【DAL】デルタエアラインの株価と決算、配当

消費財,輸送株

デルタエアライン(Delta Air Lines, Inc.)は、米国の大手航空会社です。

米国の国内線と世界に展開する国際線を用いて、旅客と貨物の定期航空輸送に従事しています。

アトランタやボストン、デトロイト、ロサンゼルス、ミネアポリス、セントポール、ニューヨーク(ラ・ガーディア空港とJFK空港)、ソルトレイクシティ、シアトル、アムステルダム、パリ、ロンドン、サンパウロ、メキシコシティ、ソウル、東京(成田空港)を主要空港と位置づけ、連携する航空会社とともに、輸送網を展開しています。

50カ国以上300都市以上のグローバルネットワークを持ち、コロナ以前には、年間で2億人近い顧客にサービスを提供していました。

2021年に入り、経済が再稼働してきたので、最近では、業績の回復が期待されています。

ただ、世界でのワクチン普及はまだ不十分なので、国際線が回復しないとDALの業績は本格的には改善しないかもしれません。

地域別売上高は以下の通りです。

年/月 17/12 18/12 19/12 20/12
米国 71.7% 70.3% 70.8% 78%
大西洋 14.7% 15.8% 15.7% 9.7%
ラテンアメリカ 7.1% 7.2% 7.1% 7.7%
太平洋 6.6% 6.7% 6.4% 4.6%

主な指標を概観

まず、主要指標のデータを見てみます(指標と株価はgooglefinance関数から取得。配当利回りのみZacks)

1/4株価 40.2
7/22株価 41.1
株価上昇率 2.22%
52週高値 52.3
52週安値 24.4
β値 1.43
EPS -10.49
PER
配当利回り 0
時価総額(億$) 263
株式数(億) 6.4

株価推移(チャートと伸び率)

次に、株価の推移を見てみます(青線が株価推移。赤線が200日間の移動平均線)。
graph
株価の推移を1年ごとに見てみましょう

★1:各年の株価伸び率(※21年終値は7/22株価)
DAL 初値 終値 上昇率
2021 40.2 41.1 2%
2020 58.9 40.2 -32%
2019 49.3 58.5 19%
2018 56.3 49.9 -11%
2017 49.4 56 13%
2016 49.4 49.2 0%
2015 49.9 50.7 2%
2014 27.3 49.2 80%
2013 12.1 27.5 128%
2012 8.2 11.9 44%
2011 12.7 8.1 -36%
2010 11.2 12.6 12%
2009 11.3 11.4 1%
2008 14.5 11.5 -21%
★2:各年初から21/7/22までの伸び率
21年~ 20年~ 19年~ 18年~
2% -30% -17% -27%
17年~ 16年~ 15年~ 14年~
-17% -17% -18% 51%
13年~ 12年~ 11年~ 10年~
240% 399% 224% 266%
09年~ 08年~
263% 183%


配当利回りと配当性向

さらに、配当利回りを見てみます。

権利落ち日 配当 利回り 株価
2020/2/19 0.4 2.66% 58.5
2019/10/23 0.4 2.8% 53.8
2019/7/24 0.4 2.3% 63.2
2019/5/1 0.35 2.45% 57.2
2019/2/28 0.35 2.73% 49.6
2018/11/6 0.35 2.36% 55.5
2018/7/25 0.35 2.45% 51.7
2018/5/10 0.31 2.34% 52.1
2018/2/22 0.31 2.13% 52.6
2017/11/16 0.31 2.01% 50.5
2017/8/22 0.31 1.94% 47.2
2017/5/18 0.2 1.7% 47.7

配当性向の推移もモーニングスター(MS)社のデータで確認してみましょう。
★配当性向=1株当たり配当÷EPS×100〔純利益から配当金を支払っている割合〕
★単純計算=EPS÷1株配当。MS試算=モーニングスター社の試算値

年/月 EPS 配当 配当性向
(GAAP) 単純計算 MS試算
13/12 12.29 0.12 0.97 2.5
14/12 0.78 0.3 38.4 2.4
15/12 5.63 0.45 7.99 11.4
16/12 5.55 0.68 12.2 9.8
17/12 4.43 1.01 22.7 18.3
18/12 5.67 1.31 23.1 24.9
19/12 7.3 1.51 20.6 20.5
20/12 -19.49 0.4 -2.0


四半期決算(2021予想など)

さらに、四半期決算のEPSと売上の予想を整理してみます。
(※下記図表では、Y=年度決算、Q=四半期決算、日/月=データの日時、その右欄にあるのは1カ月前、2か月前の予想値を記載。データの主な出所は英語版のヤフーファイナンス。ただ、2019年6月までのデータ出所はロイター)。

