金融

cegoh / Pixabay

【VFH】と【XLF】米国金融セクターETFの比較

まず、2017年のデータを踏まえ米国の金融セクターのETFを比較してみます。

【VFH】と【XLF】を比較し、参考として米国と世界の公益セクターに投資する【MXI】も取り上げてみます。

【スポンサードリンク】


【VFH】 バンガード®・米国金融セクターETF

バンガード社のVFHファクトシートによれば、商品の概要は以下の通り。

  • 金融セクターの株式で構成される「MSCI USインベスタブル・マーケット・金融25/50インデックス」と連動
  • 投資先は米国の金融セクターの大型株(67%)、中型株、小型株。
  • 銀行、抵当・不動産金融、消費者金融、専門金融、投資銀行・証券会社、資産運用会社・資産管理銀行、企業への貸付、保険、金融投資などの業務に従事する企業411銘柄で構成されている。

(※『米国会社四季報』(秋冬版)によれば経費率は0.1%。分配金は0.147~0.291ドル)

【XLF】金融セレクト・セクターSPDR® ファンド

スパイダー社のXLF紹介ページ運用レポートによれば、商品の概要は以下の通り。

  • S&P500指数を構成する企業群から金融に関わる企業を選んだ金融セレクト・セクター指数に連動。
  • 金融系の大型株を中心に67銘柄で構成。

2017年12月27日のデータは以下の通り。

  • 経費率は0.14%
  • 予想3-5年一株当たり利益(EPS) 成長率:10.07%
  • 株価収益率 (PER) :17.36
  • 株価純資産倍率 (PBR): 1.54

(※『米国会社四季報』(秋冬版)によれば分配金は0.088~0.139ドル)

VFHは大型株を中心に、中型株や小型株まで網羅していますが、XLFは大型株で構成されています。

今回は、これに加えて、参考のためにiシェアーズのグローバル金融ETFも見てみます。

【IXG】iシェアーズ グローバル金融 ETF(※参考:米国5割配分)

ブラックロック社のIXG紹介ページによれば、商品の概要は以下の通り。

  • 米国が3割、世界各国の金融企業に投資。金融関連の191銘柄で構成。
  • 連動している指数は「S&P Global 1200 Utilities Sector Index(TM)
  • 運用の指標は以下の通り。
  • 経費率:0.48%
  • 分配金利回り:2.92%(17/11/30)
  • 過去12ヶ月分配金利回り:1.79% (17/11/30)
  • 株価収益率(PER): 15.96(17/12/27)
  • 株価純資産倍率(PBR):1.38(17/12/27)

(※『米国会社四季報』(秋冬版)によれば分配金は0.408~0.867ドル)

【VFH】【XLF】【IXG】の株価推移を比較

ロイター社HPで見た値動きの推移は以下の通り。

米国に特化した金融ETFのほうが高値になっており、5年間で見ると、VFHとXLFの差はあまりありません。

(ただ、後述の経費率と直近配当を見ると、VFHのほうがよい数字です)

最長期のグラフを見ると、2010年以降、米国の金融は右肩上がりになっています。

長期で見ると、伸び率は三つとも同じぐらいで収斂しています。

【VFH】【XLF】【IXG】のリターンと業種比率、銘柄構成を比較

さらに、それぞれのETFを細かく比較してみましょう。

トータルリターン

(以下、%は省略。利回り=直近配当利回り(税込)、TR=トータルリターン。データはブルームバーグHP〔2017/12/29閲覧〕)

VFH XLF IXG
直近配当額 0.352 0.128 0.653
直近配当利回り 2.01 1.84 1.87
経費率 0.1 0.14 0.47
3ヶ月TR 7.71 8.43 5.79
1年TR 19.98 22 23.79
3年TR 14.22 13.71 10.06
5年TR 17.7 18.05 11.57

業種比率(IXGは国別構成)

次に、VFHとXLFの投資先となる業種比率を比べてみます。

出所はどちらも前述のファクトシートです。

【VFH】

  • 銀行:30%
  • 地方銀行:15.6
  • 動産保険・損害保険:7.7
  • 資産運用会社・資産管理銀行:7.6
  • 投資銀行・証券会社:6.9
  • マルチセクター持株会社:6.3
  • 生命保険・健康保険:5.4
  • 取引所およびデータ提供会社:5.2
  • 消費者金融:5.1
  • 保険ブローカー:3.1

【XLF】

  • 銀行:44.19
  • 資本市場:20.58
  • 保険:18.75
  • 各種金融サービス:11.45
  • 消費者金融:5.03

※参考:IXGの国別投資比率(2017/12/28)

  1. 米国:45.57
  2. イギリス:7.47
  3. カナダ:7.31
  4. オーストラリア:5.58
  5. 日本:5.47
  6. 中国:3.8
  7. スイス:3.19
  8. ドイツ:2.88
  9. フランス:2.72
  10. スペイン:2.62
  11. 香港:2.14
  12. スウェーデン:1.93
  13. イタリア:1.75
  14. オランダ:1.43
  15. ブラジル:1.40
  16. シンガポール:1.35
  17. キャッシュ等:0.24
  18. その他:3.15

構成銘柄

次に、ブルームバーグのサイトでETFの構成銘柄を見てみます(12/29閲覧。以下、略称)。

以下、ティッカーと会社名です。

  • JPM:JPモルガン・チェース・アンド・カンパニー
  • BAC:バンク・オブ・アメリカ
  • WFC:ウェルズ・ファーゴ
  • バークシャー・ハサウェイ
  • C:シティグループ
  • USB:USバンコープ
  • GS:ゴールドマン・サックス・グループ
  • AXP:アメリカンエキスプレス
  • MS:モルガン・スタンレー
  • CB:チャブ
  • PNC:PNCファイナンシャル・サービシズ・グループ
  • HSBA:HSBCホールディングス
  • RY:RBC
  • CBA:オーストラリア・コモンウェルス銀行
  • TD:トロント・ドミニオン銀行
  • SAN:サンタンデール銀行

それぞれのETFの構成比率は以下の通りです。

VFH XLF IXG
JPM 9.14 10.98 5
BAC 6.96 8.47 3.86
WFC 6.62 7.96 3.64
BRK 6.08 11.29 5.17
C 5.11 5.83 2.65
USB 2.29 2.5
GS 2.26 2.65
AXP 1.82 2.12
MS 1.77 2.16
CB 1.76
PNC 2.03
RY 1.59
CBA 1.48
TD 1.44
SAN 1.42

【スポンサードリンク】


更新日:

Copyright© トランプ政権と米国株投資 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.