【KO】コカコーラの株価と決算、配当

ダウ30銘柄,全投稿,必需品,高配当銘柄,バフェット銘柄

コカコーラ(KO)は炭酸飲料とジュースの販売額で世界トップのノンアルコール飲料メーカーです。

「コカ・コーラ」「ファンタ」「スプライト」「ミニッツメイド」「アクエリアス」「ジョージアコーヒー」・・・。

そのブランドを見ると、筆者はやや飲み飽きている飲料が並んでいます。

炭酸飲料が売上の半分以上を占め、安定的な売上をキープしています。しかし、肥満懸念から敬遠する人もいるので、近年はミネラルウォーターなどの非炭酸飲料分野を開拓しました。

ブランドは約500、種類は3800以上のノンアルコール飲料を製造し、世界200カ国以上で事業を展開。

米本社は、各国の提携先ボトラーに濃縮原液(もしくは飲料ベース)を製造・供給(2018年度時点で濃縮原液事業がユニットケース販売量の85%)。さらには広告やマーケティングなどを行っています。

この原液が世界各地で100社以上のボトラーにより加工・販売されるのです。

2014年にはMNST(モンスタービバレッジ)と栄養ドリンク販売で提携(15年にMNSTに資本参加)。

18年にはスポーツドリンクを手がけるボディーアーマーに出資し、19年には英国でコーヒーチェーンを展開するコスタ社を買収。ホットドリンク市場でのシェアを広げました。

バフェット銘柄としても有名なKOの株価と業績などを見ていきましょう。

【事業構成】(売上比率)

※EMEA=欧州+中東+アフリカ、ラ米=ラテンアメリカ、ボトリング=ボトリング事業投資、GV=グローバルベンチャー

年/月 17/12 18/12 19/12 20/12
EMEA 19% 19% 17% 17%
ラ米 11% 12% 11% 11%
北米 24% 33% 32% 35%
アジア太平洋 13% 14% 13% 13%
ボトリング 31% 20% 20% 19%
GV 2% 2% 7% 6%

主な指標を概観

まず、主要指標のデータを見てみます(指標と株価はgooglefinance関数から取得。配当利回りのみZacks)

1/4株価 54.3
7/23株価 57
株価上昇率 5.05%
52週高値 57.6
52週安値 46.2
β値 0.61
EPS 1.87
PER 30.56
配当利回り 2.97%
時価総額(億$) 2458
株式数(億) 43.1

株価推移(チャートと伸び率)

次に、株価の推移を見てみます(青線が株価推移。赤線が200日間の移動平均線)。
graph
株価の推移を1年ごとに見てみましょう

★1:各年の株価伸び率(※21年終値は7/23株価)
KO 初値 終値 上昇率
2021 54.3 57 5%
2020 55.3 54.8 -1%
2019 46.9 55.4 18%
2018 45.9 47.4 3%
2017 41.5 45.9 11%
2016 42.3 41.5 -2%
2015 42.3 43 2%
2014 41.1 42.2 3%
2013 37 41.3 12%
2012 35.1 36.3 3%
2011 32.9 35 6%
2010 28.6 32.9 15%
2009 22.7 28.5 26%
2008 30.7 22.6 -26%
★2:各年初から21/7/23までの伸び率
21年~ 20年~ 19年~ 18年~
5% 3% 22% 24%
17年~ 16年~ 15年~ 14年~
37% 35% 35% 39%
13年~ 12年~ 11年~ 10年~
54% 62% 73% 99%
09年~ 08年~
151% 86%


配当利回りと配当性向

さらに、配当利回りを見てみます。

権利落ち日 配当 利回り 株価
2021/6/14 0.42 2.99% 55.6
2021/3/14 0.42 3.28% 50.4
2020/11/30 0.41 3.18% 51.6
2020/9/14 0.41 3.21% 50.7
2020/6/14 0.41 3.55% 45.6
2020/3/15 0.41 3.32% 48.5
2019/12/1 0.4 3% 53.4
2019/9/15 0.4 2.93% 54.3
2019/6/13 0.4 3.09% 51.1
2019/3/14 0.4 3.44% 45.7
2018/11/29 0.39 3.18% 49
2018/9/13 0.39 3.36% 45.8

配当性向の推移もモーニングスター(MS)社のデータで確認してみましょう。
★配当性向=1株当たり配当÷EPS×100〔純利益から配当金を支払っている割合〕
★単純計算=EPS÷1株配当。MS試算=モーニングスター社の試算値

年/月 EPS 配当 配当性向
(GAAP) 単純計算 MS試算
08/12 1.25 0.76 60.8 61
09/12 1.47 0.82 55.8 55.9
10/12 2.53 0.88 34.8 34.8
11/12 1.85 0.94 50.8 34
12/12 1.97 1.02 51.8 51.8
13/12 1.9 1.12 58.9 56.7
14/12 1.6 1.22 76.3 66.4
15/12 1.67 1.32 79 82.5
16/12 1.49 1.4 94 83.6
17/12 0.29 1.48 510.3 140.3
18/12 1.5 1.56 104 211
19/12 2.07 1.6 77.3 84.6
20/12 1.79 1.64 91.6 84.5


四半期決算(2020予想など)

さらに、四半期決算のEPSと売上の予想を整理してみます。
(※下記図表では、Y=年度決算、Q=四半期決算、日/月=データの日時、その右欄にあるのは1カ月前、2か月前の予想値を記載。データの主な出所は英語版のヤフーファイナンス。)。

