【ダウ株価】配当とリターンランキング(30銘柄)

2019年4月15日

広告

2018年の株価の変動を踏まえ、ダウ30銘柄の年初来リターンや配当利回り等の情報を整理してみます。

NASDAQ市場に情報技術系の高成長企業が多いので、昔に比べるとダウ30銘柄のインパクトは下がりましたが、それでもダウは重要指標であり続けているからです。

※備考:「ダウの犬」戦略

ダウ30銘柄に関しては、昔から「ダウの犬」戦略と呼ばれる投資法があります。NYダウ30銘柄から、配当利回りが高い10銘柄を年末に選び(この銘柄が「犬」と呼ばれる)、10等分した投資資金をこの10銘柄に投資します。すでに持っている銘柄があれば、どれも均等になるように資金を均等配分し、1年間、全銘柄を保有し、得た配当金を再投資にあてるのです(そして、また配当利回りで10銘柄を再選定・・・同じ投資法を繰り返す)。割安株・高配当株を狙う、この戦略は、NYダウ平均を上回る成果が出ることが多いと言われてきました。

広告

【DIA】SPDRダウ・ジョーンズ工業株平均ETFとは

まず、ダウ平均(DIJ:工業等を中心に大型の優良株30銘柄の平均値)に連動するETF【DIA】の主な指標を見てみます(※【DIA】はダウ30銘柄に分散投資する)。

1/2株価 233.36
4/12株価 264.1
株価上昇率 13.2%
52週高値 269.28
52週安値 217.0
配当利回り 2.47%
経費率 0.17%
総資産額 20.87 B
株式数(億) 0.9

株価推移(チャート)

株価推移を見てみます。青線がダウ平均の株価推移。赤字が200日間の移動平均です。

各年の株価伸び率

★1:各年の株価伸び率(※19年終値は4/12)
DIA 初値 最安 最高 終値 上昇率
2019 233.4 226.7 264.2 264.1 13%
2018 248.3 218.1 268.0 233.2 -6%
2017 198.9 197.3 248.1 247.4 24%
2016 171.1 156.8 199.4 197.5 15%
2015 178.7 156.5 182.9 174.0 -3%
2014 164.8 153.5 180.2 177.9 8%
2013 133.0 133.1 165.5 165.5 24%
2012 123.9 120.8 136.0 130.6 5%
2011 116.4 106.4 128.0 121.9 5%
2010 104.8 96.9 115.8 115.6 10%
2009 88.0 65.4 105.3 104.1 18%
2008 132.5 76.1 130.7 87.5 -34%

業種別に見た組入れ銘柄比率

(出所はDIAファクトシート:2019/2/28)

  • 資本財・サービス 23.82%
  • 情報技術 17.69%
  • 金融 14.17%
  • ヘルスケア 13.17%
  • 一般消費財・サービス 11.90%
  • 生活必需品 8.22%
  • エネルギー 5.20%
  • コミュニケーション・サービス 4.44%
  • 素材 1.39%

銘柄別に見た組入れ銘柄比率

(出所は前節と同じ)

ティッカー 銘柄名 %
BA ボーイング 11.5
UNH ユナイテッドヘルス 6.3
MMM 3M 5.4
GS ゴールドマンサックス 5.1
HD ホームデポ 4.8
MCD マクドナルド 4.8
AAPL アップル 4.5
V ビザ 3.9
IBM IBM 3.6
CAT キャタピラー 3.6
JNJ ジョンソン&ジョンソン 3.6
TRV トラベラーズ 3.5
UTX ユナイテッドテクノロジーズ 3.3
CVX シェブロン 3.1
DIS ウォルトディズニー 3.0
MSFT マイクロソフト 2.9
AXP アメリカンエキスプレス 2.8
JPM JPモルガンチェース 2.7
WMT ウォルマート 2.6
PG P&G 2.6
NKE ナイキ 2.2
MRK メルク 2.1
XOM エクソンモービル 2.1
WBA ウォルグリーンブーツ 1.9
VZ ベライゾン 1.5
DWDP ダウデュポン 1.4
INTC インテル 1.4
CSCO シスコシステムズ 1.4
KO コカコーラ 1.2
PFE ファイザー 1.1
CASH_USD U.S. Dollar 0.1

