ralfor / Pixabay

一般消費財 全投稿記事 米国株

【TSLA】テスラの株価と決算

更新日:

テスラ(Tesla Inc.)はイーロン・マスクが数名のエンジニアとともに設立したベンチャー企業です。

高性能電気自動車と電気自動車パワートレイン部品の設計と製造、販売を行っています(※メーカーだが独自の販売網を持ち、電気パワートレイン部品を他の自動車メーカーに販売している)。

テスラは2008年にスポーツカー「ロードスター」を発売。

2012年には2車種目のセダン「モデルS」を投入。15年9月にはSUV「モデルX」の納車を米国で開始しました(17年7月に普及版のモデル3を発売)。

15年には家庭用の蓄電池事業に参入を発表。米国で大規模リチウムイオン電池工場「ギガファクトリー」を建設しました。

近年は自動運転に注力していますが、18年3月23日には「Model X」の死亡事故が起き、安全対策の強化を迫られています。

17年には株価が伸びどまり、負債が増え続けているので、現在、まさに技術による社会革新を目指す創業者の理想が試されているとも言えます。

【TSLA】太陽光縮小と中国EV工場建設

最近の報道では、人員削減を行い、太陽光発電事業を縮小したことが報じられています。

テスラは6月半ばに9%(3000人規模)の人員削減を発表し、住宅用太陽光発電事業の縮小を方針を出しました。

太陽光事業はイーロン・マスク氏の従兄が「ソーラーシティー」社をつくり、テスラが16年に26億ドルで買収した事業ですが、18年第1四半期は76メガワットしか施行されず、16年第1四半期での成果(約200メガワット)を大きく下回ったからです。

今後、約60の関連施設のうち13~14施設を閉鎖する予定です。

太陽光発電事業では収益を生んでいたホーム・デポとの事業提携を18年末に解消。訪問販売を中止。

この分野では迷走が続き、イーロン・マスク氏はもろもろの失言で株価を下げました。

しかし、7月にテスラは7月10日に上海市政府とEVの新工場建設で合意したのです。

(※中国では巨大電池工場「ギガファクトリー」とモーター等の主要部品、車両組立の工場を併設。米フリーモントに次ぐ第二の工場となる)

現在、中国はEVの最大市場となっており、EVに関しては18年中に外資の出資規制廃止という好機が来ているからです。

これは中国のEVシフトに対応したものとみられます。

当局の認可が出た段階で着工し、2年後に生産開始を見こんでいます(年産約50万台の生産に達する4~5年後)。

現時点ではテスラの単独出資なので、今後、新たな出資を募れるかどうかが注目されています。

【TSLA】テスラの株価推移

スポンサーリンク

まず、近年のテスラの株価をロイターのサイトで見てみます。

【5年チャート】

2017年春頃がピークになっており、その後は上がり下がりの攻防戦が続いています。

もう少し視野を広げてみると、2013年と2017年に大幅な株価上昇が起きていることがわかります。

【長期チャート】

【TSLA】テスラの指標

次に、ブルームバーグのサイトでこの銘柄の指標を見てみます(2018/8/5閲覧)。

  • 株価52週レンジ : 244.59~389.61
  • 1年トータルリターン : -2.45%
  • 年初来リターン : 11.83%
  • 株価収益率(PER) : -
  • 1年1株当り利益 (EPS) :-14.93
  • 時価総額:591億1700万ドル
  • 発行済株式数:1億6979万株
  • 株価売上高倍率(PSR) : 4.29
  • 直近配当利回り(税込) : 無配当

株価52週レンジの幅が145ドルもあります。

ずいぶんと値動きが忙しい銘柄です。

【TSLA】テスラの決算と配当

最後に決算の数字を見てみます。

(売上と利益、資産と負債、資本とキャッシュフローの単位は百万ドル。EPS=希薄化後EPS。情報源はテスラ決算、モーニングスターHP、亜州IR株式会社の『米国株四半期速報』等)

四半期決算:2015~2018年

売上高 純利益 EPS
2015/3 940 -154 -1.22
2015/6 955 -184 -1.45
2015/9 937 -230 -1.78
2015/12 1214 -320 -2.44
2016/3 1147 -282 -2.13
2016/6 1270 -293 -2.09
2016/9 2298 22 0.14
2016/12 2285 -121 -0.78
2017/3 2696 -330 -2.04
2017/6 2790 -336 -2.04
2017/9 2985 -619 -3.7
2017/12 3288 -675 -4.01
2018/3 3409 -710 -4.19
2018/6 4002 -718 -4.22

18年第2四半期は組立の完全自動化を目指す「モデル3」の量産が難航し、過去最大の赤字となった。

通年決算:2011~2017年

売上高 営業利益 純利益 EPS
2011/12 204 -251 -254 -2.53
2012/12 413 -394 -396 -3.69
2013/12 2013 -61 -74 -0.62
2014/12 3198 -187 -294 -2.36
2015/12 4046 -717 -889 -6.93
2016/12 7000 -667 -675 -4.68
2017/12 11759 -1632 -1961 -11.83

利益率など:2011~2017年

粗利率 営業利益率 ROA ROE
2011/12 30.2 -123.1 -46.28 -118.03
2012/12 7.3 -95.4 -43.36 -227.22
2013/12 22.7 -3 -4.19 -18.69
2014/12 27.6 -5.8 -7.11 -37.25
2015/12 22.8 -17.7 -12.75 -88.84
2016/12 22.8 -9.5 -4.39 -23.11
2017/12 18.9 -13.9 -7.64 -43.63

財務情報:2013~2017年

総資産 総負債 株主資本 自己資本率
2013/12 2417 1750 667 27.6%
2014/12 5849 4938 912 15.6%
2015/12 8092 7004 1089 13.5%
2016/12 22664 17911 4753 21.0%
2017/12 28655 24418 4237 14.8%

自己資本率は1割~2割台の間で推移しています。

流動比率を見ると、ここ数年で「流動資産>流動負債」から「流動資産<流動負債」に逆転しました。

流動資産 流動負債 非流動資産 非流動負債
2013/12 1266 675 1151 1075
2014/12 3199 2107 2651 2830
2015/12 2792 2816 5301 4187
2016/12 6260 5827 16404 12084
2017/12 6571 7675 22085 16743

キャッシュフロー:2013~2017年

営業CF 投資CF 財務CF フリーCF
2013/12 258 -249 635 -6
2014/12 -57 -990 2143 -1027
2015/12 -524 -1674 1524 -2159
2016/12 -124 -1416 3744 -1564
2017/12 -61 -4419 4415 -4142

【スポンサードリンク】

-一般消費財, 全投稿記事, 米国株
-

Copyright© トランプ政権と米国株投資 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.