EPS:予想と結果

予想 7/19 1月前 2月前
Y:2022 2.36 2.35 2.35
Y:2021 2.18 2.18 2.18
Q:21/9 0.6 0.6 0.6
Q:21/6 0.55 0.55 0.55
EPS 予想 結果 %
21/6 0.55 0.68 0.13 23.6
21/3 0.5 0.55 0.05 10.0
20/12 0.42 0.47 0.05 11.9
20/9 0.46 0.55 0.09 19.6
20/6 0.4 0.42 0.02 5.0
20/3 0.44 0.51 0.07 15.9
19/12 0.44 0.44 0 0.0
19/9 0.56 0.56 0 0.0
19/6 0.61 0.63 0.02 3.3
19/3 0.46 0.48 0.02 4.3
18/12 0.43 0.43 0 0.0
18/9 0.55 0.58 0.03 5.5
18/6 0.6 0.61 0.01 1.7
18/3 0.46 0.47 0.01 2.2

graph

売上高:予想と結果

予想 7/19 1月前 2月前
Y:2022 39110 39140 39100
Y:2021 36900 36910 36890
Q:21/9 9760 9760 9760
Q:21/6 9250 9250 9250
売上 予想 結果
21/6 9250 10130 880 9.5
21/3 8610 9020 410 4.8
20/12 8660 8610 -50 -0.6
20/9 8350 8650 300 3.6
20/6 7260 7150 -110 -1.5
20/3 8300 8600 300 3.6
19/12 8890 9070 180 2.0
19/9 9430 9510 80 0.8
19/6 9860 10000 140 1.4
19/3 7880 8020 140 1.8
18/12 7040 7060 20 0.3
18/9 8190 8250 60 0.7
18/6 8540 8930 390 4.6
18/3 7340 7630 290 4.0

graph
決算予想と結果では米国会計基準(GAAP)とは違う「非GAAP基準」の数値(各社が経営実態を踏まえて調整した数値)が多用されています。そのため、本節の売上とEPSは次節のGAAP基準の値と同じになるとは限りません。

通年決算(GAAP基準)

最後に、通年決算の数字を見てみます(以下、売上、利益、資産、負債、資本、キャッシュフローなどの単位は百万ドル。EPS=希薄化後EPS)。

損益計算(売上、純利益等)

graph

KO 売上高 営業CF 同マージン 純利益
08/12 31944 7571 24% 5807
09/12 30990 8186 26% 6824
10/12 35119 9532 27% 11787
11/12 46542 9474 20% 8584
12/12 48017 10645 22% 9019
13/12 46854 10542 22% 8584
14/12 45998 10615 23% 7098
15/12 44294 10528 24% 7351
16/12 41863 8792 21% 6527
17/12 36212 7041 19% 1248
18/12 34300 7627 22% 6434
19/12 37266 10471 28% 8920
20/12 33014 9844 30% 7747

同マージン=営業キャッシュフローマージン。15%もあれば優良。通常、売上高>営業CF>純利益となる。営業CF<純利益となる企業は粉飾決算の可能性あり。

EPSや売上成長率など

KO SG(%) EPS DSO
08/12 11% 1.25 36.6
09/12 -3% 1.47 40.3
10/12 13% 2.53 42.6
11/12 33% 1.85 36.7
12/12 3% 1.97 36.8
13/12 -2% 1.9 37.5
14/12 -2% 1.6 37.1
15/12 -4% 1.67 34.6
16/12 -5% 1.49 34
17/12 -13% 0.29 38.8
18/12 -5% 1.5 40.5
19/12 9% 2.07 36.1
20/12 -11% 1.79 39.3

※SG(セールスグロース):売上高成長率(前年度比)
※DSO(デイズ・セールス・アウトスタンディング):売掛金回収に必要な日数。売掛金÷1日平均売上高で計算。期末に無理して売込みをかけてEPSをよい数値にした企業の場合は、売掛金が増え、DSOの数値が大きくなる。上記DSOの出所はモーニングスター社。

バランスシート

graph

KO 総資産 総負債 株主資本 自己資本率
08/12 40519 19657 20862 51%
09/12 48671 23325 25346 52%
10/12 72921 41604 31317 43%
11/12 79974 48053 31921 40%
12/12 86174 53006 33168 38%
13/12 90055 56615 33440 37%
14/12 92023 61462 30561 33%
15/12 89996 64232 25764 29%
16/12 87270 64050 23220 27%
17/12 87896 68919 18977 22%
18/12 83216 64158 19058 23%
19/12 86381 65283 21098 24%
20/12 87296 66012 21284 24%

ROAとROEなど

KO ROA ROE 流動比率
08/12 14% 28% 94%
09/12 14% 27% 128%
10/12 16% 38% 117%
11/12 11% 27% 105%
12/12 10% 27% 109%
13/12 10% 26% 113%
14/12 8% 23% 102%
15/12 8% 29% 124%
16/12 7% 28% 128%
17/12 1% 7% 134%
18/12 8% 34% 105%
19/12 10% 42% 76%
20/12 9% 36% 132%

★ROA=当期純利益÷総資産 ※総資産を用いて企業があげた利益の割合
★ROE=当期純利益÷自己資本 ※投下資本に対して企業があげた利益の割合
★流動比率=流動資産÷流動負債 ※短期的な支払い能力を見る指標

キャッシュフロー

graph

KO 営業CF 投資CF 財務CF
08/12 7571 -2363 -3985
09/12 8186 -4149 -2293
10/12 9532 -4405 -3465
11/12 9474 -2524 -2234
12/12 10645 -11404 -3347
13/12 10542 -4214 -3745
14/12 10615 -7506 -3631
15/12 10528 -6186 -5113
16/12 8792 -1004 -6545
17/12 7041 -2312 -7447
18/12 7627 5927 -10347
19/12 10471 -3976 -9004
20/12 9844 -1477 -8070