ダウ30銘柄 全投稿記事 米国株

【ダウ株価】配当とリターンランキング(30銘柄)

更新日:

2018年の株価の変動を踏まえ、ダウ30銘柄の年初来リターンや配当利回り等の情報を整理してみます。

NASDAQ市場に情報技術系の高成長企業が多いので、昔に比べるとダウ30銘柄のインパクトは下がりましたが、それでもダウは重要指標であり続けているからです。

※備考:「ダウの犬」戦略

ダウ30銘柄に関しては、昔から「ダウの犬」戦略と呼ばれる投資法があります。NYダウ30銘柄から、配当利回りが高い10銘柄を年末に選び(この銘柄が「犬」と呼ばれる)、10等分した投資資金をこの10銘柄に投資します。すでに持っている銘柄があれば、どれも均等になるように資金を均等配分し、1年間、全銘柄を保有し、得た配当金を再投資にあてるのです(そして、また配当利回りで10銘柄を再選定・・・同じ投資法を繰り返す)。割安株・高配当株を狙う、この戦略は、NYダウ平均を上回る成果が出ることが多いと言われてきました。

【DIA】SPDRダウ・ジョーンズ工業株平均ETF

スポンサーリンク

まず、ダウ平均(DIJ:工業等を中心に大型の優良株30銘柄の平均値)に連動するETFである【DIA】の株価推移を見てみます。

(※【DIA】はダウ30銘柄に分散投資する)

青線がダウ平均の株価推移。赤字が200日間の移動平均です。

ダウ工業株30種とS&P500を比較

次に、ダウ平均とS&P500を比べてみます。

下図は【DIA】(青線)とSP500(スタンダード&プアーズ社が選んだ優良500銘柄から成る指数)に連動する【IVV】(黄土色線)との伸び率比較です。

グーグル(アルファベット)やアマゾン、フェイスブック等が上場するナスダック株を含むS&P500の伸びが際立っていますが、ダウも、2017年以降は急激な伸びを見せています。

筆者は高値買いを避け、適度な値段で株を買うべきだと考えているので、当サイトでは、グーグルやアマゾン、フェイスブックよりも、もう少し渋い伸びを見せる銘柄から優良株を見つけることを目指しています。

その意味では、ダウ30銘柄は見逃せません。

そこで、【DIA】(SPDRダウ・ジョーンズ工業株平均ETF)のパフォーマンスを紹介し、30銘柄のそれぞれの年初来リターンと配当利回りのランキングを整理してみます。

2008年初から18年10月12日までの株価推移

その伸び率を年次で見てみます(※18年終値は10/12)。

DIA 初値 最安 最高 終値 上昇率
08~現在 132.5 65.4 268.0 253.3 91.2%
2018 248.3 235.1 268.0 253.3 2.0%
2017 198.9 197.3 248.1 247.4 24.4%
2016 171.1 156.8 199.4 197.5 15.4%
2015 178.7 156.5 182.9 174.0 -2.6%
2014 164.8 153.5 180.2 177.9 7.9%
2013 133.0 133.1 165.5 165.5 24.4%
2012 123.9 120.8 136.0 130.6 5.4%
2011 116.4 106.4 128.0 121.9 4.7%
2010 104.8 96.9 115.8 115.6 10.3%
2009 88.0 65.4 105.3 104.1 18.3%
2008 132.5 76.1 132.5 87.5 -33.9%

08年初から株を持ち続けていた場合、10月12日で1.9倍の評価額になります(※100%増=2倍のため)。

これを「09年初から持ち続けていた場合・・・、10年初から・・・」というように数値化すると、表2の通りになります。

※各年初から18年10月12日までの株価伸び率

18~ 17~ 16~ 15~ 14~
2.0% 27.4% 48.0% 41.7% 53.7%
13~ 12~ 11~ 10~ 09~
90.5% 104.4% 117.6% 141.7% 187.8%

サブプライムショック後、08年には株価が年初比で3分の2になりましたが、09年初からDIAを持ち始めた人は評価額が2.9倍になっています。

業種別に見た組入れ銘柄比率

(10/15のデータ。出所はSPDR社のDIAファクトシート

  1. 資本財・サービス 22.29%
  2. 情報技術 18.6%
  3. 金融 14.7%
  4. ヘルスケア 13.61%
  5. 一般消費財・サービス 11.54%
  6. 生活必需品 7.88%
  7. エネルギー 5.31%
  8. コミュニケーション・サービス 4.49%
  9. 素材 1.58%