EPS:予想と結果

予想 7/19 1月前 2月前
Y:2022 4.06 3.98 3.99
Y:2021 -3.78 -3.78 -3.74
Q:21/9 0.27 0.25 0.22
Q:21/6 -1.4 -1.42 -1.43
EPS 予想 結果
21/6 -1.4 -1.07 0.33 23.6
21/3 -3.17 -3.55 -0.38 -12.0
20/12 -2.5 -2.53 -0.03 1.2
20/9 -3 -3.3 -0.3 -10.0
20/6 -4.07 -4.43 -0.36 -8.8
20/3 -0.7 -0.51 0.19 27.1
19/12 1.4 1.7 0.3 21.4
19/9 2.27 2.33 0.06 2.6
19/6 2.29 2.35 0.06 2.6
19/3 0.9 0.96 0.06 6.7
18/12 1.26 1.3 0.04 3.2
18/9 1.74 1.8 0.06 3.4
18/6 1.72 1.77 0.05 2.9
18/3 0.73 0.75 0.02 2.7

graph

売上高:予想と結果

予想 7/19 1月前 2月前
Y:2022 39760 39490 39150
Y:2021 27320 27210 27180
Q:21/9 8160 8130 8120
Q:21/6 6200 6180 6220
売上 予想 結果
21/6 6200 7130 930 15.0
21/3 3680 4150 470 12.8
20/12 3680 3970 290 7.9
20/9 3180 3060 -120 -3.8
20/6 1470 1470 0 0.0
20/3 9290 8590 -700 -7.5
19/12 11340 11440 100 0.9
19/9 12650 12540 -110 -0.9
19/6 12470 12540 70 0.6
19/3 10340 10470 130 1.3
18/12 10710 10740 30 0.3
18/9 11960 11950 -10 -0.1
18/6 11730 11780 50 0.4
18/3 8990 9970 980 10.9

graph
決算予想と結果では米国会計基準(GAAP)とは違う「非GAAP基準」の数値(各社が経営実態を踏まえて調整した数値)が多用されています。そのため、本節の売上とEPSは次節のGAAP基準の値と同じになるとは限りません。

通年決算(GAAP基準)

最後に、通年決算の数字を見てみます(以下、売上、利益、資産、負債、資本、キャッシュフローなどの単位は百万ドル。EPS=希薄化後EPS)。

損益計算(売上、純利益等)

graph

DAL 売上高 営業CF 同マージン 純利益
08/12 22697 -1707 -8% -8922
09/12 28063 1379 5% -1237
10/12 31755 2832 9% 593
11/12 35115 2834 8% 854
12/12 36670 2476 7% 1009
13/12 37773 4504 12% 10540
14/12 40362 4947 12% 659
15/12 40704 7927 19% 4526
16/12 39450 7215 18% 4195
17/12 41138 5023 12% 3205
18/12 44438 7014 16% 3935
19/12 47007 8425 18% 4767
20/12 17095 -3793 -22% -12385

同マージン=営業キャッシュフローマージン。15%もあれば優良。通常、売上高>営業CF>純利益となる。営業CF<純利益となる企業は粉飾決算の可能性あり。

EPSや売上成長率など

DAL SG(%) EPS DSO
08/12 18% -19.08
09/12 24% -1.5
10/12 13% 0.7
11/12 11% 1.01 15.7
12/12 4% 1.19 16.2
13/12 3% 12.29 16
14/12 7% 0.78 17.7
15/12 1% 5.63 19.4
16/12 -3% 5.55 18.8
17/12 4% 4.43 19.7
18/12 8% 5.67 19.3
19/12 6% 7.3 20.1
20/12 -64% -19.49 45.4

※SG(セールスグロース):売上高成長率(前年度比)
※DSO(デイズ・セールス・アウトスタンディング):売掛金回収に必要な日数。売掛金÷1日平均売上高で計算。期末に無理して売込みをかけてEPSをよい数値にした企業の場合は、売掛金が増え、DSOの数値が大きくなる。上記DSOの出所はモーニングスター社。

バランスシート

graph

DAL 総資産 総負債 株主資本 自己資本率
08/12 45084 44210 874 2%
09/12 43789 43544 245 1%
10/12 43188 42291 897 2%
11/12 43499 44895 -1396 -3%
12/12 44550 46681 -2131 -5%
13/12 52252 40609 11643 22%
14/12 54005 45192 8813 16%
15/12 53134 42284 10850 20%
16/12 51261 38974 12287 24%
17/12 53671 41141 12530 23%
18/12 60266 46579 13687 23%
19/12 64532 49174 15358 24%
20/12 71996 70462 1534 2%

ROAとROEなど

DAL ROA ROE 流動比率
08/12 -20% -1020% 177%
09/12 -3% -505% 174%
10/12 1% 66% 153%
11/12 2% -61% 173%
12/12 2% -47% 151%
13/12 20% 91% 154%
14/12 1% 7% 177%
15/12 9% 42% 178%
16/12 8% 34% 172%
17/12 6% 26% 140%
18/12 7% 29% 143%
19/12 7% 31% 155%
20/12 -17% -807% 114%

★ROA=当期純利益÷総資産 ※総資産を用いて企業があげた利益の割合
★ROE=当期純利益÷自己資本 ※投下資本に対して企業があげた利益の割合
★流動比率=流動資産÷流動負債 ※短期的な支払い能力を見る指標

キャッシュフロー

graph

DAL 営業CF 投資CF 財務CF
08/12 -1707 1598 1716
09/12 1379 -1008 -19
10/12 2832 -2026 -2521
11/12 2834 -1498 -1571
12/12 2476 -1962 -755
13/12 4504 -2756 -1320
14/12 4947 -2463 -3240
15/12 7927 -3955 -4088
16/12 7215 -2155 -4260
17/12 5023 -5266 -730
18/12 7014 -4393 -1726
19/12 8425 -4563 -2880
20/12 -3793 -9238 19356