【AAPL/MSFT】アップルとマイクロソフトを比較する

情報技術,銘柄比較

AAPL(アップル)とMSFT(マイクロソフト)という宿命のライバル同士を比較してみます。

この2企業に関しては、すでにネット上で比較記事がたくさんあるので、ここでは範囲を絞り、グラフを用いて株価や決算、業績を概観してみます(グラフをクリックすると、リンクでAAPLやMSFTのページに飛びます)。

まず、ざっと両社の事業の概要を見てみます。

AAPLの事業の中心は「iPhone 」(売上の5割~6割)、タブレットの「iPad」、PCの「MAC」、携帯音楽プレーヤーの「iPod」、スマートスピーカーの「ホームポッド」、スマートウォッチの「アップルウォッチ」等の製品部門ですが、近年は、音楽管理の「iTunes」や金融決済のアップルペイ等のサービス事業も充実してきました。

MSFTの事業は、1)モアパーソナルコンピューティング(Windows、XboxやSurface等の端末)、2)プロダクティビティ&ビジネスプロセス(「Office」「Dynamics」「LinkedIn」等)、3)インテリジェントクラウド(「Azure」や「SQL Server」等)に分かれています。

社史をたどると、90年代にMSFTがPCのシェア獲得競争でAAPLに勝利し、AAPLが2000年代にスマホ市場で巻き返した結果、PCとスマホという現代の二大IT機器を取り合い、他領域も含めてバトルを繰り広げる構造ができてきました。

AAPLはブランド力ある製品群に「iTunes」等のサービスを結び付け、アップルファンに「買わせる」能力が秀でています(悪口ではありません。筆者もAAPL製品を買っています)。

MSFTは、スマホでAAPLに敗れ、検索でGOOGLに敗れ、一時期低迷したものの、Office365等のサブスクリプションビジネスやクラウドコンピューティングのAsureで大成功を収め、魅力的な事業群を再構築しました。

WindowsとOfficeという基盤を抑えながら、ゲームやサーバー、クラウド等、多分野に進出してきています。2020年にtiktok買収で名乗りを上げたのもSNSに進出したいという野心の現れです(「LinkedIn」だけでは規模が小さいからでしょう)。

2020年の事業売上の割合で見ると、AAPLはiPhoneが5割、iPadとMAC、サービスがそれぞれ1割程度。

MSFTは3つの事業分野がそれぞれ1/3程度に分かれています。

AAPLもiPhone比率を6割から5割にまで落としてきたので、両社とも事業を多角化しながら、未来の収益源を強化している段階にあると言えそうです。

過去~現在株価

※左目盛り:株価推移はAAPL/MSFT、XLK(テクノロジーセレクトセクターSPDRファンド)を比較(最大20分ディレイ)。

※右目盛り:10年国債利回り

※主要指標の単位 時価総額:億ドル、株式数:億、1日の平均取引量:100万ドル


四半期決算(2021予想など)

さらに、四半期決算のEPSと売上の予想を整理してみます。
(※下記図表では、Y=年度決算、Q=四半期決算、日/月=データの日時、その右欄にあるのは1カ月前、2か月前の予想値を記載。予想値の主な出所は英語版のヤフーファイナンス。)。

EPS:予想と結果

予想 AAPL MSFT
8/13 1月前 8/13 1月前
Y:2023 6.44 6.51 12.11 12.5
Y:2022 6.1 6.13 10.34 10.73
Q:22/12 2.11 2.18 2.59 2.75
Q:22/9 1.26 1.32 2.34 2.49

graph

graph

売上高:予想と結果

予想 AAPL MSFT
8/13 1月前 8/13 1月前
Y:2023 411690 414530 251520
Y:2022 392400 393400 220870 226670
Q:22/12 127620 56710
Q:22/9 88480 89920 49910 51700

graph

graph

AAPLはQ4にEPSと売上で大きな数字が計上されます。これは製品の販売サイクルのためです。

一方、MSFTはサブスクリプションで収益を確保しているので、四半期ごとに安定した収益とEPSを計上してきています。

収益の見通しが立ちやすいという意味では、MSFTのほうが買いやすい銘柄かもしれません。


通年決算(GAAP基準)

最後に、通年決算の数字を比較してみます(以下、売上、利益、資産、負債、資本、キャッシュフローなどの単位は百万ドル。EPS=希薄化後EPS)。

両社とも、売上増、高水準の営業CFマージン、良好な純利益という、優れた業績を刻んでいます。

損益計算(売上、純利益等)

*同マージン=営業キャッシュフローマージン。15%もあれば優良。通常、売上高>営業CF>純利益となる。

バランスシート

キャッシュフロー