ジレット

WikimediaImages / Pixabay

全投稿記事 生活必需品 米国株

【PG】プロクター&ギャンブルの株価と決算、配当

更新日:

プロクター&ギャンブル(The Procter & Gamble Company)は世界最大の日用品メーカーです。

P&Gは世界中の消費者に向けて、量販店、食品雑貨店、会員制小売店、ドラッグストア、デパート、ベビーショップ、専門美容店、eコマース、薬局などを中心に約180の国・地域で製品を販売しています。

売上高の45%は北米で上がっており、残りは欧州23%、アジア太平洋9%、中華圏8%、南米8%、インド・中東アフリカが7%という構成になっています(17年6月)。

主な製品は、洗剤、清掃用品、紙製品、美容製品、食品・飲料、ヘルスケア用品、ファミリーケア製品(ペーパータオル、ティッシュ、トイレットペーパー等)です。

21ものブランドを持ち、その中では、紙おむつの「パンパース」、生理用ナプキンの「ウィスパー」、衣料用洗剤の「アリエール」、食器洗い用洗剤の「ジョイ」、消臭剤の「ファブリーズ」、髭剃りの「ジレット」、電気髭剃りの「プラウン」、ヘアケア用品の「パンテーン」、ヘアケア化粧品の「SK-Ⅱ」などが有名です。

2012年には「プリングルズ」事業を売却。14年にはペットケア事業から撤退。

バークシャー・ハサウェイヘ電池事業を手掛けるデュラセル社を譲渡し、2016年にはコティに美容製品事業の一部を売却しました。

2017年9月には、保有株6位の大株主(約35億ドルを保有)であるトライアン・ファンド・マネジメントはブランドやネット販売の拡充を要求する改革案を提出しています。

トライアンを率いるネルソン・ペルツ氏は、その改革案にて、官僚主義の排除、事業部門の再編、高成長ブランドへの投資、デジタル戦略の優先などを要求。P&Gは「ビューティーグルーミングヘルスケア」、「ファブリックホームケア」、「ベビーフェミニンファミリーケア」を独立した主要部門として事業を分け、消費者の地元志向に対応するために、小規模でも高成長のブランドを傘下に収めるべきだと述べています。

P&Gの側は、その提案に対して、古く誤った情報に基づくものだと反論し、デービッド・テーラー氏が2015年11月にCEOとなってから、P&Gは28%の株主還元を実現し、この期間にトライアンが選んだ同業他社よりもその規模が大きいと述べました。

その後、2018年にP&Gは大幅な株価下落を被りました。

その要因としては、4月に発表された独メルク(※米メルクとは別)の消費者向けヘルスケア事業買収の件(4500億円相当の買収で財務負担増)等が挙げられていますが、それだけでもなさそうです。

現在、米国では金利上昇のために高配当銘柄(PGもその中に入る)と債券との競合が発生しているからです。

米国債でも長期で3%程度の利回りが見込めるので、「安全パイ的な株(いわゆるディフェンシブ銘柄)を買わなくても、債券でいいんじゃないか」と考える人が増え、有事にディフェンシブ銘柄が株価下落を招くという、看板倒れの結果になったのです。

(筆者は逆張りで、「むしろ買い時」と考えましたが・・・)

今回は、このPGの株価チャートと最近の指標を見ていきます。

【PG】プロクター&ギャンブルの株価推移

スポンサーリンク

まず、近年のプロクター&ギャンブルの株価をロイター通信社のサイトで見てみます。

【5年チャート】

18年には2月から4月にかけて株価が下がり、6月はやや回復しています。

3年チャートで見ると、18年は底値を刻み、再び上がり始めています。

さらに長期のチャートを見てみます。

【長期チャート】

ここ数年、90ドルの天井を破れないまま、株価の上がり下がりが続き、結局、株価の天井が破れず、18年に下落しています。

あくまでも筆者の見解ですが、18年の株安は「売りが売りを招く」という、集団ヒステリー的な様相が出ています。

長期チャートで見るとわかるのですが、18年の株価下落の規模は、サブプライムショック後に近い大規模な下落です。

しかしながら、米国と世界経済で、そんな大規模不況が起きているわけではないし、後述のP&Gの決算業績も、そんなに大きく悪化したわけでもありませんでした。

そのため、筆者は過小評価されていると見て、わずかではありますが、6月始めに1000ドルほどPG株を購入しています。

【PG】プロクター&ギャンブルの指標

次に、ブルームバーグのサイトでこの銘柄の指標を見てみます(2018/7/9閲覧)。

  • 株価52週レンジ:70.73~94.67
  • 1年トータルリターン:-6.53%
  • 年初来リターン : -13.68%
  • 株価収益率(PER) : 19.48
  • 1年1株当り利益 (EPS) : 4.07
  • 時価総額:1994億3300万ドル
  • 発行済株式数:25億1500万株
  • 株価売上高倍率(PSR) : 3.06
  • 直近配当利回り(税込) : 3.62%