銘柄別に見た組入れ銘柄比率

(出所は前節と同じくDIAファクトシート)

ティッカー 社名 組入比率
BA ボーイング 9.6
UNH ユナイテッドヘルスグループ 7.0
AAPL アップル 5.8
GS ゴールドマンサックスグループ 5.8
MMM 3M 5.3
HD ホームデポ 5.1
MCD マクドナルド 4.4
CAT キャタピラー 3.8
IBM IBM 3.8
V ビザ 3.7
JNJ ジョンソンエンドジョンソン 3.6
UTX ユナイテッドテクノロジーズ 3.5
TRV トラベラーズカンパニーズ 3.3
CVX シェブロン 3.1
DIS ウォルトディズニー 3.0
MSFT マイクロソフト 2.9
JPM JPモルガンチェース 2.9
AXP アメリカンエキスプレス 2.8
WMT ウォルマート 2.5
XOM エクソンモービル 2.2
PG P&G 2.2
NKE ナイキ 2.0
WBA ウォルグリーンブーツアライアンス 2.0
MRK メルク 1.9
DWDP ダウデュポン 1.6
VZ ベライゾンコミュニケーションズ 1.4
KO コカコーラ 1.2
CSCO シスコシステムズ 1.2
INTC インテル 1.2
PFE ファイザー 1.2

ボーイングの比率がやたらと高いのが気になります。

こうしてみると、GEがダウ除外され、WBAが追加されたのは、多すぎる資本財を減らし、必需品を増やすことでバランスをよくするためだったのかもしれません。

ダウ30銘柄:年初来リターン・ランキング

次に、年初から10月17日(0:35頃)までの株価成長率のランキングを見てみます(グーグルファイナンスのデータをもとに作成)

ティッカー 社名 年初来リターン
AAPL アップル 28.7%
MSFT マイクロソフト 28.3%
MRK メルク 24.9%
V ビザ 23.1%
BA ボーイング 23.0%
UNH ユナイテッドヘルスグループ 22.1%
NKE ナイキ 22.0%
PFE ファイザー 19.6%
CSCO シスコシステムズ 17.3%
DIS ウォルトディズニー 5.9%
AXP アメリカンエキスプレス 4.3%
WBA ウォルグリーンブーツアライアンス 2.9%
UTX ユナイテッドテクノロジーズ 2.7%
HD ホームデポ 1.0%
VZ ベライゾンコミュニケーションズ 0.6%
JPM JPモルガンチェース 0.4%
KO コカコーラ -1.3%
INTC インテル -1.6%
JNJ ジョンソンエンドジョンソン -2.5%
XOM エクソンモービル -3.3%
WMT ウォルマート -3.6%
MCD マクドナルド -5.7%
CVX シェブロン -6.6%
IBM IBM -7.0%
TRV トラベラーズカンパニーズ -8.8%
CAT キャタピラー -9.6%
PG P&G -12.4%
MMM 3M -14.4%
GS ゴールドマンサックスグループ -15.1%
DWDP ダウデュポン -16.2%

ダウ30銘柄:配当利回りランキング

※2018/10/12時点のDividend.comのデータをもとに作成。

ティッカー 社名 配当利回り 1株配当
VZ ベライゾン 4.50% $2.41
IBM IBM 4.45% $6.28
XOM エクソンモービル 4.06% $3.28
CVX シェブロン 3.83% $4.48
PG P&G 3.58% $2.87
KO コカコーラ 3.47% $1.56
PFE ファイザー 3.15% $1.36
JPM JPモルガンチェース 3.01% $3.20
CSCO シスコシステムズ 2.96% $1.32
MCD マクドナルド 2.83% $4.64
MRK メルク 2.76% $1.92
MMM 3M 2.73% $5.44
INTC インテル 2.69% $1.20
JNJ ジョンソンエンドジョンソン 2.69% $3.60
DWDP ダウデュポン 2.58% $1.52
TRV トラベラーズカンパニーズ 2.50% $3.08
CAT キャタピラー 2.43% $3.44
WBA ウォルグリーンブーツアライアンス 2.36% $1.76
UTX ユナイテッドテクノロジーズ 2.26% $2.94
WMT ウォルマート 2.22% $2.08
HD ホームデポ 2.16% $4.12
BA ボーイング 1.91% $6.84
MSFT マイクロソフト 1.71% $1.84
AXP アメリカンエキスプレス 1.52% $1.56
GS ゴールドマンサックスグループ 1.49% $3.20
DIS ウォルトディズニー 1.48% $1.68
UNH ユナイテッドヘルスグループ 1.38% $3.60
AAPL アップル 1.34% $2.92
NKE ナイキ 1.07% $0.80
V ビザ 0.61% $0.84

