トランプ政権と米国株投資

アメリカ市場の銘柄(ETF含む)を買う人向けに政治・経済の情報を提供するブログです。

アップル製品

Pexels / Pixabay

GAFA/FANG/BAT ダウ30銘柄 全投稿記事 情報技術 米国株 高成長銘柄

【AAPL】アップルの株価と決算、配当

更新日:

アップルも近年は多角化が進み、その事業の説明が複雑になってきています。

ブルームバーグのHPでは、パソコン、関連製品と移動通信機器、各種関連ソフトウエア、サービス、周辺機器、ネットワーキング・ソリューション のデザイン・製造・販売等と説明されていました。

ざっくり言えば「かっこよさを追求する情報機器の製造業。ソフトやサービスもてがけています」という感じなのかもしれません。

その売上の6割はアイフォンから叩き出されていますが、最近のアップルの動向ではホームポッドなどが注目されています。

2018年にはデジタル音声アシスタント「Siri」を搭載したスマートスピーカーの「ホームポッド」を発売(米英豪⇒仏独の順)。その値段は349ドルなので、なかなか高価です。

アイフォンは向かうところ敵なしに見えますが、最近は、スマホ世界4位の中国オッポが日本に上陸したり、サムスンが「ギャラクシーS9」を発表したり、グーグルが11月にスマホ「ピクセル」を日本で販売開始したりと競争が激化しています。

今後は、ホームポッドや自動運転等の新技術の展開が注目されるでしょう。

主な指標を概観

スポンサーリンク


まず、主な指標でアップルのデータを見てみます(出所はグーグルファイナンスなど)。

19/1/2株価154.9
19/1/11株価152.3
株価上昇率-1.7%
52週高値233.5
52週安値142
EPS12.21
PER12.47
配当(利回り)2.92 (1.92%)
時価総額(億$)7203
株式数(億)47.3

株価推移(チャートと伸び率)

次にAAPLの株価推移を見てみます。


青線が株価推移。オレンジ線が200日間の移動平均線です。

その伸びを各年ごとに見ていったら、どうなるのでしょうか。

★1:各年の株価伸び率(※18年終値は12/31)
AAPL初値最安最高終値上昇率
2018170.2142.2232.1157.7-7%
2017115.8116176.4169.246%
2016102.690.3118.3115.813%
2015111.4103.1133105.3-6%
201479.471.4119110.439%
201379.155.881.480.21%
201258.558.8100.37630%
201146.645.160.357.924%
201030.527.446.546.151%
200912.211.230.230.1147%
200828.511.528.512.2-57%
★2:各年初から2018/12/31までの伸び率
18年~17年~16年~15年~14年~13年~
-7%36%54%42%99%99%
12年~11年~10年~09年~08年~-
170%238%417%1193%453%-

配当利回りと配当性向

株価の次に、配当金と配当性向の推移をモーニングスター(MS)社のデータで見てみます。

★配当性向=1株当たり配当÷EPS×100〔純利益から配当金を支払っている割合〕

★MS社は非GAAPのEPSで配当性向を試算。GAAP基準のEPS試算〔=単純計算〕の箇所は筆者挿入。

年/月

EPS

配当

配当性向

(GAAP)

単純計算

MS試算

2013/9

5.68

1.63

28.7

27.4

2014/9

6.45

1.81

28.1

28.5

2015/9

9.22

1.98

21.5

22.3

2016/9

8.31

2.18

26.2

24.8

2017/9

9.21

2.4

26.1

26.5

2018/9

11.91

2.72

22.8

23.7

四半期ごとの配当金の額も見てみます。

権利落ち日1株配当($)

配当利回り

当日株価

2018/11/12

0.73

1.5%

194.2

2018/08/13

0.73

1.3%

208.87

2018/05/14

0.73

1.4%

188.15

2018/02/12

0.63

1.5%

162.71

2017/11/13

0.63

1.4%

173.97

2017/08/14

0.63

1.5%

159.85

2017/05/15

0.63

1.5%

155.7

2017/02/13

0.57

1.7%

133.29

2016/11/07

0.57

2.0%

110.41

2016/08/08

0.57

2.0%

108.37

2016/05/09

0.57

2.3%

92.79

2016/02/08

0.52

2.2%

95.01

に増配が続いているようです。

四半期決算(予想と実値)

さらに、決算を見ていきます。ロイターによれば四半期決算のEPSと売上の予想は以下の通りです(2018/11/18、売上単位は100万ドル)。

ロイター予想値

(売上と利益、資産と負債、資本とキャッシュフローの単位は百万ドル。EPS=希薄化後EPS)

売上予想

平均

上限

下限

期間

2020

291074

326361

273129

通年

2019

279352

292333

269228

通年

2018

264031

266100

255916

通年

3-19

94575

97763

86529

4半期

12-18

61558

63292

60107

4半期

売上

予想

結果

9-18

61558

62900

1342

2.18

6-18

52294

53265

971

1.86

3-18

60809

61137

328

0.54

12-17

87181

88293

1112

1.28

9-17

50699

52579

1880

3.71

EPS予想

平均

上限

下限

期間

2020

14.82

18.5

10.98

通年

2019

13.46

15.4

11.54

通年

2018

11.79

12.5

11.49

通年

3-19

5.21

5.53

4.72

4半期

12-18

2.78

2.9

2.65

4半期

EPS

予想

結果

9-18

2.78

2.91

0.13

4.65

6-18

2.18

2.34

0.16

7.43

3-18

2.67

2.73

0.06

2.21

12-17

3.85

3.89

0.04

1.08

9-17

1.87

2.07

0.2

10.85

※決算予想では米国会計基準(GAAP)とは異なる「非GAAP基準」の数値が多用されています。これは各社が経営実態を踏まえて調整した数値です(売上とEPSの数値が後述のGAAP基準での数値と異なる場合は、非GAAP基準の数値)。

