】

  • 化学 72.94
  • 容器・包装 13.16
  • 金属・鉱業 9.19
  • 建設資材 4.72

※参考:MXIの国別投資比率(2017/12/27)

  1. 米国:33.12
  2. オーストラリア:10.02
  3. 日本:9.36
  4. ドイツ:7.56
  5. スイス:6.26
  6. カナダ:5.77
  7. フランス:2.99
  8. イギリス:2.82
  9. アイルランド:2.15
  10. ブラジル:2.15
  11. 台湾:2.08
  12. グルジア:2.07
  13. 韓国:2.01
  14. オランダ:1.87
  15. 南アフリカ:1.36
  16. フィンランド:1.21
  17. メキシコ:1.05
  18. デンマーク:1.03
  19. その他:5.58

米国素材セクターETFの構成銘柄

次に、ブルームバーグのサイトでETFの構成銘柄を見てみます(2018/3/16閲覧。以下、略称)。

  • DWDP:DowDuPont Inc
  • MON:モンサント
  • PX:プラクセアー
  • APD:エアープロダクツ・アンド・ケミカルズ
  • ECL:エコラボ
  • LYB:ライオンデルバセル・インダストリーズ
  • SHW:シャーウィン・ウィリアムズ
  • PPG:PPGインダストリーズ
  • IP:インターナショナル・ペーパー
  • NEM:ニューモント・マイニング
  • FCX:フリーポート・マクモラン
  • BAS:BASF
  • BHP:BHPビリトン
  • GLEN:グレンコア
  • RIO:リオ・ティント
  • AI:エア・リキード
  • LINU:リンデ
  • 4063:信越化学工業

それぞれのETFの構成比率は以下の通りです。

VAW XLB MXI
DWDP 17.69 22.36 7.53
MON 5.84 7.99 2.46
PX 4.61 6.62 2.1
APD 3.78 5.62
ECL 3.65 4.76
LYB 3.9 5.32
SHW 3.63 4.52
PPG 3.08 4.58
IP 2.51 3.49
WBA
FCX 2.75 3.86
BAS 4.52
BHP 3.44
GLEN 3.09
RIO 2.92
AI 2.53
VALE 2.13
信越化学工業 2.12

結論的にはVAWもXLBも大きな差がないのですが、経費率と直近配当で見ると、VAWのほうがお勧めになっています。

スポンサーリンク

関連コンテンツ

更新日:

Copyright© トランプ政権と米国株投資 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.