【ZM】ズーム・ビデオコミュニケーションズの株価と決算

SaaS(クラウド+サブスク),情報技術,米新興株特選,高成長銘柄

ズーム・ビデオコミュニケーションズ(Zoom Video Communications, Inc.)は、クラウド上のプラットホーム上でビデオ会議のソフトウェアを提供しています(Web会議サービスZoom)。

多様な端末で対応できるビデオ会議や音声会議、チャット、ウェブセミナーといったサービスを企業向けに提供(企業向けは有料。無料版は主に個人向け)。独自のデータ圧縮技術によりモバイル回線でもサービスが安定していることが強みです。

創業者のエリック・ヤン(袁征)は中国山東省出身。CSCOが買収したウェブエックスに勤務していた人物です。

エリックはCSCO(シスコソステムズ)のコラボレーションソフトウェア開発のエンジニアリングを担当し、テレビ会議のシステムをつくったのですが、同社では採用されなかったので、2011年に独立して起業しました(19年4月に上場)。

テレワークという2020年のトレンドに乗り、19年12月に1000万人だった個人ユーザーは、20年4月には3億人に急増。

20年12月にはシンガポールに研究開発の拠点を置き、データセンターの能力を2倍にする方針を発表しました。

20年12月時点で法人の顧客は433700社(従業員10人以上)となっています。

21年3月にはベンチャーファンドを立ち上げ、6月には機械学習翻訳を手がけるドイツのベンチャー企業を買収。7月にはコールセンター向けのクラウドサービスを行うファイブ9を買収しました。

【地域別売上高】(EMEA=欧州+中東アフリカ)

年/月 19/1 20/1 21/1
米州 82% 81% 69%
アジア太平洋 8% 8% 13%
EMEA 10% 11% 18%

主な指標を概観

まず、主要指標のデータを見てみます(指標と株価はgooglefinance関数から取得)。

1/4株価 340.4
12/01株価 197.7
株価上昇率 -41.92%
52週高値 451.8
52週安値 195.8
β値
EPS 3.76
PER 52.57
配当利回り
時価総額(億$) 589
株式数(億) 2.4

株価推移(チャートと伸び率)

次に、株価の推移を見てみます(青線が株価推移。赤線が200日間の移動平均線)。

株価の推移を1年ごとに見てみましょう。

★1:各年の株価伸び率(※21年終値は12/01株価)
ZM 初値 終値 上昇率
2021 340.4 197.7 -42%
2020 68.8 337.3 390%
2019 65 68 5%
★2:各年初から21/12/01までの伸び率
21年~ 20年~ 19年~ 18年~
-42% 187% 204%


四半期決算(2021予想など)

さらに、四半期決算のEPSと売上の予想を整理してみます。

(※下記図表では、Y=年度決算、Q=四半期決算、日/月=データの日時、その右欄にあるのは1カ月前、2か月前の予想値を記載。データの主な出所は英語版のヤフーファイナンス)。

EPS:予想と結果

予想 11/29 1月前 2月前
Y:2023 4.62 4.78 4.83
Y:2022 4.87 4.84 4.84
Q:22/4 1.07 1.12 1.12
Q:22/1 1.07 1.05 1.05
EPS 予想 結果
21/10 1.09 1.11 0.02 1.8
21/7 1.16 1.36 0.20 17.2
21/4 0.99 1.32 0.33 33.3
21/1 0.79 1.22 0.43 54.4
20/10 0.76 0.99 0.23 30.3
20/7 0.45 0.92 0.47 104.4
20/4 0.09 0.20 0.11 122.2
20/1 0.07 0.15 0.08 114.3
19/10 0.03 0.09 0.06 200.0
19/7 0.01 0.08 0.07 700.0
19/4 0.00 0.03 0.03

