【NKE】ナイキの株価と決算、配当

2019年3月22日

広告

ナイキ(NIKE)はスポーツ用品の世界ナンバーワン企業です。

2013年にダウ平均の構成銘柄に採用されました。

スポーツシューズやウエアの世界大手で、スニーカーの「コンバース」などのブランドを持っています(ただ、「ナイキ」の売上比率が9割超)。

「ナイキ」のファクトリーストアや「コンバース」等の直営店舗は米国内で380以上、米国外で750以上にのぼります。卸売りが中心ですが、小売りにも力を入れ、17年にはアマゾンと提携。12年にスポーツ用品の「アンブロ」、13年に紳士靴の「コールハーン」を売却しています。

この記事では、NIKEの最近の指標と株価チャートを見ていきます。

広告

主な指標を概観

まず、主要指標のデータを見てみます(出所はグーグルファイナンスなど)

1/2株価 72.8
3/21株価 88.0
株価上昇率 20.9%
52週高値 88.6
52週安値 63.2
EPS 2.39
PER 36.82
配当(利回り) 0.88 (1.02%)
時価総額(億$) 1108
株式数(億) 12.6

株価推移(チャートと伸び率)

次に、株価の推移を見てみます(青線が株価推移。赤線が200日間の移動平均線)。

その株価の推移を1年ごとに見てみましょう

★1:各年の株価伸び率(※19年終値は3/21)
NKE 初値 最安 最高 終値 上昇率
2019 72.8 72.8 88.0 88.0 21%
2018 62.9 62.5 85.6 74.1 18%
2017 52.0 50.8 64.8 62.6 20%
2016 61.1 49.6 64.9 50.8 -17%
2015 48.3 45.6 67.2 62.5 29%
2014 39.1 35.3 49.7 48.1 23%
2013 26.2 25.9 39.9 39.3 50%
2012 24.3 22.0 28.6 25.8 6%
2011 21.5 18.9 24.4 24.1 12%
2010 16.5 15.3 23.1 21.4 29%
2009 12.7 9.6 16.6 16.5 30%
2008 16.1 10.9 17.5 12.8 -21%
★2:各年初から2019/3/21までの伸び率
19年~ 18年~ 17年~ 16年~ 15年~ 14年~
21% 40% 69% 44% 82% 125%
13年~ 12年~ 11年~ 10年~ 09年~ 08年~
236% 262% 309% 433% 593% 447%

配当利回りと配当性向

株価の次に、配当金と配当性向の推移をモーニングスター(MS)社のデータで見てみます。

★配当性向=1株当たり配当÷EPS×100〔純利益から配当金を支払っている割合〕

★MS社は非GAAPのEPSで配当性向を試算。GAAP基準のEPS試算〔=単純計算〕の箇所は筆者挿入。

年/月

EPS

配当

配当性向

(GAAP)

単純計算 MS試算
2009/5

0.76

0.24

31.6

29

2010/5

0.96

0.27

28.1

29.6

2011/5

1.1

0.3

27.3

27.3

2012/5

1.18

0.35

29.7

29.4

2013/5

1.35

0.41

30.4

31.5

2014/5

1.49

0.47

31.5

30.4

2015/5

1.85

0.54

29.2

29.7

2016/5

2.16

0.62

28.7

27.8

2017/5

2.51

0.7

27.9

28.3

2018/5

1.17

0.78

66.7

70.4

四半期ごとの配当も見てみます

権利落ち日

1株配当

配当利回り

当日株価

2018/12/03

0.22

1.0%

79.6

2018/09/04

0.2

1.1%

73.83

2018/06/04

0.2

1.2%

65.05

2018/03/05

0.2

1.3%

60.1

2017/12/04

0.2

1.4%

53.01

2017/09/05

0.18

1.4%

53.01

2017/06/05

0.18

1.2%

56.77

2017/03/06

0.18

1.3%

51.85

2016/12/05

0.18

1.1%

57.41

2016/09/06

0.16

1.2%

54.3

2016/06/06

0.16

1.0%

59.25

2016/03/07

0.16

0.9%

64.42

2015/12/09

0.16

1.0%

55.88

四半期決算(予想と実値)

直近決算(19Q3)の概要は以下の通り。

EPS:予想0.65$⇒結果0.68$

売上高:予想96.1億$⇒結果96.1億$

※予想値は「The street」記事(2019/3/21)を参照。

売上成長率は7%で前期(10%)よりも鈍化しています。

さらに、決算を見ていきます。まずはロイターが調べた四半期決算のEPSと売上の予想を整理してみます(2019/3/19、売上単位は100万ドル)。

ロイター予想値

売上予想 平均 上限 下限 期間
2020 42328 43454 41421 1年
2019 39282 40089 38600 1年
11-19 10135 10293 10008 3カ月
8-19 10632 10767 10430 3カ月
売上 予想 結果
11-18 9178 9374 196 2.14
8-18 9936 9948 12 0.12
5-18 9408 9789 381 4.05
2-18 8851 8984 133 1.5
11-17 8399 8554 155 1.85
8-17 9084 9070 14 0.16
EPS予想 平均 上限 下限 期間
2020 3.15 3.45 2.95 1年
2019 2.66 3 2.55 1年
11-19 0.62 0.65 0.53 3カ月
8-19 0.81 0.84 0.76 3カ月
EPS 予想 結果
11-18 0.46 0.52 0.06 12.99
8-18 0.63 0.67 0.04 6.99
5-18 0.64 0.69 0.05 7.69
2-18 0.53 0.68 0.15 28.4
11-17 0.4 0.46 0.06 13.95
8-17 0.48 0.57 0.09 18.82

