werner22brigitte / Pixabay

全投稿記事 海外ETF

【EWC】IシェアーズMSCIカナダETFとは

更新日:

カナダ市場の主要企業に投資するEWCのパフォーマンスを調べてみます。

その上で、カナダのGDPや失業率などの主要統計を一覧し、その投資環境を把握してみます。

まず、EWUの株価推移とトータルリターンを見てみましょう。

【EWC】IシェアーズMSCIカナダETFとは

スポンサーリンク

iシェアーズMSCIカナダETFはMSCIカナダインデックスに連動する米国籍のETFです。

構成銘柄のうち99%以上はカナダ銘柄。大型株・中型株を中心に代表的な構成銘柄に銘柄に投資しています。

【EWC】の株価推移と指標

ブルームバーグのサイトから指標を見てみます(2018/7/22閲覧)

  • 52週レンジ : 26.91~30.6
  • 直近配当額 : 0.224373
  • 直近配当利回り(税込) : 1.55%
  • 経費率 : 0.48%
  • 3ヶ月トータルリターン : 3.89%
  • 年初来リターン : -1.72%
  • 1年トータルリターン : 5.9%
  • 3年トータルリターン : 6.31%
  • 5年トータルリターン : 2.78%

最近は株価が高めになってきています。

【EWC】の分配金

モーニングスター社のサイトで年間配当を見てみましょう。

  • 2018年(7/23時点):0.2244
  • 2017年:0.584
  • 2016年:0.4585
  • 2015年:0.5022
  • 2014年:0.6193

【EWC】のポートフォリオ

次に、このETFの構成比率を「組入れ企業の規模」「セクター別の投資割合」「投資先主要10社の比率」で見てみます。

※出典:「組入れ企業の規模」はモーニングスターHP(7/22閲覧)のデータ。「投資先主要10社の比率」はブルームバーグHP(7/22閲覧)、あとの出典はEWGのファクトシート(7/19閲覧)。

組入れ企業の規模別の比率(%)

  • 巨大企業 48.9
  • 大企業 33.51
  • 中企業 17.59

セクター別の投資割合(%)

  1. 金融 39.89
  2. エネルギー 22.16
  3. 素材 10.11
  4. 資本財 8.67
  5. 消費財 5.18
  6. 情報技術 4.54
  7. 必需品 3.83
  8. 通信 2.26
  9. 公益事業 1.83
  10. 不動産 0.65
  11. ヘルスケア 0.51
  12. 現金など 0.38

投資先主要10社の比率(%)

【EWC

  1. RY : RBC 7.85
  2. TD : トロント・ドミニオン銀行 7.53
  3. BNS : バンク・オブ・ノバスコシア 4.89 232.10 百万
  4. SU : サンコア・エナジー 4.76
  5. R : カナディアン・ナショナル・レールウェイ 4.53
  6. ENB : エンブリッジ 4.24 222.81 百万
  7. BMO : モントリオール銀行 3.59
  8. Q : カナディアン・ナチュラルリソ 3.04
  9. TRP : トランスカナダ 2.8 144.68 百万
  10. CM : カナディアン・インペリアル・バンク・オブ・コマー 2.72

カナダのGDPや失業率など(主要指標)

さらに、投資環境を把握するために、世界銀行のデータバンクからカナダの主要統計を閲覧してみます。

実質GDPと失業率

実質GDPは2010年米ドル基準 。失業率はILO方式。

実質成長率 総額(億$) 一人当たり($) 失業率
2005 3.2 15245 47182 6.8
2006 2.6 15645 48035 6.3
2007 2.1 15968 48553 6
2008 1 16128 48511 6.1
2009 -2.9 15652 46544 8.3
2010 3.1 16135 47447 8.1
2011 3.1 16641 48457 7.5
2012 1.7 16932 48724 7.3
2013 2.5 17351 49359 7.1
2014 2.9 17847 50222 6.9
2015 1 18025 50304 6.9
2016 1.4 18280 50407 7
2017 3 18837 51316 6.4

名目GDPと名目GNI

名目GDP 名目GNI
総額(億$) 一人当たり($) 総額(億$) 一人当たり($)
2005 11694 36190 11024 34120
2006 13154 40387 12304 37780
2007 14650 44545 13624 41420
2008 15491 46596 14899 44810
2009 13712 40773 14497 43110
2010 16135 47447 15087 44370
2011 17886 52082 16162 47060
2012 18243 52497 17686 50900
2013 18426 52418 18498 52620
2014 17993 50633 18454 51930
2015 15596 43525 17006 47460
2016 15358 42349 15913 43880
2017 16530 45032 15735 42870

GDPの構成比率(単位別:%)

GDPの構成比率:消費+総資本形成+輸出ー輸入。その%の内訳。

消費 総資本形成 輸出 輸入
2005 73.4 22.7 36.8 32.9
2006 73.7 23.7 35.3 32.7
2007 74 24 34.2 32
2008 74.2 24.1 34.3 32.6
2009 79.5 22 28.4 29.9
2010 78.5 23.5 29.1 31
2011 77 24.2 30.6 31.8
2012 77.1 24.9 30.2 32.2
2013 76.7 25 30.2 31.8
2014 76.1 24.9 31.5 32.5
2015 78.4 24.1 31.5 34
2016 79.3 23.2 31 33.4
2017 78.6 23.7 30.9 33.2

人口伸び率など

総人口(万人) 人口増加率 出生率 平均寿命
2005 3231 0.99 1.54 80.3
2006 3257 0.8 1.59 80.3
2007 3289 0.97 1.66 80.5
2008 3325 1.08 1.68 80.7
2009 3363 1.14 1.67 80.9
2010 3401 1.11 1.63 81.2
2011 3434 0.99 1.61 81.4
2012 3475 1.18 1.61 81.6
2013 3515 1.15 1.59 81.8
2014 3554 1.08 1.58 82
2015 3583 0.83 1.6 82.1
2016 3626 1.2 1.6 82.3
2017 3671 1.22

主な指標で見ると、GDPは順調に伸び、人口も増えています。

ただ、今後の政治のかじ取りや米国との通商問題に関しては注視が必要でしょう。

【スポンサードリンク】

-全投稿記事, 海外ETF

Copyright© トランプ政権と米国株投資 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.