【VIGとSDI】高配当ETFを比較(連続増配銘柄)

2019年12月4日

広告

連続増配銘柄を中心に構成された米国の高配当ETFを比較してみます。

VIGとSDIの情報を整理してみましょう。

広告

【VIGとSDI】増配株ETFを比較

VIG SDY
1/2株価 96.5 88.5
12/3株価 120.8 104.9
株価上昇率 25.2% 0.2
52週高値 123.0 106.9
52週安値 91.7 84.3
EPS 8.53 3.6
PER 14.2 29.5
利回り 1.83% 2.62%
経費率 0.06% 0.35%
時価総額(B) 39.9 19.3

(次節の株価チャートはグーグルファイナンスから作成。青線は株価、赤線は200日移動平均)

【VIG】バンガード米国増配株式ETF

  • 過去10年以上、連続増配を続ける大型株(REITを除く)に分散投資する米国籍ETF(英語名:Vanguard Dividend Appreciation ETF)。
  • 資本財や必需品、ヘルスケア、消費財等の170以上の銘柄を組み入れているが、そのうちマイクロソフト等の上位10社で3割以上を占めている。
  • 以下、株価推移(赤線は200日移動平均線)

株価の伸び率を各年で比較してみます。

★1:各年の株価伸び率(※19年終値は12/3)
VIG 初値 終値 上昇率
2019 96.5 120.8 25%
2018 102.4 98.0 -4%
2017 85.6 102.0 19%
2016 76.5 85.2 11%
2015 81.3 77.8 -4%
2014 75.1 81.2 8%
2013 60.7 75.2 24%
2012 55.6 59.6 7%
2011 53.0 54.7 3%
2010 47.2 52.6 12%
2009 40.3 46.9 16%
2008 56.0 40.1 -28%

 

【SDY】SPDR S&P 米国高配当株式ETF

  • 20年以上の連続増配を続ける高配当利回り銘柄で構成されるS&P高配当株指数に連動する米国ETF(英語名:SPDR S&P Dividend ETF)
  • 必需品、金融、ヘルスケア、消費財、公益事業などを中心に110以上の銘柄を組み入れている。
  • 以下、株価推移(赤線は200日移動平均線)

株価の伸び率を各年で比較してみます。

★1:各年の株価伸び率(※19年終値は12/3)
SDY 初値 終値 上昇率
2019 88.5 104.9 18%
2018 94.8 89.5 -6%
2017 85.9 94.5 10%
2016 72.4 85.6 18%
2015 79.0 73.6 -7%
2014 72.3 78.8 9%
2013 59.2 72.6 23%
2012 54.8 58.2 6%
2011 52.3 53.9 3%
2010 46.5 52.0 12%
2009 40.6 46.3 14%
2008 55.3 40.5 -27%

 

VIGとSDYの株価伸び率を比較

伸び率はVIG(青線)が勝っています。

さらに、各年初から2019/12/3までの株価伸び率を見てみます。

VIG SDY
19~ 24% 18%
18~ 18% 11%
17~ 41% 22%
16~ 58% 45%
15~ 49% 33%
14~ 61% 45%
13~ 99% 77%
12~ 117% 91%
11~ 128% 101%
10~ 156% 126%
09~ 200% 158%
08~ 90%

この二つのETFを比較してみます。

ざっくり言えば、VIGとSDYは株価の伸びと配当の双方を狙うETFです。

株価伸び率はVIGが高く、配当利回りはSDYのほうが高くなっています。

分配金と利回り(2009~2018)

年間累計の分配金(ドル)を株価で割った利回りの推移を見てみます。

VIGの利回り

利回り 分配金 平均株価
2018 1.96% 2.04 104.3
2017 2.06% 1.92 93.0
2016 2.24% 1.83 81.9
2015 2.29% 1.82 79.4
2014 2.07% 1.59 76.8
2013 2.04% 1.39 68.2
2012 2.43% 1.41 57.9
2011 2.18% 1.17 53.8
2010 2.17% 1.05 48.3
2009 2.40% 0.98 40.9

SDYの利回り

利回り 分配金 平均株価
2018 2.59% 2.44 94.2
2017 2.34% 2.10 89.8
2016 2.76% 2.24 81.2
2015 2.53% 1.95 77.1
2014 2.38% 1.79 75.3
2013 2.42% 1.64 67.8
2012 3.38% 1.91 56.5
2011 3.30% 1.74 52.6
2010 3.57% 1.74 48.8
2009 4.33% 1.73 40.0

ポートフォリオの比較

次に、このETFの構成比率を「組入れ企業の規模」「セクター別の投資割合」で見てみます(※出典:規模別、セクター別比率はfidelity.com。データは〔2019/11/21〕)。

規模別の比率

VIGは大企業中心。SDYは中小企業から大企業まで幅広く投資するETFです。

VIG SDY
巨大企業 52.8% 22.0%
大企業 33.1% 27.6%
中企業 12.4% 41.2%
小企業 1.7% 9.2%
零細企業 0.0% #N/A

セクター別投資比率

セクター別投資比率を見ると、VIGは情報技術や資本財が多めになっています。

VIG SDY
情報技術 16.4% 2.8%
通信 3.7% 4.7%
エネルギー 0.0% 3.0%
資本財 21.9% 17.9%
消費財 10.4% 9.0%
金融 7.5% 14.6%
素材 5.0% 8.1%
不動産 0.0% 7.3%
ヘルスケア 12.7% 7.3%
必需品 16.5% 14.9%
公益事業 6.1% 10.4%

連続増配ETFの銘柄構成(ベスト20)

最後に銘柄構成を見てみましょう。

こちらはチャールズシュワブ社HPのデータです(2019/5/6閲覧)。

VIGの構成銘柄

Procter & Gamble Co 4.13%
Visa Inc Class A 4.13%
Microsoft Corp 4.12%
Johnson & Johnson 4.01%
Walmart Inc 3.86%
Comcast Corp Class A 3.51%
McDonald’s Corp 2.82%
Abbott Laboratories 2.73%
Medtronic PLC 2.38%
Union Pacific Corp 2.35%
3M Co 2.32%
Accenture PLC Class A 2.18%
United Technologies Corp 2.16%
Costco Wholesale Corp 2.07%
Nike Inc B 2.06%
Texas Instruments Inc 1.93%
NextEra Energy Inc 1.80%
Lowe’s Companies Inc 1.71%
Lockheed Martin Corp 1.65%
Caterpillar Inc 1.52%
53.44%

VIGは上位20銘柄が5割を占めています。

SDYの構成銘柄

AT&T Inc 2.32%
IBM 1.87%
Exxon Mobil Corp 1.73%
People’s United Financial Inc 1.67%
Realty Income Corp 1.46%
Leggett & Platt Inc 1.43%
JM Smucker Co 1.41%
AbbVie Inc 1.40%
National Retail Properties Inc 1.39%
Chevron Corp 1.37%
Target Corp 1.37%
Cardinal Health Inc 1.34%
Eaton Vance Corp 1.34%
Old Republic International Corp 1.33%
Consolidated Edison Inc 1.31%
Kimberly-Clark Corp 1.27%
PepsiCo Inc 1.25%
Franklin Resources Inc 1.23%
Bank OZK 1.22%
Illinois Tool Works Inc 1.20%
28.91%

20銘柄累計で30%。こちらのほうがVIGよりも分散投資が幅広くなっているわけです。

Posted by 投資猫