石油

hakbar1982 / Pixabay

エネルギー 全投稿記事 米国株

シェブロンの株価と決算、配当

更新日:

シェブロン(CVX)は石油メジャーの一つです。

CVXの事業構成は川上(石油・天然ガスの探査・開発など)が25.7%、川下(精製・販売など)が73.4%を占め、地域別売上高は、米国が43.5%、米国以外が56.5%です(2016年12月時点)。

幅広く石油事業を展開しています。

世界各地に鉱区を保有しており、石油換算の確認埋蔵量は111億2200万バレル(カザフスタン23% 、オーストラリア20%、米国18%)。

地域別の生産比率で見ると、アジア33.6%、米国31.8 % 、アフリカ17.3%。北米や欧州ではシェール鉱区の開発も行っています。

川下の製油所数は10カ所(関連会社含む)あり、その累計精製能力は、1日当たり約180万バレル相当。1日当たり販売量は世界全体で267万バレルを超える規模です。

今回は、石油メジャーの一角を占めるCVXの株価チャートと最近の指標を見ていきます。

シェブロンの株価推移

スポンサーリンク

まず、ここ3か月のシェブロンの株価をロイターのサイトで見てみます。

2月以降の株安からまだ株価は回復しきれていません。

【3か月チャート】

しかし、16年以降は株価が回復基調に乗っていました。

17年に下がりましたが、減産合意などもあって株価が回復していたわけです。

【3年チャート】

長期で見ると、上がり下がりの激しさが目立ちます。

【長期チャート】

このチャートで見る限り、底値で見極めて買い、しぶとく持ち続ける銘柄だと言えます。

シェブロンの指標

次に、ブルームバーグのサイトでこの銘柄の指標を見てみます(2018/4/1閲覧)。

  • 株価52週レンジ:102.55 - 133.88
  • 1年トータルリターン:10.5%
  • 年初来リターン:-8.91%
  • 株価収益率(PER) :32.45
  • 12ヶ月1株当り利益 (EPS) :3.51
  • 株価売上高倍率(PSR) :1.68
  • 直近配当利回り(税込):3.93%

1年トータルリターンが10%。年初来の-8%が響いています。

シェブロンの決算と配当

次に、決算の数字を見てみます。

まず、四半期ベースの業績は以下のように推移しています。

(営業利益と純利益の単位は百万ドル。EPS=希薄化後EPS。情報源は、シェブロン決算、亜州IR株式会社の『米国株四半期速報(2018新年号/2016夏号)等)

売上高 純利益 EPS
2015/3 34588 2567 1.37
2015/6 40357 571 0.3
2015/9 34315 2037 1.09
2015/12 29247 -588 -0.31
2016/3 23553 -725 -0.39
2016/6 29282 -1470 -0.78
2016/9 30140 1283 0.68
2016/12 31497 415 0.22
2017/3 33421 2682 1.41
2017/6 34480 1450 0.77
2017/9 36205 1952 1.03
2017/12 37616 3111 1.64

最近は業績が回復してきています。

売上高 純利益 EPS 配当
2013/12 228848 21423 11.09 3.9
2014/12 211970 19241 10.14 4.21
2015/12 138477 4587 2.45 4.28
2016/12 114472 -497 -0.27 4.29
2017/12 141722 9221 4.85 4.32

利益が減っても増配が続いている粘り強い銘柄です。

【スポンサードリンク】

-エネルギー, 全投稿記事, 米国株

Copyright© トランプ政権と米国株投資 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.