【BA】ボーイングの株価と決算、配当

2020年10月19日

広告

ボーイングは、世界最大級の航空・宇宙メーカーです。

その部門は民間航空機と軍需分野(戦闘機や爆撃機、輸送機や空中給油機、電子防衛システム、ロケットエンジン、人工衛星など)に二分されます。

17年にはグローバルサービス部門が分野横断的にサービス機能を統合し、部品交換や改修、アップグレード、データ分析や情報サービスの提供などを行うようになりました 。

1997年に マクドネルダグラスを買収したことで巨大化し、民間機分野では欧州のエアバスと市場を二分しています。

貨物機では世界シェアの9割を占め、軍用機でも世界2位の大手メーカーです。

近年では、採算性の高い民間機に力を入れ、大型ジャンボの747から撤退し、小型機へのシフトを進めました。事業別に見た売上高は以下の通りです。

年/月 17/12 18/12 19/12
商業航空 60.7% 60.0% 42.1%
防衛宇宙 22.5% 22.9% 34.3%
グローバルS 15.7% 16.8% 24.1%
その他 1.0% 0.2% -0.5%

地域別売上高は以下の通り。

年/月 17/12 18/12 19/12
米国+カナダ 45.3% 46.7% 58.4%
アジ゙ア(除中国) 9.5% 12% 13.9%
中国 12.8% 13.6% 7.4%
欧州 12.3% 12.6% 13.5%
中東 13.2% 9.6% 12.1%

トランプ政権成立後、株価上昇が続きましたが、2018年には米中貿易戦争の勃発と米朝対話の開始(※軍事株は下落)に伴い、株価が下落。

しかし、19年には米中対話が進み、株価が回復しました。

「よくなるのかな」と思った矢先に、エチオピアで「ボーイング737MAX8」が3月10日に墜落。

737MAX8は18年10月にインドネシアでも墜落していたので、その安全性が懸念され、株価が下落。この機体は運用停止になり、ボーイングの第2四半期決算は29億4200万ドルの純損失を計上しました。

「737MAX」のソフトウエア更新が完了した後、コロナショックがやってきて、エアライン業界が機能停止。2020年のボーイングはかつてない危機に立たされています。

広告

主な指標を概観

まず、主要指標のデータを見てみます(指標と株価はgooglefinance関数から取得)。

1/2株価 328.6
10/23株価 167.4
株価上昇率 -49.06%
52週高値 375.6
52週安値 89
β値 1.37
EPS -5.03
PER
配当利回り 停止
時価総額(億$) 945
株式数(億) 5.6

株価推移(チャートと伸び率)

次に、株価の推移を見てみます(青線が株価推移。赤線が200日間の移動平均線)。

株価の推移を1年ごとに見てみましょう。

★1:各年の株価伸び率(※20年終値は8/24株価)
BA 初値 終値 上昇率
2020 328.6 167.4 -49%
2019 316.2 325.8 3%
2018 295.8 322.5 9%
2017 156.3 294.9 89%
2016 141.4 155.7 10%
2015 131.1 144.6 10%
2014 136 130 -4%
2013 76.6 136.5 78%
2012 74.7 75.4 1%
2011 66.2 73.4 11%
2010 55.7 65.3 17%
2009 42.8 54.1 26%
2008 87.6 42.7 -51%
★2:各年初から20/10/23までの伸び率
19年~ 18年~ 17年~ 16年~
-47% -43% 7% 18%
15年~ 14年~ 13年~ 12年~
28% 23% 118% 124%
11年~ 10年~ 09年~ 08年~
153% 200% 291% 91%

配当利回りと配当性向

さらに、配当利回りを見てみます。

権利落ち日 配当 利回り 株価
2020/2/14 2.06 2.41% 340.5
2019/11/8 2.06 2.34% 351
2019/8/9 2.06 2.33% 337.6
2019/5/10 2.06 2.12% 354.7
2019/2/8 2.06 1.77% 404.9
2018/11/9 1.71 1.85% 369.3
2018/8/10 1.71 1.93% 339.4
2018/5/11 1.71 1.83% 342.5
2018/2/9 1.71 1.79% 332.8
2017/11/10 1.42 2.18% 260.9
2017/8/11 1.42 2.28% 234.9
2017/5/12 1.42 2.74% 183.3

★配当性向の推移もモーニングスター(MS)社のデータで確認してみましょう。
★配当性向=1株当たり配当÷EPS×100〔純利益から配当金を支払っている割合〕
★単純計算=EPS÷1株配当。MS試算=モーニングスター社の試算値

年/月 EPS 配当 配当性向
(GAAP) 単純計算 MS試算
08/12 3.67 1.6 43.6 43.8
09/12 1.84 1.68 91.3 89.8
10/12 4.45 1.68 37.8 37.7
11/12 5.34 1.68 31.5 33.2
12/12 5.11 1.76 34.4 34.4
13/12 5.96 1.94 32.6 33.7
14/12 7.38 2.92 39.6 38.4
15/12 7.44 3.64 48.9 43.6
16/12 7.83 4.36 55.7 63.7
17/12 13.85 5.68 41.0 49.4
18/12 17.9 6.8 38.3 38.6
19/12 -1.1 8.2 -733.9 120

四半期決算(2020予想など)

さらに、四半期決算のEPSと売上の予想を整理してみます。
(※下記図表では、Y=年度決算、Q=四半期決算、日/月=データの日時、その右欄にあるのは1カ月前、2か月前の予想値を記載。データの主な出所は英語版のヤフーファイナンス。ただ、2019年6月までのデータ出所はロイター)。

