ジレット

WikimediaImages / Pixabay

ダウ30銘柄 生活必需品 米国株 高配当銘柄

【PG】プロクター&ギャンブルの株価と決算、配当

更新日:

プロクター&ギャンブル(The Procter & Gamble Company)は世界最大の日用品メーカーです。P&Gは世界中の消費者に向けて、量販店、食品雑貨店、会員制小売店、ドラッグストア、デパート、ベビーショップ、専門美容店、eコマース、薬局などを中心に約180の国・地域で製品を販売しています。

主な製品は、洗剤、清掃用品、紙製品、美容製品、食品・飲料、ヘルスケア用品、ファミリーケア製品(ペーパータオル、ティッシュ、トイレットペーパー等)です。

売上高の45%は北米で上がっており、残りは欧州23%、アジア太平洋9%、中華圏8%、南米8%、インド・中東アフリカが7%という構成になっています(17年6月)。

2012年には「プリングルズ」事業を売却。14年にはペットケア事業から撤退。さらにはバークシャー・ハサウェイヘ電池事業を手掛けるデュラセル社を譲渡し、2016年にはコティに美容製品事業の一部を売却しました。

P&Gのブランドを見ると、その数は21にわたり、紙おむつの「パンパース」、生理用ナプキンの「ウィスパー」、衣料用洗剤の「アリエール」、食器洗い用洗剤の「ジョイ」、消臭剤の「ファブリーズ」、髭剃りの「ジレット」、電気髭剃りの「プラウン」、ヘアケア用品の「パンテーン」、ヘアケア化粧品の「SK-Ⅱ」などが有名です。

17年の年次報告書では、P&Gブランドのシェアの比率が誇らしげに掲示されていました(以下、17年6月のデータ)

https://johoseiri.net/wp-content/uploads/2018/02/f776356f05b4290e9d7c07dfbf2170a0.jpg

https://johoseiri.net/wp-content/uploads/2018/02/29067f73fc8e61cb3ce6905fefcfd466.jpg

これらの競争優位性がどこまで保たれるのかが、今後の注目点になりそうです。

※2017年9月には、保有株6位の大株主(約35億ドルを保有)であるトライアン・ファンド・マネジメントはブランドやネット販売の拡充を要求する改革案を提出。改革案は、官僚主義の排除、事業部門の再編、高成長ブランドへの投資、デジタル戦略の優先などを要求しました。P&Gは「ビューティーグルーミングヘルスケア」「ファブリックホームケア」「ベビーフェミニンファミリーケア」を独立させて事業を分け、消費者の地元志向に対応するために、小規模でも高成長のブランドを傘下に収めるべきだと述べたのです。P&Gの側は、その提案に対して、古く誤った情報に基づくものだと反論し、デービッド・テーラー氏が15年11月にCEOとなってから、P&Gは28%の株主還元を実現し、その規模は同業他社よりも大きいと述べました。

主な指標を概観

まず、主要指標のデータを見てみます(出所はグーグルファイナンスなど)

PG
1/2株価91.9
11/27株価93
株価上昇率1.20%
52週高値94.8
52週安値70.7
EPS3.83
PER24.29
配当(利回り)2.87 (3.09%)
時価総額(億$)2317
株式数(億)24.9

株価推移(チャートと伸び率)

次に、株価の推移を見てみます(青線が株価推移。赤線が200日間の移動平均線)。

その株価の推移を1年ごとに見てみましょう 。

★1:各年の株価伸び率(※18年終値は11/27)
PG初値最安最高終値上昇率
201891.970.993.892.71%
201783.983.594.491.910%
201678.4759084.17%
201590.868.191.679.4-13%
201481.375.793.591.112%
201368.768.585.481.419%
201266.359.370.867.92%
201164.458.567.566.74%
201061.159.365.264.35%
200961.744.263.260.6-2%
200873.357.473.361.8-16%
★2:各年初から2018/11/27までの伸び率
18年~17年~16年~15年~14年~13年~
1%11%18%2%14%35%
12年~11年~10年~09年~08年~-
40%44%52%50%26%-

配当利回りと配当性向

次に、10年ほどの配当金と配当性向の推移をモーニングスター(MS)社のデータで見てみます。

★配当性向=1株当たり配当÷EPS×100〔純利益から配当金を支払っている割合〕

★MS社は非GAAPのEPSで配当性向を試算。GAAP基準のEPS試算〔=単純計算〕の箇所は筆者挿入。

年/月EPS配当配当性向
(GAAP)単純計算MS試算
2009/64.261.6438.545.8
2010/64.111.843.851
2011/63.931.9750.150.1
2012/63.662.1458.564.4
2013/63.862.2959.356.6
2014/64.012.4561.164
2015/62.442.59106.167.2
2016/63.692.6672.183.7
2017/65.592.748.374.8
2018/63.672.7976.073.3

四半期ごとの配当も見てみます。

権利落ち日1株配当配当利回り当日株価
2018/10/190.71723.3%87.3
2018/07/200.71723.6%78.68
2018/04/200.71723.8%73.8
2018/01/190.68963.0%91.07
2017/10/200.68963.1%88.25
2017/07/210.68963.1%88.61
2017/04/210.68963.0%88.62
2017/01/200.66953.1%87.45
2016/10/210.66953.2%84.33
2016/07/220.66953.1%85.72
2016/04/180.66953.2%82.83
2016/01/220.66293.4%77.36

