Real, Estate

paulbr75 / Pixabay

不動産ETF

2018年の米国不動産に関する統計を参照しながら、不動産セクターの主要銘柄や株価の動きを見てみます。

今回、取り上げるETFは以下の二つです。

  • 【IYR】Iシェアーズ 米国不動産ETF
  • 【XLRE】不動産セレクト・センターSPDRファンド

(統計の出所はWSJ:2018 Economic Calender

スポンサーリンク

米国不動産統計の推移(2015~2018年)

新築住宅販売件数(2018/2/26発表)

まず、新築住宅販売件数の推移を見てみます。

new home

全体的には堅調に新築住宅販売件数が推移しています。

ただ、2018年1月は市場コンセンサス平均は640K(610~675K)でしたが、実際の数字は593Kなので、低めになっています。

17年11月頃に高い数字が出た後の反動が出ているのかもしれません。

(11月の新規住宅販売は733000件/年に上昇。25年間で最大の伸び率となった。この時、西部での売上高は年間で22.8%増。南部の売上高は年間で32.5%増と報じられた)

2月、3月の数字を見て、18年のトレンドをチェックする必要があります。

中古住宅販売件数(2018/2/21)

中古住宅販売件数の方も、わりと高めに数字が推移しています。

exiting home

17年12月の数字が556万戸。市場コンセンサスの平均値が565万戸(548~570万戸)でしたが、実際の数値は538万戸。

前年度比では-4.8 %なので、昨年11月頃の高い数字が出た反動が出ているのかもしれません。

日経電子版(2017/12/21)によれば、昨年11月は年率換算で581万戸(前月比5.6%増)。3カ月連続の増加で、2006年12月以来10年11カ月ぶりの高水準となったとも報じられています。この時、販売価格(中央値)も24万8000ドル(約2800万円)。前年同月比5.8%の値上がりとなりました。WSJ記事では中西部と南部で8%以上の急増を示していることなどが報じられています。

【IYR】Iシェアーズ 米国不動産ETFのチャート

まず、不動産セクターの米国ETFの代表として、【IYR】Iシェアーズ 米国不動産ETFの値動きを見てみます。

『米国会社四季報』(秋冬版)によれば【IYR】の要旨は以下の通り

  • 不動産セクターの株式で構成されるダウ・ジョーンズ米国不動産指数と連動
  • 構成125銘柄のほとんどはREIT
  • 経費率は0.44%。1単位あたりの分配金は0.696~1.076ドル

ロイター社HPで見た値動きの推移は以下の通り。

【長期チャート】

iyr

2000年から2018年の推移を見ると、最近の価格は、サブプライムショック前の水準に近づいてきています。

2年チャートで2015年に設定されたSPDRの不動産ETFと比べても、だいたい、似たような値動きです。

(【XLRE】不動産セレクト・センターSPDRファンドは紫色の線)

こちらは3か月チャートになります。

iyrほか

なお、『米国会社四季報』(秋冬版)によれば【XLRE】の要旨は以下の通り

  • S&P不動産セレクト・センター指数に連動(S&Pの不動産銘柄の加重平均)
  • 構成34銘柄の9割はREIT
  • 経費率は0.14%。1単位あたりの分配金は0.198~0.551ドル

不動産セクターにはサブプライムショックの恐怖感がつきまといます。

2月の株安以降の展開に要注目です。

3月にFRBが利上げを決めた場合、ローンの利率などにダイレクトな影響が出そうです。

IYRとXLREの構成銘柄

この二つの構成銘柄を見てみます(以下、略称)。

  • AMT:AMERICAN TOWER REIT CORP
  • SPG:SIMON PROPERTY GROUP REIT INC
  • CCI:CROWN CASTLE INTERNATIONAL REIT CO
  • EQIX:EQUINIX REIT INC
  • PLD:PROLOGIS REIT INC
  • PSA:PUBLIC STORAGE REIT
  • WY:WEYERHAEUSER REIT
  • AVB:AVALONBAY COMMUNITIES REIT INC
  • EQR:EQUITY RESIDENTIAL REIT
  • DLR DIGITAL REALTY TRUST REIT INC TRUS

それぞれのETFの構成比率は以下の通りです(データは2018年3月13日)。

  IYR XLRE
AMT 6.4 10.06
SPG 5 7.85
CCI 4.63 7.27
PLD 3.44 5.41
EQIX 3.24 5.09
PSA 3.02 4.74
WY 2.74 4.3
AVB 2.28 3.58
EQR 2.23 3.5
DLR 2.22 3.48

IYRとXLREのトータルリターン

さらに、それぞれのETFを指標で比較してみましょう。

(以下、%は省略。利回り=税込み配当利回り、TR=トータルリターン。データはブルームバーグHP〔2018/3/15閲覧〕)

  IYR XLRE
直近配当額 0.87 0.365
配当利回り率 4.58 4.67
経費率 0.44 0.13
3カ月TR -6.52 -5.56
1年TR 2.94 4.87
3年TR 3.28  
5年TR 6.07  

2018年2月以降の株安の影響でTRはかなり下がりました。

両者を比べると、短期的なパフォーマンスで見れば、XLREのほうが上回っています。

長く運用してきた実績と直近配当額を重視するならIYRでしょうか。

スポンサーリンク

関連コンテンツ

投稿日:

Copyright© トランプ政権と米国株投資 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.