【JNJ】ジョンソンエンドジョンソンの株価と決算、配当

2019年4月23日

広告

ジョンソンエンドジョンソン(JOHNSON & JOHNSON)はバンドエイドで有名な総合ヘルスケア大手企業です。

医療機器で世界首位クラス、医薬では世界五位、一般消費者向けでもベビーオイル、化粧品などを販売。260以上の傘下企業を擁し、世界60ヵ国と地域でヘルスケア製品の開発・生産・販売を手がけています。

17年12月時点での地域別売上高は、米国が52.1%、欧州が22.4%、アジア太平洋+アフリカが17.6%、その他が7.9%。

ブランドとしては、バンドエイド、リステリン(口腔ケア)などが有名で、医薬品としては、インボカナ(2型糖尿病治療薬)やレミケード(抗リウマチ治療薬)、ステラーラ(乾癬治療薬)などを取り扱っています。

売上構成を見ると、医薬品が47.4%、医療機器が34.8%、消費者向け製品が17.8%となっており(17年12月期)、医療機関向けの売上のほうが一般消費者向けの売上よりも大きくなっています。

2012年には骨接合材のシンセス、17年にはスイス製薬大手アクテリオンを買収しました。

JNJの最近の指標と株価チャートと見ていきましょう。

広告

主な指標を概観

まず、主要指標のデータを見てみます(出所はグーグルファイナンスなど)

1/2株価 128.1
4/18株価 137.5
株価上昇率 7.3%
52週高値 149
52週安値 118.6
EPS 5.4
PER 25.47
配当(利回り) 3.60 (2.62%)
時価総額(億$) 3662
株式数(億) 26.6

株価推移(チャートと伸び率)

次に、株価の推移を見てみます(青線が株価推移。赤線が200日間の移動平均線)

その株価の推移を1年ごとに見てみましょう

★1:各年の株価伸び率(※19年終値は4/18)
JNJ 初値 最安 最高 終値 上昇率
2019 128.1 125.7 139.8 137.5 7%
2018 139.7 119.4 148.1 129.1 -8%
2017 115.8 111.8 143.6 139.7 21%
2016 101.7 95.8 125.4 115.2 13%
2015 105.1 90.7 106.4 102.7 -2%
2014 91.1 86.6 109.1 104.6 15%
2013 71 70.7 95.6 91.6 29%
2012 65.6 61.8 72.5 70.1 7%
2011 62.6 57.7 67.9 65.6 5%
2010 64.7 57 66 61.9 -4%
2009 60.1 46.6 65 64.4 7%
2008 66.6 55.3 72.2 59.8 -10%
★2:各年初から2019/4/18までの伸び率
19年~ 18年~ 17年~ 16年~ 15年~ 14年~
7% -2% 19% 35% 31% 51%
13年~ 12年~ 11年~ 10年~ 09年~ 08年~
94% 110% 120% 113% 129% 106%

配当利回りと配当性向

さらに、配当利回りを見てみます

権利落ち日 1株配当 配当利回り 当日株価
2019/02/26 0.9 2.6% 136.1
2018/11/27 0.9 2.5% 143.2
2018/08/28 0.9 2.6% 134.32
2018/05/29 0.9 2.9% 119.4
2018/02/27 0.84 2.6% 131.67
2017/11/28 0.84 2.4% 140.02
2017/08/29 0.84 2.5% 132.21
2017/05/30 0.84 2.5% 127.11
2017/02/28 0.8 2.6% 122.21
2016/11/22 0.8 2.8% 112.74
2016/08/23 0.8 2.6% 119.44
2016/05/24 0.8 2.7% 112.69
2016/02/23 0.75 2.9% 104.08
2015/11/24 0.75 2.9% 102.04

配当性向の推移もモーニングスター(MS)社のデータで確認してみましょう。

★配当性向=1株当たり配当÷EPS×100〔純利益から配当金を支払っている割合〕

★MS社は非GAAPのEPSで配当性向を試算。GAAP基準のEPS試算〔=単純計算〕の箇所は筆者挿入。

年/月 EPS 配当 配当性向
(GAAP) 単純計算 MS試算
08/12 4.57 1.79 39.2 39.3
09/12 4.4 1.93 43.9 43.8
10/12 4.78 2.11 44.1 44.1
11/12 3.49 2.25 64.5 54.1
12/12 3.86 2.4 62.2 62.1
13/12 4.81 2.59 53.8 56.7
14/12 5.7 2.76 48.4 45
15/12 5.48 2.95 53.8 55.6
16/12 5.93 3.15 53.1 54.4
17/12 0.47 3.32 706.4 57
18/12 5.61 3.54 63.1 589.8

四半期決算(予想と実値)

