【FCX】フリーポートマクモランの株価と決算、配当

2020年9月26日

広告

フリーポートマクモラン(Freeport-McMoRan Inc.)は、世界有数の鉱山開発企業です。

鉱物資源を採掘・精錬しています。

採掘量では銅とモリブデンで世界ナンバーワン(18年末時点で銅の推定埋蔵量は約1200億ポンド)。

最重要の生産拠点は世界最大級の銅と金を生むインドネシアのグラスバーグ鉱山で、米国や南米でも資源を生産しています。

インドネシアでは17年1月に現地政府が外資系鉱山会社に対する新規制を発表し、FCXに新たな契約条件を課したので、契約違反と主張するFCXとの間で係争が勃発しました。

これは、結局、グラスバーグ鉱山の過半数の権益をインドネシア国営企業に譲渡する代わりに2041年までの長期操業権利をもらうことで着地しています(FCXは23年までに新精錬所を建設)。

そのほか、住友鉱山へのモレンシー銅鉱山権益の13%譲渡、メキシコ湾石油・ガス鉱区や株式持ち分など総額66億ドル資産売却などを行っています。

アリゾナ州で始めた銅鉱石開発は2020年に稼働。フィンランドでのコバルト精錬所とカソード前駆体は売却しました。

地域別売上高は以下の通りです。

年/月 17/12 18/12 19/12
米国 32.6% 31.1% 35.5%
スイス 7.3% 15.8% 15.1%
インドネシア 12.3% 11.9% 13.2%
日本 11.5% 10.4% 8.2%
中国 6.9% 4.7% 3.7%
スペイン 6.6% 5.7% 6.1%

広告

主な指標を概観

まず、主要指標のデータを見てみます(指標と株価はgooglefinance関数から取得)。

1/2株価 13.4
9/25株価 15.3
株価上昇率 14.18%
52週高値 17.5
52週安値 4.8
β値 2.37
EPS -0.44
PER #N/A
配当利回り 停止
時価総額(億$) 222
株式数(億) 14.5

株価推移(チャートと伸び率)

次に、株価の推移を見てみます(青線が株価推移。赤線が200日間の移動平均線)。

株価の推移を1年ごとに見てみましょう。

★1:各年の株価伸び率(※20年終値は9/25株価)
FCX 初値 終値 上昇率
2020 13.4 15.3 14%
2019 10 13.1 31%
2018 19.1 10.3 -46%
2017 13.5 19 41%
2016 6.6 13.2 100%
2015 23.4 6.8 -71%
2014 37.7 23.4 -38%
2013 35.4 37.7 7%
2012 38.3 34.2 -11%
2011 60.9 36.8 -40%
2010 41.3 60.1 45%
2009 12.4 40.2 223%
2008 51.5 12.2 -76%
★2:各年初から20/9/25までの伸び率
19年~ 18年~ 17年~ 16年~
53% -20% 13% 132%
15年~ 14年~ 13年~ 12年~
-35% -59% -57% -60%
11年~ 10年~ 09年~ 08年~
-75% -63% 23% -70%

配当利回りと配当性向

さらに、配当利回りを見てみます。

権利落ち日 配当 利回り 株価
2020/1/15 0.05 1.54% 13
2019/10/15 0.05 2.1% 9.5
2019/7/15 0.05 1.8% 11.1
2019/4/15 0.05 1.46% 13.7
2019/1/15 0.05 1.73% 11.6
2018/10/15 0.05 1.56% 12.8
2018/7/13 0.05 1.19% 16.8
2018/4/13 0.05 1.12% 17.9
2015/10/15 0.05 3.56% 13
2015/7/15 0.05 4.42% 16.4
2015/4/15 0.05 4.78% 20.7
2015/1/15 0.313 6.83% 18.3

配当性向の推移もモーニングスター(MS)社のデータで確認してみましょう。
★配当性向=1株当たり配当÷EPS×100〔純利益から配当金を支払っている割合〕
★単純計算=EPS÷1株配当。MS試算=モーニングスター社の試算値

年/月 EPS 配当 配当性向
(GAAP) 単純計算 MS試算
08/12 -14.86 0.91 -6.1
09/12 1.47
10/12 4.57 0.45 9.8 19.7
11/12 4.78 1 20.9 26.1
12/12 3.19 1.19 37.3 37.2
13/12 2.64 1.25 47.3 45.6
14/12 -1.26 1.25 -99.2 58.1
15/12 -11.31 0.46 -4.1
16/12 -3.16 0.0
17/12 1.25 0.0
18/12 1.8 0.2 8.4 4.6
19/12 -0.2 0.2 -117.6 125

四半期決算(2020予想など)

さらに、四半期決算のEPSと売上の予想を整理してみます。
(※下記図表では、Y=年度決算、Q=四半期決算、日/月=データの日時、その右欄にあるのは1カ月前、2か月前の予想値を記載。データの主な出所は英語版のヤフーファイナンス。ただ、2019年6月までのデータ出所はロイター)。

