店舗

vborodinova / Pixabay

一般消費財 全投稿記事 米国株

【COST】コストコホールセールの株価と決算、配当

更新日:

コストコホールセール(Costco Wholesale Corporation)は会員制・倉庫型店舗販売の大手企業です。

主な取扱商品はアパレル、玩具、ヘルスケア用品、宝飾品、オフィス用品、玩具、パソコン、雑貨、ガーデニング、 スポーツ、エ具、自動車用品、精肉や鮮魚などの生鮮食品、冷凍食品、酒類など多岐にわたります。

1976年にサンディエゴで飛行機の格納庫を改造した店舗で創業し、業容を拡大し、1993年に上場しました。

現在は北米を中心に749もの店舗を構え、英国、日本、韓国、台湾、オーストラリア、スペイン、フランス、アイスランドにも出店しています。

年会費制を導入して大量の商品を低価格で提供。まとめ買いで消費者に買ってもらうビジネスモデルを築きました。

近年にはクレカでVISAと提携し、2017年6月には会費を値上げしています。

【COST】コストコホールセールの株価推移

スポンサーリンク

まず、ここ3か月のコストコホールセールの株価をロイターのサイトで見てみます。

2月以降の株安からまだ株価は回復していません

【3ヶ月チャート】

【3年チャート】

ここ3年を見ると、2016年に底値を刻み、上がり下がりしながら株価は上昇してきました。

【長期チャート】

長期で見ると、サブプライムショック以降は右肩上がりになっています。

【COST】コストコホールセールの指標

次に、ブルームバーグのサイトでこの銘柄の指標を見てみます(2018/4/15閲覧)。

  • 株価52週レンジ:150~199.88
  • 1年トータルリターン:17.78%
  • 年初来リターン:1.5%
  • 株価収益率(PER):28.96
  • 1年1株当り利益 (EPS) :6.52
  • 株価売上高倍率(PSR):0.61
  • 直近配当利回り(税込):1.06%

1年トータルリターンは17%。なかなかのパフォーマンスです。

【COST】コストコホールセールの決算と配当

次に、決算の数字を見てみます。

営業利益と純利益の単位は百万ドル。EPS=希薄化後EPS。情報源は亜州IR株式会社の『2018新年号米国株四半期速報』とコストコホールセール決算)

まず、四半期ベースの業績は以下のように推移しています。

四半期決算と配当:2015~2017

売上高 純利益 EPS 1株配当
2015/5 26101 516 1.17 0.4
2015/8 35778 767 1.73 0.4
2015/11 27220 480 1.09 0.4
2016/2 28170 546 1.24 0.4
2016/5 26769 545 1.24 0.45
2016/8 36560 779 1.77 0.45
2016/11 28099 545 1.24 0.45
2017/2 29766 515 1.17 0.45
2017/5 28860 700 1.59 0.5
2017/8 42300 919 2.09 0.5
2017/11 31809 640 1.45 0.5
2018/2 32995 701 1.59 0.5

通年決算と配当:2012~2017

売上高 純利益 EPS 1株配当
2012/8 99137 1709 3.89 1.03
2013/8 105156 2,039 4.63 1.17
2014/8 112640 2,058 4.65 1.33
2015/8 116199 2,377 5.37 1.51
2016/8 118719 2,350 5.33 1.7
2017/8 129025 2,679 6.08 1.9

財務情報:2015~2017

最後に、キャッシュフロー等の推移も見てみます。

15/8 16/8 17/8
総資産 33017 33163 36347
自己資本 10617 12079 10778
自己資本比率 32.16 36.42 29.65
有利子負債 6135 5535 7039
営業CF 4285 3292 6726
投資CF -2480 -2345 -2366
財務CF -2324 -2419 -3218
フリーCF 2072 356 3745

【スポンサードリンク】

-一般消費財, 全投稿記事, 米国株

Copyright© トランプ政権と米国株投資 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.