※決算予想では米国会計基準(GAAP)とは異なる「非GAAP基準」の数値が多用されています。これは各社が経営実態を踏まえて調整した数値です(売上とEPSの数値が後述のGAAP基準での数値と異なる場合は、非GAAP基準の数値)

四半期決算(GAAP基準)

GAAP基準での四半期会計の実績は以下の通りでした

NKE 売上高 営業利益 純利益 EPS
08-2017 9070 1106 950 0.57
11-2017 8554 910 767 0.46
02-2018 8984 1171 -921 -0.57
05-2018 9789 1258 1137 0.71
08-2018 9948 1334 1092 0.67
11-2018 9374 963 847 0.52

通年決算(GAAP基準)

最後に、通年決算の数字を見てみます(売上、利益、資産、負債、資本、キャッシュフローなどの単位は百万ドル。EPS=希薄化後EPS)

損益計算(売上、純利益等)

売上高

営業CF

同マージン

純利益

2008/05

18627

1936

10.4%

1883

2009/05

19176

1736

9.1%

1487

2010/05

19014

3164

16.6%

1907

2011/05

20117

1812

9.0%

2133

2012/05

23331

1824

7.8%

2211

2013/05

25313

3032

12.0%

2472

2014/05

27799

3013

10.8%

2693

2015/05

30601

4680

15.3%

3273

2016/05

32376

3399

10.5%

3760

2017/05

34350

3846

11.2%

4240

2018/05

36397

4955

13.6%

1933

※同マージン=営業キャッシュフローマージン。15~35%程度あれば優良な数値。通常、売上高>営業CF>純利益となる。営業CF<純利益となる企業は粉飾決算の可能性あり。

EPSや営業利益率など

営業利益率

EPS

DSO

2009/5

12.8

0.76

54.05

2010/5

13

0.96

53.11

2011/5

13.5

1.1

50.63

2012/5

12.6

1.18

48.54

2013/5

12.9

1.35

46.12

2014/5

13.2

1.49

43.01

2015/5

13.6

1.85

40.51

2016/5

13.9

2.16

37.2

2017/5

13.8

2.51

36.76

2018/5

12.2

1.17

35.98

※DSO(デイズ・セールス・アウトスタンディング):売掛金回収に必要な日数。売掛金÷1日平均売上高で計算。期末に無理して売込みをかけてEPSをよい数値にした企業の場合は、売掛金が増え、DSOの数値が大きくなる。上記DSOの出所はモーニングスター社。

バランスシート

総資産

総負債

株主資本

自己資本率

2009/05

13250

4557

8693

65.6%

2010/05

14419

4665

9754

67.6%

2011/05

14998

5155

9843

65.6%

2012/05

15465

5084

10381

67.1%

2013/05

17545

6464

11081

63.2%

2014/05

18594

7770

10824

58.2%

2015/05

21597

8890

12707

58.8%

2016/05

21379

9121

12258

57.3%

2017/05

23259

10852

12407

53.3%

2018/05

22536

12724

9812

43.5%

 

ROAとROEなど

★ROE=当期純利益÷自己資本 ※投下資本に対して企業が上げた利益を見る

★ROA=当期純利益÷総資産 ※総資産を用いて企業が上げた利益を見る

★流動比率=流動資産÷流動負債 ※短期的な支払い能力を見る(下表では資本が負債の何倍かを表記)

ROA

ROE

流動比率

単位

倍率

2009/5

11.6

18

2.97

2010/5

13.8

20.7

3.26

2011/5

14.5

21.8

2.85

2012/5

14.6

22

2.98

2013/5

15

23.1

3.47

2014/5

14.9

24.5

2.72

2015/5

16.3

27.8

2.52

2016/5

17.5

30.1

2.8

2017/5

19

34.4

2.93

2018/5

8.4

17.4

2.51

キャッシュフロー

営業CF

投資CF

財務CF

フリーCF

2008/05

1936

-490

-1226

1489

2009/05

1736

-798

-734

1313

2010/05

3164

-1268

-1061

2839

2011/05

1812

-1021

-1972

1381

2012/05

1824

586

-2100

1263

2013/05

3032

-940

-1045

2448

2014/05

3013

-1207

-2914

2136

2015/05

4680

-175

-2790

3720

2016/05

3399

-1034

-2974

2266

2017/05

3846

-1008

-2148

2754

2018/05

4955

276

-4835

3930

 

【スポンサードリンク】