ボーイングの比率がやたらと高いのが気になります。

こうしてみると、GEがダウ除外され、WBAが追加されたのは、多すぎる資本財を減らし、必需品を増やすことでバランスをよくするためだったのかもしれません。

ダウ工業株30種とS&P500を比較:株価推移と伸び率

次に、ダウ平均とS&P500を比べてみます。

下図は【DIA】(青線)とSP500(スタンダード&プアーズ社が選んだ優良500銘柄から成る指数)に連動する【IVV】(黄土色線)との伸び率比較です。

各年初から2019/4/12までの株価伸び率を比べると、以下の伸び率になります。

(※例:「13~」の欄にある伸び率は「2013年初から2019/4/12まで」の株価伸び率です)

DIA IVV
19~ 13% 12%
18~ 6% 5%
17~ 33% 25%
16~ 54% 40%
15~ 48% 36%
14~ 60% 53%
13~ 99% 93%
12~ 113% 120%
11~ 127% 122%
10~ 152% 150%
09~ 200% 211%
08~ 99% 92%

アルファベットやアマゾン、フェイスブック等が上場するナスダック株を含むS&P500の伸びが際立っていますが、ダウも、2017年以降は急激な伸びを見せています。

筆者は高値買いを避け、適度な値段で株を買うべきだと考えているので、当サイトでは、グーグルやアマゾン、フェイスブックよりも、もう少し渋い伸びを見せる銘柄から優良株を見つけることを目指しています。その意味では、ダウ30銘柄は見逃せません。

そこで、30銘柄のそれぞれの年初来リターンと配当利回りのランキングを整理してみます。

ダウ30銘柄:配当利回りランキング

※2019/4/12時点のデータをもとに作成(配当利回り〔=利回り〕と1株配当はDividend.comを参照。その他はグーグルファイナンス。配当性向は1株配当÷EPSで概算)

ティッカー 社名 配当利回り 配当性向 PER
IBM IBM 4.35% 53.5% 12.3
VZ ベライゾン 4.10% 64.1% 15.6
XOM エクソンモービル 4.05% 68.2% 16.8
CVX シェブロン 3.97% 61.6% 15.5
DWDP ダウデュポン 3.85% 93.3% 24.2
PFE ファイザー 3.45% 83.2% 24.1
KO コカコーラ 3.42% 75.0% 30.0
WBA ウォルグリーンブーツ 3.29% 33.1% 10.1
JPM JPモルガンチェース 2.88% 34.5% 12.0
PG P&G 2.84% 76.4% 27.0
MRK メルク 2.77% 94.8% 34.2
HD ホームデポ 2.67% 55.9% 21.0
JNJ ジョンソン&ジョンソン 2.65% 64.2% 24.3
MMM 3M 2.65% 62.7% 23.7
CSCO シスコシステムズ 2.49% 51.1% 20.6
CAT キャタピラー 2.44% 34.1% 14.0
MCD マクドナルド 2.42% 60.7% 25.1
TRV トラベラーズ 2.24% 33.2% 14.8
INTC インテル 2.23% 28.6% 12.8
BA ボーイング 2.17% 46.1% 21.3
UTX ユナイテッドテクノロジーズ 2.17% 39.6% 18.2
WMT ウォルマート 2.09% 93.4% 44.7
UNH ユナイテッドヘルス 1.61% 29.5% 18.3
GS ゴールドマンサックス 1.54% 13.3% 8.7
MSFT マイクロソフト 1.52% 47.4% 31.1
AAPL アップル 1.47% 23.9% 16.3
AXP アメリカンエキスプレス 1.41% 21.3% 15.1
DIS ウォルトディズニー 1.35% 24.3% 18.0
NKE ナイキ 1.02% 34.2% 33.6
V ビザ 0.63% 25.4% 40.6

