トランプ政権と米国株投資

アメリカ市場の銘柄(ETF含む)を買う人向けに政治・経済の情報を提供するブログです。

Benita5 / Pixabay

全投稿記事 公益事業 米国株 高配当銘柄

【D】ドミニオンエナジーの株価と決算、配当

更新日:

ドミニオン・エナジー(Dominion Energy, Inc.)は天然ガスの輸送、採取、貯蔵や電力の供給を行う企業です。

最近では、同業のスキャナ社を79億ドル(8900億円相当)でしたことが注目されました。スキャナは東芝に発注した17年7月に原発の拡張計画を中断した後、時価総額が急減していたので、ドミニオン社が買収に乗り出したのです。

18年1月3日の発表によれば、債務継承を含めた買収規模は146億ドル(18年内に買収完了)。スキャナ株1株がドミニオン株0.669株と交換されます(1株当たり約55.35ドル)。

スキャナ社の原発プロジェクトは大きな懸案事項ではありますが、法的な枠組みとして、未完成もしくは中断された発電所プロジェクトのコストを公益会社が顧客から回収できる法律が見直されていることは注目すべきポイントでしょう。

この記事では、ドミニオンエナジーの情報を整理してみます。

主な指標を概観

まず、主要指標のデータを見てみます(出所はグーグルファイナンスなど)

19/1/2株価71.4
19/2/15株価73.3
株価上昇率2.60%
52週高値77.2
52週安値61.5
EPS3.73
PER19.62
配当(利回り)3.34 (4.56%)
時価総額(億$)569
株式数(億)7.9

株価推移(チャートと伸び率)

次に、株価の推移を見てみます(青線が株価推移。赤線が200日間の移動平均線)。


その株価の推移を1年ごとに見てみましょう

★1:各年の株価伸び率(※19年終値は2/15)
D

初値

最安

最高

終値

上昇率

2019

71.4

68

73.3

73.3

3%

2018

81.2

61.8

80.3

71.5

-12%

2017

76.6

71.7

84.9

81.1

6%

2016

67

67.5

78.9

76.6

14%

2015

77.3

64.9

79.3

67.6

-12%

2014

64.6

63.5

80.2

76.9

19%

2013

52.4

52.2

67.8

64.7

23%

2012

53.5

49.2

55

51.8

-3%

2011

42.9

42.3

53.5

53.1

24%

2010

39.1

36.3

44.9

42.7

9%

2009

35.9

27.3

39.6

38.9

8%

2008

47.3

33.6

48.1

35.8

-24%

★2:各年初から2019/2/15までの伸び率
19年~

18年~

17年~

16年~

15年~

14年~

3%

-10%

-4%

9%

-5%

13%

13年~

12年~

11年~

10年~

09年~

08年~

40%

37%

71%

87%

104%

55%

配当利回りと配当性向

次に、配当金と配当性向の推移をモーニングスター(MS)社のデータで見てみます。

★配当性向=1株当たり配当÷EPS×100〔純利益から配当金を支払っている割合〕

★MS社は非GAAPのEPSで配当性向を試算。GAAP基準のEPS試算〔=単純計算〕の箇所は筆者挿入。

/

EPS

配当

配当性向

(GAAP)

単純計算MS試算
2008/12

3.16

1.58

50

50

2009/12

2.17

1.75

80.6

80.7

2010/12

4.76

1.83

38.4

36.4

2011/12

2.45

1.97

80.4

73.3

2012/12

0.53

2.11

398.1

370.2

2013/12

2.93

2.25

76.8

205.1

2014/12

2.24

2.4

107.1

91.9

2015/12

3.2

2.59

80.9

84.4

2016/12

3.44

2.8

81.4

83

2017/12

4.72

3.04

64.4

87.7

四半期ごとの配当も見てみます

権利落ち日

1株配当

配当利回り

当日株価

2018/12/07

0.835

4.4%

75.6

2018/09/07

0.835

4.6%

71.5

2018/06/01

0.835

5.0%

63.36

2018/03/02

0.835

4.3%

72.5

2017/12/01

0.77

3.6%

83.57

2017/09/01

0.755

3.8%

78.33

2017/06/02

0.755

3.6%

81.2

2017/03/03

0.755

3.7%

76.56

2016/12/02

0.7

3.8%

73.78

2016/09/02

0.7

3.7%

74.75

2016/06/03

0.7

3.7%

72.97

2016/03/04

0.7

3.7%

70.62

2015/11/25

0.6475

3.9%

67.22

四半期決算(予想と実値)