ダウ30銘柄:セクター別の年初来リターンと配当利回り

次に、ダウ銘柄の株価の伸び率を5年チャートでDIAと比べてみます。

情報技術:AAPL/MSFT/INTC/V/CSCO/IBM

ダウ銘柄の中で情報技術セクターに属するのは以下の5種の銘柄です。

【5年チャート】※DIAとの伸び率比較

        

MSFT、V、AAPLの伸び率は200%近くで、INTCとCSCOは100%前後。

IBMだけがダウ平均を大きく下回っています。

年初来の株価伸び率と配当利回りは以下の通りです。

ティッカー 年初来リターン 配当利回り 1株配当
MSFT 28.3% 1.71% $1.84
AAPL 28.7% 1.34% $2.92
V 23.1% 0.61% $0.84
CSCO 17.3% 2.96% $1.32
IBM -7.0% 4.45% $6.28
  • アップルは言わずと知れた製造業の雄。主力商品はアイフォンやマック等。
  • マイクロソフトも説明は不要。近年はウィンドウズだけでなくクラウドやAI部門も強化している。
  • シスコ・システムズ(Cisco Systems)は通信、IT 業向けのインターネット・プロトコルに基づくネットワークや関連製品を設計・製造・販売。
  • インテルはマイクロプロセッサー等のコンピューター部品メーカー。幅広く関連製品を設計、製造、販売。
  • IBM=インターナショナル・ビジネス・マシーンズ。製品やサービス、ソフト等のコンピューター・ソリューションを提供する。

金融:JPM/AXP/GS/TRV

金融セクターに属するのは以下の5種の銘柄です

【5年チャート】※DIAとの伸び率比較

2016年11月から17年3月頃までゴールドマンサックスは株価が急騰しましたが、その後はそれほどでもありません。

JPモルガンの一人勝ちになっています。

ティッカー 年初来リターン 配当利回り 1株配当
JPM 0.4% 3.01% $3.20
AXP 4.3% 1.52% $1.56
TRV -8.8% 2.50% $3.08
GS -15.1% 1.49% $3.20
  • アメリカン・エキスプレスは有名なクレカ会社。
  • JPモルガン・チェース・アンド・カンパニーは大手米銀行
  • ゴールドマン・サックス・グループは銀行持株会社。投資銀行業務や証券サービスなど幅広く業務を手掛ける
  • トラベラーズは米国を中心に展開する保険会社

スポンサーリンク

ヘルスケア:JNJ/MRK/PFE/UNH

ヘルスケアセクターに属するのは以下の4種の銘柄です。

【5年チャート】※DIAとの伸び率比較

ユナイテッドヘルスの株価が大きく伸びています。

ティッカー 年初来リターン 配当利回り 1株配当
MRK 24.9% 2.76% $1.92
UNH 22.1% 1.38% $3.60
PFE 19.6% 3.15% $1.36
JNJ -2.5% 2.69% $3.60
  • ユナイテッドヘルス・グループは米国内外で管理医療システムを運営し、雇用主のために従業員の福利厚生プログラムを管理する。介護サービスの展開やヘルスケア情報とリサーチの提供を手がける。
  • ジョンソン・エンド・ジョンソンは世界的なヘルスケア製品メーカー
  • メルクもグローバル・ヘルスケア商品会社
  • ファイザーは研究開発に重きを置く世界的な医薬品会社

