【FB】フェイスブックの株価と決算

2019年12月11日

広告

フェイスブックは世界最大のSNSです。

2004年にハーバード大の学生だったザッカーバーグ氏が立ち上げた学内の実名交流サイトが06年の一般開放を経て、今や世界を席巻しています。

(18年12月時点の地域別売上高は、米国が43.2%、欧州が24.4%、アジア太平洋が21%、カナダが2.9%、その他が8.5%)

2012年には「NASDAQ lOO指数」に入り、写真共有サービスの「インスタグラム」を買収。

14年にはゴーグル型バーチャルリアリティー技術をてがける「オキュラスVR」やチャットアプリの「ワッツアップ」の買収を行いました。

近年は仮想現実や人工知能の分野にも注力しています。

FANGの代表格として急成長を遂げたのですが、18年3月にはニューヨーク・タイムズとオブザーバー紙の報道により、個人情報漏洩問題の詳細が明らかになり、株価の急落が起きました。

その内容は、大統領選でトランプ陣営が契約したデータ分析会社(ケンブリッジ・アナリティカ)がフェイスブック利用者約5千万人の個人情報を不正に収集していたという話です。

内部告発者の話をもとに書かれた該当記事では、フェイスブック(以下、FB)が事実を知っておりながら利用者に警告をしなかったことを問題視しています。

当初、FB側は、これがデータ流出であることを否定し、その後にケンブリッジ・アナリティカのアカウントを停止したのですが、その対応の鈍さがマスコミに叩かれ、米国や英国で情報流出についての捜査を求める声が議員から上がりました。

米国や英国では、議会での証言が行われ、そのあとにさらなる情報流出の露呈、GDPR等の個人情報保護の潮流に押されて、株価が下がりました。

しかし、19年に入り、その株価は盛り返してきています。。

広告

主な指標を概観

まず、主要指標のデータを見てみます(指標と株価はgooglefinance関数から取得。配当利回り〔税込み〕のみブルームバーグ)

1/2株価 129
12/6株価 201.1
株価上昇率 55.86%
52週高値 208.7
52週安値 123
EPS 6.26
PER 32.14
配当利回り
時価総額(億$) 5733
株式数(億) 24.1

株価推移(チャートと伸び率)

次に、株価の推移を見てみます(青線が株価推移。赤線が200日間の移動平均線)。

株価の推移を1年ごとに見てみましょう

★1:各年の株価伸び率(※19年終値は12/6)
FB 初値 終値 上昇率
2019 129 201.1 56%
2018 177.7 131.1 -26%
2017 116 176.5 52%
2016 102 115.1 13%
2015 78.6 104.7 33%
2014 54.9 78 42%
2013 27.4 54.7 99%
2012 42 26.6 -37%

四半期決算(2019予想など)

さらに、ロイターが調べた四半期決算のEPSと売上の予想を整理してみます。

(※下記図表では、Y=年度決算、Q=四半期決算、日/月=データの日時、その右欄にあるのは1カ月前、2か月前の予想値を記載)。

EPS:予想と結果

予想 12/8 1月前 2月前
Y:2020 9.18 9.18 9.5
Y:2019 6.48 6.42 6.28
Q:20/3 1.94 1.94 2.1
Q:19/12 2.52 2.52 2.5
EPS 予想 結果
19/9 1.91 2.12 0.21 11.0
19/6 1.88 1.99 0.11 5.9
19/3 1.63 1.89 0.26 16.0
18/12 2.18 2.38 0.2 9.2
18/9 1.48 1.76 0.28 18.9
18/6 1.71 1.74 0.03 1.8
18/3 1.35 1.69 0.34 25.1

売上高:予想と結果

予想 12/8 1月前 2月前
Y:2020 85750 85720 85460
Y:2019 70460 70460 70260
Q:20/3 18550 18550
Q:19/12 20870 20870 20990
売上 予想 結果
19/9 17370 17652 282 1.6
19/6 16514 16886 372 2.3
19/3 14974 15077 103 0.7
18/12 16389 16914 525 3.2
18/9 13819 13727 -92 -0.7
18/6 13341 13231 -110 -0.8
18/3 11408 11966 558 4.9

決算予想と結果では米国会計基準(GAAP)とは違う「非GAAP基準」の数値(各社が経営実態を踏まえて調整した数値)が多用されています。そのため、本節の売上とEPSは次節のGAAP基準の値と同じになるとは限りません。

通年決算(GAAP基準)

最後に、通年決算の数字を見てみます(以下、売上、利益、資産、負債、資本、キャッシュフローなどの単位は百万ドル。EPS=希薄化後EPS)。

損益計算(売上、純利益等

FB 売上高 営業CF OCFマージン 純利益
12/12 5089 1612 32% 32
13/12 7872 4222 54% 1491
14/12 12466 7326 59% 2925
15/12 17928 10320 58% 3669
16/12 27638 16108 58% 10188
17/12 40653 24216 60% 15920
18/12 55838 29274 52% 22111
19/12

*同マージン=営業キャッシュフローマージン。15%もあれば優良。通常、売上高>営業CF>純利益となる。営業CF<純利益となる企業は粉飾決算の可能性あり。

EPSや売上高成長率など

FB SG(%) EPS DSO
12/12 37% 0.01 45.4
13/12 55% 0.6 42.4
14/12 58% 1.1 40.8
15/12 44% 1.29 43.1
16/12 54% 3.49 43.3
17/12 47% 5.39 44.1
18/12 37% 7.57 43.9
19/12  

※SG(セールスグロース):売上高成長率(前年度比)

※DSO(デイズ・セールス・アウトスタンディング):売掛金回収に必要な日数。売掛金÷1日平均売上高で計算。期末に無理して売込みをかけてEPSをよい数値にした企業の場合は、売掛金が増え、DSOの数値が大きくなる。上記DSOの出所はモーニングスター社。

バランスシート

FB 総資産 総負債 株主資本 自己資本率
12/12 15103 3348 11755 78%
13/12 17895 2425 15470 86%
14/12 39966 3870 36096 90%
15/12 49407 5189 44218 89%
16/12 64961 5767 59194 91%
17/12 84524 10177 74347 88%
18/12 97334 13207 84127 86%
19/12

ROAとROEなど

FB ROA ROE 流動比率
12/12 0% 0% 1071%
13/12 8% 10% 1188%
14/12 7% 8% 940%
15/12 7% 8% 1125%
16/12 16% 17% 1197%
17/12 19% 21% 1292%
18/12 23% 26% 719%
19/12  

★ROA=当期純利益÷総資産 ※総資産を用いて企業があげた利益の割合

★ROE=当期純利益÷自己資本 ※投下資本に対して企業があげた利益の割合

★流動比率=流動資産÷流動負債 ※短期的な支払い能力を見る指標

キャッシュフロー

FB 営業CF 投資CF 財務CF
12/12 1612 -7024 6283
13/12 4222 -2624 -667
14/12 7326 -5913 -298
15/12 10320 -9434 -139
16/12 16108 -11792 -310
17/12 24216 -20118 -5235
18/12 29274 -11603 -15572
19/12