ダウ30銘柄:年初来リターン・ランキング

次に株価伸び率のランキングを見てみます(グーグルファイナンスのデータをもとに作成)。

2019年 株価伸び率ランキング

ティッカー 社名 上昇率 1/2株価 4/12株価
CSCO シスコシステムズ 33.1% 42.3 56.3
IBM IBM 28.9% 112.0 144.4
UTX ユナイテッドテクノロジーズ 28.7% 105.2 135.3
AAPL アップル 28.4% 154.9 198.9
GS ゴールドマンサックス 26.5% 164.3 207.8
V ビザ 22.8% 130.0 159.6
INTC インテル 22.8% 46.0 56.4
MSFT マイクロソフト 21.5% 99.6 121.0
DIS ウォルトディズニー 20.3% 108.1 130.1
XOM エクソンモービル 20.1% 67.4 80.9
HD ホームデポ 20.1% 169.7 203.9
BA ボーイング 20.1% 316.2 379.6
NKE ナイキ 18.5% 72.8 86.2
AXP アメリカンエキスプレス 18.1% 93.9 110.9
TRV トラベラーズ 17.2% 117.5 137.7
JPM JPモルガンチェース 15.9% 96.0 111.2
MMM 3M 15.8% 187.8 217.4
PG P&G 15.4% 91.0 105.1
CAT キャタピラー 13.8% 124.0 141.2
CVX シェブロン 11.6% 107.3 119.8
WMT ウォルマート 10.8% 91.6 101.6
MCD マクドナルド 9.2% 175.4 191.6
JNJ ジョンソン&ジョンソン 6.1% 128.1 136.0
MRK メルク 5.5% 75.3 79.4
VZ ベライゾン 4.6% 56.2 58.7
KO コカコーラ -0.4% 46.9 46.7
PFE ファイザー -3.3% 43.1 41.7
UNH ユナイテッドヘルス -8.9% 245.0 223.2
WBA ウォルグリーンブーツ -20.5% 67.2 53.5
DWDP ダウデュポン -24.8% 52.5 39.5

2018年 株価伸び率ランキング

次に、昨年のランキングを見てみます

社名
上昇率
株価
1/2 12/31
メルク 35.0% 56.6 76.4
ファイザー 20.0% 36.4 43.7
ナイキ 18.0% 62.9 74.1
マイクロソフト 17.9% 86.1 101.6
ビザ 15.2% 114.6 131.9
ユナイテッドヘルス 12.7% 221 249.1
シスコシステムズ 12.1% 38.7 43.3
ボーイング 9.0% 295.8 322.5
ベライゾン 5.8% 53.2 56.2
コカコーラ 3.1% 45.9 47.4
マクドナルド 2.2% 173.7 177.6
インテル 1.2% 46.4 46.9
ウォルトディズニー 0.6% 109 109.7
P&G 0.0% 91.9 91.9
アメリカンエキスプレス -4.4% 99.7 95.3
ウォルマート -6.2% 99.3 93.2
ウォルグリーンブーツ -6.8% 73.3 68.3
アップル -7.3% 170.2 157.7
ジョンソン&ジョンソン -7.6% 139.7 129.1
JPモルガン -9.3% 107.6 97.6
ホームデポ -9.7% 190.2 171.8
トラベラーズ -12.1% 136.3 119.8
シェブロン -13.5% 125.7 108.8
ユナイテッドテクノロジーズ -16.7% 127.9 106.5
エクソンモービル -18.6% 83.8 68.2
3M -19.2% 235.8 190.5
キャタピラー -19.7% 158.3 127.1
ダウデュポン -25.3% 71.6 53.5
IBM -26.4% 154.5 113.7
ゴールドマンサックス -35.2% 257.8 167.1

ダウ30銘柄:セクター別に見た株価伸び率と配当利回り

両者を総合してセクター別にまとめると以下の通りになります(2019/4/12時点)。

セクター ティッカー 株価上昇率 配当利回り
情報技術 MSFT 21.5% 1.52%
情報技術 AAPL 28.4% 1.47%
情報技術 V 22.8% 0.63%
情報技術 CSCO 33.1% 2.49%
情報技術 INTC 22.8% 2.23%
情報技術 IBM 28.9% 4.35%
金融 JPM 15.9% 2.88%
金融 AXP 18.1% 1.41%
金融 TRV 17.2% 2.24%
金融 GS 26.5% 1.54%
ヘルスケア MRK 5.5% 2.77%
ヘルスケア UNH -8.9% 1.61%
ヘルスケア PFE -3.3% 3.45%
ヘルスケア JNJ 6.1% 2.65%
消費財 NKE 18.5% 1.02%
消費財 DIS 20.3% 1.35%
消費財 HD 20.1% 2.67%
消費財 MCD 9.2% 2.42%
必需品 KO -0.4% 3.42%
必需品 WMT 10.8% 2.09%
必需品 PG 15.4% 2.84%
必需品 WBA -20.5% 3.29%
資本財 BA 20.1% 2.17%
資本財 UTX 28.7% 2.17%
資本財 MMM 15.8% 2.65%
資本財 CAT 13.8% 2.44%
エネルギー XOM 20.1% 4.05%
エネルギー CVX 11.6% 3.97%
素材 DWDP -24.8% 3.85%
通信 VZ 4.6% 4.10%