【AAPL/MSFT】アップルとマイクロソフトを比較する

AAPL(アップル)とMSFT(マイクロソフト)という宿命のライバル同士を比較してみます。

この2企業に関しては、すでにネット上で比較記事がたくさんあるので、ここでは範囲を絞り、グラフを用いて株価や決算、業績を概観してみます(グラフをクリックすると、リンクでAAPLやMSFTのページに飛びます)。

まず、ざっと両社の事業の概要を見てみます。

AAPLの事業の中心は「iPhone 」(売上の5割~6割)、タブレットの「iPad」、PCの「MAC」、携帯音楽プレーヤーの「iPod」、スマートスピーカーの「ホームポッド」、スマートウォッチの「アップルウォッチ」等の製品部門ですが、近年は、音楽管理の「iTunes」や金融決済のアップルペイ等のサービス事業も充実してきました。

MSFTの事業は、1)モアパーソナルコンピューティング(Windows、XboxやSurface等の端末)、2)プロダクティビティ&ビジネスプロセス(「Office」「Dynamics」「LinkedIn」等)、3)インテリジェントクラウド(「Azure」や「SQL Server」等)に分かれています。

社史をたどると、90年代にMSFTがPCのシェア獲得競争でAAPLに勝利し、AAPLが2000年代にスマホ市場で巻き返した結果、PCとスマホという現代の二大IT機器を取り合い、他領域も含めてバトルを繰り広げる構造ができてきました。

AAPLはブランド力ある製品群に「iTunes」等のサービスを結び付け、アップルファンに「買わせる」能力が秀でています(悪口ではありません。筆者もAAPL製品を買っています)。

MSFTは、スマホでAAPLに敗れ、検索でGOOGLに敗れ、一時期低迷したものの、Office365等のサブスクリプションビジネスやクラウドコンピューティングのAsureで大成功を収め、魅力的な事業群を再構築しました。

WindowsとOfficeという基盤を抑えながら、ゲームやサーバー、クラウド等、多分野に進出してきています。2020年にtiktok買収で名乗りを上げたのもSNSに進出したいという野心の現れです(「LinkedIn」だけでは規模が小さいからでしょう)。

2020年の事業売上の割合で見ると、AAPLはiPhoneが5割、iPadとMAC、サービスがそれぞれ1割程度。

MSFTは3つの事業分野がそれぞれ1/3程度に分かれています。

AAPLもiPhone比率を6割から5割にまで落としてきたので、両社とも事業を多角化しながら、未来の収益源を強化している段階にあると言えそうです。

主要指標で比較

AAPL MSFT
1/4株価 133.5 222.5
6/15株価 129.6 258.4
株価上昇率 -2.89% 16.12%
52週高値 145.1 263.2
52週安値 83.2 184
β値 1.2 0.79
EPS 4.46 7.35
PER 29.09 35.16
配当利回り 0.7% 0.88%
時価総額(億$) 21634 19459
株式数(億) 166.9 75.3

時価総額に比べると、株式数にはずいぶんと大きな差があります。

AAPLは1株当たりの株価がかなり高くなったので、2020年に株式を分割したからです。

その結果、投機的な個人投資家がAAPLに群がり、株価が騰落したのですが、確かに、高くて買いにくい銘柄にはなっていたので、筆者は「これは、しかたなかったのかな」と感じています。

(なお、どちらも有配銘柄ですが、配当目当てで買う株でもないので、本記事では、配当の比較は省略します)

株価推移(チャートと伸び率)

次に、株価の推移を見てみます(赤点線が200日間の移動平均線)。

graph

graph

株価の伸び率を1年ごとに見てみましょう。

株価伸び率

★1:各年の株価伸び率(※21年終値は6/15株価)
AAPL MSFT
2021 -3% 16%
2020 79% 40%
2019 90% 58%
2018 -7% 18%
2017 46% 36%
2016 13% 14%
2015 -5% 19%
2014 39% 24%
2013 1% 37%
2012 30% 1%
2011 24% -7%
2010 51% -9%
2009 126% 56%
2008 -57% -46%

