【TXN】テキサスインスツルメンツの株価と決算、配当

テキサスインスツルメンツ(Texas Instruments Incorporated)は大手の半導体設計・製造会社です。

電源やアンプ等に用いられるアナログICを収益の柱とし、マイコンやデジタル信号処理などの組込みプロセッサも手掛けています。

売上の中心はアナログ半導体で、約7割を占めています。

【事業別売上比】(四捨五入のため累計が99%や101%のケースあり)

年/月 17/12 18/12 19/12
アナログ 66% 68% 71%
組込プロセッサ 23% 23% 21%
その他 10% 9% 9%

35 ヶ国以上に製造・設計・営業の拠点を展開。

地域ごとに売上高を見ると、アジアが半分以上を占めています。

自前主義を取り、製品の7割を自社製造していることも特筆すべきポイントでしょう。

【地域別売上高】

年/月 17/12 18/12 19/12
米国 13% 14% 12%
アジア 61% 59% 58%
欧州 20% 19% 18%
日本 7% 6% 5%
その他 2% 2% 3%

主な指標を概観

まず、主要指標のデータを見てみます(指標と株価はgooglefinance関数から取得)。

1/4株価 164.6
4/15株価 193.2
株価上昇率 17.36%
52週高値 197.6
52週安値 105.5
β値 1.07
EPS 5.97
PER 32.37
配当利回り 2.13%
時価総額(億$) 1783
株式数(億) 9.2

株価推移(チャートと伸び率)

次に、株価の推移を見てみます(青線が株価推移。赤線が200日間の移動平均線)。

graph

株価の推移を1年ごとに見てみましょう。

★1:各年の株価伸び率(※21年終値は4/15株価)
TXN 初値 終値 上昇率
2021 164.6 193.2 17%
2020 129.1 164.1 27%
2019 92.8 128.3 38%
2018 105.1 94.5 -10%
2017 73.5 104.4 42%
2016 53.6 73 36%
2015 53.8 54.8 2%
2014 43.4 53.5 23%
2013 31.5 43.9 39%
2012 29.5 30.9 5%
2011 32.7 29.1 -11%
2010 26.2 32.5 24%
2009 15.5 26.1 68%
2008 33 15.5 -53%
★2:各年初から21/4/15までの伸び率
21年~ 20年~ 19年~ 18年~
17% 50% 108% 84%
17年~ 16年~ 15年~ 14年~
163% 260% 259% 345%
13年~ 12年~ 11年~ 10年~
513% 555% 491% 637%
09年~ 08年~
1146% 485%

配当利回りと配当性向

さらに、配当利回りを見てみます。

権利落ち日 配当 利回り 株価
2021/1/31 1.02 2.32% 165.69
2020/10/29 1.02 2.54% 146.19
2020/7/30 0.9 2.79% 128.89
2020/5/3 0.9 3.16% 109.7
2020/1/30 0.9 2.68% 124.4
2019/10/30 0.9 2.73% 117.8
2019/7/30 0.77 2.4% 128.5
2019/5/5 0.77 2.49% 117.5
2019/1/30 0.77 2.72% 102.1
2018/10/30 0.77 2.83% 93
2018/7/30 0.62 2.24% 110.9
2018/5/6 0.62 2.25% 104.7

配当性向の推移もモーニングスター(MS)社のデータで確認してみましょう。

★配当性向=1株当たり配当÷EPS×100〔純利益から配当金を支払っている割合〕

★単純計算=EPS÷1株配当。MS試算=モーニングスター社の試算値

年/月 EPS 配当 配当性向
(GAAP) 単純計算 MS試算
08/12 1.44 0.41 28.5 28.3
09/12 1.15 0.45 39.1 39.1
10/12 2.62 0.49 18.7 18.7
11/12 1.88 0.56 29.8 21.8
12/12 1.51 0.72 47.7 47.6
13/12 1.91 1.07 56 58
14/12 2.57 1.24 48.2 52.8
15/12 2.82 1.4 49.6 48.9
16/12 3.48 1.64 47.1 48.4
17/12 3.61 2.12 58.7 46.7
18/12 5.59 2.63 47 53.1
19/12 5.24 3.21 61.3 57.1
20/12 5.97 3.72 62.3 68



四半期決算(2020予想など)

さらに、四半期決算のEPSと売上の予想を整理してみます。

(※下記図表では、Y=年度決算、Q=四半期決算、日/月=データの日時、その右欄にあるのは1カ月前、2か月前の予想値を記載。データの主な出所は英語版のヤフーファイナンス。ただ、2019年6月までのデータ出所はロイター)。