EPS:予想と結果

予想 10/18 1月前 2月前
Y:2021 3.8 4.2 3.97
Y:2020 -9.62 -9.51 -9.28
Q:20/12 -1.04 -0.99 -1.03
Q:20/9 -2.32 -2.22 -2.1
EPS 予想 結果
20/6 -2.54 -4.79 -2.25 -88.6
20/3 -1.61 -1.7 -0.09 -5.6
19/12 1.47 -2.33 -3.8 -258.5
19/9 2.09 1.45 -0.64 -30.6
19/6 1.87 -5.82 -7.69 -411.2
19/3 3.16 3.16 0 0.0
18/12 4.57 5.48 0.91 19.9
18/9 3.45 3.58 0.13 3.8
18/6 3.26 3.33 0.07 2.1
18/3 2.57 3.64 1.07 41.4

売上高:予想と結果

予想 10/18 1月前 2月前
Y:2021 81750 82420 82460
Y:2020 61050 61510 62260
Q:20/12 18190 18370 18490
Q:20/9 14490 14900 15160
売上 予想 結果
20/6 12950 11810 -1140 -8.8
20/3 17170 16910 -260 -1.5
19/12 21670 17911 -3759 -17.3
19/9 19570 19980 410 2.1
19/6 18552 15751 -2801 -15.1
19/3 22983 22917 -66 -0.3
18/12 26868 28341 1473 5.5
18/9 23985 25146 1161 4.8
18/6 24043 24258 215 0.9
18/3 22256 23382 1126 5.1


決算予想と結果では米国会計基準(GAAP)とは違う「非GAAP基準」の数値(各社が経営実態を踏まえて調整した数値)が多用されています。そのため、本節の売上とEPSは次節のGAAP基準の値と同じになるとは限りません。

通年決算(GAAP基準)

最後に、通年決算の数字を見てみます(以下、売上、利益、資産、負債、資本、キャッシュフローなどの単位は百万ドル。EPS=希薄化後EPS)。

損益計算(売上、純利益等)

BA 売上高 営業CF 同マージン 純利益
08/12 60909 -401 -1% 2672
09/12 68281 5603 8% 1312
10/12 64306 2952 5% 3298
11/12 68735 4023 6% 4009
12/12 81698 7508 9% 3900
13/12 86623 8179 9% 4578
14/12 90762 8858 10% 5440
15/12 96114 9363 10% 5172
16/12 93496 10496 11% 5031
17/12 94005 13346 14% 8452
18/12 101127 15322 15% 10453
19/12 76559 -2446 -3% -636

*同マージン=営業キャッシュフローマージン。15%もあれば優良。通常、売上高>営業CF>純利益となる。営業CF<純利益となる企業は粉飾決算の可能性あり。

EPSや売上高成長率など

BA SG(%) EPS DSO
08/12 -8% 3.67 34.0
09/12 12% 1.84 30.4
10/12 -6% 4.45 31.8
11/12 7% 5.34 29.8
12/12 19% 5.11 23.9
13/12 6% 5.96 22.4
14/12 5% 7.38 25.7
15/12 6% 7.44 28.6
16/12 -3% 7.83 30.5
17/12 1% 13.85 34.3
18/12 8% 17.85 24.7
19/12 -24% -1.12 17.3

※SG(セールスグロース):売上高成長率(前年度比)
※DSO(デイズ・セールス・アウトスタンディング):売掛金回収に必要な日数。売掛金÷1日平均売上高で計算。期末に無理して売込みをかけてEPSをよい数値にした企業の場合は、売掛金が増え、DSOの数値が大きくなる。上記DSOの出所はモーニングスター社。

バランスシート

BA 総資産 総負債 株主資本 自己資本率
08/12 53779 54921 -1142 -2%
09/12 62053 59828 2225 4%
10/12 68565 65703 2862 4%
11/12 79986 76378 3608 5%
12/12 88896 82929 5967 7%
13/12 92663 77666 14997 16%
14/12 92921 84131 8790 9%
15/12 94408 88011 6397 7%
16/12 89997 89120 877 1%
17/12 112362 110649 1713 2%
18/12 117359 116949 410 0%
19/12 133625 141925 -8300 -6%

ROAとROEなど

BA ROA ROE 流動比率
08/12 5% -234% 84%
09/12 2% 59% 107%
10/12 5% 115% 115%
11/12 5% 111% 121%
12/12 4% 65% 127%
13/12 5% 31% 126%
14/12 6% 62% 140%
15/12 5% 81% 135%
16/12 6% 574% 125%
17/12 8% 493% 114%
18/12 9% 2550% 108%
19/12 0% 8% 105%

★ROA=当期純利益÷総資産 ※総資産を用いて企業があげた利益の割合
★ROE=当期純利益÷自己資本 ※投下資本に対して企業があげた利益の割合
★流動比率=流動資産÷流動負債 ※短期的な支払い能力を見る指標

キャッシュフロー

BA 営業CF 投資CF 財務CF
08/12 -401 1888 -5202
09/12 5603 -3794 4094
10/12 2952 -4831 -1962
11/12 4023 2369 -1700
12/12 7508 -3757 -3477
13/12 8179 -5154 -4249
14/12 8858 2467 -8593
15/12 9363 -1846 -7920
16/12 10496 -3378 -9587
17/12 13346 -2058 -11350
18/12 15322 -4621 -11722
19/12 -2446 -1530 5739