2008年から2020年までの各年の伸び率で見ると、AAPLが8勝5敗。ただ、2015年以降で見ると3勝3敗。

AAPLのほうが伸び率が大きいのが、20年、19年、17年、14年、12年、11年、10年、09年。

MSFTのほうが伸び率が大きいのが、18年、16年、15年、13年、10年、08年です。

近年で見るとMSFTの伸び率もよいので、かなり拮抗してきていると思います。


各年初からの伸び率比較

各年初から直近までの伸び率を比較しました

★2:各年初から21/6/15までの伸び率
AAPL MSFT
2021 -3% 16%
2020 75% 63%
2019 235% 159%
2018 204% 200%
2017 347% 311%
2016 404% 376%
2015 365% 453%
2014 551% 591%
2013 555% 846%
2012 788% 875%
2011 1008% 819%
2010 1606% 742%
2009 3828% 1225%
2008 1726% 875%

AAPLは08年に爆下げしたので、そこからの伸び率で図ると、数字がずいぶんと上増しになります。

ただ、2014年初あたりから見ると、両社の伸び率はわりと近い数字で推移していることが分かります。


四半期決算(2021予想など)

さらに、四半期決算のEPSと売上の予想を整理してみます。
(※下記図表では、Y=年度決算、Q=四半期決算、日/月=データの日時、その右欄にあるのは1カ月前、2か月前の予想値を記載。データの主な出所は英語版のヤフーファイナンス。ただ、2019年6月までのデータ出所はロイター)。

EPS:予想と結果

予想 AAPL MSFT
6/6 1月前 6/6 1月前
Y:2022 5.35 5.33 8.35 8.35
Y:2021 5.19 5.2 7.77 7.79
Q:21/9 1.11 1.11 1.95 1.95
Q:21/6 0.99 0.99 1.9 1.9

graph

graph

売上高:予想と結果

予想 AAPL MSFT
6/6 1月前 6/6 1月前
Y:2022 368860 369250 186280 186120
Y:2021 354070 354450 166180 166200
Q:21/9 81050 81340 42460 42480
Q:21/6 72870 72900 44110 44080

graph

graph

AAPLはQ4にEPSと売上で大きな数字が計上されます。これは製品の販売サイクルのためです。

一方、MSFTはサブスクリプションで収益を確保しているので、四半期ごとに安定した収益とEPSを計上してきています。

収益の見通しが立ちやすいという意味では、MSFTのほうが買いやすい銘柄かもしれません。

筆者はAAPL株との相性がよくないのか、MSFTでは含み益、AAPLで含み損というパターンを何度も繰り返しました(恐らく買いタイミングのミスが原因)。


通年決算(GAAP基準)

最後に、通年決算の数字を比較してみます(以下、売上、利益、資産、負債、資本、キャッシュフローなどの単位は百万ドル。EPS=希薄化後EPS)。

両社とも、売上増、高水準の営業CFマージン、良好な純利益という、優れた業績を刻んでいます。

AAPLの自己資本率が下がっていることが、多少、気になりますが、営業CFは安定し、好業績が続いているので、あまり心配してもしかたがないと思います(筆者は余計なことを心配しすぎて投資機会をよく失ってきました)。このあたりは、好決算が出ている限り、延々と買い続ければよい企業だからです。

MSFTに関しては、営業CFがどんどん伸びてきています。営業CFマージンがAAPLよりも高いことも、要注目です。

損益計算(売上、純利益等)

graph

graph

*同マージン=営業キャッシュフローマージン。15%もあれば優良。通常、売上高>営業CF>純利益となる。

バランスシート

graph

graph

キャッシュフロー

graph

graph

情報技術,銘柄比較