【GD】ゼネラルダイナミクスの株価と決算、配当

2020年9月30日

広告

ゼネラルダイナミクス(General Dynamics Corpration)は航空宇宙や戦闘システム、海洋、情報技術、ミッションシステムを扱う軍需企業です。

商用ジェット機のガルフストリームが最大部門ですが、軍需が売上の過半を占めています。分野別に見た主な品目は以下の通りです。

  • 航空宇宙:ビジネスジェット機ガルフストリームなど。
  • 戦闘システム:M1エイブラムス戦車など。
  • 海洋システム:原子力潜水艦など。
  • 情報技術:政府向けの軍事IT。
  • ミッションシステム:C4ISRを担う製品開発。

(※C4ISRは「指揮:Command」「統制:Control」「通信:Communication」「コンピューター:Computer」「情報:Intelligence」「監視:Surveillance」「偵察:Reconnaissance」のこと)
事業別に見た売上高は以下の通り(S=システム)。

年/月 18/12 19/12
航空宇宙 23.4% 24.9%
海洋S 23.5% 23.3%
IT 22.8% 21.4%
戦闘S 17.2% 17.8%
ミッションS 13.1% 12.5%

(地域別売上高は米国とカナダが81.3%を占める)
祖業は潜水艦メーカーでしたが、航空機をつくるコンベア社と合併し、今では陸海空にわたって事業を手がけています(ガルフストリームは民生用)。近年では、防衛面でのIT事業の拡大を目指し、18年4月に大手IT企業のCSRAを買収。政府向け防衛関連ITを拡充しました。

広告

主な指標を概観

まず、主要指標のデータを見てみます(指標と株価はgooglefinance関数から取得)。

1/2株価 177.5
9/29株価 138.6
株価上昇率 -21.92%
52週高値 190.1
52週安値 100.6
β値 1.01
EPS 11.26
PER 12.31
配当利回り 3.17%
時価総額(億$) 398
株式数(億) 2.9

株価推移(チャートと伸び率)

次に、株価の推移を見てみます(青線が株価推移。赤線が200日間の移動平均線)。

株価の推移を1年ごとに見てみましょう。

★1:各年の株価伸び率(※20年終値は9/29株価)
GD 初値 終値 上昇率
2020 177.5 138.6 -22%
2019 155.3 176.4 14%
2018 203.5 157.2 -23%
2017 174.4 203.5 17%
2016 135.6 172.7 27%
2015 138.5 137.4 -1%
2014 94.9 137.6 45%
2013 70.7 95.6 35%
2012 68 69.3 2%
2011 70.3 66.4 -5%
2010 68.5 71 4%
2009 57.8 68.2 18%
2008 88.8 57.6 -35%
★2:各年初から20/9/29までの伸び率
19年~ 18年~ 17年~ 16年~
-11% -32% -21% 2%
15年~ 14年~ 13年~ 12年~
0% 46% 96% 104%
11年~ 10年~ 09年~ 08年~
97% 102% 140% 56%

配当利回りと配当性向

さらに、配当利回りを見てみます。

権利落ち日 配当 利回り 株価
2020/10/9 1.1
2020/7/3 1.1 3.01% 147.3
2020/4/10 1.1 2.29% 141
2020/1/17 1.02 2.24% 181.9
2019/10/11 1.02 2.22% 179.6
2019/7/5 1.02 2.14% 182.3
2019/4/12 1.02 2.18% 174.9
2019/1/18 0.93 2.21% 168.6
2018/10/5 0.93 1.76% 206.3
2018/7/6 0.93 1.87% 188.8
2018/4/13 0.93 1.58% 218.4
2018/1/19 0.84 1.61% 209.1

★配当性向の推移もモーニングスター(MS)社のデータで確認してみましょう。
★配当性向=1株当たり配当÷EPS×100〔純利益から配当金を支払っている割合〕
★単純計算=EPS÷1株配当。MS試算=モーニングスター社の試算値

権利落ち日 配当 利回り 株価
2020/10/9 1.1
2020/7/3 1.1 3.01% 147.3
2020/4/10 1.1 2.29% 141
2020/1/17 1.02 2.24% 181.9
2019/10/11 1.02 2.22% 179.6
2019/7/5 1.02 2.14% 182.3
2019/4/12 1.02 2.18% 174.9
2019/1/18 0.93 2.21% 168.6
2018/10/5 0.93 1.76% 206.3
2018/7/6 0.93 1.87% 188.8
2018/4/13 0.93 1.58% 218.4
2018/1/19 0.84 1.61% 209.1

四半期決算(2020予想など)

さらに、四半期決算のEPSと売上の予想を整理してみます。
(※下記図表では、Y=年度決算、Q=四半期決算、日/月=データの日時、その右欄にあるのは1カ月前、2か月前の予想値を記載。データの主な出所は英語版のヤフーファイナンス。ただ、2019年6月までのデータ出所はロイター)。

