Real, Estate

paulbr75 / Pixabay

【IYR】Iシェアーズ 米国不動産ETFの価格がサブプライムショック前の水準 今後の展開は?

12月の米国不動産に関する主要統計が発表されたので、その内容を踏まえ、不動産セクターの主要銘柄や株価の動きを見てみます。

(統計の出所はWSJ:2017 Economic Calender

【スポンサードリンク】


米国不動産統計の推移(2015~17年)

新築住宅販売件数(2017/12/22発表)

まず、新築住宅販売件数の推移を見てみます。

newhomesales201712

2017年11月に新築住宅販売件数が一気に伸びています。

市場コンセンサス平均は650K(623K~690K)でしたが、実際の数字は733Kでした。

11月の新規住宅販売は733000件/年に上昇。25年間で最大の伸び率となりました。

西部での売上高は年間で22.8%増。南部の売上高は年間で32.5%増と報じられています。

中古住宅販売件数(2017/12/20)

中古住宅販売件数の方でも、2017年11月に件数が大きく伸びています。

existinghomesales201712

前月の数字が5.48M。市場コンセンサスの平均値が5.55M(5.43M~5.77M)でしたが、実際の数値は5.81M。

日経電子版(2017/12/21)では年率換算で581万戸(前月比5.6%増)。3カ月連続の増加で、2006年12月以来10年11カ月ぶりの高水準となったとも報じられています。

販売価格(中央値)も24万8000ドル(約2800万円)。前年同月比5.8%の値上がりとなりました。

WSJ記事では中西部と南部で8%以上の急増を示していることや、販売数量が急増に比して供給量が減ったたため、次回のレポートでは販売数に限界が生じる可能性があることも記されています。

【IYR】Iシェアーズ 米国不動産ETFのチャート

まず、不動産セクターの米国ETFの代表として、【IYR】Iシェアーズ 米国不動産ETFの値動きを見てみます。

『米国会社四季報』(秋冬版)によれば【IYR】の要旨は以下の通り

  • 不動産セクターの株式で構成されるダウ・ジョーンズ米国不動産指数と連動
  • 構成125銘柄のほとんどはREIT
  • 経費率は0.44%。1単位あたりの分配金は0.696~1.076ドル

ロイター社HPで見た値動きの推移は以下の通り。

real estate us long_

2000年から2017年の推移を見ると、最近の価格は、サブプライムショック前の水準に近づいてきています。

SPDRの不動産ETFと比べても、だいたい、似たような値動きです。

(【XLRE】不動産セレクト・センターSPDRファンドは紫色の線)

real estate us 5years_

『米国会社四季報』(秋冬版)によれば【XLRE】の要旨は以下の通り

  • S&P不動産セレクト・センター指数に連動(S&Pの不動産銘柄の加重平均)
  • 構成34銘柄の9割はREIT
  • 経費率は0.14%。1単位あたりの分配金は0.198~0.551ドル

不動産セクターにはサブプライムショックの恐怖感がつきまといますが、近年のパフォーマンスは良好な数字です。

IYRとXLREの構成銘柄

この二つの構成銘柄を見てみます(以下、略称)。

  • AMT:AMERICAN TOWER REIT CORP
  • SPG:SIMON PROPERTY GROUP REIT INC
  • CCI:CROWN CASTLE INTERNATIONAL REIT CO
  • EQIX:EQUINIX REIT INC
  • PLD:PROLOGIS REIT INC
  • PSA:PUBLIC STORAGE REIT
  • WY:WEYERHAEUSER REIT
  • AVB:AVALONBAY COMMUNITIES REIT INC
  • HCN:WELLTOWER INC
  • EQR:EQUITY RESIDENTIAL REIT

それぞれのETFの構成比率は以下の通りです。

IYR XLRE
AMT 5.82 9.1
SPG 4.98 7.77
CCI 4.27 6.3
EQIX 3.39 5.4
PLD 3.26 5.24
PSA 2.96 4.97
WY 2.58 4.02
AVB 2.36 3.98
HCN 2.29 3.82
EQR 2.26 3.76

IYRとXLREのトータルリターン

さらに、それぞれのETFを指標で比較してみましょう。

(以下、%は省略。利回り=税込み配当利回り、TR=トータルリターン。データはブルームバーグHP〔2017/12/23閲覧〕)

IYR XLRE
直近配当額 0.87 0.365
配当利回り率 4.37 4.52
経費率 0.43 0.14
3カ月TR 0.41 0.54
1年TR 8.74 9.69
3年TR 5.16
5年TR 8.35

短期的なパフォーマンスで見れば、XLREのほうが上回っています。

長期の実績と直近配当額を重視するならIYRでしょうか。

【スポンサードリンク】


更新日:

Copyright© トランプ政権と米国株投資 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.