【GILD】ギリアドサイエンシズの株価と決算、配当

広告

ギリアドサイエンシズ(Gilead Sciences, Inc.)は世界有数のバイオ医薬品メーカーです。

研究に注力し、重い疾患を抱えた患者の看護を進歩させる治療法の発見、開発、商品化に従事。主要顧客は米医薬品卸大手です。

2020年には、米FDAが抗ウイルス薬「レムデシビル(エボラ出血熱治療薬)」をコロナウィルス対策に用いることを承認。この危機に対処する医薬品の製造元として、世界的に知名度を高めました。

GILDは、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)やB型肝炎ウイルス(HBV)/C型肝炎ウイルス(HCV)など、まだ十分に治療法が確立されていない感染症を治す新薬開発や製品化に強みを持っています。

2019年12月時点で売上高に占める薬の構成割合は以下の通りです。

薬名 構成比 処方分野
Biktarvy 21.1% HIV
Genvoya 17.5% HIV
Truvada 12.5% HIV
Epclusa 8.8% C型肝炎
Odefsey 7.4% HIV
Descovy 6.7% HIV
Harvoni 2.9% C型肝炎
Letairis 2.8% 肺高血圧
Atripla 2.7% HIV
Vemlidy 2.2% B型肝炎
Yescarta 2.0% B細胞リンパ腫
AmBisome 1.8% 抗真菌薬
Complera 1.8% HIV
Symtuza 1.7% HIV
Stribild 1.6% HIV
ロイヤリティ等 1.5%
その他 1.3%
Vosevi 1.1% C型肝炎
Viread 1.1% B 型肝炎
Ranexa 1.0% 慢性狭心症
Zydelig 0.5% 血液がん
HIV関連残 0.2% HIV
  • Epclusa=Sofosbuvir/Velpatasvir
  • Harvoni=
    Ledipasvir/Sofosbuvir
  • Compleraは「Eviplera」とも呼ばれる

売上比率を見ると、HIV治療薬が75%前後、C型肝炎治療薬が10数%を占めています。

GILDは、HIV治療薬(ゲンボイヤ、ビクタルビ、アトリプラやツルバダ)やC型肝炎治療薬(ゾバルディ、ハーボニ、エプクルサ)のほか、抗インフルエンザ薬「タミフル」の特許を保有しています(タミフルはロシュにライセンス供与)。

地域別売上高は以下の通り。

年/月 18/12 19/12
米国 73.5% 74.2%
欧州 18.1% 17%
その他 8.4% 8.9%

近年の歴史をみると、2011年にCalistoga Pharmaceuticalsを買収して肺疾患や心臓血管疾患、がん治療分野に進出しました。

2012年のPharmassetの買収により、C型肝炎治療薬ハーボニーの併用剤の一部でもあるソバルディを取得(2013年に「ソバルディ」、2014 年に「ハーボニー」が米当局(FDA)に承認され、欧州では2014年、日本では2015年に承認を得た)。

2017年にはがん治療薬を開発するカイトファーマを買収。

20年3月には、がんのモノクロール抗体「マグロリマブ」を手がけるフォーティセブン社の買収を発表しています。

広告

主な指標を概観

まず、主要指標のデータを見てみます(指標と株価はgooglefinance関数から取得。配当利回り〔税込み〕のみブルームバーグ)

1/2株価 65.5
7/10株価 76.3
株価上昇率 16.47%
52週高値 86
52週安値 60.9
β値 0.7
EPS 3.89
PER 19.62
配当利回り 3.56%
時価総額(億$) 957
株式数(億) 12.5

株価推移(チャートと伸び率)

次に、株価の推移を見てみます(青線が株価推移。赤線が200日間の移動平均線)。

株価の推移を1年ごとに見てみましょう

★1:各年の株価伸び率(※20年終値は7/10株価)
GILD 初値 終値 上昇率
2020 65.5 76.3 16%
2019 61.8 65 5%
2018 72.2 62.6 -13%
2017 72.3 71.6 -1%
2016 99.8 71.6 -28%
2015 95.2 101.2 6%
2014 75.4 94.3 25%
2013 37.2 75.1 102%
2012 20.8 36.7 77%
2011 18.3 20.5 12%
2010 21.8 18.1 -17%
2009 25.6 21.6 -15%
2008 23.1 25.6 11%
★2:各年初から20/7/10までの伸び率
19年~ 18年~ 17年~ 16年~
23% 6% 6% -24%
15年~ 14年~ 13年~ 12年~
-20% 1% 105% 267%
11年~ 10年~ 09年~ 08年~
317% 250% 198% 230%

配当利回りと配当性向

さらに、配当利回りを見てみます

権利落ち日 配当 利回り 株価
2020/03/13 0.68 3.63% 70.8
2019/12/13 0.63 3.83% 65.8
2019/09/13 0.63 3.70% 66.5
2019/06/14 0.63 3.62% 66.4
2019/03/15 0.63 3.57% 65.6
2018/12/14 0.57 3.48% 65.6
2018/09/14 0.57 3.04% 73.4
2018/06/15 0.57 3.10% 70.2
2018/03/16 0.57 2.67% 79.7
2017/12/15 0.52 2.75% 75.6
2017/09/15 0.52 2.46% 82.4
2017/06/16 0.52 3.09% 64.1

配当性向の推移もモーニングスター(MS)社のデータで確認してみましょう。

★配当性向=1株当たり配当÷EPS×100〔純利益から配当金を支払っている割合〕

★単純計算=EPS÷1株配当。MS試算=モーニングスター社の試算値

年/月 EPS 配当 配当性向
(GAAP) 単純計算 MS試算
15/12 11.91 1.29 10.8 7.8
16/12 9.94 1.84 18.5 16.7
17/12 3.51 2.08 59.3 23
18/12 4.17 2.28 54.7 182.8
19/12 4.22 2.52 59.7 116