EPS:予想と結果

予想 9/5 1月前 2月前
Y:2021 1.24 1.24 0.99
Y:2020 0.23 0.22 0.02
Q:20/12 0.23 0.22 0.15
Q:20/9 0.13 0.12 0.02
EPS 予想 結果 %
20/6 -0.02 0.03 0.05 250.0
20/3 -0.18 -0.17 0.01 5.6
19/12 0 0.02 0.02 2.0
19/9 -0.01 -0.01 0 0.0
19/6 -0.05 -0.04 0.01 -20.0
19/3 0.07 0.05 -0.02 -28.6
18/12 0.18 0.11 -0.07 -38.9
18/9 0.33 0.35 0.02 6.1
18/6 0.52 0.58 0.06 11.5
18/3 0.56 0.46 0.1 17.7

売上高:予想と結果

予想 9/5 1月前 2月前
Y:2021 16780 16870 16430
Y:2020 13010 13060 12320
Q:20/12 3940 3940
Q:20/9 3480 3480 3240
売上 予想 結果
20/6 3130 3050 -80 -2.6
20/3 2970 2800 -170 -5.7
19/12 3700 3911 211 5.7
19/9 3550 3308 -242 -6.8
19/6 3516 3546 30 0.9
19/3 3812 3792 -20 -0.5
18/12 3776 3684 -92 -2.4
18/9 4558 4908 350 7.7
18/6 4944 5168 224 4.5
18/3 4943 4868 75 1.5


決算予想と結果では米国会計基準(GAAP)とは違う「非GAAP基準」の数値(各社が経営実態を踏まえて調整した数値)が多用されています。そのため、本節の売上とEPSは次節のGAAP基準の値と同じになるとは限りません。

通年決算(GAAP基準)

最後に、通年決算の数字を見てみます(以下、売上、利益、資産、負債、資本、キャッシュフローなどの単位は百万ドル。EPS=希薄化後EPS)。

損益計算(売上、純利益等)

FCX 売上高 営業CF 同マージン 純利益
08/12 17796 3370 19% -11341
09/12 15040 4397 29% 2527
10/12 18982 6273 33% 4273
11/12 20880 6620 32% 4560
12/12 18010 3774 21% 3041
13/12 20921 6139 29% 2658
14/12 20001 5631 28% -1308
15/12 14607 3220 22% -12236
16/12 14830 3737 25% -4154
17/12 16403 4666 28% 1817
18/12 18628 3863 21% 2602
19/12 14402 1482 10% -239

*同マージン=営業キャッシュフローマージン。15%もあれば優良。通常、売上高>営業CF>純利益となる。営業CF<純利益となる企業は粉飾決算の可能性あり。

EPSや売上高成長率など

FCX SG(%) EPS DSO
08/12 5% -14.86 19.4
09/12 -15% 2.93 27.5
10/12 26% 4.57 38.4
11/12 10% 4.78 30.3
12/12 -14% 3.19 21.0
13/12 16% 2.64 23.2
14/12 -4% -1.26 22.8
15/12 -27% -11.31 18.9
16/12 2% -3.16 22.3
17/12 11% 1.25 26.4
18/12 14% 1.78 20.3
19/12 -23% -0.17 19.9

※SG(セールスグロース):売上高成長率(前年度比)
※DSO(デイズ・セールス・アウトスタンディング):売掛金回収に必要な日数。売掛金÷1日平均売上高で計算。期末に無理して売込みをかけてEPSをよい数値にした企業の場合は、売掛金が増え、DSOの数値が大きくなる。上記DSOの出所はモーニングスター社。

バランスシート

FCX 総資産 総負債 株主資本 自己資本率
08/12 23353 16252 7101 30%
09/12 25996 15239 10757 41%
10/12 29386 14826 14560 50%
11/12 32070 13517 18553 58%
12/12 35440 14129 21311 60%
13/12 63473 38242 25231 40%
14/12 58674 36200 22474 38%
15/12 46577 34533 12044 26%
16/12 37317 28060 9257 25%
17/12 37302 26006 11296 30%
18/12 42216 24324 17892 42%
19/12 40809 23361 17448 43%

ROAとROEなど

FCX ROA ROE 流動比率
08/12 -49% -160% 166%
09/12 10% 23% 248%
10/12 15% 29% 262%
11/12 14% 25% 342%
12/12 9% 14% 308%
13/12 4% 11% 209%
14/12 -2% -6% 175%
15/12 -26% -102% 173%
16/12 -11% -45% 245%
17/12 5% 16% 216%
18/12 6% 15% 322%
19/12 -1% -1% 247%

★ROA=当期純利益÷総資産 ※総資産を用いて企業があげた利益の割合
★ROE=当期純利益÷自己資本 ※投下資本に対して企業があげた利益の割合
★流動比率=流動資産÷流動負債 ※短期的な支払い能力を見る指標

キャッシュフロー

FCX 営業CF 投資CF 財務CF
08/12 3370 -2318 -1806
09/12 4397 -1601 -1012
10/12 6273 -1869 -3322
11/12 6620 -2535 -3001
12/12 3774 -3463 -1428
13/12 6139 -10908 3049
14/12 5631 -3801 -3351
15/12 3220 -6246 2786
16/12 3737 3553 -3166
17/12 4666 -1321 -3055
18/12 3863 -5018 900
19/12 1482 -2103 -1556