Missile

donwhite84 / Pixabay

中成長・中配当 全投稿記事 米国株 資本財 軍事株

【RTN】レイセオンの株価と決算、配当

更新日:

レイセオン (Raytheon Company) は世界有数の軍事企業です。

特にトマホークミサイルやミサイル防衛システムで有名ですが、米国と同盟国を相手に、幅広く軍事装備品を販売しています。

売上比率は、米国が68.6%。アジア太平洋が10.5%、中東・北アフリカが15.7%、欧州などが5.2%を占めています(16年12月)。

それだけでなく、米情報機関、米軍、米連邦航空局、米国海洋大気庁、米国土安全保障省、米航空宇宙局向けに情報分析サービスを提供し、近年にはサイバー 防衛にもサービスの範囲を拡大しました(15年にサイバーセキュリティを手がけるフォースポイントを設立)。

1990年代以降、軍事の領域では「指揮(Command)」「統制(Control)」「通信(Communication)」「コンピューター(Computer)」の4Cと「情報(Intelligence)」「監視(Surveillance)」「偵察(Reconnaissance)」の役割が拡大し、この「C4ISR」重視の流れに対応すべく、レイセオン社は優れた電子機器や情報システムを保有しています。

レイセオン社の有名な装備品は以下の通りです。

  • スタンダード艦対空ミサイル
  • 無線誘導ミサイル、
  • 中距離レーダー誘導空対空ミサイル(AMRAAM )
  • サイドワインダー短距離空対空ミサイル
  • マーヴェリック対空ミサイル
  • トマホーク巡航ミサイル
  • パトリオットミサイルを含む航空・ミサイル防衛システム
  • スペース・エアボーンシステム(電子戦システム、精密誘導システム、戦術航空機システムなど)

その分野別の売上高を見てみます(17年12月のデータ)。

  • ミサイルシステム:29%
  • 統合防衛システム:21.7%
  • スペース・エアボーンシステム:24%
  • 情報分析サービス:23%
  • フォースポイント:2.3%

主な指標を概観

スポンサーリンク

まず、主要指標のデータを見てみます(出所はグーグルファイナンスなど)

1/2株価187.5
11/23株価173.6
株価上昇率-7.40%
52週高値229.8
52週安値165
EPS8.58
PER20.23
配当(利回り)3.47 (2.00%)
時価総額(億$)467
株式数(億)2.8

株価推移(チャートと伸び率)

次に、株価の推移を見てみます(青線が株価推移。赤線が200日間の移動平均線)。

その株価の推移を1年ごとに見てみましょう 。

★1:各年の株価伸び率(※18年終値は11/23)
RTN初値最安最高終値上昇率
2018187.5168.4228.1173.6-7%
2017143.4142.9191.4187.931%
2016122.5117.6150.514216%
2015108.795.6128124.515%
201490.288.1110.5108.220%
201358.552.79190.755%
201249.14859.357.617%
201146.338.852.548.44%
201051.943.26046.3-11%
200951.233.653.451.51%
200860.643.467.151-16%
★2:各年初から2018/11/23までの伸び率
18年~17年~16年~15年~14年~13年~
-7%21%42%60%92%197%
12年~11年~10年~09年~08年~-
254%275%234%239%186%-

配当利回りと配当性向

次に、10年ほどの配当金と配当性向の推移をモーニングスター(MS)社のデータで見てみます。

配当性向=1株当たり配当÷EPS×100〔純利益から配当金を支払っている割合〕/MS社は非GAAPのEPSで配当性向を試算。GAAP基準のEPS試算〔=単純計算〕の箇所は筆者挿入。/TTMは11/12時点から過去12カ月で計算した値)

年/月EPS配当配当性向
(GAAP)単純計算MS試算
2008/123.921.1228.628.3
2009/124.891.2425.425.3
2010/124.881.530.731.3
2011/125.281.7232.632.8
2012/125.65235.435.4
2013/126.162.235.736.4
2014/127.182.4233.736
2015/126.912.6838.838.6
2016/127.552.9338.838.5
2017/126.953.1945.931.6
TTM8.583.3338.838.8

四半期ごとの配当も見てみます。

権利落ち日1株配当配当利回り当日株価
2019/01/020.8675#N/A#N/A
2018/10/100.86751.7%197.6
2018/07/110.86751.7%194.03
2018/04/110.86751.5%218.39
2018/01/030.79751.7%188.3
2017/10/120.79751.7%188.91
2017/07/050.79751.9%164.81
2017/04/120.79752.0%151.35
2017/01/040.73252.0%146.68
2016/10/050.73252.1%137.13
2016/07/060.73252.0%138.05
2016/04/060.73252.2%127.1

