インテル

StockSnap / Pixabay

全記事一覧 情報技術(gafa等) 米国株

インテルの株価はS&P500近辺で推移? 成熟企業の妙味とは

更新日:

インテルはITブームの波に乗れていないとも言われていますが、18年こそ老舗の意地を見せてほしいものです。

年初に起きたチップ不具合事件から、どう巻き返していくのでしょうか。

巨大企業の今後を考えてみます。

スポンサーリンク

レクタングル336




インテルの1年トータルリターンはどの程度?

日経記事は「インテル、ブームに乗れず 売上高最高も伸びぬ期待」2018/1/26)と呟いています。

  • 米インテルが1月25日発表した17年10~12月期決算は、売上高が前年同期比4%増の170億ドル(約1兆8600億円)と四半期ベースで過去最高
  • 旺盛なクラウド投資の需要を取り込み、データセンター向けCPU(中央演算処理装置)の販売が伸びた
  • 米調査会社IDCによれば、インテルのCPUのシェア(17年1~9月)はデータセンター用サーバー向けで98%。
  • 10~12月期のデータセンター部門の売上高は20%増だが、100%近いシェアでは市場の伸び以上にはならない。
  • 1月にはCPUの脆弱性問題が浮上。ブライアン・クルザニッチCEOは「前進はしているが、さらにやるべきことがある」と対処を繰り返し強調。
  • 素早い情報開示や適切な修正措置を講じ、問題を克服する半導体の開発を急ぐ
  • 今回、インテル1社に調達を依存するリスクも浮上したので、今後の対策が問われる
  • スマホシフトに遅れ、人工知能向け半導体でも新興のエヌビディアに先行を許していることも今後の課題だ。

インテルにはPC時代の会社というイメージがあります。

その事業内容はコンピューター部品や関連製品の設計、製造、販売です。

マイクロプロセッサー、チップセット、マイクロコントローラー、フラッシュメモリ、グラフィック、ネットワークと通信、システム管理ソフトウエア等を販売していますが、成熟市場とみられるので、アップルやアマゾンほどの勢いはありません。

しかし、17年秋以降、株価が上昇基調になってきています。

intel

ここ1年の株価のトータルリターンは悪くないようです(以下、ブルームバーグHPを2018/2/16閲覧)

  • 株価52週レンジ:33.23~50.85
  • 1年トータルリターン:28.59%
  • 年初来リターン:-1.3%
  • 株価収益率(PER):13.12
  • 1年1株当り利益 (EPS):3.47
  • 株価売上高倍率(PSR) :3.41
  • 直近配当利回り(税込):2.63%

メディアの評価はいま一つですが、1年トータルリターンが28%というのは、なかなかの出来栄えです。

比べる相手がアマゾンとかグーグルとかなので、歩合が悪く見えているだけなのかもしれません。

最近、売上高が好調だったので株価が上昇しましたが、チップの脆弱性問題で世の中をお騒がせしました。

当記事作成のために無料画像を捜すと、「リスクインサイド」「ハッカーインサイド」等と気を聞かせてくれたデザイナーがネット上に作品をアップしていました(筆者はそこまでインテルをこき下ろす気はないので使いませんでしたが・・・)。

インテル・インサイドなので、本当にダメなチップであれば、PCの世界は大変なことになります。

しかし、「老舗なので、何とかしてくれるだろう」と世間の大多数は楽観しているわけです。

インテルの株価推移 成熟企業にも投資の妙味がある?

チップの問題や事業構成などは、今後の重要な課題ですが、過去の推移を見ると、成熟企業なりに面白い着眼点も見つかります。

長期的にPC等の市場平均と同じ動きをしてくるということは、上がり下がりしても、最後は平均値近辺に株価が落ち着くので、素人でも先が読みやすいわけです。

それを3年、5年、長期のチャートで見てみます。

【3年チャート】⇒株価はS&P500と同程度に収れん

以下、青の太字がインテル紫がS&P500赤字がナスダックです。

intel3

【5年チャート】⇒株価はナスダックと同程度に収れん

intel

ここ5年で見ると、ナスダック指数とほぼ連動。

さらに超長期で見ると、またS&P500に近い数字になります。

【20年チャート】⇒株価はS&P500と同程度に収れん

intl long

勢いのある時はナスダック、ふつうはS&P500に近い水準で値動きすると見てもよさそうです。

だとすれば、S&P500の市場平均を下回ったあたりが銘柄としての買い時だということになります。

最近は大きく伸びて通常軌道に戻ったのでしょう。

今後、適度に株価が下がった時が買い頃になるのではないでしょうか。

PC市場の構図が根本的に変われば話は変わりますが、それまでの間は「先が読みやすい企業」でいてくれるはずですから、次の機会に賭けたいものです。

【スポンサードリンク】

レクタングル336




レクタングル336




-全記事一覧, 情報技術(gafa等), 米国株

Copyright© トランプ政権と米国株投資 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.