EPS:予想と結果

予想 4/10 1月前 2月前
Y:2022 7.24 7.2 7.2
Y:2021 6.72 6.69 6.69
Q:21/6 1.67 1.66 1.66
Q:21/3 1.57 1.57 1.57
EPS 予想 結果
20/12 1.34 1.64 0.3 22.4
20/9 1.27 1.45 0.18 14.2
20/6 0.87 1.15 0.28 32.2
20/3 1 1.24 0.24 24.0
19/12 1.02 1.12 0.1 9.8
19/9 1.42 1.49 0.07 4.9
19/6 1.22 1.36 0.14 11.5
19/3 1.13 1.22 0.09 8
18/12 1.24 1.27 0.03 2.4
18/9 1.53 1.58 0.05 3.3
18/6 1.32 1.4 0.08 6.1
18/3 1.11 1.35 0.24 22

graph

売上高:予想と結果

予想 4/10 1月前 2月前
Y:2022 17400 17360 17360
Y:2021 16600 16570 16570
Q:21/6 4140 4130 4130
Q:21/3 3990 3980 3980
売上 予想 結果
20/12 3600 4080 480 13.3
20/9 3430 3820 390 11.4
20/6 2910 3240 330 11.3
20/3 3170 3330 160 5.0
19/12 3210 3350 140 4.4
19/9 3820 3771 -49 -1.3
19/6 3598 3668 70 1.9
19/3 3481 3594 113 3.2
18/12 3743 3717 -26 -0.7
18/9 4298 4261 -37 -0.9
18/6 3973 4017 44 1.1
18/3 3651 3789 138 3.8

graph
決算予想と結果では米国会計基準(GAAP)とは違う「非GAAP基準」の数値(各社が経営実態を踏まえて調整した数値)が多用されています。そのため、本節の売上とEPSは次節のGAAP基準の値と同じになるとは限りません。


通年決算(GAAP基準)

最後に、通年決算の数字を見てみます(以下、売上、利益、資産、負債、資本、キャッシュフローなどの単位は百万ドル。EPS=希薄化後EPS)。

損益計算(売上、純利益等)

graph

TXN 売上高 営業CF 同マージン 純利益
08/12 12501 3330 27% 3330
09/12 10427 2643 25% 2643
10/12 13966 3820 27% 3820
11/12 13735 3256 24% 3256
12/12 12825 3414 27% 3414
13/12 12205 3384 28% 3384
14/12 13045 4054 31% 4054
15/12 13000 4397 34% 4397
16/12 13370 4614 35% 4614
17/12 14961 5363 36% 5363
18/12 15784 7189 46% 7189
19/12 14383 6649 46% 6649
20/12 14461 6139 42% 6139

同マージン=営業キャッシュフローマージン。15%もあれば優良。通常、売上高>営業CF>純利益となる。営業CF<純利益となる企業は粉飾決算の可能性あり。

EPSや売上成長率など

TXN SG(%) EPS DSO
08/12 -10% 1.44 38.8
09/12 -17% 1.15 38.3
10/12 34% 2.62 36.5
11/12 -2% 1.88 40.7
12/12 -7% 1.51 39.5
13/12 -5% 1.91 36.4
14/12 7% 2.57 34.3
15/12 0% 2.82 33.9
16/12 3% 3.48 33.2
17/12 12% 3.61 31
18/12 6% 5.59 28.7
19/12 -9% 5.24 28.9
20/12 1% 5.97 31.4

※SG(セールスグロース):売上高成長率(前年度比)
※DSO(デイズ・セールス・アウトスタンディング):売掛金回収に必要な日数。売掛金÷1日平均売上高で計算。期末に無理して売込みをかけてEPSをよい数値にした企業の場合は、売掛金が増え、DSOの数値が大きくなる。上記DSOの出所はモーニングスター社。

バランスシート

graph

TXN 総資産 総負債 株主資本 自己資本率
08/12 11923 2597 9326 78%
09/12 12119 2397 9722 80%
10/12 13401 2964 10437 78%
11/12 20497 9545 10952 53%
12/12 20021 9060 10961 55%
13/12 18938 8131 10807 57%
14/12 17372 6982 10390 60%
15/12 16230 6284 9946 61%
16/12 16431 5958 10473 64%
17/12 17642 7305 10337 59%
18/12 17137 8143 8994 52%
19/12 18018 9111 8907 49%
20/12 19351 10164 9187 47%

ROAとROEなど

TXN ROA ROE 流動比率
08/12 28% 36% 378%
09/12 22% 27% 385%
10/12 29% 37% 356%
11/12 16% 30% 224%
12/12 17% 31% 240%
13/12 18% 31% 292%
14/12 23% 39% 292%
15/12 27% 44% 277%
16/12 28% 44% 329%
17/12 30% 52% 386%
18/12 42% 80% 327%
19/12 37% 75% 413%
20/12 32% 67% 428%

★ROA=当期純利益÷総資産 ※総資産を用いて企業があげた利益の割合
★ROE=当期純利益÷自己資本 ※投下資本に対して企業があげた利益の割合
★流動比率=流動資産÷流動負債 ※短期的な支払い能力を見る指標

キャッシュフロー

graph

TXN 営業CF 投資CF 財務CF
08/12 3330 -1182 -2430
09/12 2643 -1096 -1411
10/12 3820 -1057 -2626
11/12 3256 -6172 2589
12/12 3414 -1039 -1951
13/12 3384 -3 -3170
14/12 4054 -377 -4105
15/12 4397 -302 -4294
16/12 4614 -650 -3810
17/12 5363 -1127 -3734
18/12 7189 -78 -6329
19/12 6649 -1920 -4730
20/12 6139 -922 -4547