EPS:予想と結果

予想 9/29 1月前 2月前
Y:2021 12.03 12.05 12.25
Y:2020 11.04 11.05 11.19
Q:20/12 3.57 3.56 3.64
Q:20/9 2.86 2.88 2.94
EPS 予想 結果
20/6 2.15 2.18 0.03 1.4
20/3 2.57 2.43 -0.14 -5.4
19/12 3.44 3.51 0.07 2.0
19/9 3.06 3.14 0.08 2.6
19/6 2.68 2.77 0.09 3.4
19/3 2.42 2.56 0.14 5.8
18/12 2.99 3.07 0.08 2.7
18/9 2.76 2.89 0.13 4.7
18/6 2.49 2.82 0.33 13.3
18/3 2.49 2.65 0.16 6.4

売上高:予想と結果

予想 9/29 1月前 2月前
Y:2021 39760 39780 39820
Y:2020 38340 38340 38320
Q:20/12 10690 10690 10660
Q:20/9 9640 9880 9870
売上 予想 結果
20/6 8950 9260 310 3.5
20/3 9249 8749 -500 -5.4
19/12 10640 10773 133 1.3
19/9 9760 9761 1 0.0
19/6 9365 9555 190 2.0
19/3 8839 9261 422 4.8
18/12 10358 10378 21 0.2
18/9 9384 9094 -290 -3.1
18/6 9055 9186 131 1.4
18/3 7593 7535 58 0.8


決算予想と結果では米国会計基準(GAAP)とは違う「非GAAP基準」の数値(各社が経営実態を踏まえて調整した数値)が多用されています。そのため、本節の売上とEPSは次節のGAAP基準の値と同じになるとは限りません。

通年決算(GAAP基準)

最後に、通年決算の数字を見てみます(以下、売上、利益、資産、負債、資本、キャッシュフローなどの単位は百万ドル。EPS=希薄化後EPS)。

損益計算(売上、純利益等)

GD 売上高 営業CF 同マージン 純利益
08/12 29300 3124 11% 2459
09/12 31981 2855 9% 2394
10/12 32466 2986 9% 2624
11/12 32677 3238 10% 2526
12/12 30992 2606 8% -332
13/12 30930 3111 10% 2357
14/12 30852 3828 12% 2533
15/12 31781 2607 8% 3036
16/12 30561 2163 7% 2572
17/12 30973 3876 13% 2912
18/12 36193 3148 9% 3345
19/12 39350 2981 8% 3484

*同マージン=営業キャッシュフローマージン。15%もあれば優良。通常、売上高>営業CF>純利益となる。営業CF<純利益となる企業は粉飾決算の可能性あり。

EPSや売上高成長率など

GD SG(%) EPS DSO
08/12 8% 6.17 39.5
09/12 9% 6.17 40.8
10/12 2% 6.81 42.3
11/12 1% 6.87 46.4
12/12 -5% -0.94 50.1
13/12 0% 6.67 50.3
14/12 0% 7.42 50.0
15/12 3% 9.29 43.5
16/12 -4% 8.29 41.1
17/12 1% 9.56 42.6
18/12 17% 11.18 37.2
19/12 9% 11.98 33.9

※SG(セールスグロース):売上高成長率(前年度比)
※DSO(デイズ・セールス・アウトスタンディング):売掛金回収に必要な日数。売掛金÷1日平均売上高で計算。期末に無理して売込みをかけてEPSをよい数値にした企業の場合は、売掛金が増え、DSOの数値が大きくなる。上記DSOの出所はモーニングスター社。

バランスシート

GD 総資産 総負債 株主資本 自己資本率
08/12 28373 18320 10053 35%
09/12 31077 18654 12423 40%
10/12 32545 19229 13316 41%
11/12 34883 21651 13232 38%
12/12 34309 22919 11390 33%
13/12 35494 20993 14501 41%
14/12 35337 23508 11829 33%
15/12 31997 21259 10738 34%
16/12 33172 22871 10301 31%
17/12 35046 23611 11435 33%
18/12 45408 33676 11732 26%
19/12 48841 35264 13577 28%

ROAとROEなど

GD ROA ROE 流動比率
08/12 9% 24% 115%
09/12 8% 19% 128%
10/12 8% 20% 127%
11/12 7% 19% 138%
12/12 -1% -3% 135%
13/12 7% 16% 148%
14/12 7% 21% 127%
15/12 9% 28% 117%
16/12 8% 25% 123%
17/12 8% 25% 140%
18/12 7% 29% 123%
19/12 7% 26% 118%

★ROA=当期純利益÷総資産 ※総資産を用いて企業があげた利益の割合
★ROE=当期純利益÷自己資本 ※投下資本に対して企業があげた利益の割合
★流動比率=流動資産÷流動負債 ※短期的な支払い能力を見る指標

キャッシュフロー

GD 営業CF 投資CF 財務CF
08/12 3124 -3663 -718
09/12 2855 -1392 -806
10/12 2986 -408 -2226
11/12 3238 -1974 -1201
12/12 2606 -642 -1382
13/12 3111 -363 -725
14/12 3828 -1102 -3675
15/12 2607 200 -4367
16/12 2163 -391 -2169
17/12 3876 -788 -2399
18/12 3148 -10234 5086
19/12 2981 -994 -1997