1年トータルリターンが約-6%、年初来が-13%。なかなか渋い結果です。

【PG】プロクター&ギャンブルの決算と配当

次に、決算の数字を見てみます。

(売上、利益、資産、負債、資本、キャッシュフローなどの単位は百万ドル。EPS=希薄化後EPS。情報源は亜州IR株式会社の『米国株四半期速報』、プロクター&ギャンブル決算、モーニングスターHPなど)

4半期決算と配当:2015~2017年

売上高 純利益 EPS 配当
2015/3 16930 2153 0.75 0.64
2015/6 17790 521 0.18 0.66
2015/9 16527 2601 0.91 0.66
2015/12 16915 3206 1.12 0.66
2016/3 15755 2750 0.97 0.66
2016/6 16102 1951 0.69 0.67
2016/9 16518 2714 0.96 0.67
2016/12 16856 7875 2.88 0.67
2017/3 15605 2522 0.93 0.67
2017/6 16079 2215 0.82 0.69
2017/9 16653 2853 1.06 0.69
2017/12 17395 2495 0.93 0.69
2018/3 16281 2511 0.95 0.69

売上高と純利益はいずれも堅調な業績です。

通年決算:2008~2017年

P&Gは6月決算なので、以下、全て各年6月の通年決算データです。

売上高 営業利益 純利益 EPS
2008 81748 16637 12075 3.64
2009 76694 15374 13436 4.26
2010 77567 15732 12736 4.11
2011 81104 15495 11797 3.93
2012 82006 14611 10756 3.66
2013 80116 14125 11312 3.86
2014 74401 13910 11643 4.01
2015 70749 13077 7036 2.44
2016 65229 13441 10508 3.69
2017 65058 13955 15326 5.59

配当余力など:2008~2017年

営業CF フリーCF 配当性向 配当
2008 15814 12768 39.8 1.45
2009 14919 11681 45.8 1.64
2010 16072 13005 51 1.8
2011 13231 9925 50.1 1.97
2012 13284 9320 64.4 2.14
2013 14873 10865 56.6 2.29
2014 13958 10110 64 2.45
2015 14608 10872 67.2 2.59
2016 15435 12121 83.7 2.66
2017 12753 9369 74.8 2.7

利益率など:2008~2017年

粗利益率 営業利益率 ROA ROE
2008 51.6 20.4 8.44 17.83
2009 49.6 20 9.5 20.39
2010 52.2 20.3 9.52 20.59
2011 50.9 19.1 8.68 18.32
2012 49.5 17.8 7.76 16.32
2013 50.1 17.6 8.15 17.14
2014 47.5 18.7 8.03 16.87
2015 47.6 18.5 4.95 10.47
2016 49.6 20.6 7.99 17.43
2017 50 21.5 12.18 27.3

17年の年次報告書を見ると、P&Gブランドのシェアの比率が誇らしげに掲示されていました(以下、17年6月のデータ)

これらの競争優位性がどこまで保たれるのかが、今後の注目点になりそうです。

財務情報:2013~2017年

さらに、財務上のデータも見てみます。

総資産 総負債 株主資本 自己資本率
2013 139263 71199 68064 49.1
2014 144266 75052 69214 48.23
2015 129495 67076 62419 48.44
2016 127136 69795 57341 45.33
2017 120406 65222 55184 46.06

自己資本率は高めですが、流動負債が流動資産を上回っています。

流動資産 流動負債 非流動資産 非流動負債
2013/12 23990 30037 115273 41162
2014/12 31617 33726 112649 41326
2015/12 29646 29790 99849 37286
2016/12 33782 30770 93354 39025
2017/12 26494 30210 93912 35012

キャッシュフロー:2013~2017年

営業CF 投資CF 財務CF フリーCF
2013 14873 -6295 -7071 10865
2014 13958 -4107 -7279 10110
2015 14608 -2891 -13019 10872
2016 15435 -5575 -9213 12121
2017 12753 -5689 -8568 9369

2018年に入り、株価は下落気味ですが、決算データ自体はそんなに悪くありません。

巡航速度の範囲で動いているように見えるので、過小評価されている今が、ちょうど株の買い時なのかもしれません。

【スポンサードリンク】

-全投稿記事, 生活必需品, 米国株

Copyright© トランプ政権と米国株投資 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.