四半期決算(2020予想など)

さらに、四半期決算のEPSと売上の予想を整理してみます。

(※下記図表では、Y=年度決算、Q=四半期決算、日/月=データの日時、その右欄にあるのは1カ月前、2か月前の予想値を記載。データの主な出所は英語版のヤフーファイナンス。ただ、2019年6月までのデータ出所はロイター)。

EPS:予想と結果

予想 7/12 1月前 2月前
Y:2021 6.66 6.48 6.4
Y:2020 6.54 6.32 6.27
Q:Sep-20 1.67 1.55 1.55
Q:Jun-20 1.5 1.5 1.51
EPS 予想 結果 %
20/3 1.57 1.68 0.11 7.0
19/12 1.67 1.3 -0.37 -22.2
19/9 1.74 1.75 0.01 0.6
19/6 1.72 1.82 0.1 5.8
19/3 1.61 1.76 0.15 9.3
18/12 1.71 1.44 -0.27 -15.8
18/9 1.66 1.84 0.18 10.8
18/6 1.55 1.91 0.36 23.2
18/3 1.66 1.48 -0.18 -10.8

売上高:予想と結果

予想 7/12 1月前 2月前
Y:2021 23280 22750 22410
Y:2020 23030 22450 22320
Q:Sep-20 5940 5660 5600
Q:Jun-20 5370 5360 5390
予想 結果 %
20/3 5450 5550 100 1.8
19/12 6790 7140 350 5.2
19/9 6790 7140 350 5.2
19/6 6632 7010 378 5.7
19/3 6570 6762 192 2.9
18/12 5828 6071 243 4.2
18/9 5464 5596 132 2.4
18/6 5178 5648 470 9.1
18/3 5477 5088 -389 -7.1

決算予想と結果では米国会計基準(GAAP)とは違う「非GAAP基準」の数値(各社が経営実態を踏まえて調整した数値)が多用されています。そのため、本節の売上とEPSは次節のGAAP基準の値と同じになるとは限りません。

通年決算(GAAP基準)

最後に、通年決算の数字を見てみます(以下、売上、利益、資産、負債、資本、キャッシュフローなどの単位は百万ドル。EPS=希薄化後EPS)。

損益計算(売上、純利益等

GILD 売上高 営業CF 同マージン 純利益
08/12 5336 2143 40% 1979
09/12 7011 3080 44% 2636
10/12 7949 2834 36% 2901
11/12 8385 3639 43% 2804
12/12 9702 3195 33% 2592
13/12 11202 3105 28% 3075
14/12 24890 12818 51% 12101
15/12 32639 21250 65% 18108
16/12 30390 17047 56% 13501
17/12 26107 11898 46% 4628
18/12 22127 8400 38% 5455
19/12 22449 9144 41% 5386

*同マージン=営業キャッシュフローマージン。15%もあれば優良。通常、売上高>営業CF>純利益となる。営業CF<純利益となる企業は粉飾決算の可能性あり。

EPSや売上高成長率など

GILD SG(%) EPS DSO
08/12 26% 1.03 62.2
09/12 31% 1.41 62.8
10/12 13% 1.66 69.1
11/12 5% 1.77 77.8
12/12 16% 1.64 69.6
13/12 15% 1.81 62.8
14/12 122% 7.35 49.4
15/12 31% 11.91 58.7
16/12 -7% 9.94 62.3
17/12 -14% 3.51 58.5
18/12 -15% 4.17 59.2
19/12 1% 4.22 56.2

※SG(セールスグロース):売上高成長率(前年度比)

※DSO(デイズ・セールス・アウトスタンディング):売掛金回収に必要な日数。売掛金÷1日平均売上高で計算。期末に無理して売込みをかけてEPSをよい数値にした企業の場合は、売掛金が増え、DSOの数値が大きくなる。上記DSOの出所はモーニングスター社。

バランスシート

GILD 総資産 総負債 株主資本 自己資本率
08/12 6937 2471 4466 64%
09/12 9699 3193 6505 67%
10/12 11593 5471 6122 53%
11/12 17303 10436 6867 40%
12/12 21240 11696 9544 45%
13/12 22579 10834 11745 52%
14/12 34664 18845 15819 46%
15/12 51716 32603 19113 37%
16/12 56977 37614 19363 34%
17/12 70283 49782 20501 29%
18/12 63675 42141 21534 34%
19/12 61627 38977 22650 37%

ROAとROEなど

GILD ROA ROE 流動比率
08/12 29% 44% 350%
09/12 27% 41% 257%
10/12 25% 47% 232%
11/12 16% 41% 553%
12/12 12% 27% 145%
13/12 14% 26% 109%
14/12 35% 76% 307%
15/12 35% 95% 250%
16/12 24% 70% 212%
17/12 7% 23% 274%
18/12 9% 25% 338%
19/12 9% 24% 310%

★ROA=当期純利益÷総資産 ※総資産を用いて企業があげた利益の割合

★ROE=当期純利益÷自己資本 ※投下資本に対して企業があげた利益の割合

★流動比率=流動資産÷流動負債 ※短期的な支払い能力を見る指標

キャッシュフロー

GILD 営業CF 投資CF 財務CF
08/12 2143 -179 -1475
09/12 3080 -2216 -1051
10/12 2834 -1938 -1339
11/12 3639 3590 1764
12/12 3195 -11846 563
13/12 3105 -254 -2544
14/12 12818 -1823 -3025
15/12 21250 -12475 -5884
16/12 17047 -11985 -9725
17/12 11898 -16069 3393
18/12 8400 14355 -12318
19/12 9144 -7817 -7634