さらに、決算を見ていきます。まずはロイターが調べた四半期決算のEPSと売上の予想を整理してみます(2018/11/18、売上単位は100万ドル)。

ロイター予想値

売上予想

平均

上限

下限

期間

2019

13773

14728

13167

通年

2018

13333

13982

13065

通年

3-19

3700

3832

3481

4半期

12-18

3305

3387

3213

4半期

売上

予想

結果

9-18

3385

3451

66

1.95

6-18

3186

3088

98

3.07

3-18

3499

3466

33

0.95

12-17

3467

3210

257

7.41

9-17

3312

3179

133

4.02

EPS予想

平均

上限

下限

期間

2019

4.24

4.42

4.16

通年

2018

4.08

4.14

4.05

通年

3-19

1.09

1.22

0.97

4半期

12-18

0.95

1.03

0.9

4半期

EPS

予想

結果

9-18

1.13

1.15

0.02

1.75

6-18

0.79

0.86

0.07

9.14

3-18

1.04

1.14

0.1

9.1

12-17

0.89

0.91

0.02

1.89

9-17

1.02

1.04

0.02

2.22

(以下、次節の通年決算も含めて、売上、利益、資産、負債、資本、キャッシュフローなどの単位は百万ドル。EPS=希薄化後EPS)

四半期決算(GAAP基準)

GAAP基準での四半期会計の実績は以下の通りでした。

D

売上高

営業利益

純利益

EPS

09-2017

3179

1152

696

1.03

12-2017

3210

1146

1333

2.06

03-2018

3466

875

526

0.77

06-2018

3088

742

478

0.69

09-2018

3451

1150

883

1.3

(以下、次節の通年決算も含めて、売上、利益、資産、負債、資本、キャッシュフローなどの単位は百万ドル。EPS=希薄化後EPS)

通年決算(GAAP基準)

最後に、通年決算の数字を見てみます。

損益計算(売上、純利益等)

売上高

営業CF

同マージン

2008/12

15895

2676

16.80%

2009/12

14798

3786

25.60%

2010/12

14927

1825

12.20%

2011/12

13765

2983

21.70%

2012/12

12835

4137

32.20%

2013/12

13120

3433

26.20%

2014/12

12436

3439

27.70%

2015/12

11683

4475

38.30%

2016/12

11737

4127

35.20%

※同マージン=営業キャッシュフローマージン。15~35%程度あれば優良な数値。通常、売上高>営業CF>純利益となる。営業CF<純利益となる企業は粉飾決算の可能性あり。

EPSや営業利益率など

営業利益率

EPS

DSO

2008/12

22.5

3.16

55.06

2009/12

17.4

2.17

55.59

2010/12

21.3

4.76

50.53

2011/12

19.9

2.45

49.98

2012/12

8.8

0.53

47.41

2013/12

25.3

2.93

46.13

2014/12

21.9

2.24

47.09

2015/12

30.3

3.2

42.4

2016/12

30.9

3.44

42.34

2017/12

32.8

4.72

46.15

※DSO(デイズ・セールス・アウトスタンディング):売掛金回収に必要な日数。売掛金÷1日平均売上高で計算。期末に無理して売込みをかけてEPSをよい数値にした企業の場合は、売掛金が増え、DSOの数値が大きくなる。上記DSOの出所はモーニングスター社。

バランスシート

総資産

総負債

株主資本

自己資本率

2008/12

42053

31976

10077

24.00%

2009/12

42554

31369

11185

26.30%

2010/12

42817

30820

11997

28.00%

2011/12

45614

34111

11503

25.20%

2012/12

46838

36213

10625

22.70%

2013/12

50096

38454

11642

23.20%

2014/12

54327

42370

11957

22.00%

2015/12

58648

45046

13602

23.20%

2016/12

71610

54770

16840

23.50%

2017/12

76585

57215

19370

25.30%

ROAとROEなど

★ROA=当期純利益÷総資産 ※総資産を用いて企業があげた利益の割合

★ROE=当期純利益÷自己資本 ※投下資本に対して企業があげた利益の割合

★流動比率=流動資産÷流動負債 ※短期的な支払い能力を見る指標〔下表では資本が負債の何倍かを表記〕)

ROA

ROE

流動比率

単位

倍率

2008/12

4.5

18.8

0.98

2009/12

3

12.1

1

2010/12

6.6

24.2

0.94

2011/12

3.2

12

0.78

2012/12

0.7

2.7

0.66

2013/12

3.5

15.3

0.85

2014/12

2.5

11.3

0.78

2015/12

3.4

15.7

0.52

2016/12

3.3

15.6

0.52

2017/12

4.1

18.9

0.45

TTM

4

18

0.61

 

キャッシュフロー

営業CF

投資CF

財務CF

フリーCF

2008/12

2676

-3490

598

-878

2009/12

3786

-3695

-112

-51

2010/12

1825

419

-2232

-1597

2011/12

2983

-3321

378

-669

2012/12

4137

-3840

-151

-8

2013/12

3433

-3458

93

-632

2014/12

3439

-5181

1744

-1906

2015/12

4475

-6503

2317

-1100

2016/12

4127

-10703

6230

-1958

2017/12

4549

-5993

1303

-887

【スポンサードリンク】

 

-全投稿記事, 公益事業, 米国株, 高配当銘柄

Copyright© トランプ政権と米国株投資 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.