四半期決算(GAAP基準)

GAAP基準での四半期会計の実績は以下の通りでした。

AAPL

売上高

営業利益

純利益

EPS

09-2017

52579

13120

10714

2.08

12-2017

88293

26274

20065

3.89

03-2018

61137

15894

13822

2.73

06-2018

53265

12612

11519

2.34

09-2018

62900

16118

14125

2.95

主要製品別に見た売上の比率は以下の通り(2018年6月)。

  • iPhone:29906
  • iPad:4741
  • Mac:5330
  • サービス:9548
  • 他製品:3740

通年決算(GAAP基準)

最後に、通年決算の数字を見てみます。

(売上、利益、資産、負債、資本、キャッシュフローなどの単位は百万ドル。EPS=希薄化後EPS)

損益計算(売上、純利益等)

売上高

営業CF

同マージン

純利益

2008/9

32479

9596

29.5%

4834

2009/9

42905

10159

23.7%

8235

2010/9

65225

18595

28.5%

14013

2011/9

108249

37529

34.7%

25922

2012/9

156508

50856

32.5%

41733

2013/9

170910

53666

31.4%

37037

2014/9

182795

59713

32.7%

39510

2015/9

233715

81266

34.8%

53394

2016/9

215639

65824

30.5%

45687

2017/9

229234

63598

27.7%

48351

2018/9

265595

77434

29.2%

59531

※同マージン=営業キャッシュフローマージン。15~35%程度あれば優良な数値。通常、売上高>営業CF>純利益となる。営業CF<純利益となる企業は粉飾決算の可能性あり。

EPSや営業利益率など

AAPL 

営業利益率

EPS

DSO

2009/9

27.4

1.3

24.6

2010/9

28.2

2.2

24.8

2011/9

31.2

4.0

18.3

2012/9

35.3

6.3

19.0

2013/9

28.7

5.7

25.7

2014/9

28.7

6.5

30.5

2015/9

30.5

9.2

26.8

2016/9

27.8

8.3

27.6

2017/9

26.8

9.2

26.8

2018/9

26.7

11.9

28.2

※DSO(デイズ・セールス・アウトスタンディング):売掛金回収に必要な日数。売掛金÷1日平均売上高で計算。期末に無理して売込みをかけてEPSをよい数値にした企業の場合は売掛金が増え、DSOの数値が大きくなる。DSOが急増する企業は要注意。上記DSOの出所はモーニングスター社。

バランスシート

AAPL

総資産

総負債

株主資本

自己資本率

2008/9

36171

13874

22297

61.6%

2009/9

47501

15861

31640

66.6%

2010/9

75183

27392

47791

63.6%

2011/9

116371

39756

76615

65.8%

2012/9

176064

57854

118210

67.1%

2013/9

207000

83451

123549

59.7%

2014/9

231839

120292

111547

48.1%

2015/9

290345

170990

119355

41.1%

2016/9

321686

193437

128249

39.9%

2017/9

375319

241272

134047

35.7%

2018/9

365725

258578

107147

29.3%

さらに、重要指標を見てみます。

ROAとROEなど

★ROE=当期純利益÷自己資本 ※投下資本に対して企業が上げた利益を見る

★ROA=当期純利益÷総資産 ※総資産を用いて企業が上げた利益を見る

★流動比率=流動資産÷流動負債 ※短期的な支払い能力を見る(下表では資本が負債の何倍かを表記)

AAPL

ROA

ROE

流動比率

単位

倍率

2009/9

18.9

31.3

2.7

2010/9

22.8

35.3

2.0

2011/9

27.1

41.7

1.6

2012/9

28.5

42.8

1.5

2013/9

19.3

30.6

1.7

2014/9

18.0

33.6

1.1

2015/9

20.5

46.3

1.1

2016/9

14.9

36.9

1.4

2017/9

13.9

36.9

1.3

2018/9

16.1

49.4

1.1

TTM

16.1

49.4

1.1

キャッシュフロー

AAPL

営業CF

投資CF

財務CF

フリーCF

2008/9

9596

-8189

1116

8505

2009/9

10159

-17434

663

9015

2010/9

18595

-13854

1257

16590

2011/9

37529

-40419

1444

33269

2012/9

50856

-48227

-1698

42561

2013/9

53666

-33774

-16379

45501

2014/9

59713

-22579

-37549

50142

2015/9

81266

-56274

-17716

70019

2016/9

66231

-45977

-20890

53497

2017/9

64225

-46446

-17974

51774

2018/9

77434

16066

-87876

64121

【スポンサードリンク】


-GAFA/FANG/BAT, ダウ30銘柄, 全投稿記事, 情報技術, 米国株, 高成長銘柄

Copyright© トランプ政権と米国株投資 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.