コカコーラ

xusenru / Pixabay

全投稿記事 生活必需品 米国株

コカコーラ株 配当はいくら?

更新日:

コカ・コーラ(KO)は説明不要の飲料大手企業です。

ブランドは500、種類は3800以上のノンアルコール飲料を製造し、世界200カ国以上で事業を展開しています。

炭酸飲料とジュースの販売額では世界トップ(2014年にはモンスター社と栄養ドリンク販売で提携)。

米本社は、各国の提携先ボトラーに原液を供給し、製品の企画開発や広告、マーケティングを行っており、各地のボトラーは包装・販売を担当しています。

「コカ・コーラ」「ファンタ」「スプライト」「ミニッツメイド」「アクエリアス」・・・。

筆者はやや飲み飽きている飲料が並びます。

今回は、バフェット銘柄としても有名なKOの株価チャートと最近の指標を見ていきます。

コカコーラ株:チャートの推移

スポンサーリンク

まず、ここ3か月のコカ・コーラの株価をロイターのサイトで見てみます。

2月以降、株価が下がり傾向です。

【3か月チャート】

ここ3年の株価推移を見ると、16年の11月頃に底値を刻み、17年は上昇してきました。

【3年チャート】

長期で見ると、わりと凸凹の多い動きをしながら、次第に上昇してきています。

【長期チャート】

コカコーラ株:指標

次に、ブルームバーグのサイトでこの銘柄の指標を見てみます(2018/4/1閲覧)。

  • 株価52週レンジ:42.19~48.62
  • 1年トータルリターン:5.78%
  • 年初来リターン:-5.34%
  • 株価収益率(PER) :21.7
  • 1年1株当り利益 (EPS) :2
  • 株価売上高倍率(PSR) :5.24
  • 直近配当利回り(税込):3.59%

1年トータルリターンが6%。最近の株安が響いています。

コカコーラ株:配当はいくら?(決算の要点)

次に、決算の数字を見てみます。

まず、四半期ベースの業績は以下のように推移しています。

営業利益と純利益の単位は百万ドル。EPS=希薄化後EPS。情報源は亜州IR株式会社の『2018新年号米国株四半期速報』と東洋経済社の『米国会社四季報2017秋冬号』とコカ・コーラ決算

【4半期決算:2015~2017年】

売上高 純利益 EPS
2015/3 10711 1557 0.35
2015/6 12156 3108 0.71
2015/9 11427 1449 0.33
2015/12 10000 1237 0.28
2016/3 10282 1483 0.34
2016/6 11539 3448 0.79
2016/9 10633 1046 0.24
2016/12 9409 550 0.13
2017/3 9118 1182 0.27
2017/6 9702 1371 0.32
2017/9 9078 1447 0.33
2017/12 7512 -2752 -0.66

売上高は下落傾向が続いており、純利益も下がっています。

年次で見ても同じ傾向が出ています。

【通年決算:2012~2017年】

売上高 純利益 EPS 配当
2012/12 48017 9019 1.97 1.02
2013/12 46854 8584 1.9 1.12
2014/12 45998 7098 1.6 1.22
2015/12 44294 7351 1.67 1.32
2016/12 41863 6527 1.49 1.4
2017/12 35410 1248 0.29 1.48

最近はなかなか厳しい結果が出ています。

【財務情報:2015~2017年】

15/12 16/12 17/12
総資産 89996 87270 87896
自己資本 25554 23062 17072
自己資本比率 28.39 26.43 19.42
有利子負債 44401 45801 47754
営業CF 10528 8796 7106
投資CF -6186 -999 -2450
財務CF -5113 -6545 -7447
フリーCF 4719 6472 1421

【スポンサードリンク】

-全投稿記事, 生活必需品, 米国株

Copyright© トランプ政権と米国株投資 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.