【金利と株価】VTI/QQQ/DIAのチャート(月/週の騰落表付)

インデックス投資

米国株の市場全体に投資するVTI、NASDAQ100に投資するQQQ、ダウ平均に投資するDIAをチャートや騰落の推移から比較してみます。

具体的には、2021年の10年国債金利と株価の推移、今年の株価と過去15年平均の推移、月間騰落や週間騰落をウォッチングしてみます。

金利と株価の変動や、1年の株価の季節性(シーズナリティ)、本年の騰落の傾向などを把握したいと考えています。

【当記事で扱うETF】

  • ※1:VTI:バンガードトータル・ストック・マーケットETF
  • ※2:QQQ:インベスコQQQトラストシリーズ1
  • ※3:DIA:SPDRダウジョーンズインダストリアルアベレージ

「10年国債金利」VS「VTI/QQQ/DIA」のチャート

「VTIやQQQ、DIAの今後はどうなる?」

当然、筆者にはわかりませんが、それを推測する手がかりを与えてくれるのは、金利の上昇・下降のトレンドです。

グロース系のETFの多くは、「金利が上がると株価が下がり、金利が下がると株価が上がる」という具合に値動きします。

(金利が高水準でも市場参加者が「これ以上の金利上昇はなさそうだ」と見込めば株価が上がりますが、この場合、金利の高止まりが続くと、金利上昇の懸念が再燃して株価が下落したりします)

そのため、特に指標とされる10年国債金利の推移とETFの価格の推移をウォッチングしてみます。

そういった観点から、米国株全体(VTI)、NASDAQ100(QQQ)、ダウ平均30銘柄(DIA)に連動するETFの株価推移を見てみましょう。

米国市場(株)に連動するVTIは2月に下落したものの、その下がり幅は5%(10$前後)程度でした。

5月のインフレショックでも下がり幅は5%(10$前後)程度です。

VTIはグロースやバリューにも偏らず、成長銘柄/景気循環銘柄/ディフェンシブ銘柄のバランスもよいので、非常時の下落幅も、ある程度、抑えられています。

例えば、グロース株で構成されるNASDAQ100に投資するQQQでは、同じ時期に1割程度の下落が起きていました。

  • 2月の最高値336$→3月上旬300$(-12%)
  • 4月末の最高値342$→5月最安値317$(-8%)

QQQの場合、金利が急騰すると株価が急落する様子がチャートにも見て取れます。

QQQの今後を見通すためには、毎日、長期金利(主に10年国債)の騰落を注意深くウォッチングしなければいけません。

次に、大型の成熟企業からなるDIAの動向も見てみましょう。

こちらは金利が上がってもあまり打撃を受けないバリュー銘柄が多いのが特徴です。

DIAのセクター別投資比率を見ると、金利上昇で利益が増える金融セクター(JPM、GS、AXP、TRV)の比率が6分の1(16%)を占めています。

そのほか、TやVZ、DOW、CVXなどの代表的なバリュー銘柄を取り揃えているので、金利上昇に耐性があるわけです。

景気回復期の恩恵は21年前半で終わったようにも見えますが、QQQやSPYGにはない特性を考慮すると、一定の割合でキープするのも悪くないと思います。

DIAは6月に下落しましたが、その後、通常軌道に戻りつつあるようにも見えます。

「2021年株価」VS「15年間の株価平均」のチャート

さらに、2021年の株価推移と過去15年間の平均値の推移を比べてみます。

年始めの株価を「100」とし、その後、株価がどの程度、上昇(or下落)したかを数値化し、グラフ化してみました。

(例えば、年初の1/4株価が「200」で、6/30株価が「220」だったら、下記のグラフでは1/4が「100」、6/30に「110」の点を取る。米ETFの多くは毎年値上がりするので、年初を「100」として指数換算しないと、異なる出発点の年間株価の騰落を比較できなくなる)

15年平均に関しては、年初株価の「100」として換算して各年ごとに約220営業日の値を算出。15年分のデータを営業日ごとに合算して15で割り、平均値を算出しています。

(グラフ化する際には、220前後の営業日に土日を足して365日ベースに直し、曜日を揃えて各年の値を重ねて平均値を計算します。そのため、年初と年末の1~2週間だけは重ねた日の曜日がずれます。毎年の曜日のずれが年初・年末の1~2週間の計算に反映されるので、この期間はやや平均値の精度が下がります)

2021年は金融緩和のマネーが押し寄せたせいか、例年の平均に比べると上がり下がりの規模が大きくなりました。

しかし、騰落の傾向(タイミング)は似ています。

1年の季節性(シーズナリティ)で見ると、「7月は強く、8月は弱い」という傾向が出ています。

今年は好調な半面、8月のジャクソンホールのミーティングでFRBがどんな発表をするかが気になるところです。

では、QQQの15年平均も見てみましょう。

6月には猛烈な上がりが来ています。

例年、下がりが多いところで急騰しているので、臆病な筆者は「この勢いが続くのかな」という不安を覚えます。

DIAはどうでしょうか。

こちらは、6月ぐらいで一段落ついたようにも見えます。

今までの経済回復のボーナス(シクリカル銘柄の急騰等)は終わり、巡航速度に戻っていくのかもしれません。

VTIやQQQ、DIAの月間/週間騰落の傾向

6月にはグロース系が復活し、バリューとの騰落の%の差も縮みました。

前掲の15年平均で見たパフォーマンスは、「7月がよく、8月が弱い」という傾向が出ています。

VTIとQQQに関していえば、9月~10月は非常にわかりにくい動きです。

9月前半に上がっていますが、下旬以降に強い下がりが来ています。

9月あたりに上がりが来ても、それがダマシの上がりなのか、本物なのかの見分けがつけにくいからです。

9~10月頃は、例年、不安定な時期なので、投資に適した月だとは言い難いと思います。

そのため、シーズナリティ(季節性)から言えば、相場に期待が持てるのは、11月下旬以降かもしれません。

(ただ、2018年のクリスマスショックのような事件もあるので、わかりにくいのですが……)

最後に、ETFの騰落の傾向を、月間と週間で定点観測してみます。

なお、VTI/QQQ/DIAについて、もっと知りたい方のために、当サイトには以下の関連記事も用意しています。

【VTI対VOO】SP500連動ETFを比較(グロースとバリュー含む)

NASDAQ100構成銘柄一覧(【QQQ】銘柄分析)

【ダウ株価】配当とリターンランキング(30銘柄)