一般消費財サービス:HD/MCD/DIS/NIKE

一般消費財サービスセクターに属するのは以下の4種の銘柄です。

【5年チャート】※DIAとの伸び率比較

ホームデポの伸びが際立っています。

ティッカー 年初来リターン 配当利回り 1株配当
NKE 22.0% 1.07% $0.80
DIS 5.9% 1.48% $1.68
HD 1.0% 2.16% $4.12
MCD -5.7% 2.83% $4.64
  • ホーム・デポはホームセンター運営会社(建築資材や住宅増改築製品等を販売)
  • マクドナルド:通称マック
  • ウォルト・ディズニー:エンターテインメントの雄
  • ナイキ(NIKE, Inc.)はスポーツ用品ブランド。スポーツ用の靴、衣料、用具等の開発、販売を行う

生活必需品:KO/PG/WMT/WBA

生活必需品セクターに属するのは以下の銘柄です。

【5年チャート】※DIAとの伸び率比較

2017年にウォルマートは株価が上がりましたが、18年には株価が低めに推移しています。

必需品銘柄はわりと低調ですが、「買い時」なのかもしれません。

ティッカー 年初来リターン 配当利回り 1株配当
KO -1.3% 3.47% $1.56
WMT -3.6% 2.22% $2.08
PG -12.4% 3.58% $2.87
WBA 2.9% 2.36% $1.76
  • コカ・コーラ:説明不要・・・。コークの会社です。
  • プロクター・アンド・ギャンブル:主な製品は、洗剤、清掃用品、紙・美容製品、飲食品、ヘルスケア用品など。
  • ウォルマート・ストアーズ:米国のメガ小売チェーン。 ディスカウントストアやスーパー等を経営。
  • ウォルグリーンブーツアライアンス:ドラッグストア大手。18年にGEはダウ銘柄から除外され、WBAが加えられた。

スポンサーリンク

資本財サービス:BA/CAT/MMM/UTX

ダウ銘柄の中で資本財サービスに属するのは以下の5種の銘柄です。

【5年チャート】※DIAとの伸び率比較

ボーイングの伸びが高いのですが、このセクターの銘柄(特にBAとCAT)は、米中貿易戦争のリスクが直撃します。

特に、キャタピラーは18年に株価が下がりました。。

なお、一人負けを続けていたGEは2018年6月21日にダウ平均から除外されることになりました。

ティッカー 年初来リターン 配当利回り 1株配当
BA 23.0% 1.91% $6.84
UTX 2.7% 2.26% $2.94
MMM -14.4% 2.73% $5.44
CAT -9.6% 2.43% $3.44
  • ボーイングは有名すぎる航空機メーカー。軍用・民用、宇宙開発まで幅広く手掛ける。
  • キャタピラー(Caterpillar Inc.)は重機メーカー。建設、鉱業、林業向け機械の製造や販売を行う
  • ユナイテッド・テクノロジーズ(United Technologies Corporation)は航空機事業を中心とした複合企業
  • 3Mは電子、電気通信、工業、消費者・オフィス製品等、幅広く多角化を進める製造業。ポストイットの製造元。

エネルギー:XOM/CVX

ダウ銘柄の中でエネルギーセクターに属するのは以下の銘柄です。

エクソンモービルもシェブロンも石油事業の上流と下流分野、天然ガス、化学事業をてがける総合エネルギー企業です。

【5年チャート】※DIAとの伸び率比較

ティッカー 年初来リターン 配当利回り 1株配当
XOM -3.3% 4.06% $3.28
CVX -6.6% 3.83% $4.48

素材:DWDP

ダウ銘柄の中で素材セクターに属するのは以下の銘柄です。

ダウデュポンは2017年にダウ・ケミカルとデュポンの経営統合によって成立した総合化学メーカー(17年9月に発足)です。

株価の値動きを見てみます。

【1年チャート】※DIAとの伸び率比較

ティッカー 年初来リターン 配当利回り 1株配当
DWDP -16.2% 2.58% $1.52

電気通信:VZ

ダウ銘柄の中で電気通信セクターに属するのはベライゾン・コミュニケーションズ(VZ)です。

VZは有線音声・データや無線サービス、ネット、電話帳発行等を行っています。

高配当企業としても有名です。

【5年チャート】※DIAとの伸び率比較

ティッカー 年初来リターン 配当利回り 1株配当
VZ 0.6% 4.50% $2.41

【スポンサードリンク】

-ダウ30銘柄, 全投稿記事, 米国株

Copyright© トランプ政権と米国株投資 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.