四半期決算(予想と実値)

さらに、決算を見ていきます。まずはロイターが調べた四半期決算のEPSと売上の予想を整理してみます(2018/11/18、売上単位は100万ドル)。

ロイター予想値

※決算予想では米国会計基準(GAAP)とは異なる「非GAAP基準」の数値が多用されています。これは各社が経営実態を踏まえて調整した数値です(売上とEPSの数値が後述のGAAP基準での数値と異なる場合は、非GAAP基準の数値)。

売上予想平均上限下限期間
2019290172930928264通年
2018271552725727056通年
3-196718678866554半期
12-187442755273584半期
売上予想結果
9-18669968061071.59
6-18651466251111.71
3-1861966267711.15
12-1768066783230.33
9-1763276284430.68
EPS予想平均上限下限期間
20197.547.856.85通年
20186.466.626.32通年
3-191.721.861.644半期
12-181.531.671.384半期
EPS予想結果
9-181.681.780.1013.92
6-181.531.660.1318.50
3-181.251.500.253.93
12-171.121.140.020.34
9-171.231.340.113.36

四半期決算(GAAP基準)

GAAP基準での四半期会計の実績は以下の通りでした(以下、次節の通年決算も含めて、売上、利益、資産、負債、資本、キャッシュフローなどの単位は百万ドル。EPS=希薄化後EPS)。

RTN売上高営業利益純利益EPS
09-2017628411285681.97
12-201767831873871.35
03-2018626710416242.19
06-2018662511007902.78
09-2018680611836412.25

通年決算(GAAP基準)

最後に、通年決算の数字を見てみます。

損益計算(売上、純利益等)

売上高営業CF同マージン純利益
2008/122317420158.7%1672
2009/1224881272511.0%1935
2010/122518319427.7%1840
2011/122485721078.5%1866
2012/122441419578.0%1888
2013/1223706237810.0%1996
2014/122282621849.6%2244
2015/1223247235910.1%2074
2016/1224069285211.8%2211
2017/1225348274510.8%2024
TTM2648126199.9%2470

※同マージン=営業キャッシュフローマージン。15~35%程度あれば優良な数値。通常、売上高>営業CF>純利益となる。営業CF<純利益となる企業は粉飾決算の可能性あり。

EPSや営業利益率など

営業利益率EPSDSO
2008/1211.23.9261.78
2009/1212.24.8961.55
2010/1210.44.8864.55
2011/1211.55.2865.64
2012/1212.25.6542.29
2013/1212.46.1618.12
2014/1213.97.1818.11
2015/1213.06.9117.4
2016/1213.57.5518.2
2017/1213.16.9518.36
TTM12.18.5820.12

※DSO(デイズ・セールス・アウトスタンディング):売掛金回収に必要な日数。売掛金÷1日平均売上高で計算。期末に無理して売込みをかけてEPSをよい数値にした企業の場合は、売掛金が増え、DSOの数値が大きくなる。上記DSOの出所はモーニングスター社。上記TTMは11/12時点から過去12カ月で計算した値。

バランスシート

総資産総負債株主資本自己資本率
2008/122313413946918839.7%
2009/122360713668993942.1%
2010/122442214532989040.5%
2011/122585417514834032.3%
2012/122668618496819030.7%
2013/1225967147701119743.1%
2014/122771617995972135.1%
2015/1229281189511033035.3%
2016/1230238200811015733.6%
2017/123086020897996332.3%

ROAとROEなど

(ROA=当期純利益÷総資産 ※総資産を用いて企業があげた利益の割合 /ROE=当期純利益÷自己資本 ※投下資本に対して企業があげた利益の割合 /流動比率=流動資産÷流動負債 ※短期的な支払い能力を見る〔下表では資本が負債の何倍かを表記〕)

ROAROE流動比率当座比率
単位倍率倍率
2008/127.215.51.441.28
2009/128.320.51.421.29
2010/127.718.81.481.35
2011/127.420.81.521.39
2012/127.223.31.571.45
2013/127.620.91.691.58
2014/128.321.81.741.64
2015/127.321.11.61.43
2016/127.521.91.661.49
2017/126.720.21.541.35
TTM8.222.31.491.3

キャッシュフロー

営業CF投資CF財務CFフリーCF
2008/122015-417-19941725
2009/122725-692-16502446
2010/121942-535-4111627
2011/122107-1051-6941767
2012/121957-1523-12461664
2013/122378-473-17972100
2014/122184-1322-9361867
2015/122359-1744-15092012
2016/12285253-19302325
2017/122745-817-21162248

【スポンサードリンク】

-中成長・中配当, 全投稿記事, 米国株, 資本財, 軍事株

Copyright© トランプ政権と米国株投資 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.