売上高:予想と結果

予想 11/29 1月前 2月前
Y:2023 4760 4720 4720
Y:2022 4060 4020 4020
Q:21/4 1100
Q:22/1 1040 1020 1020
売上 予想 結果
21/10 1,020 1,050 30 2.9
21/7 991 1,022 31 3.1
21/4 906 956 50 5.5
21/1 812 882 70 8.6
20/10 694 777 83 12.0
20/7 500 663 163 32.6
20/4 204 328 125 61.2
20/1 177 188 12 6.6
19/10 156 167 10 6.7
19/7 130 146 16 12.4
19/4 110 122 12 10.9

決算予想と結果では米国会計基準(GAAP)とは違う「非GAAP基準」の数値(各社が経営実態を踏まえて調整した数値)が多用されています。そのため、本節の売上とEPSは次節のGAAP基準の値と同じになるとは限りません。

ガイダンス

(Q=四半期、Y=通年、予=予想。「21/1」は21/1決算で出した次期Qもしくは通年のGDを示す)

EPS Q:予 Q:GD Y:予 Y:GD
21/10 1.05 1.06~1.07 4.78 4.84~4.85
21/7 1.09 1.07~1.08 4.67 4.75~4.79
21/4 0.94 1.14~1.15 3.74 4.56~4.61
21/1 0.7 0.95~0.97 2.96 3.59~3.65
20/10 0.62 0.77~0.79 2.55 2.85~2.87
20/7 0.35 0.73~0.74 1.29 2.4~2.47
20/4 0.11 0.44~0.46 0.44 1.21~1.29
売上高 Q:予 Q:GD Y:予 Y:GD
21/10 1020 1051~1052 4020 4079~4081
21/7 1010 1015~1020 4010 4005~4015
21/4 932 985~990 3800 3975~3990
21/1 835 900~905 3500 3760~3780
20/10 719 806~811 2400 2575~2580
20/7 493 685~690 1810 2370~2390
20/4 224 495~500 940 1775~1800

決算予想と結果では米国会計基準(GAAP)とは違う「非GAAP基準」の数値(各社が経営実態を踏まえて調整した数値)が多用されています。そのため、本節の売上とEPSは次節のGAAP基準の値と同じになるとは限りません。


通年決算(GAAP基準)

最後に、通年決算の数字を見てみます(以下、売上、利益、資産、負債、資本、キャッシュフローなどの単位は百万ドル。EPS=希薄化後EPS)。

損益計算(売上、純利益等)

graph

ZM 売上高 営業CF 同マージン 純利益
19/1 331 51 15% 0
20/1 623 152 24% 22
21/1 2651 1471 55% 672

同マージン=営業キャッシュフローマージン。15%もあれば優良。通常、売上高>営業CF>純利益となる。営業CF<純利益となる企業は粉飾決算の可能性あり。

EPSや売上成長率など

ZM SG(%) EPS DSO
19/1 119% 0 48.7
20/1 88% 0.09 53.9
21/1 326% 2.25 28.6

※SG(セールスグロース):売上高成長率(前年度比)
※DSO(デイズ・セールス・アウトスタンディング):売掛金回収に必要な日数。売掛金÷1日平均売上高で計算。期末に無理して売込みをかけてEPSをよい数値にした企業の場合は、売掛金が増え、DSOの数値が大きくなる。上記DSOの出所はモーニングスター社。

バランスシート

graph

ZM 総資産 総負債 株主資本 自己資本率
19/1 355 362 -7 -2%
20/1 1290 456 834 65%
21/1 5298 1437 3861 73%

ROAとROEなど

ZM ROA ROE 流動比率
19/1 0% 0% 182%
20/1 2% 3% 328%
21/1 13% 17% 380%

★ROA=当期純利益÷総資産 ※総資産を用いて企業があげた利益の割合
★ROE=当期純利益÷自己資本 ※投下資本に対して企業があげた利益の割合
★流動比率=流動資産÷流動負債 ※短期的な支払い能力を見る指標

キャッシュフロー

graph

ZM 営業CF 投資CF 財務CF
19/1 51 -40 18
20/1 152 -499 616
21/1 1471 -1562 2050