18年第4四半期と19第1四半期ではガイダンスが同じ水準でした(予想とほぼ近似値)。

  • 2019年度EPS:新ガイダンス8.53~8.63$
  • 2019年度売上高:新ガイダンス804~812億$

全体としては売上もEPSもよかったので、好決算といえます。

ロイターが調べた四半期決算のEPSと売上の予想を整理してみます(2019/4/22、売上単位は100万ドル)。

売上予想 平均 上限 下限 期間
2020 84602 85963 83471 1年
2019 81168 82400 80751 1年
9-19 20038 20148 19866 3カ月
6-19 20284 20420 20157 3カ月
売上 予想 結果
3-19 19607 20021 414 2.11
12-18 20199 20394 195 0.97
9-18 20051 20348 298 1.48
6-18 20390 20830 440 2.16
3-18 19460 20009 549 2.82
12-17 20073 20195 123 0.61
9-17 19283 19650 367 1.9
EPS予想 平均 上限 下限 期間
2020 9.14 9.43 8.72 1年
2019 8.6 8.79 8.49 1年
9-19 2.08 2.14 1.98 3カ月
6-19 2.43 2.66 2.1 3カ月
EPS 予想 結果
3-19 2.03 2.1 0.07 3.2
12-18 1.95 1.97 0.02 0.93
9-18 2.03 2.05 0.02 1.05
6-18 2.07 2.1 0.03 1.44
3-18 2.02 2.06 0.04 2.07
12-17 1.72 1.74 0.02 0.96
9-17 1.8 1.9 0.1 5.46

筆者は、個人的には、前決算のころに問題になったベビーパウダーの発ガン性を巡る報道が気になっています。

12/15にロイターがJNJはこれを知りながらも調査報告書をねつ造・隠蔽したと報道。これを訴訟していた原告を後押しする内容だったので、会社側は安全確保に努めていると反論していたのです。

ただ、アナリストたちの挙げる予想値は良好で、前掲の数字は一か月前よりみな改善されていましたので、あまり気にしてないのかもしれません。

※決算予想では米国会計基準(GAAP)とは異なる「非GAAP基準」の数値が多用されています。これは各社が経営実態を踏まえて調整した数値です(売上とEPSの数値が後述のGAAP基準での数値と異なる場合は、非GAAP基準の数値)。

通年決算(GAAP基準)

最後に、通年決算の数字を見てみます(以下、売上、利益、資産、負債、資本、キャッシュフローなどの単位は百万ドル。EPS=希薄化後EPS)

損益計算(売上、純利益等)

売上高 営業CF 同マージン 純利益
08/12 63747 14972 23.5% 12949
09/12 61897 16571 26.8% 12266
10/12 61587 16385 26.6% 13334
11/12 65030 14298 22.0% 9672
12/12 67224 15396 22.9% 10853
13/12 71312 17414 24.4% 13831
14/12 74331 18710 25.2% 16323
15/12 70074 19569 27.9% 15409
16/12 71890 18767 26.1% 16540
17/12 76450 21056 27.5% 1300
18/12 81581 22201 27.2% 15297

※同マージン=営業キャッシュフローマージン。15%もあれば優良な数値。通常、売上高>営業CF>純利益となる。営業CF<純利益となる企業は粉飾決算の可能性あり。

EPSや営業利益率など

営業利益率 EPS DSO
2008/12 25.4 4.57 54.86
2009/12 26.9 4.4 57.1
2010/12 26.8 4.78 57.54
2011/12 24.8 3.49 57.12
2012/12 23.6 3.86 59.43
2013/12 25.8 4.81 58.92
2014/12 28.2 5.7 55.73
2015/12 25.8 5.48 56.56
2016/12 29.4 5.93 56.95
2017/12 24.5 0.47 60.13
2018/12 24.6 5.61 61.72

※DSO(デイズ・セールス・アウトスタンディング):売掛金回収に必要な日数。売掛金÷1日平均売上高で計算。期末に無理して売込みをかけてEPSをよい数値にした企業の場合は、売掛金が増え、DSOの数値が大きくなる。上記DSOの出所はモーニングスター社。

バランスシート

総資産 総負債 株主資本 自己資本率
08/12 84912 42401 42511 50.1%
09/12 94682 44094 50588 53.4%
10/12 102908 46329 56579 55.0%
11/12 113644 56564 57080 50.2%
12/12 121347 56521 64826 53.4%
13/12 132683 58630 74053 55.8%
14/12 130358 60606 69752 53.5%
15/12 133411 62261 71150 53.3%
16/12 141208 70790 70418 49.9%
17/12 157303 97143 60160 38.2%
18/12 152954 93202 59752 39.1%

ROAとROEなど

ROA ROE 流動比率
単位 倍率
2008/12 15.6 30.2 1.7
2009/12 13.7 26.4 1.8
2010/12 13.5 24.9 2.1
2011/12 8.9 17.0 2.4
2012/12 9.2 17.8 1.9
2013/12 10.9 19.9 2.2
2014/12 12.4 22.7 2.4
2015/12 11.7 21.9 2.2
2016/12 12.1 23.4 2.5
2017/12 0.9 2.0 1.4
2018/12 9.9 25.5 1.5

★ROA=当期純利益÷総資産 ※総資産を用いて企業があげた利益の割合

★ROE=当期純利益÷自己資本 ※投下資本に対して企業があげた利益の割合

★流動比率=流動資産÷流動負債 ※短期的な支払い能力を見る指標〔下表では資本が負債の何倍かを表記〕)

キャッシュフロー

営業CF 投資CF 財務CF
08/12 14972 -4187 -7464
09/12 16571 -7598 -4092
10/12 16385 -7854 -4980
11/12 14298 -4612 -4452
12/12 15396 -4510 -20562
13/12 17414 -5103 -6091
14/12 18710 -12305 -12499
15/12 19569 -7735 -11136
16/12 18767 -4761 -8551
17/12 21056 -14868 -7673
18/12 22201 21056 18767