四半期決算(予想と実値)

ロイター予想値

さらに、ロイターが調べた四半期決算のEPSと売上の予想を整理してみます(2018/11/18、売上単位は100万ドル)。

※決算予想では米国会計基準(GAAP)とは違う各社の独自試算「非GAAP基準」の数値(経営実態を踏まえて調整した数値)です。売上とEPSの値が後述のGAAP基準での値と違う場合は、非GAAP基準の数値になります。

売上予想平均上限下限期間
2020688627140067808通年
2019668276930066131通年
2018668356720566355通年
434351721817507169154半期
433441653716876160264半期
売上予想結果
4334416461166902291.39
432521653716503340.21
431601621316281680.42
43070173891739560.04
429791669016653370.22
EPS予想平均上限下限期間
20204.725.004.60通年
20194.414.704.34通年
20184.184.244.15通年
434351.201.241.154半期
433440.900.930.864半期
EPS予想結果
433441.091.120.032.55
432520.900.940.044.46
431600.981.000.021.75
430701.141.190.054.19
429791.081.090.011.19

※決算予想では米国会計基準(GAAP)とは異なる「非GAAP基準」の数値が多用されています。これは各社が経営実態を踏まえて調整した数値です(売上とEPSの数値が後述のGAAP基準での数値と異なる場合は、非GAAP基準の数値)。

四半期決算(GAAP基準)

GAAP基準での四半期会計の実績は以下の通りでした。

PG売上高営業利益純利益EPS
09-201716653364828701.06
12-201717395400325610.93
03-201816281329625400.95
06-201816503276418900.73
09-201816690355432111.22

(以下、次節の通年決算も含めて、売上、利益、資産、負債、資本、キャッシュフローなどの単位は百万ドル。EPS=希薄化後EPS)

通年決算(GAAP基準)

最後に、通年決算の数字を見てみます。

損益計算(売上、純利益等)

売上高営業CF同マージン純利益
2008/06792571500818.9%12075
2009/06766941491919.5%13436
2010/06775671613120.8%12517
2011/06811041333016.4%11564
2012/06820061328416.2%10500
2013/06801161487318.6%11068
2014/06744011395818.8%11390
2015/06744011460819.6%11390
2016/06707491543521.8%6777
2017/06652991275319.5%10508
2018/06650581486722.9%15326

※同マージン=営業キャッシュフローマージン。15~35%程度あれば優良な数値。通常、売上高>営業CF>純利益となる。営業CF<純利益となる企業は粉飾決算の可能性あり。

EPSや営業利益率など

営業利益率EPSDSO
2009/620.44.2629.09
2010/620.34.1125.83
2011/619.23.9325.66
2012/617.83.6626.92
2013/617.63.8627.27
2014/618.44.0128.33
2015/618.12.4426.91
2016/620.63.6925.81
2017/621.55.5925.15
2018/620.53.6725.34
TTM20.43.8327.23

※DSO(デイズ・セールス・アウトスタンディング):売掛金回収に必要な日数。売掛金÷1日平均売上高で計算。期末に無理して売込みをかけてEPSをよい数値にした企業の場合は、売掛金が増え、DSOの数値が大きくなる。上記DSOの出所はモーニングスター社。上記TTMは11/12時点から過去12カ月で計算した値。

バランスシート

総資産総負債株主資本自己資本率
2008/06143992744986949448.3%
2009/06134833714516338247.0%
2010/06128172667336143947.9%
2011/06138354703536800149.2%
2012/06132244682096403548.4%
2013/06139263705546870949.3%
2014/06144266742906997648.5%
2015/06129495664456305048.7%
2016/06127136691535798345.6%
2017/06120406646285577846.3%
2018/06118310654275288344.7%

ROAとROEなど

★ROA=当期純利益÷総資産 ※総資産を用いて企業があげた利益の割合

★ROE=当期純利益÷自己資本 ※投下資本に対して企業があげた利益の割合

★流動比率=流動資産÷流動負債 ※短期的な支払い能力を見る指標〔下表では資本が負債の何倍かを表記〕)

ROAROE流動比率
単位倍率
2009/69.520.40.71
2010/69.520.60.77
2011/68.718.30.81
2012/67.816.30.88
2013/68.217.10.8
2014/68.016.90.94
2015/65.010.51
2016/68.017.41.1
2017/612.227.30.88
2018/68.018.00.83
TTM8.218.70.8

キャッシュフロー

営業CF投資CF財務CFフリーCF
2008/0615008-2549-1484412890
2009/0614919-2353-1081412768
2010/0616131-597-1731416132
2011/0613330-3482-1012210249
2012/0613284-1093-1041012213
2013/0614873-6295-707111449
2014/0613958-4100-727910687
2015/0614608-2890-1301915370
2016/0615435-5575-921312553
2017/0612753-5689-85689940
2018/0614867-3511-1437511419

【スポンサードリンク】

-ダウ30銘柄, 生活必需品, 米国株, 高配当銘柄

Copyright© トランプ政権と米国株投資 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.